判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
証券レポート裁判
ウエインライト証券対ウォール・ストリート・トランスクリプト
Wainwright Securities v. Wall Street Transcript Corp.
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2008/05/21 09:57)
原文 日本語訳
WAINWRIGHT SECURITIES INC. v. WALL STREET TRANSCRIPT CORP.
(2d Cir., 1977) (558 F.2d 91)
Footnotes follow opinion.

ウェインライト証券対ウォール・ストリート・トランスクリプト・コーポレーション
(2d Cir., 1977) (558 F.2d 91)
意見の後に脚注を付記
COURT OPINION: JUDGE MISHLER

法廷意見:ミシュラー判事
This is an appeal from a preliminary injunction entered in the Southern District of New York, prohibiting the defendants-appellants, the Wall Street Transcript Corporation and Richard A. Holman, from publishing in their newspaper abstracts of plaintiff-appellee's copyrighted research reports.

本件は、ニューヨーク南部地区連邦裁判所が被告―控訴人ウォール・ストリート・トランスクリプト・コーポレーションおよびリチャード・A・ホルマンに対し下した、原告-被控訴人が著作権を有する調査レポートの抄録を控訴人の発行する新聞に掲載することを禁ずる暫定的差止命令に対する控訴である。
The plaintiff-appellee H. C. Wainwright & Co. ("Wainwright") is a Massachusetts limited partnership, organized in 1868, that is engaged in the institutional research and brokerage business. 原告-被控訴人であるH.C.ウェインライト・アンド・カンパニー(以下「ウェインライト」)は、1868年に設立されたマサチューセッツ州のリミテッド・パートナーシップで、機関投資家向けリサーチおよびブローカー業に従事している。
While the company is registered as a broker-dealer with the Securities and Exchange Commission, Wainwright's specialty, from which it derives most of its profits, is the preparation of in-depth analytical reports on approximately 275 industrial, financial, utility and railroad corporations. ウェインライトは証券取引委員会にブローカー・ディーラーとして登録しており、同社の利益の大半をもたらしている専門分野は、工業、金融、公益、鉄道各部門の事業に従事する約250社に関する詳細なアナリスト・レポートである。
These reports, written by analysts employed by Wainwright, examine a company's financial characteristics, trends in an industry, major developments at a company, growth prospects, and profit expectations, and highlight both corporate strengths and weaknesses. それらのレポートは、同社の社員であるアナリストが、企業の財務体質、業界の傾向、企業の主な動向、成長見通し、利益予想を調査し、企業の主な強みおよび弱みを明らかにしたものである。
The analyst's conclusions and predictions are a major feature of the reports.

アナリストによる業績の判断と見通しがレポートの主な目玉となっている。
Often, a research report requires several months of an analyst's time, some of which is spent interviewing the officials at the company. 調査レポートの作成には数ヶ月の期間を要することが多く、当該企業経営陣へのインタビューなどが行われることもある。
The reports, which may run as many as 40 pages in length, are used by more than 900 Wainwright clients, including major banks, insurance companies and mutual funds. 最高40ページにもおよぶこれらのレポートは、大手の銀行、保険会社、ミューチュアルファンドを含む900社以上のウェインライトの顧客が利用している。
Wainwright copyrights its reports in accordance with the Copyright Act, 17 U.S.C. §§ 1 et seq. (1970 & Supp. 1975).

ウェインライトは著作権法17U.S.C.§§ 1 et seq.(1970&Supp.1975)に従いレポートの著作権を保護している。
The Wall Street Transcript Corporation publishes the Wall Street Transcript ("Transcript"), a weekly newspaper concerned with economic, business, and financial news. ウォール・ストリート・トランスクリプト社は経済、ビジネス、金融に関するニュースを扱う週刊紙ウォール・ストリート・トランスクリプト(以下「トランスクリプト」)を発行している。
The appellant Richard Holman is the chairman and sole stockholder of the publishing company, and has, apparently, editorial control of the newspaper. 控訴人であるリチャード・ホルマンは同社の社長かつ単独株主であり、同紙の編集権限を有しているものと思われる。
The Transcript's subscribers include colleges, libraries, lawyers, brokers, accountants and corporations. It is available to the public by subscription or at some newsstands.

トランスクリプトの購読者は、大学、図書館、弁護士、ブローカー、会計士および企業などで、同紙は定期購読により、またはニューススタンドで一般に入手可能である。
One of the Transcript's major features is the "Wall Street Roundup," a column consisting almost exclusively of abstracts of institutional research reports. トランスクリプトの主な目玉となる記事の一つが、機関投資家向け調査レポートがほぼその内容の全体を占める「ウォール・ストリート・ラウンドアップ」というコラムである。
n1 Indeed, in advertisements in such publications as Barron's, the Transcript promises readers "a fast-reading, pinpointed account of heavyweight reports from the top institutional research firms." (162a).

