判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
養母児童虐待裁判
コロラド州対レクター
.PEOPLE v. RECTOR
訳文ステータス:仮日本語訳 (更新日:2011/12/20 15:26)
原文 日本語訳
Colorado Supreme Court -- March 14, 2011
No. 09SA708. People v. Rector.

SUPREME COURT, STATE OF COLORADO
101 West Colfax Avenue, Suite 800
Denver, Colorado 80202

コロラド最高裁判所??2011年3月14日
No. 09SA708. People v. Rector

コロラド州最高裁判所、
郵便番号80202 コロラド州デンバー、スイート800、ウェスト・コリファックス・アヴェニュー101
Certiorari to the Colorado Court of Appeals
Court of Appeals Case No. 06CA747
Case No. 09SC708
Petitioner:

The People of the State of Colorado,

v.

Respondent:

Tember Terri Rector.


コロラド州控訴裁判所への裁量上訴
控訴裁判所判例 No.06CA747
コロラド州最高裁判所判例 No. 09SC708
上訴人 
The People of the State of Colorado
v.
被上訴人
Tember Terri Rector
JUDGMENT REVERSED
EN BANC
March 14, 2011

John W. Suthers, Attorney General
Susan Eileen Friedman, Assistant Attorney General

Denver, Colorado
Attorneys for Petitioner

Paul Grant

Parker, Colorado
Attorney for Respondent

JUSTICE RICE delivered the Opinion of the Court.


原判決破棄
大法廷
2011年3月14日

州司法長官 ジョン・W・スザーズ
州司法次官補 スーザン・アイリーン・フリードマン

コロラド州デンバー
上訴人弁護士

ポール・グラント

コロラド州パーカー
被上訴人弁護士

法廷意見: ライス判事
A jury convicted respondent, Tember Rector, of felony child abuse.
被告人デンバー・レクターは、陪審審理により児童虐待の罪で有罪とされた。
The court of appeals reversed the conviction, concluding that the trial court abused its discretion by failing to make sufficient findings regarding the reliability and potential prejudice of an expert's testimony and by failing to instruct the jury on the difference between medical and legal child abuse.
控訴審では、一審の有罪判決を破棄し、一審が専門家証人一名の証言にかかわる信頼性および不利益の可能性について十分な事実認定を怠ったこと、ならびに医療上の児童虐待と法律上の児童虐待の違いに関する陪審への説示を怠ったことをもって、裁量権の濫用に当たるものと判示した。
We granted certiorari to review two of the evidentiary issues.1 We now reverse the court of appeals.


当法廷は、裁量上訴を受理し、かかる3点の証拠に関する争点の2つを審査するために裁量上訴を受理した。(注1)当法廷はここに、控訴審の判決を破棄する。
I. Facts and Proceedings Below


1. 事実と手続きの経緯は下記のとおり。
Tember Rector and her husband were three-year-old T.D.'s foster parents in 2004.
テンバー・レクターとその夫は2004年当時、3歳になるT.D.の養父母であった。
T.D. suffered a severe head injury on February 2, 2004, while in Rector's care.
T.D.は、2004年2月2日、レクターがT.D.の世話をしていた時に、頭部に大けがをした。
Conflicting testimony was presented at trial regarding Rector's whereabouts during the time the injury occurred.
公判では、T.D.がけがをしたときにレクタ?がどこにいたかについて、証言が食い違った。
Rector testified that she did not witness T.D.'s injury because she was in the shower while T.D. was watching television on the bed in the master bedroom.
レクターは、T.D.が主寝室のベッドでテレビを見ていた間、自分はシャワーを浴びていたので、T.D.がけがをしたのを目撃していないと証言した。
Rector testified that she heard a crash and jumped out of the shower to find T.D. sitting on the floor with his arm twisted and the contents of the nightstand knocked to the floor.
レクタ?の証言によると、大きな物音を聞いて種浴室から出てきた。レクターはそこで、腕がねじれたままで床に座り込んでいるT.D.を座り込み、ナイトテーブルの引き出しから中身が出て床に落ちている光景を目にしたのだという。
In contrast, the responding paramedic testified that Rector told him she was downstairs when she heard the crash upstairs.


これに対して通報で駆け付けた救急医療士の証言によると、レクタ?は、二階の大きな物音を一回で聞いたのだと語っている。
Rector called 9-1-1 and the Castle Rock Fire Department was dispatched to Rector's home.
レクタ?は911番に緊急通報し、キャッスルロック消防署の救急隊員が、レクターの家に派遣された。
The People presented evidence that Rector waited forty-five minutes before calling for medical assistance.
検察側が提出した証拠によると、緊急通報の電話をかけたのは、発見から45分経ってからのこととされている。
When the paramedics arrived, they found T.D. unconscious, unresponsive, and exhibiting signs of severe head trauma. T.D. was taken to the closest hospital and from there airlifted to Children's Hospital.
救急医療士が到着したとき、T.D.は意識不明で無反応の状態にあり、重度の頭部外傷を負った兆候が認められた。T.D.は最寄りの病院に搬送され、そこからチルドレンズ・ホスピタル(訳注:コロラド小児病院)に空路で移送された。
The treating physicians diagnosed T.D. with non-accidental head trauma.
治療に当たった医師達は、T.D.の外傷は非偶発的と診断した。
T.D. suffered life-threatening brain injuries that included retinal hemorrhaging in both eyes and a right-side acute subdural hematoma that caused significant bleeding and swelling in his brain. T.D. underwent emergency neurosurgery at Children's Hospital to alleviate the pressure in his brain and survived the injury.
T.D.は重篤な脳損傷(両目の網膜出血、右頭部の急性硬膜下血腫など)を負っていた。これにより、多量の脳出血と強い脳浮腫を起こしていたため、チルドレンズ・ホスピタルで脳圧を下げる緊急神経外科手術を受け、一命を採りとめた。
Rector was charged with felony child abuse under section 18-6-401(1)(a) and (7)(a)(III), C.R.S. (2010).2


