判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
レイ・スペンサー裁判
ワシントン州対スペンサー
STATE v. SPENCER
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2012/08/29 17:06)
原文 日本語訳
NO. 37229-1 -11
TN THE COURT OF APPEALS OF THE STATE OF WASHINGTON
DIVISION I1

STATE OF WASHINGTON, Respondentv.
v.
CLYDE RAY SPENCER, Petitioner
37229-1 -11番
ワシントン州控訴裁判所
第2部

ワシントン州 : 被上訴人

クライド・レイ・スペンサー : 上訴人

FROM THE SUPERIOR COURT FOR CLARK COUNTY CLARK COUNTY SUPERIOR COURT CAUSE NO. 85- 1-00007-2

RESPONSE TO PERSONAL RESTRAINT PETITION

クラーク郡上位裁判所 85- 1- 00007-2 より

人身保護請求に対する回答

Attorneys for Respondent:

ARTHUR D. CURTIS
Prosecuting Attorney
Clark County, Washington

MICHAEL C. KINNIE, WSBA #7869
Senior Deputy Prosecuting Attorney

被上訴人側検察官

アーサー・D・カーティス
検察官
ワシントン州クラーク郡

マイケル・C・キニー WSBA 7869
上席検察官補

Clark County Prosecuting Attorney
1013 Franklin Street
PO Box 5000
Vancouver WA 98666-5000
Telephone (360) 397-2261

クラーク郡検察
郵便番号 98666-5000
ワシントン州 バンクーバー市 
フランクリン通り1013 私書箱5000号
電話 (360) 397-2261

I. STATEMENT OF THE FACTS

1.事実の確認

On May 16, 1985, the defendant pled guilty in the Clark County Superior Court to eleven counts of a sixteen count Second Amended Information which was dated May 3, 1985.

1985年5月16日、被告人はクラーク郡上級裁判所において1985年5月3日付の修正略式起訴状の16の訴因のうち
11について有罪であること認める答弁をした。

The defendant pled guilty to the following counts:

Count I- Statutory Rape in the First Degree- named victim Kathryn E. Spencer.

被告人は以下の訴因につき有罪の答弁を行った。

訴因 1 第1級法定強姦罪 被害者キャサリン・E・スペンサー
Count II- Statutory Rape in the First Degree- named victim Matthew Ray Spencer.
訴因 2 第1級法定強姦罪 被害者マシュー・レイ・スペンサー
(Count 1 and Count 2 are pre SRA)
(訴因1と2は量刑改革法施行前)

Count III- Statutory Rape in the First Degree-named victim Kathryn E. Spencer.

訴因 3 第1級法定強姦罪 被害者キャサリン・E・スペンサー

Count VII- Statutory Rape in the First Degree- named victim Matthew Ray Spencer.

訴因 7 第1級法定強姦罪 被害者マシュー・レイ・スペンサー

Count IX- Complicity to Statutory Rape in the First Degree- Matthew Ray Spencer involved in sexual intercourse with Kathryn E. Spencer at the direction of the defendant.

訴因 9 第1級法定強姦罪共犯罪 マシュー・レイ・スペンサーは被告人の教唆によりキャサリン・E・スペンサーと性交渉を持った。

Count X- Complicity to Statutory Rape in the First Degree- Matthew Ray Spencer involved in sexual intercourse with Matthew Hansen at the direction of the defendant.

訴因10 第1級法定強姦罪共犯罪 マシュー・レイ・スペンサーは被告人の教唆によりマシュー・ハンセンと性交渉を持った。

Count XII- Statutory Rape in the First Degree-named victim Matthew Hansen.

訴因12 第1級法定強姦罪 被害者マシュー・ハンセン
Count XIII- Complicity to Statutory Rape in the First Degree- Matthew Hansen involved in sexual intercourse with Matthew Ray Spencer at the direction of the defendant.
訴因13 第1級法定強姦罪共犯罪 マシュー・ハンセンは被告人の教唆によりマシュー・レイ・スペンサーと性交渉を持った。

Count XIV- Complicity to Statutory Rape in the First Degree- Matthew Hansen involved in sexual intercourse with Kathryn E. Spencer at the direction of the defendant.