注1:実際、バロンズ等の出版物に掲載した広告で、トランスクリプトは、「トップクラスの機関投資家向け調査会社による内容の濃いレポートを、簡単に読める的を絞った記事にして」提供することを読者に約束している。(162a)
In 1974, the Transcript began publishing abstracts of Wainwright's research reports. 1974年、トランスクリプトはウェインライトの調査レポート抄録の掲載を始めた。
In April, 1976, Wainwright began copyrighting its reports but, despite protests, Transcript continued to publish the abstracts in the Wall Street Roundup. 1976年4月にウェインライトは自社レポートの著作権保護を始めているが、ウェインライトの異議申し立てにもかかわらず、トランスクリプトはウォール・ストリート・ラウンドアップに抄録の掲載を続けた。
On July 9, 1976, Wainwright began an action pursuant to the Copyright Act, 17 U.S.C. §§ 1 et seq., alleging copyright infringement and unfair trade practices, and seeking injunctive and monetary relief. 1976年7月9日、ウェインライトは著作権法17U.S.C.§§ 1 et seq.に基づき、著作権侵害および不公正な取引慣行を理由に、出版差止命令および損害賠償を求める訴訟を提起した。
On August 19, 1976, after a hearing, Judge Lasker granted Wainwright's motion for a preliminary injunction. 418 F. Supp. 620 (S.D.N.Y. 1976). We affirm.

1976年8月19日、ラスカー判事はウェインライトの暫定的差止命令の申請を認めた。418F.Supp.620 (S.D.N.Y1976). 当法廷は原判決を維持する。
In this circuit, a preliminary injunction can be granted if plaintiff shows irreparable injury, combined with either a probability of success on the merits, or a fair ground for litigation and a balance of the hardships in his favor.
当巡回裁判所が暫定的差止命令による救済を認めるためには、原告が、回復不能な損害の可能性および勝訴の蓋然性、または訴訟に足る重大な問題が提起されており負担の比較考量が原告側に有利であること、を証明しなければならない。
See Sonesta International Hotels Corp. v. Wellington Associates, 483 F.2d 247, 250 (2d Cir. 1973). 参照:Sonesta International Hotels Corp. v. Wellington Associates, 483 F.2d (2d Cir. 1973).
In copyright cases, however, if probable success - a prima facie case of copyright infringement - can be shown, the allegations of irreparable injury need not be very detailed, because such injury can normally be presumed when a copyright is infringed. しかしながら、著作権裁判の場合、勝訴の蓋然性(つまり一応有利な著作権侵害の事例)を示すことができるのであれば、回復不能な損害の主張は詳細に行う必要がない。著作権が侵害されている場合、かかる損害の可能性は通常推定できるからである。
Robert Stigwood Group Ltd. v. Sperber, 457 F.2d 50, 55 (2d Cir. 1972); American Metropolitan Enterprises of New York v. Warner Bros. Records, 389 F.2d 903, 905 (2d Cir. 1968); Uneeda Doll Co. v. Goldfarb Novelty Co., 373 F.2d 851, 852 n.1 (2d Cir. 1967); Joshua Meier Co. v. Albany Novelty Manufacturing Co., 236 F.2d 144, 147 (2d Cir. 1956); Rushton v. Vitale, 218 F.2d 434, 436 (2d Cir. 1955) (Clark, J.); see 2 Nimmer on Copyright § 157, at 698.4 n.177 (1976 & Supp.). Robert Stigwood Group Ltd. v. Sperber, 457 F.2d 50,55 (2d Cir. 1972); American Metropolitan Enterprises of New York v. Warner Bros. Records, 389 F.2d 903,905 (2d Cir. 1968): Uneeda Doll Co. v. Goldfarb Novelty Co., 373 F2d 851,852 n.1 (2d Cir. 1967); Joshua Meier Co. v. Albany Novelty Manufacturing Co., 236 F.2d. 144,147 (2d Cir. 1956); Rushton v. Vitale, 218 F.2d 434,436 (2d Cir. 1955) (Clark, J); 参照:2 Nimmer on Copyright § 157, at 698.4 n.177 (1976 & Supp.).
Wainwright's claim that most of its profits derive from its reports, and Judge Lasker's finding that publication of the extracts "may materially reduce the demand for Wainwright's services," sufficiently show irreparable injury under this standard. ウェインライトが同社の主な利益は当該レポートから得られるものであると主張したこと、およびラスカー判事が抜粋の掲載でウェインライトのサービスに対する需要が著しく減少する可能性があると認めたことは、この基準において十分に回復不能な損害を証明するものである。
We need only consider, then, whether a prima facie case of infringement has been made out. したがって、ここで考察が必要なのは、著作権侵害の一応有利な事例が示されているかどうかという点のみである。
Since Wainwright's reports were copyrighted and since no permission was given for publication of the reports in abstract form, a critical question in determining the existence of a prima facie case is whether the Transcript made "fair use" of the Wainwright reports. ウェインライトのレポートが著作権で保護されている点、および抄録の形でレポートを掲載することの許諾が与えられていない点から、一応有利な事例の存在を判断する際の決定的な問題は、トランスクリプトによるウェインライトのレポートの使用が「フェアユース」にあたるかどうかである。
See 2 Nimmer on Copyright § 145 (1976).