レクターは、CRS(2010).注2.第18章6節401(1)(a)号および第18章6節(7)(a)(III)節に基づく重罪である児童虐待で起訴された。
Prior to trial, Rector's counsel submitted a motion entitled Defense Motion to Restrict People's Experts Including Ken Winston from Making Medical Speculation.
弁護側は、公判前に「ケン・ウィンストンを含む検察側の専門家証人に医学的推測を禁じる弁護士側申立」という名称の申立書を、提出した。
In that motion, Rector sought to exclude any speculative testimony by the People's experts and asked to have an evidentiary hearing in accordance with People v. Shreck, 22 P.3d 68 (Colo. 2001).


その申立により、レクターは、検察側専門家証人の推測による証言をすべて排除するよう求め、People v. Shreck、22 P.3d 68(Colo. 2001)に基づく証拠審問を開くよう、申請した。

Rector's motion was general in nature and specifically challenged only one expert, Dr. Ken Winston, and only with respect to testimony about shaken-baby syndrome.
レクターによる申立は一般的な内容であり、排除の対象として特定されているのはケン・ウィンストン医師という専門家一名の証言、それも揺さぶられっ子症候群(SBS)に関する証言に限られている。
At a hearing held as a result of this and other motions, Rector argued that she was entitled to a Shreck hearing “to determine whether or not . . . [the] diagnosis and opinions that [we]re going to be used at trial by medical experts who were inferring a cause from the evidence . . . [were] reliable.”
上記および他の申立により開かれた審問において、レクターは、自分たちにシュレック審問の機会を与えられる権利があると主張した。審問を開く目的は、「公判で採用する医療関係者(証拠に基づき事件原因を推認していた)の診断および見解について、その信頼性の有無を判定するため」としている。
Rector did not, however, point to specific expert testimony that she sought to exclude -- other than shaken-baby syndrome testimony -- and she argued that she required additional expert discovery.
ところがレクターは証拠排除の申立でSBSに関する証言以外に具体的な専門家証言を特定していない。その一方で専門家による証拠開示の追加を請求している。
The trial court denied a Shreck hearing on shaken-baby syndrome, ordered additional expert discovery, and deemed the request for a Shreck hearing premature in light of the requested additional expert discovery.
一審はSBSに関するシュレック審問の申立を却下し、専門家証人の追加を命じた。その一方、専門家証人の追加申請があったことに鑑み、この段階ではまだシュレック審問の必要性を認めないものとしている。
Rector did not make another request for a Shreck hearing.


レクターはシュレック審問についてその他の要求をしなかった。
Later, at the trial, several of T.D.'s treating physicians testified as medical experts for the People, including Dr. Andrew Sirotnak, a pediatrician and Director of the Child Protection Team, who examined T.D. at Children's Hospital; Dr. Arlene Drack, a pediatric ophthalmologist, who examined T.D. at the emergency room; and Dr. Ken Winston, the neurosurgeon who performed T.D.'s emergency surgery.
その後、公判では、T.D.の診療にあたった医師の内、数名が検察側の医療専門家証人として証言を行っている。この中には、チルドレンズ・ホスピタルで T.D.を診察したアンドリュー・シロトナク医師(小児科医。児童保護チームの理事)、緊急治療室でT.D.を診察したアーリーン・ドラック医師(小児眼科医)、T.D.の緊急外科手術を行ったケン・ウィンストン医師(神経外科医)がいた。
They each testified to the severity of T.D.'s injuries and opined that the injuries were non-accidental or inflicted and unlikely to have been caused by a fall from a bed.


医師たちはいずれもT.D.の傷が重症だったことを証言し、それらは非偶発的な原因または虐待による傷であって、ベッドから落ちたことが原因とは考えにくいとの見解を述べた。
Prior to Dr. Sirotnak's testimony regarding T.D., the prosecution established Dr. Sirotnak's qualifications and moved for his admission as an expert in the fields of pediatric medicine and child abuse under CRE 702.
T.D.に関するシロトナク医師の証言に先立ち、検察側は同医師が有資格者であることを立証し、CRE702に基づき、同医師を小児医療および児童虐待の分野における専門家証人として認めるよう申立を行った。
Rector's counsel requested an opportunity to examine Dr. Sirotnak about his qualifications, but did not inquire about Dr. Sirotnak's qualifications or introduce any evidence to suggest he was not qualified in pediatrics or child abuse.
弁護側は、シロトナク医師の資格に関する審問を請求したものの、この件に関する審問を行わず、同医師が小児医療または児童虐待に関する証言を行う上で不適格であることを示す証拠を提出しなかった。
Instead, Rector's counsel asked Dr. Sirotnak about the different definitions of medical child abuse and legal child abuse.
代わりに、シロトナク医師に対し、医療上の児童虐待と法律上の児童虐待の異なる定義について審問した。
Dr. Sirotnak declined to provide a legal definition of child abuse, but acknowledged that the legal definition of child abuse differs from the medical definition.
シロトナク医師は児童虐待の法律上の定義を示すことを拒否したが、児童虐待の法律上の定義が医療上の定義と異なることを認めた。
Rector's counsel then stated that he objected to Dr. Sirotnak's qualification as an expert in the field of child abuse, but that he did not object to Dr. Sirotnak “rendering opinions about his understanding of the medical use of the term child abuse.”
その後の弁護側の陳述によると、弁護人は児童虐待分野の専門家としてのシロトナク医師の資格に異議を申し立てたが、同医師が「医学用語としての児童虐待に関し自らの認識を述べる」ことには異議を申し立てなかったのだという。
The trial court admitted Dr. Sirotnak as an expert in pediatrics and child abuse.3