訴因14 第1級法定強姦罪共犯罪 マシュー・ハンセンは被告人の教唆によりキャサリン・E・スペンサーと性交渉を持った。

Count XV- Statutory Rape in the First Degree-named victim Matthew Hansen.

訴因15 第1級法定強姦罪 被害者マシュー・ハンセン
Count XVI- Statutory Rape in the First Degree-named victim Matthew Hansen.

訴因16 第1級法定強姦罪 被害者マシュー・ハンセン

A copy of the Statement of Defendant on Plea of Guilty with the attached Second Amended Information is attached hereto and by this reference incorporated herein.
添付された第2修正略式起訴状とともに、有罪答弁に関する被告人陳述の写し1部がここに添付され、この参照により本文書に組み込まれる。

Also included as an appendix is the change of plea hearing from May 16, 1985.

その他の添付書類には、「答弁の変更に関する審問(1985年5月16日)」がある。
This sets forth the underlying factual basis to support each of the counts referred to and gives specific detail as to the type of sexual activity involved.
これは、言及されたそれぞれの訴因を裏付ける事実的基礎を明記し、関与した性行為の種類に関して具体的な詳細を明らかにしている。
A copy of the transcript of Change of Plea dated May 16, 1985, is attached hereto and by this reference incorporated herein.
1985年5月16日付けの答弁の変更に関する審問の写し1部がここに添付され、この参照により本文書に組み込まれる。

As a result of the plea of guilty the defendant was sentenced on May 23, 1985.

有罪答弁の結果として、被告人は1985年5月23日判決を受けた。
As previously indicated counts I and I1 were pre SRA and the rest of the counts that he pled guilty to were post SRA.
前述の通り、訴因1と2はSRA前、被告人が有罪答弁をした残りの訴因はSRA後のものである。
A copy of the Judgment and Sentence is attached hereto and incorporated herein.
判決および量刑の写し1部がここに添付され、本文書に組み込まれる。

II. RESPONSE TO PERSONAL RESTRAINT PETITION

2.人身保護請求に対する回答

The defense claims that there has been recantation of evidence in the case which would undermine the trustworthiness and validity of the change of plea and thus entitle the defendant to relief from the Judgment.

被告人側の主張によると、本件では証拠の撤回があり、これは答弁の変更に関する審問の信頼性と有効性を損ない、よって被告人に判決からの救済の権利が与えられるであろうとする。
The claim is that his son, Matthew Ray Spencer, who is now an adult, has recanted his involvement in this.
主張は、現在は成人している彼の息子、マシュー・レイ・スペンサーが本件への関与を撤回していることである。
The defendant also makes claim that the daughter, Kathryn Spencer, has also recanted.
さらに被告人は、娘のキャサリン・スペンサーも撤回したと主張している。
However, when the Court reviews the documentation and affidavit that Kathryn Spencer has prepared she does not say that the activity did not take place, rather, she maintains that she does not, or will not, remember any of the events.
しかしながら、キャサリン・スペンサーが作成した証拠書類と宣誓供述書を当法廷が審査したところ、キャサリン・スペンサーは行為が行われなかったとは言っておらず、事件を何も思い出さない、あるいは思い出すつもりがないと言い続けている。

Recantations are not rare in criminal cases and are inherently questionable.

撤回は刑事事件では珍しくなく、本質的には疑わしい。
State v. Hanson, 126 Wn. App. 276, 108 P.3d 177 (2005); State v. Macon, 128 Wn.2d 784, 801, 91 1 P.2d 1004 (1996); State v. Young, 62 Wn. App. 895, 900, 802 P.2d 829 (1999).