参照:2 Nimmer on Copyright § 145 (1976).

The doctrine of fair use creates a privilege "in others than the owner of a copyright to use the copyrighted material in a reasonable manner without his consent, notwithstanding the monopoly granted to the owner.. . ."
フェアユースの法理によれば、「著作権者が著作物に対する排他的権利を有するにもかかわらず、適切な方法によれば著作権者以外の人間が著作権者の許諾なしに著作権で保護される素材を使用できる... 」
Rosemont Enterprises, Inc. v. Random House, Inc., 366 F.2d 303, 306 (2d Cir. 1966), quoting Ball, Copyright and Literary Property 260 (1944). Rosemont Enterprises, Inc. v. Random House, Inc., 366 F.2d 303, 306 (2d Cir. 1966), quoting Ball, Copyright and Literary Property 260 (1944). 引用。
For example, a classic illustration of fair use is quoting from another's work in order to criticize it. 例えば、フェアユースの典型的事例としては、他人の著作物を引用して批評することが挙げられる。
The principle has most often been applied to works in the fields of science, law, medicine, history and biography.
これまでのところ、この法理が最もよく適用されているのは、科学、法律、医薬、歴史、伝記といった分野の著作物である。
The fair use doctrine offers a means of balancing the exclusive rights of a copyright holder with the public's interest in dissemination of information affecting areas of universal concern, such as art, science and industry. フェアユースの法理に照らせば、著作権者の排他的権利と、一般的関心事の領域(芸術、科学、産業など)に関わる情報の普及による公衆の利益とを比較考量することができるのである。
Put more graphically, the doctrine distinguishes between "a true scholar and a chiseler who infringes a work for personal profit." わかりやすく言えば、この法理は「本物の学者と個人的利益の為に作品を侵害するペテン師」を区別するためのものだ。
Hearings on Bills for the General Revision of the Copyright Law Before the House Comm. on the Judiciary, 89th Cong. 1st Sess., ser. 8, pt. 3, at 1706 (1966) (Statement of John Schulman).

Hearings on Bills for the General Revision of the Copyright Law Before the House Comm. on the Judiciary, 89th Cong. 1st Sess., ser. 8, pt. 3, at 1706 (1966) (Statement of John Schulman).。
Judge Lasker found that the Transcript's abstracts did not constitute a fair use of the Wainwright reports because (1) the takings were "substantial in quality, and absolutely, if not relatively substantial in quantity," 418 F. Supp. at 625; (2) publication of the abstracts probably reduced the value of Wainwright's research reports; (3) the public interest in dissemination is not affected since the Transcript is not restrained from researching and preparing its own reports; and (4) such reports could be prepared from original materials. ラスカー判事は、以下の理由により、トランスクリプトの抄録はウェインライト・レポートのフェアユースにあたらないとの判断を下した。
1. 本件の抜粋は、「質的に見ると実質性があり、量的に見ると相対的に実質性があるとはいえないまでも絶対的に実質性がある」418 F. Supp. at 625。
2. 抄録の出版によりウェインライトの調査レポートの価値が減少した可能性がある。
3. 情報普及による公衆の利益は、トランスクリプトが調査および自社のレポート作成を禁止されていないから、何ら影響を受けない。
4. 同様なレポートは原資料から作成できる可能性がある。
See Marvin Worth Productions v. Superior Films Corp., 319 F. Supp. 1269, 1274 (S.D.N.Y. 1970).

Marvin Worth Productions v. Superior Films Corp., 319 F. Supp. 1269, 1274 (S.D.N.Y. 1970)参照。
On this appeal, appellants argue, as they did before the district court, not only that their use of the reports was a fair one, but that publication of the abstracts of the reports is simply financial news coverage entitled to the protection of the first amendment. 本控訴審において、控訴人は、本件レポートの使用がフェアユースであるということに加え、本件レポートの抄録出版は合衆国憲法修正第1条で保護されるべき金融関連のニュース報道に他ならないという、地方裁判所と同じ抗弁を提出している。
They point out that Wainwright reports have been reported as news events by the Wall Street Journal and that these accounts include the analyses and conclusions of the original reports. ウェインライト・レポートはウォールストリート・ジャーナルにニュースの出来事として報道されており、その記事にはウェインライト・レポートの分析や結論も取り上げられていると、控訴人は指摘している。
n2