一審はシロトナク医師を小児科および児童虐待の専門家として承認した(注3)。
Dr. Sirotnak then testified that T.D. suffered a right-sided acute subdural hemorrhage, a shift in the tissue of the brain, and retinal hemorrhages.
シロトナク医師はその後、T.D.は頭部右側に急性硬膜下出血、脳組織の変化および網膜出血が見られたと証言した。
Dr. Sirotnak testified that his responsibilities at Children's Hospital included evaluating and diagnosing patients when abuse or neglect was suspected.
シロトナク医師の証言によると、チルドレンズ・ホスピタルでの自らの職責として、患者の症状に虐待またはネグレクトの原因が疑われる場合には、その評価と診断も行っている、とのことであった。
According to Dr. Sirotnak, the medical diagnosis of child physical abuse takes into consideration the presence of a severe traumatic injury with no history of trauma to explain that injury.
そして同医師は、児童に対する身体的虐待の医療診断を行う際には、重度の外傷を負っていながら原因とみなせる外傷歴がないことを判断基準の一つにすると述べた。
Dr. Sirotnak stated that the explanation offered by Rector did not account for the severity of T.D.'s injuries.
その上で、レクターが述べた理由ではT.D.が重傷を負った原因とはみなせないと証言した。
Dr. Sirotnak concluded that, in his expert opinion, within a reasonable degree of medical certainty, T.D.'s injuries were the result of abuse. Rector's counsel made no objection to Dr. Sirotnak's trial testimony.


結論として、シロトナク医師の専門家証言では、妥当な範囲の医学的な確証に基づきT.D.の負傷が虐待の結果であると断定している。弁護側は、公判における同医師の証言に異議を唱えなかった。
A jury convicted Rector of felony child abuse.
陪審はレクターに児童虐待の重罪で有罪という評決を下した。
She was sentenced to fifteen years in prison plus five years of mandatory parole.
レクターには、15年間の拘禁刑、5年間の義務的仮釈放が科せられた。
Rector appealed her conviction, arguing, among other issues, that the trial court erred in denying her a Shreckhearing related to Dr. Sirotnak's testimony regarding medical child abuse.
レクターは上訴し、その主な理由として、一審がシロトナク医師の証言(医療上の児童虐待に関するもの)に関わるシュレック審問の請求を却下するという誤りを犯したことを挙げている。
The court of appeals reversed Rector's conviction and remanded for a new trial, concluding that the trial court abused its discretion in failing to make adequate inquiry or specific findings regarding the reliability and potential prejudice of Dr. Sirotnak's testimony under Shreck.
控訴審は、一審の有罪判決を破棄差戻しとし、一審がシロトナク医師による証言の信頼性および不利益の可能性に関し、シュレック判決に基づく適正な審問および明確な事実認定を行わなかったことをもって、裁量権の濫用にあたるものと判示した。
The court of appeals further determined that Dr. Sirotnak's testimony that T.D.'s injuries resulted from child abuse was not proper because such testimony concerned the ultimate legal determination of Rector's guilt.4



さらに控訴審は、T.D.の負傷原因を児童虐待とするシロトナク医師の証言を不適切なものと判断した。レクターを有罪とする最終的な法的判断に影響したというのがその理由である(注4)。


II. Analysis

II. 分析
A. Standard of Review


A. 審査基準
We review a trial court's admission of expert testimony for an abuse of discretion and will reverse only when that decision is manifestly erroneous.
当法廷は、一審による専門家証言の承認が裁量権の濫用に該当するかを検討し、当該決定が明白に誤っている場合にのみ、これを破棄する。
People v. Ramirez, 155 P.3d 371, 380 (Colo. 2007).
People v. Ramirez, 155 P.3d 371, 380 (Colo. 2007).
This deference reflects the superior opportunity of the trial judge to assess the competence of the expert and to assess whether the expert's opinion will be helpful to the jury. Id.; People v. Martinez,74 P.3d 316, 322 (Colo. 2003).