State v. Hanson, 126 Wn. App. 276, 108 P.3d 177 (2005); State v. Macon, 128 Wn.2d 784, 801, 91 1 P.2d 1004 (1996); State v. Young, 62 Wn. App. 895, 900, 802 P.2d 829 (1999).

The court will allow a defendant to withdrawal his plea of guilty whenever it appears that the withdrawal is necessary to correct a manifest injustice.
当法廷は、明白な不公正を是正するために撤回が必要と判断される場合はいつでも、有罪の答弁の撤回を被告人に許可するものとする。
In our case the defendant's argument is not well taken, for he cites no authority for the approach he's taking nor does he ask the trial court below to apply its discretion.
本請願では、被告人がその申立においていかなる法源を引用することもなければ、一審でその裁量権を適用するよう求めてもいないため、被告人の主張は根拠の確かなものとして受け取られていない。
The record shows that the defendant merely argues that his guilty plea was manifestly unjust in light of his newly discovered evidence.
記録によると、被告人は単に、新たに発見された証拠を踏まえると自らの有罪答弁は明らかに不公正だったと主張していると記されている。
The defendant has the burden of demonstrating a manifest injustice in light of all the surrounding facts of his case.
被告人には、本訴訟における四囲の事実を踏まえて、明白な不公正があったことを実証する責任がある。
State v. Taylor, 83 Wn.2d 594, 595, 521 P.2d 699 (1974).
State v. Taylor, 83 Wn.2d 594, 595, 521 P.2d 699 (1974)。
A trial court must exercise greater caution in setting aside guilty pleas once the safeguards of CrR 4.2 (d) & (e) have been met.
一審は、ひとたびCrR 4.2 (d) & (e) の権利保障が満たされた後は、有罪の答弁の破棄にはより慎重にならねばならない。
Taylor, 83 Wn.2d at 595.
Taylor, 83 Wn.2d at 595。
Defendant does not contend that the trial court erred in accepting the guilty plea.
被告人は、一審が有罪答弁を誤って受理したと主張してるのではない。
What he is claiming is, now with his newly discovered evidencej that there has been a "manifest injustice".
被告人が主張しているのは、この新たに発見された証拠を鑑みたとき、「明白な不公正」があったということである。
The Taylor case recognized the following four indicia of "manifest injustice":

1. Denial of effective counsel,
2. Plea not ratified by defendant,
3. Plea was involuntary, and
4. Plea agreement not kept by the prosecution. -(Taylor, 83, Wn.2d at 598).

Taylor事件では、「明白な不公正」を示す例として以下の4つのケースを認めている。

1.有効な弁護が排除された場合
2.被告人が答弁を確認していない場合
3.答弁が任意でなかった場合
4.検察が司法取引を遵守しなかった場合(Taylor, 83, Wn.2d at 598)


In the event that it does not meet this criteria, there must be a showing that a manifest injustice will occur if the withdrawal is not permitted.

本件が当基準を満たさない場合は、撤回が許可されないと明白な不公正が起き得ることを立証する必要がある。
A manifest injustice is one that is obvious, directly observable, overt or not obscure.
明白な不公正とは、明らかで一目瞭然であり、明白、つまり不明瞭でない不公正のことである。
Taylor, 83 Wn.2d at 598.
Taylor, 83 Wn.2d at 598。


In the situation dealing with an Alford plea, the standard remains basically the same.

アルフォード・プリー(起訴事実を認めない有罪訴答)で扱われている状況でも、基本的に同様の基準が用いられている。
As held in State v. Dixon, 38 Wn. App. 74, 683 P.2d 1 144 (1 984) a manifest injustice exists if the total factual basis for the Alford plea changed by the newly discovered evidence, when viewed in balance with the record.
State v. Dixon, 38 Wn. App. 74, 683 P.2d 1 144 (1 984) で判示されたように、公判録と比較考量され、新たに発見された証拠によってアルフォード・プリーにおける事実的基礎全体が変更された場合、明白な不公正が存在する。
Dixon, 38 Wn. App. at 76.