The question of the first amendment protections due a news report of a copyrighted research report is a provocative one.
注2:著作権で保護される調査レポートに関するニュース報道が合衆国憲法修正第1条で保護されるべきか否かという問題は、大きく論議の分かれるところである。

Conflicts between interests protected by the first amendment and the copyright laws thus far have been resolved by application of the fair use doctrine.
合衆国憲法修正第1条による保護と著作権法による保護の間における利害の衝突は、これまでフェアユースの法理を適用することで解決されてきた。
E.g., Walt Disney Productions v. Air Pirates, 345 F. Supp. 108, 115 (N.D.Cal. 1972); McGraw-Hill, Inc. v. Worth Publishers, Inc., 335 F. Supp. 415, 422 (S.D.N.Y. 1971). 判例、Walt Disney Productions v. Air Pirates, 345 F. Supp. 108, 115 (N.D.Cal. 1972); McGraw-Hill, Inc. v. Worth Publishers, Inc., 335 F. Supp. 415, 422 (S.D.N.Y. 1971)。
Some day, legitimate in-depth news coverage of copyrighted, small-circulation articles dealing with areas of general concern may require courts to distinguish between the doctrine of fair use and "an emerging constitutional limitation on copyright contained in the first amendment." 将来的に考えれば、著作権で保護され、発行部数が少なく、一般に関心を持たれる領域を扱っている記事を正当かつ詳細にニュースとして報道することに関しては、裁判所としてもフェアユースの法理と「合衆国憲法修正第1条に規定される著作権に関する新たな憲法上の制限」との区別を余儀なくされる可能性がある。
Nimmer, Does Copyright Abridge The First Amendment Guarantees Of Free Speech And Press? 17 U.C.L.A. L.Rev. 1180, 1200 (1970). See Patterson, Private Copyright And Public Communication: Free Speech Endangered, 28 Vanderbilt L.Rev. 1161 (1975). Nimmer, Does Copyright Abridge The First Amendment Guarantees Of Free Speech And Press? 17 U.C.L.A. L.Rev. 1180, 1200 (1970). See Patterson, Private Copyright And Public Communication: Free Speech Endangered, 28 Vanderbilt L.Rev. 1161 (1975).。
But, this is not the case.

しかし、本件はこの場合に該当しない。

It is, of course, axiomatic that "news events" may not be copyrighted. 「ニュースの出来事」が著作権で保護されないのは当然自明のことである。
Time, Inc. v. Bernard Geis Associates, 293 F. Supp. 130, 143 (S.D.N.Y. 1968). Time, Inc. v. Bernard Geis Associates, 293 F. Supp. 130, 143 (S.D.N.Y. 1968)。
But in considering the copyright protections due a report of news events or factual developments, it is important to differentiate between the substance of the information contained in the report, i.e., the event itself, and "the particular form or collocation of words in which the writer has communicated it." しかし、ニュースの出来事すなわち実際の出来事のレポートに与えられるべき著作権保護を考える際には、レポートに記載されている情報の内容(つまりニュースの出来事それ自体)と、「著者がそれを伝えるのに使った特別の表現方法や言葉の配列」とを区別する事が重要である。
International News Service v. Associated Press, 248 U.S. 215, 234, 39 S. Ct. 68, 70, 63 L. Ed. 211 (1918); see Chicago Record-Herald Co. v. Tribune Ass'n, 275 F. 797 (7th Cir. 1921). International News Service v. Associated Press, 248 U.S. 215, 234, 39 S. Ct. 68, 70, 63 L. Ed. 211 (1918); see Chicago Record-Herald Co. v. Tribune Ass'n, 275 F. 797 (7th Cir. 1921)参照。
What is protected is the manner of expression, the author's analysis or interpretation of events, the way he structures his material and marshals facts, his choice of words, and the emphasis he gives to particular developments. 保護の対象となるものは、表現方法、作者による事実の分析や解釈、構成や配列の方法、言葉の選択、特定の出来事の強調である。
Thus, the essence of infringement lies not in taking a general theme or in coverage of the reports as events, but in appropriating the "particular expression through similarities of treatment, details, scenes, events and characterization."
従って、侵害に不可欠な要素は、一般的な主題を取り上げるとかレポートを出来事として報道することではなく、「扱い方、詳細、場面、出来事、説明といった要素が類似している特定の表現」を流用することである。
Reyher v. Children's Television Workshop, 533 F.2d 87, 91 (2d Cir. 1976). Reyher v. Children's Television Workshop, 533 F.2d 87, 91 (2d Cir. 1976)。
In a parallel manner, the essence or purpose of legitimate journalism is the reporting of objective facts or developments, not the appropriation of the form of expression used by the news source.