当法廷が一審の判断を尊重する理由は、専門家証人の能力を評価し、専門家の意見が陪審の判断に資するか否かを判定する上で、一審の方が優位な機会を与えられているからである。Id.; People v. Martinez,74 P.3d 316, 322 (Colo. 2003).
B. Admissibility of Expert Testimony Under CRE 702


B. CRE 702にもとづく専門家証言の証拠能力
The court of appeals held that the trial court abused its discretion by not making an adequate inquiry and specific findings under Shreck about the reliability of the scientific principles employed by Dr. Sirotnak and any potential prejudice.
控訴審の判決では、一審がシロトナク医師の依拠した科学的原理の信頼性および不利益の可能性に関し、シュレック判決に基づく十分な審問および明確な事実認定を行わなかったことをもって、裁量権の濫用にあたると判示している。
A trial court determines whether expert testimony is reliable and relevant, and thereby admissible, under CRE 702. Shreck, 22 P.3d at 70. CRE 702 provides:


一審は、CRE 702に基づき、専門家証言に信頼性および関連性があるか、それによって証拠として認容され得るかを見極める。Shreck, 22 P.3d at 70. CRE 702では、下記の通り規定されている:
If scientific, technical, or other specialized knowledge will assist the trier of fact to understand the evidence or to determine a fact in issue, a witness qualified as an expert by knowledge, skill, experience, training, or education, may testify thereto in the form of an opinion or otherwise.


科学、技術、またはその他の分野の専門知識が、事実認定者による証拠の理解または要証事実の認定に資すると思われる場合、知識、技能、経験、訓練、または教育の点から専門家として適格な証人が、それについて意見その他の形で証言することができる。
In determining admissibility of expert testimony, a trial court employs a Shreck analysis, which requires that: (1) the scientific principles underlying the testimony are reasonably reliable; (2) the expert is qualified to opine on such matters; (3) the expert testimony will be helpful to the jury; and (4) the evidence satisfies CRE 403. Shreck, 22 P.3d at 77-79; see also Martinez,74 P.3d at 322.


一審が専門家証言の許容性を判定する際には、シュレック分析を採用する。この分析では以下の4点を許容性の要件としている。(1) 当該証言の依拠する科学的原理が合理的であること、 (2) 当該専門家証人が当該事項について意見を述べる適格性を有すること、(3) 当該専門家証言に陪審の判断に資する有用性があること、(4) 当該証拠がCRE 403の条件を充足していること。
This inquiry should be broad in nature and consider the totality of the circumstances of each specific case. Shreck, 22 P.3d at 70, 77.
この調査は本質的に広範であるべきであり、これによって具体的な各事件の状況全体が検討されるべきである。Shreck, 22 P.3d at 70, 77.
Thus, the trial court may, but is not required to, consider a wide range of factors pertinent to the case at bar including the factors mentioned by Daubert v. Merrell Dow Pharmaceuticals, Inc.,509 U.S. 579, 593-94 (1993), or other courts.
従って、一審は、Daubert v. Merrell Dow Pharmaceuticals, Inc.,509 U.S. 579, 593-94 (1993)か、またはその他法廷でおいて言及された要因を含め、係属中の事件に該当する幅広い要因を検討することができるが、これは義務ではない。
Shreck, 22 P.3d at 70, 77.
Shreck, 22 P.3d at 70, 77.
This inquiry is balanced by the requirement that the trial court apply its discretionary authority under CRE 403 to ensure that the probative value of the evidence is not substantially outweighed by unfair prejudice, confusion of the issues, undue delay, waste of time, or needless presentation of cumulative evidence. Id. at 78-79.
この審問と比較較量すべきこととして、一審には、CRE403の定める裁量権に従い、証拠を採用した場合に当該証拠の証明力を著しく凌ぐ不公平な不利益、争点の混乱、不当な遅延、時間の浪費、または重複証拠の不要な提出が生じないようにすることが義務付けられている。Id. at 78-79.
When the trial court makes a determination of relevance and reliability under CRE 702, it is required to issue specific findings regarding its analyses. Id. at 70, 79.


一審がCRE702に基づき関連性および信頼性について判定を行う場合、同審は自らの分析に関し明確な事実認定を発しなければならない。Id. at 70, 79.
The court of appeals concluded that the trial court should have made a determination under Shreck regarding the reliability of child abuse testimony by Dr. Sirotnak.
控訴審は、一審が、シロトナク医師による児童虐待証言の信頼性について、シュレック事件に基づく決定を行うべきだったと結論づけた。
Because Rector did not challenge the admissibility of Dr. Sirotnak's testimony about medical child abuse during the trial,5 we examine only the pretrial request for a Shreck hearing and conclude that the pretrial motion did not give rise to a Shreck analysis, much less call for an evidentiary hearing.