Dixon, 38 Wn. App. at 76。

While it is true that the rule set forth in State v. Ice, 138 Wn. App. 745, 158 P.3d 1228 (2007) is that newly discovered evidence, in the form of victims recanted testimony, may constitute a manifest injustice warranting withdrawal of a guilty plea where the recanted testimony is the sole evidence supporting the conviction.
State v. Ice, 138 Wn. App. 745, 158 P.3d 1228 (2007) に記される準則では、撤回済の宣誓証言が有罪判決を裏付ける唯一の証拠である場合、被害者が同証言を撤回するという形で新たな証拠が提出されたのであれば、これが有罪答弁を撤回する正当な理由となり、同有罪答弁が明白な不公正に該当する可能性があるとしている。
Nevertheless it continues to maintain also that the manifest injustice in an Alford plea situation, when viewed in balance with the record, must change the factual basis for the plea.
しかしさらに同準則では、アルフォード・プリーがなされた裁判でかかる明白な不公正が生じた場合、裁判記録との比較考量において答弁の事実的基礎を見直す必要があるとしている。
(&, 138 Wn. App. at 748)
(&, 138 Wn. App. At 748)。


The State submits that this is the area where this personal restraint petition fails.

州当局は、本件の人身保護請求が認められない領域は下記のとおりであると主張を提出している。
First of all the claim by the defendant's son, many decades after the alleged events, is simply not credible.
まず、被疑事件から相当年数の経過後に、被告人の息子である被害者マシュー・レイ・スペンサー氏が行う主張には、全く信用性がない。
It's of interest that he had never indicated any issues with what he had told the police back in 1985 until after he had an opportunity to meet with and talk with his father once he had become an adult.
同被害者が成人し、父親である被告人と面談する機会を得るまでの期間、1985年の時点で警察官に話した内容に関し同被害者が何ら言及もしなかった点は注目に値する。
This, in and of itself, raises concerns about the veracity and credibility of the recantation supplied.
この事実自体が、同被害者が行う証言撤回における真実性および信用性に対し、懸念を提起するものである。
As indicated in a footnote in the case of In re Personal Restraint of Clements, 125 Wn. App. 634, 644, 106 P.3d 244 (2005):

Discussions of recantation evidence often merge the issues of reliability and credibility.

Discussions of recantation evidence often merge the issues of reliability and credibility. In re Personal Restraint of Clements, 125 Wn. App. 634, 644, 106 P.3d 244 (2005) の脚注に記載のとおり、証言撤回に関する審議にはしばしば、信頼性と信用性の問題が併合される。
Reliability is the overriding concern and encompasses all relevant circumstances surrounding the recantation, including possible undue influence, coercion, and any other improper motive or influence.
信頼性は最優先事項である。信頼性には、証言撤回に対し不当威圧、強要、その他不適切な動機または影響が関連する可能性を含む一切の事情が包含される。
(cite omitted)
(引用省略)
Credibility amounts to a threshold determination of plausibility that involves more than the demeanor of witnesses.
信用性については、証人の挙措やその他の要素を考慮して十分な信ぴょう性が有るか否かで判断する。
A credibility determination includes an assessment of the evidence in light of its rationality, internal consistency, consistency with other evidence, and common experience.
信用性の判断には、合理性、内部整合性、他の証拠との整合性、および日常的体験を考慮に入れた証拠評価が伴う。
(cite omitted)
(引用省略)
In this context, credibility is a component of reliability.
前述の意味で、信用性は信頼性の一つの要素であるといえる。


The defendant in the personal restraint petition continues to maintain, throughout, that Kathryn Spencer has recanted her testimony.

被告人は終始、被害者キャサリン・スペンサー氏が自身の証言を撤回したと主張して、人身保護を請求している。
Yet, in reviewing what she had indicated recently, the State submits that it is not a recantation but merely an indication that she doesn't remember, or does not want to remember, the events when she was a small child.