同様に、正当なジャーナリズムの本質または目的は、客観的な事実や出来事の報道であり、ニュースソースが使用した表現方法の流用ではない。
Here, the appellants did not bother to distinguish between the events contained in the reports and the manner of expression used by the Wainwright analysts. この点において、控訴人は、本件レポートに記載されている出来事とウェインライトのアナリストが使用した表現方法とを区別する努力を怠った。
Unlike traditional news coverage, moreover, the Transcript did not provide independent analysis or research; it did not solicit comments on the same topics from other financial analysts; and it did not include any criticism, praise, or other reactions by industry officials or investors. その上、トランスクリプトは、一般的なニュース報道に見られるような独自の分析や調査を提示しなかったし、同じ話題について他の金融アナリストからのコメントを求めたり、業界首脳や投資家による批判、賞賛、その他の反応を掲載することもなかった。

Rather, the Transcript appropriated almost verbatim the most creative and original aspects of the reports, the financial analyses and predictions, which represent a substantial investment of time, money and labor. それどころか、トランスクリプトは本件レポートの最も創作的かつ独創的な部分である財務分析および予測(相当の時間、資金、労力が投資されている)をほぼ逐語的に流用したのである。
n3 See Gorman, Copyright Protection For The Collection And Representation Of Facts, 76 Harv. L.Rev. 1569, 1578 (1963). Cf. Note, Beyond The Realm Of Copyright: Is There Legal Sanctuary For The Merchant Of Ideas?, 41 Brooklyn L.Rev. 284 (1974).
註3、Gorman, Copyright Protection For The Collection And Representation Of Facts, 76 Harv. L.Rev. 1569, 1578 (1963). Cf. Note, Beyond The Realm Of Copyright: Is There Legal Sanctuary For The Merchant Of Ideas?, 41 Brooklyn L.Rev. 284 (1974)参照。

The copying by the Transcript is easily distinguishable from the reporting of the Wainwright research reports by other publications.
トランスクリプトによるウェインライト調査レポートの利用方法には、他の出版物による利用方法と明確に異なる点がある。
The Wall Street Journal articles referred to by appellants, for example, were published a year apart. 例えば、控訴人が言及しているウォールストリート・ジャーナルの記事は一年の間隔を置いて掲載されたものである。
There apparently was no attempt to provide readers regularly with summaries of the Wainwright reports and there is no indication that the Wall Street Journal launched an advertising campaign portraying itself as a publisher of the same financial analyses available to large investers, but at a lower rate. この場合はウェインライト調査レポートの抄録を読者に対して定期的に提供しようとしたものとは考えられないし、ウォールストリート・ジャーナルがその宣伝活動の中で自紙について大規模投資家に役立つウェインライトと同様な財務分析をより低価格で提供できる新聞であると称した形跡もない。
By contrast, the appellants’ use of the Wainwright reports was blatantly self-serving, with the obvious intent, if not the effect, of fulfilling the demand for the original work. これに対し、控訴人のウェインライト・レポートの利用方法は、明らかにオリジナルの情報に対する需要に応える意図(結果はどうあれ)による自己の営利を追求したものである。
See Berlin v. E.C. Publications, Inc., 329 F.2d 541, 545 (2d Cir.), cert. Denied, 379 U.S. 822, 85 S. Ct. 46, 13 L. Ed. 2d 33 (1964). Berlin v. E.C. Publications, Inc., 329 F.2d 541, 545 (2d Cir.), cert. Denied, 379 U.S. 822, 85 S. Ct. 46, 13L. Ed. 2d 33(1964)参照。
This was not legitimate coverage of a news event, instead it was, and there is no other way to describe it, chiseling for personal profit. n4

これはニュースの出来事を正当に報道したものではなく、それどころか自己の営利を目的とするペテンと表現する外はない。注4参照。
Thus, under Judge Lasker’s well-reasoned fair use analysis, or, meeting the Transcript on its own ground, under a free speech theory, the appellants have failed to demonstrate that their use of the Wainwright reports either was reasonable or pursuit to legitimate news reporting that implicates first amendment interests.

したがって、ラスカー判事のきわめて合理的なフェアユースの分析に照らしても、トランスクリプト側の主張する言論の自由理論に照らしても、控訴人は自己によるウェインライト・レポートの利用方法が適切なものであること、および合衆国憲法修正第一条の法益にかなう正当なニュースの報道行為であることのどちらも証明できなかったわけである。
Affirmed.

よって原判決を維持し、控訴を棄却する。
Footnotes

脚注
n1 The following is a typical abstract by appellants of a Wainwright report, published in the Wall Street Transcript on May 10, 1976. 注1:以下に引用するのは、1976年5月10日のウォールストリート・トランスクリプト誌上で控訴人がウェインライト・レポートを抄録した典型的な例である:
W.D.Williams of H.C. Wainwright & Co. says in a Special Report (April 13 – 7 pp) on FMC CORP. (25) that 1976 prospects are strengthened by the magnitude of the increase in industrial and agricultural chemical earnings in last year’s recessionary environment. And second, he says that likely to aid comparisons this year was the surprisingly limited extent to which Fiber Division’s losses shrank last year.