レクターはシロトナク医師が公判で行った医学上の児童虐待に関する証言の許容性に異議を唱えなかったため(注5)、当法廷はシュレック審問を請求する公判前申立についてのみ審査した。その結果、この申立があった場合、常にシュレック分析を行う必要性があるわけではなく、証拠審問を行う必要性はさらに著しく低いと判断した。
As a preliminary matter, Rector argues that Shreck requires the trial court to conduct an evidentiary hearing.
レクターの主張では、先決問題として、一審はシュレック判決に従い証拠審問を行わなければならないとしている。
We disagree.
当法廷はこれに同意しない。
Once a party requests a Shreck analysis, a trial court is vested with the discretion to decide whether an evidentiary hearing would aid the court in its Shreck analysis.
当事者がシュレック分析を請求した段階で、一審にはシュレック分析に証拠審問が役立つか否かを判断する裁量権が与えられることになる。
A trial court is not required to conduct an evidentiary hearing under Shreck provided it has before it sufficient information to make specific findings under CRE 403 and CRE 702 about the reliability of the scientific principles involved, the expert's qualification to testify to such matters, the helpfulness to the jury, and potential prejudice.
CRE 403 およびCRE 702に基づく明確な事実認定を行う上で十分な情報(根拠とする科学的原理の信頼性、当該事項について証言を行う専門家の適格性、陪審にとっての有用性、ならびに不利益の可能性に関する情報)が提出されていれば、一審がシュレック判決に基づく証拠審問を開く必要性はない。
People v. Whitman, 205 P.3d 371, 383 (Colo. App. 2007); People v. McAfee, 104 P.3d 226, 229 (Colo. App. 2004); see also Shreck, 22 P.3d at 77.
People v. Whitman, 205 P.3d 371, 383 (Colo. App. 2007); People v. McAfee, 104 P.3d 226, 229 (Colo. App. 2004); Shreck, 22 P.3d at 77も参照。
This discretion comports with the trial court's need to “avoid unnecessary 'reliability' proceedings in ordinary cases where the reliability of an expert's methods is properly taken for granted, and to require appropriate proceedings in the less usual or more complex cases where cause for questioning the expert's reliability arises.”
こうした裁量は、一審に必要とされる方針である「専門家証人が依拠する方法の信頼性を前提とすることが適切であるような通常の事件においては、“信頼性”に関する不要な手続を避けること、ならびに、専門家証人の信頼性を疑う理由が生じるような比較的珍しい事件またはより複雑な事件においては、しかるべき手続を求めること」に適合するものである。
Kumho Tire Co. v.Carmichael, 526 U.S. 137, 152 (1999).



Kumho Tire Co. v.Carmichael, 526 U.S. 137, 152 (1999).


Moreover, a trial court may exercise its discretion and determine that a party's request does not give rise to a Shreck analysis at all.
また、一審では、その裁量権の行使により、当事者による申立があってもシュレック分析を開く必要性は全くないと判断することができる。
If a party fails to state a specific challenge pursuant to Shreck, a trial court may determine that the request does not warrant a Shreckanalysis.
当事者のシュレック判決に基づく異議申立が具体的な内容でなければ、一審はシュレック分析を行う必要性がないと判断することができる
Likewise, if the request challenges testimony an expert does not intend to offer, a trial court may determine that no Shreckinquiry is necessary.
同様に、当要求において、専門家が提供することを意図していない証言に対し異議が申立てられている場合、一審は、シュレック審問が不要であると決定できる。
Thus, not every motion will necessitate a Shreckanalysis, much less an evidentiary hearing.


故に、すべての申立てが、シュレック分析を必要とするわけではなく、まして、証拠審問が必要でないのはなおさらである。
In deciding whether a determination of admissibility requires a Shreckinquiry, a trial court must consider the issues as framed in the motion before it.
証拠能力の判定におけるシュレック審問の要否を判断する場合、一審は、同審に提出された申立書の内容に即して争点を検討しなければならない。
Though on appeal Rector challenges Dr. Sirotnak's expert testimony on the grounds that the medical diagnosis of child abuse was not scientifically reliable and resulted in prejudice, her motion before the trial court differed dramatically.


控訴審において、レクターはシロトナク医師の専門家証言に対し、同医師による児童虐待の医学的診断は科学的に信頼することができず、偏見をもたらすものであったことを理由に異議を申し立てたが、一審におけるレクターの申立ては、これとは著しく異なっていた。
Rector framed the motion as one to exclude medical speculation -- specifically, speculation regarding shaken-baby syndrome.
レクターは、一審での当該申立てを、医学的推測(特にSBSに関する推測)を排除するための申立てとして作成した。
In the motion, which did not reference Dr. Sirotnak, Rector argued that she believed Dr. Winston would offer an opinion that shaken-baby syndrome was the cause of injury to T.D.
レクターは、当該申立(シロトナク医師に対する言及はなかった)おいて、ウィンストン医師はSBSがT.D.の外傷の原因だと述べるだろうという自身の考え方を主張した。
Throughout the motion, the reply brief, and the motions hearing, Rector asserted that a hearing was required to establish whether shaken-baby syndrome was the proper diagnosis.
上記申立書、答弁書、および申立審問の全てにおいて、レクターは、SBSを負傷の原因とする診断の当否を判断する目的から審問を行う必要があると主張していた。
Rector did not discuss or object to any anticipated testimony by Dr. Sirotnak, but only discussed the testimony of Dr. Winston and only in the area of shaken-baby syndrome.


レクターは、予測されたシロトナク医師のいかなる証言についても議論せず、異議申立てもしなかったが、ウィンストン医師の証言にだけ、それもSBSの部分ついてのみ議論した。
At the motions hearing, Rector also argued that “the doctors ha[d] inferred that there [wa]s no accidental trauma and in fact, the conclusion that the doctors reach[ed] support[ed] the bringing of . . . charges [for] the intentional act to abuse the child.”
申立審問において、レクターはまた、「医師達は、偶発的外傷はないと推測し、実際、医師達が出した結論によって、故意的な児童虐待という罪に対する起訴がなされた。」と主張した。
Rector now asserts that this statement was sufficient to alert the trial court that she was challenging the medical diagnosis of child abuse, and specifically the testimony of Dr. Sirotnak. We disagree.