しかし州当局は、同被害者が最近になり述べた内容を審査すると、当該内容は同被害者の証言撤回ではなく、幼少時の出来事を記憶していない、または思い出したくないことを示すのみである、と主張している。

Finally, you have the most telling factor of all and that is that none of this deals with the third victim of the sexual misconduct, Matthew Hansen.
最後に、あらゆる要素の中でその意味する所を最も考慮すべきなのは、当申し立てはこの性的不法行為の第3の被害者であるマシュー・ハンセンの関与が皆無であるという事実である。
In fact, when we look at the eleven counts that the defendant plead guilty to, four of those counts deal either directly or in complicity with Kathryn Spencer (Counts I, III, IX, XIV), four of those counts deal with or complicity activities with Matthew Ray Spencer (Counts II, VII, IX, X), and six of the counts deal with either direct sexual intercourse or complicity related to Matthew Hansen (X, XII, XIII, XIV, XV, XVI).
実際、被告人が有罪答弁を行った11件の訴因を見るとそのうち4件(訴因1,3,9,14)はキャスリン・スペンサーについて直接的にまたは共謀して犯行に及んだとするもの、4件(訴因2,7,9,10)はマシュー・レイ・スペンサーについて直接または共謀したとするもの、6件(10,12,13,14,15,16)はマシュー・ハンセンについて直接または共謀して性交渉をもったとするものである。
Matthew Hansen has not recanted anything.
現在に至るまでマシュー・ハンセンは何ら主張を撤回していない。
Matthew Hansen certainly appears, by count, to be the main victim and yet there is nothing to indicate that he is recanting anything about what he had previously told law enforcement.
訴因から考えても明らかに主たる被害者であると言えるマシュー・ハンセンは、自らがかつて捜査当局に述べた内容を撤回、変更しようという姿勢は見せていない。


Further, there is internal corroboration in the fact, as indicated by the Deputy Prosecutor at the time of the change of plea in providing the recitation of factual information.

更には申し立て内容には当事者間での補強証拠が存在する。それは事実情報を読み上げる途中で答弁の変更を行う際に副検事も指摘している。
Matthew Hansen was present at many of the activities dealing with the other two children and would have been a witness against the defendant if this matter were to go to trial.
マシュー・ハンセンは他の2人の子に対する行為が行われる場に何度も居合わせており、これらの事件が公判となった場合には証人となっていたであろう。
Likewise, Kathryn Spencer also maintained back then that she was also present during much of the interactivities.
同様にキャスリン・スペンサーはこれらの行為に当時何度も居合わせたと述べていた。
As the Dixon court had pointed out, newly discovered evidence, when viewed in balance with a record, must change the factual basis for the plea.
ディクソン地裁の指摘にあるように、新たに発見された証拠というものは、公判録と比較考量した場合、申し立ての事実的基礎を変更する性質のものでなければならない。
This recantation does not meet the obvious, directly observable standard of manifest injustice.
本件による証言撤回の申し立ては、明白な不当行為の基準に明確にかつ直接的に当てはまるとは言えない。


The State submits that there has simply been no showing here to justify overturning a valid guilty plea.

有効な有罪答弁を撤回するに足る要素は無いと当法廷は判断する。


III. CONCLUSION

3.結論


The personal restraint petition should be dismissed.

拘束解除の請願を却下する。


DATED this_day of____,2008 .
Respectfully submitted:
ARTHUR D. CURTIS
Prosecuting Attorney
Clark County, Washington
By:            
MICHAEL C. KINNIE, WSBA#7869
Senior Deputy Prosecuting Attorney 

2008年 月 日
ワシントン州クラーク郡地方検事
アーサー・D・カーティスが提出。

上級地方検事代理
マイケル・C・キニーWSBA#7869が記録。
(メンバー:スキーヤーH、ごろにゃん、ウッキー、アレックス、mochi)訳

Amelia Network Co.,Ltd.