H・C・ウェインライト社のW・D・ウィリアムズ氏はFMC社(25)に関する特集レポート(4月13日掲載-7ページ)で次のように述べている: 1976年度の業績見通しを明るくする材料の一つに、昨年の景気後退局面にあって工業用化学品部門と農業用化学品部門があれだけの増益を実現したことがある。第二に、今年との比較の上で参考となる材料としては、昨年の繊維部門における損失幅の改善が予想を大きく下回ったことが挙げられる。
His estimated earnings for 1976 is $3.76 per share compared with earnings of $3.24 per share in l975.

ウィリアムズ氏の利益予測は、1975年度が一株当り3.24ドルであったのに対して、1976年度は3.76ドルである。
According to Williams, one of the most hopeful developments in recent years was the decision by management last year to attempt to negotiate sale of the Fiber Division. 同氏は、昨年FMC経営陣が繊維部門の売却交渉に踏み切ったことは同社にとって近年になく好ましい材料であるとしている。
He says the company could wind up with possibly $100 million, plus a tax write-off and a sizable one-time charge against earnings. この売却が成立すれば同社は一億ドル程度の金額を得る可能性があるが、これに伴い一定の有税償却が発生し、相当額の一括償却費用が利益から控除されることになる。
And, concerning the tanker situation, he writes that the company is now far enough along on the learning curve that additional cost overruns , if any, will be small, タンカー事業部門の現状については、同社も今では習熟曲線の十分な段階に達しているので、超過コストが今後増えるとしても少額に留まるものとのことである。
The major incremental financial cost to FMC will lie in the determination of what share of the present unreserved overrun is the company’s responsibility.
今後FMC社の財務費用が大幅に増加するとすれば、現在未引当の創設コストの内どの位の比率が同社負担として決定されるかに懸かっている。
(27a)

(27a)
n2 According to appellants, the following excerpts appeared in an article in the Wall Street Journal on August 22, 1975:
注2:控訴人によれば、下記の抜粋が1975年8月22日ウオールストリート・ジャーナルの記事に掲載されていると言う:
“Earlier estimates of a full industry profit recovery in 1976 now seem too optimistic” says Daniel W. Strarrett, of H.C. Wainwright & Co., “and the horizon on such a development has probably been pushed into 1977.”
ウェインライトのダニエル・W・スターレット氏の見解では、「業界収益が全面的に回復するとの当初予測は現時点では楽観的に過ぎると考えられ、こうした展開の兆しが見えてくるのは1977年度にズレ込む公算が高い」としている。