当法廷でレクターは、この陳述の内容から、彼女が児童虐待の医学的診断、特にシロトナク医師の証言を異議申し立ての対象としていることに一審が気づいて当然であったと主張している。当法廷は、これに同意しない。
A trial court cannot be expected to intuit the challenge brought by the parties.
当事者による異議申し立てがあったことを(直観で)察するように、一審に期待することはできない。
Rather, a party raising a challenge under Shreck to the admissibility of expert testimony must sufficiently identify the testimony and/or the witness being challenged.
むしろ、専門家証言の証拠能力についてシュレック判決に基づく異議申し立てを提出する当事者は、かかる異議申し立ての対象である証言もしくは証人(またはその両方)を十分に特定しなければならない。
Here, Rector's motion was too general for the trial court to identify a challenge to Dr. Sirotnak's testimony regarding medical child abuse.
本件の場合、レクターの一審での申立はあまりに一般的な内容であり、医学上の児童虐待に関するシロトナク医師の証言に対する異議申し立てを特定できていなかった。
This is because the only specific testimony challenged in the motion or at the hearing was the testimony of Dr. Winston and then only with respect to shaken-baby syndrome.


これは、申立てまたは審問において、異議を申し立てられた特定の証言は、ウィンストン医師の証言のみで、それも、SBSに関してだけだったからだ。
At the hearing, the People asserted that there would be no testimony about shaken-baby syndrome from any doctor and that, accordingly, no Shreck hearing on shaken-baby syndrome testimony was necessary.
審問において検察側は「どの医師からもSBSについての証言はないだろう。従って、SBSについての証言に関するシュレック審問は必要でない。」と主張した。
The People explained that the experts would testify that T.D.'s injuries were the result of non-accidental trauma because the trauma to T.D.'s head was inconsistent with the story that was given by the defendant.
検察側では、被告人の述べた事情説明とT.D.の頭部外傷の状態が矛盾しているため、T.D.の傷が非偶発的外傷によるものとの専門家証言が予想されると説明していた。
The experts were also expected to testify that there were a number of ways that such a head injury could occur, some accidental and some non-accidental or inflicted.
そうした専門家証言以外にも、この種の頭部外傷には様々な原因が考えられ、偶発的な原因もあれば非偶発的な(つまり虐待による)原因もあるとする証言も予想されていた。
Though one of those possible scenarios included shaken-baby syndrome, the People were not asserting that shaken-baby syndrome was in fact the cause of T.D.'s injuries.



SBSは、考えうる原因の一つではあったが、検察側は、SBSが、実際のところ、T.D.のケガの原因だったとは主張していない。


Based on the motion and the arguments, the trial court understood the motion as a combination of a discovery request,6 which it granted, and a request for a Shreckhearing on shaken-baby syndrome, which it denied.
申し立てと弁論に基づき、一審は、本申し立てを開示要求(注6)とSBSに関するシュレック審問の要求との組み合わせであると了解した上、前者を許可、後者を却下した。
It is clear from the record that the trial court declined a Shreckhearing on shaken-baby syndrome because it appeared not to be an issue in the case.7Additionally, and alternatively, the trial court denied the request for a Shreck hearing on shaken-baby syndrome determining that the syndrome is recognized in Colorado as a reliable scientific principle, and that based on the evidence, arguments, and People v. Martinez, 74 P.3d 316 (Colo. 2003) (in which this Court examined the admissibility of shaken-baby syndrome testimony),8no Shreck hearing was required.
裁判記録から明らかな通り、一審がSBSに関するシュレック審問の請求を却下した理由には、これが本件の争点ではないように思われたことがある(注7)。加えてまた代わりに、その他の理由として、SBSがコロラド州において信頼性のある科学的原理と認められていると判断したこと、ならびに、証拠、弁論、およびPeople v. Martinez (74 P.3d 316 (Colo.2003))(当裁判所がSBSに関する証言の許容性を審理した)に基づいて(注8)いかなるシュレック審問も不要であると判断したことがある。
The trial court then ordered additional expert discovery on the issue of non-accidental trauma.
一審は、次に、非偶発的な外傷の問題に関し、専門家による追加の証拠開示手続を命じた。
Because Rector requested additional discovery on this issue and argued that a determination of whether the information was scientific and reliable should follow that discovery, the trial court found the request for a Shreckhearing premature.
レクターがこの問題に関する追加の開示を要求し、当該情報が科学的かつ信頼に値するものであるかの決定はその開示の後に行われるべきであると論じたため、一審はシュレック聴聞の要請が時期尚早だと判断した。
Rector did not submit a subsequent request for a Shreck analysis on the reliability or potential prejudice of Dr. Sirotnak's testimony regarding medical child abuse or non-accidental trauma.