Mr. Starrett sees uneven results flowing from recently announced price increases, which center on the 3.8% average increase set by U.S. Steel.
スターレット氏は、USスチールの平均3.8%の値上げを中心とする最近発表された値上げが各社の業績にもたらす影響にはばらつきがあると見る。
The decision by U.S. Steel to delay price increases on sheet and strip products until Oct. 1, he says, suggests increased pressure on profits of most other steel companies in the current quarter. USスチールは鋼板と帯鋼製品の値上げを10月1日まで延期するとの決定を下したが、これにより、当四半期における他のほとんどの鉄鋼企業の利益が更に圧迫される可能性があると同氏は述べている。
Although the analyst is basing his current estimates for the six companies on the assumption that the 3.8% price boost can be realized over the rest of this year, he terms it a "shaky" assumption. スターレット氏は、3.8%の値上げが年末にかけて実現することを前提としてこれら6社に関する当期の業績を予測しているが、同氏はこの前提を「確実性の低いもの」であるとしている。
"The profit outlook for the remainder of the year remains rather cloudy. With future pricing perhaps the greatest area of uncertainty," he says. 「今年度のこれからの利益予測は依然として相当不透明であり、中でも価格設定の動向が最も予想しにくい領域といえよう。
"Cost increases and sharply reduced operating rates will clearly require some relief if the industry's near-term profit viability is to be maintained. 「コストが上昇し操業率が急速に低下すると、何らかの救済措置を講じなければ鉄鋼業界における短期利益の実現可能性が維持できなくなることは明らかだ。
The extent to which pressure from cut-rate imports and reduced demand will limit or prevent improved price realization cannot be gauged with any confidence." 安価な輸入品の攻勢と需要の減少による圧力が値上げをどの程度抑制し防げるかについては、確信を持って判断することができない。」
Mr. Starrett estimates that industry shipments this year will drop to 84 million tons. 本年の鉄鋼出荷量は8千4百万トンに減少するとスターレット氏は予測している。
Although he believes industry volume could rebound 10% or more next year, he doesn't expect supplies to be tight. 同氏は来年における業界の市場規模が10%以上回復するものと考えているが、供給が逼迫するとは予想していない。
"Although cost-price relationships will be the ultimate determinant, it seems unlikely at this early date that industry profits will return to peak 1974 levels next year," he says. 「最終的な業績はコストと価格の関係によって左右されるものと考えられるが、この早期の段階の予想では、来年の鉄鋼業界各社の利益が1974年当時の最高水準まで回復する可能性は低いと思われる。」と述べている。
"In the interim, the odds appear to favor more bad news. 「当座の間は、見通しは更に悪化しそうだ。
In general, while quarterly dividend rates don't appear to be in jeopardy, the extra payments adopted by all but U.S. Steel in 1974 might be reduced or eliminated." 全体的には、四半期ベースの配当率が低下することはないと思われるが、1974年にUSスチール以外で採択された特別配当は、減額されるか無配になるであろう。」
Mr. Starrett's estimates of per-share net this year: U.S. Steel $8.50 vs. $11.52 in 1974; Bethlehem $5 vs. $7.85; Armco $4 vs. $6.71; Inland $5.50 vs. $7.96; National $3.50 vs. $9.44; and Republic $6 vs. $10.55. スターレット氏は、本年の一株当り純益を次のように試算している。USスチール 8.50ドル(1974年は11.52 ドル)/ベツレヘム 5ドル(7.85ドル)/アームコ 4ドル(6.71ドル)/インランド 5.50ドル(7.96ドル)/ナショナル 3.50ドル(9.44ドル)/リパブリック 6ドル(10.55ドル)
His U.S. Steel estimate includes 82 cents per share earned in the first quarter from sale of timberland. 同氏によるUSスチールの試算には、第1四半期の森林地売却による一株当り82セントの利益も算入されている。
Holman Reply Brief, at 9-10 n. ホルマンによる反対訴答の要約注9〜10を参照。
n3 The extent of the copying is illustrated by the following comparison of the Transcript's abstracts, on the left, and portions of the Wainwright reports, on the right: 注3:記事の利用の程度が分かるよう、左側にトランスクリプトの抜粋、右側にウェインライト・レポートの一部を並べて対比させている。
". . . 1976 prospects are strength- ened by the magnitude of the in- crease in industrial and agricul- tural chemical earnings in last year's recessionary environment." 「. . . 1976年度の業績見通しを明るくする材料の一つに、昨年の景気後退局面において工業用化学品部門と農業用化学品があれだけの増益を実現したことがある」
"The first of the 'surprises' alluded to above that strengthens 1976 prospects is the magnitude of the increase in industrial and agricultural chemical earnings in last year's recessionary environ- ment." (p.1) 「上記に示す1976年の業績見通しを明るくする『意外な材料』の第一点は、昨年の景気後退局面において工業用化学品部門と農業用化学品部門があれだけの増益を実現したことである。」
"And second, he says that likely to aid comparisons this year was the surprisingly limited extent to which the Fiber Division's losses shrank last year." 「また、その次に今年との比較の上で参考となる材料としては、昨年の繊維部門における損失幅の改善が予想を大きく下回ったことが挙げられる。」
"The second development likely to aid comparisons this year was the surprisingly limited extent to which the Fiber Division's losses shrank last year. . . ." (p.2) 「今年との比較の上で参考となる材料の第二点としては、昨年の繊維部門における損失幅の改善が予想を大きく下回ったことが挙げられる. . .」 (p.2)
"His estimated earnings for 1976 is $3.76 per share compared with earnings of $3.24 per share in 1975." 「同氏の予想によると、一株当りの利益は1975年の3.24ドルに対して、1976年は3.76ドルになるであろう。」
"Earnings (Years ending Dec. 31) . . . Actual 1975 . . . $3.24 per share (b) Estimated 1976 . . . $3.75 per share (c) " 「一株当り利益(各年12月31日現在) 1975年 3.24ドル(実績)/1976年 3.75ドル(推定値)」(b)
(b)including LIFO profit of 20 [cents] per share and 12 [cents] per share benefit of change in pension funding as- sumptions.
(c) 「(b)には後入れ先出し法に基づく一株当り20セントの利益と、年金積立額の仮定の変更による一株当たり12セントの効果を算入している。」

". . . one of the most hopeful developments in recent years was the decision by management last year to attempt to negotiate sale of the Fiber Division."
昨年、経営陣が繊維部門の売却交渉に踏み切ったことは同社にとって近年になく好ましい材料である。
". . . one of the most hopeful developments at FMC in recent years was the decision reached by management late last year to at- tempt to negotiate sale of the Fiber Division. . . ." (p.4)
昨年、FMCの経営陣の間で繊維部門の売却交渉に踏み切る合意が成立しことは同社にとって近年になく好ましい材料である。
". . . the company could wind up with possibly $100 million, plus a tax write-off and a sizable one-time charge against earnings."
この売却が成立すれば同社は一億ドル程度の金額を得る可能性があるが、これに伴い一定の有税償却が発生し、相当額の一括償却費用が利益から控除されることになる。
". . . FMC would wind up with possibly $100 million, plus a tax write-off and a sizable one-time charge against earnings." (p.6)
この売却が成立すればFMC社は一億ドル程度の金額を得る可能性があるが、これに伴い一定の有税償却が発生し、相当額の一括償却費用が利益から控除されることになる。
". . . the company is now far enough along on the learning curve that additional cost over- runs, if any, will be small, the major incremental financial cost to FMC will lie in the determination of what share of the present unreserved overrun is the company's responsibility."
同社も今では習熟曲線の十分な段階に達しているので、超過コストが今後増えるとしても少額に留まるものと考えられ、今後FMC社の財務費用が大幅に増加するとすれば、現在未引当の創設コストの内どの位の比率が同社負担として決定されるかに懸かっている。
". . . the company is now far enough along on the learning curve that additional cost over- runs, if any, will be small, and that the major incremental financial cost to FMC will lie in the determination of what share of the present unreserved overrun is the company's responsibility."(p.7)

同社も今では習熟曲線の十分な段階に達しているので、超過コストが今後増えるとしても少額に留まるものと考えられ、また、今後FMC社の財務費用が大幅に増加するとすれば、現在未引当の創設コストの内どの位の比率が同社負担として決定されるかに懸かっている。
(146a-147a).
n4 Section 107 of the revised Copyright Law, P.L. 94-553, effective January 1, 1978, provides that the fair use of a copyrighted work for such purposes as "news reporting" is not an infringement of the copyright. The factors to be considered in determining whether the use is a fair one include:
注4 修正著作権法P.L.94-553、1978年1月1日発効の107条によれば、著作権のある著作物の「ニュース報道」などへのフェアユースは、著作権の侵害とならない。著作権の使用がフェアユースとなるか否かの判断において考慮すべき要素は以下のものを含む。
(1) the purpose and character of the use, including whether such use is of a commercial nature or is for non-profit educational purposes;
(1) 使用の目的および性質。使用が商業性を有するかまたは非営利的教育目的かを含む
(2) the nature of the copyrighted work;
(2) 著作権のある著作物の性質。
(3) the amount and substantiality of the portion used in relation to the copyrighted work as a whole; and
(3) 著作権のある著作物全体との関連における使用された部分の量および実質性。
(4) the effect of the use upon the potential market for or value of the copyrighted work.
(4) 著作権のある著作物の潜在的市場または価値に対する使用の影響。
Significantly, the legislative history of the revised law suggests that the defense of fair use should be restricted when material is appropriated from a "newsletter" for profit-making purposes:
明らかに、修正法による立法上の経緯から、フェアユースの抗弁は営利目的の「ニュースレター」への著作物の流用には適用されるべきでない。
During the consideration of the revision bill in the 94th Congress it was proposed that independent newsletters, as distinguished from house organs and publicity or advertising publications, be given separate treatment.
第94回米国議会での修正案の審議において、社内報や広報誌、広告誌とは明らかに違うものとしてニュースレターを別扱いにする旨提案がなされた。
It is argued that newsletters are particularly vulnerable to mass photocopying, and that most newsletters have fairly modest circulations.
その根拠としては、ニュースレターはとくに大量に写真複写されることで受ける影響が大きい点、そしてニュースレターの多くはかなり発行部数が少ないという点が挙げられた。
Whether the copying of portions of a newsletter is an act of infringement or a fair use will necessarily turn on the facts of the individual case.
ニュースレターの一部を利用することが著作権の侵害にあたるのかフェアユースにあたるのかは、必然的に個々の事例の実情によって左右される。
However, as a general principle, it seems clear that the scope of the fair use doctrine should be considerably narrower in the case of newsletters than in that of either mass-circulation periodicals or scientific journals.
しかし、原則として、ニュースレターの場合、フェアユースの法理の適用範囲は大量に流通している雑誌や科学雑誌などより相当に狭くすべきであるものと考えられる。
The commercial nature of the user is a significant factor in such cases: Copying by a profit-making user of even a small portion of a newsletter may have a significant impact on the commercial market for the work.
これらの事例において、使用者の営利性は重要な要因となる。営利を目的とする使用者が、たとえほんの一部分であってもニュースレターを利用することは、作品の市場に大きな影響を及ぼす可能性があるからだ。
H.R. No. 94-1476, 94th Cong. 2nd Sess. 73-74, reprinted in [1976] U.S. Code
Cong. & Admin. News 5687
H.R. No. 94-1476, 94th Cong. 2nd Sess. 73-74, reprinted in [1976] U.S. Code
Cong. & Admin. News 5687
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト

Amelia Network Co.,Ltd.