レクターは、この後、医学的な児童虐待または非偶発的外傷に関するシロトナク医師の証言の信頼性または不利益の可能性に関し、シュレック分析請求の申立を提出しなかった。
Based on the record before us, we hold that the trial court did not abuse its discretion when it denied Rector's motion for a pretrial Shreck hearing.
本件の裁判記録に基づき、当法廷は、一審がシュレック審問を求めるレクターの公判前申立を却下したことが裁量権の濫用にあたるわけではないと判示する。
Rector chose to fashion the request for a Shreck hearing generally and only challenged testimony by Dr. Winston and then only with respect to shaken-baby syndrome.
レクターはシュレック審問全般の要請を作成することを選択し、ウィンストン医師の供述書に、SBSに関してのみ異議申し立てを行うにとどまった。
Since the experts did not intend to testify as to shaken-baby syndrome, the trial court properly denied a Shreck hearing on the issue.
専門家証人にはSBSに関する証言を行う意図がなかったので、一審が本件に関するシュレック審問の請求を却下したことは適切である。
Finally, Rector did not renew her motion or file any new request for a Shreck hearing prior to trial.
最終的に、レクターは自身の申し立てを更新せず、公判に先立ってシュレック審問への新たな要請手続をとらなかった。
Therefore, we conclude that the trial court did not abuse its discretion. Accordingly, we reverse the court of appeals.


従って、本法廷は、一審はその裁量権を濫用しなかったとの結論を下す。よって、控訴裁の判決を破棄する。
C. Usurping the Jury’s Role -- CRE 704


C. 陪審任務の侵害--- CRE 704
The court of appeals held that the trial court abused its discretion when it allowed Dr. Sirotnak's testimony regarding his medical diagnosis of child physical abuse to T.D. without instructing the jury on the different definitions of medical and legal child abuse.
控訴裁は、一審が児童虐待の医学的定義と法的定義の違いについて陪審に説示することなく、シロトナク医師にT.D.への児童虐待の診断に関する証言を許可したのは、同裁判所による裁量権の濫用であると判示した。
Again we disagree.


本法廷はこれにも同意しない。
Because Rector made no contemporaneous objection to Dr. Sirotnak's testimony pursuant to CRE 704 or to the jury instructions, she did not preserve the issue for appeal.
レクターは、シロトナク医師の証言に対し、CRE704または陪審への説示に準拠した異議申立を同時期に行わなかったため、控訴審に対し当該争点を維持していなかった。
The general rule is that failure to make a timely and sufficient objection during the trial constitutes a waiver of that ground on appeal.
People v. Kruse, 839 P.2d 1, 3 (Colo. 1992) (引用省略)
People v. Kruse, 839 P.2d 1, 3 (Colo. 1992) (citations omitted).
原則として、公判中に適時かつ十分な形で異議を唱えなければ、上訴理由を放棄したことになる。
Rector waived appellate review of whether Dr. Sirotnak's testimony usurped the jury's role by failing to object to the testimony pursuant to CRE 704.
レクターは、CRE704に続く証言への反論を行わないことで、シロトナク医師の証言が陪審員の役割を妨害したか否かについての上訴審による審査を放棄した。
Moreover, Rector did not request a jury instruction on the different definitions of medical and legal child abuse.
のみならず、レクターは、児童虐待の医学的定義と法的定義の違いについて陪審への説示を要求しなかった。
Thus, whether Dr. Sirotnak's medical child abuse testimony usurped the jury's role should not have been addressed by the court of appeals under an abuse of discretion standard.


したがって、裁量権濫用の基準に照らすと、児童虐待に関するシロトナク医師の医学的証言が陪審員の役割を侵害したか否かについては、控訴審で審査すべきことではなかった。
Nevertheless, an appellate court may address issues not raised below where plain error requires consideration of the issues.
しかし、明白な誤りがあるため争点の検討が必要な場合、控訴審は、一審で提起されていない争点を扱うことができる。
Id. at 3 (citations omitted).
3に同じ(引用省略)。
Plain error occurs when, after reviewing the entire record, the reviewing court can say with fair assurance that the error so undermined the fundamental fairness of the trial itself as to cast serious doubt on the reliability of the judgment of conviction.
明白な誤りが存在するのは、記録全体の審査後、当該審査を行った法廷が、当該誤りによって有罪判決の信頼性に大きな疑念が投げかけられており、このことによって審理全体の基本的公平性が損なわれていると断言できる場合である。
Id.While the court of appeals did not analyze the issue under the plain error standard, we do so here.
同上。控訴裁は明白な誤りの基準の下で本争点を分析しなかったが、本法廷は分析する。
We examine whether Dr. Sirotnak's testimony usurped the role of the jury and conclude that it did not.



本法廷は、シロトナク医師の証言が陪審員の役割を妨害したか否かを審理し、そのような事実はなかったと判示する。


The court of appeals held that, when Dr. Sirotnak testified that he diagnosed T.D. with child physical abuse, he opined on the ultimate legal issue and thereby usurped the jury's role as a fact finder.
控訴審では、 T.D. をシロトナク医師が身体的な児童虐待と診断した旨証言した際に主要な法的論点に関する意見を述べたことは、事実認定者である陪審の役割を侵害するものであると判示した。
An expert may, however, offer testimony that embraces an ultimate issue to be decided by the trier of fact. CRE 704.
しかしながら、専門家証人は、事実認定者が決定すべき主要論点を含む証言を提示することができる(CRE 704)。
We examine a number of factors when determining whether expert testimony usurped the function of the jury, including but not limited to, whether the testimony was clarified on cross-examination, People v. Prendergast, 87 P.3d 175, 183 (Colo. App. 2003) (considering the fact that an expert's statements were clarified on cross-examination in holding that the expert's testimony did not usurp the jury's role in determining any factual issue), and whether the expert's testimony expressed an opinion of the applicable law or legal standards thereby usurping the function of the court, Quintana v. City of Westminster,8 P.3d 527, 530 (Colo. App. 2000) (“Although opinion testimony is not objectionable merely because it embraces an ultimate issue of fact, CRE 704, an expert may not usurp the function of the court by expressing an opinion of the applicable law or legal standards.”).
当法廷では、専門家の証言が陪審の役割を侵害したか否かを判断する際、様々な基準を検討する。その例として、当該証言が反対尋問で明確化されたか否かという点(People v. Prendergast, 87 P.3d 175, 183 (Colo. App. 2003) 専門家の陳述が反対尋問で明確化されたという事実に鑑みて、当該専門家証言は、いかなる事実問題の争点を決定する際にも陪審の役割を侵害しなかったと判示した)ならびに、当該専門家証人が適用法または法的基準に関する意見を述べ、裁判所の役割を侵害したか否かという点(Quintana v. City of Westminster,8 P.3d 527, 530 (Colo. App. 2000) 「意見証言はそれが主要な事実問題の争点を含むというだけで異議の対象になることはないが(CRE 704)、専門家証人は適用法や法的基準に関する意見を述べて裁判所の役割を侵害してはならない」)を挙げられるが、必ずしもこれらに制限されない。
We also consider whether a jury was properly instructed on the law and that it may accept or reject the expert's opinion.
また、当法廷では、一審が陪審に対し法律問題に関する適切な説示を行い、専門家証言の採否を決定する権利があることを適切に伝えたか否かを検討する 。
People v. Fasy, 829 P.2d 1314, 1318 (Colo. 1992) (holding that the trial court did not abuse its discretion in admitting expert testimony when the jury was properly instructed that it was the jury's decision to determine the weight that the jury should give to the expert's testimony); People v. Destro, 215 P.3d 1147, 1152 (Colo. App. 2008) (holding that the jury retained its function when properly instructed).
People v. Fasy, 829 P.2d 1314, 1318 (Colo. 1992)(専門家証言の重要度を決定するのは陪審の決断であると一審が陪審に適切な説示を行った場合、専門家証言を承認したことによって、一審が裁量権を濫用したことにはならないと判示。People v. Destro, 215 P.3d 1147, 1152 (Colo. App. 2008) (一審が陪審に適切な説示を行った場合、陪審はその役割を保持すると判示)。
An additional factor is whether an expert opined that the defendant committed the crime or that there was a particular likelihood that the defendant committed the crime.
追加基準としては、被告人が犯罪を犯した、または被告人が犯罪を犯した明らかな可能性があるかについて、専門家証人が意見したか否かである。

See Masters v. People,58 P.3d 979, 992 (Colo. 2002).


Masters v. People,58 P.3d 979, 992 (Colo. 2002) 参照。
Here, concern that Dr. Sirotnak's testimony usurped the jury's function is unfounded.
本件において、シロトナク医師の証言が陪審の役割を侵害したという懸念は、事実無根のものである。
The record shows that the distinction between medical and legal child abuse was highlighted by Rector's counsel both during cross-examination and during closing arguments.
反対尋問および最終弁論の双方において、医療上の児童虐待と法律上の児童虐待の違いが、弁護側によって強調されたことが記録されている。
Dr. Sirotnak declined to state the law on child abuse when asked to do so by Rector's counsel and instead stated that there was a difference between the legal standard for child abuse and the medical diagnosis.
シロトナク医師は、法律上の児童虐待について述べるよう弁護側から求められた際、それを拒否し、代わりに、児童虐待に関する法的基準と医療診断には違いがあると述べた。
Also, the jury was properly instructed on the law and its ability to accept or reject the expert witness testimony.
また、陪審は、専門家証言を承認するか否かについて、法律的にも能力的にも適切な説示を受けていた。
The primary issue for the jury was whether Rector caused an injury to T.D.'s life or health, or permitted him to be unreasonably placed in a situation that posed a threat of injury to his life or health; whether she acted knowingly or recklessly; and whether the abuse resulted in serious bodily injury.
陪審にとっての主要争点は、レクターがT.D.の生命もしくは健康に害を及ぼしたか、または、T.D.が生命もしくは健康に害を及ぼす恐れのある状況に置かれることを合理的な理由なく許容したか否かという点、レクターが無意識に行動したか、それとも無謀に行動したかという点、ならびに、かかる虐待が重度の身体的損傷の原因となったか否か、という点である。
See § 18-6-401(1)(a), (7)(a).
§ 18-6-401(1)(a), (7)(a)参照。
Dr. Sirotnak did not testify as to the primary issue.
シロトナク医師は、かかる主要争点について証言しなかった。
He did not testify that Rector inflicted T.D.'s injuries nor did he testify that Rector committed the abuse.
シロトナク医師は、レクターがT.D.に怪我を負わせたとも、レクターが虐待したとも証言しなかった。
Also, Dr. Sirotnak declined to speculate about intent when asked by Rector's counsel to do so.


また、同医師は、レクターの意図について、自らの思うところを述べるよう弁護側から求められた際、それを拒否した。
Accordingly, we conclude that, considering the record as a whole, the admission of Dr. Sirotnak's testimony did not rise to the level of plain error.


従って、当法廷は、記録全体を検討した結果、シロトナク医師の証言を承認したことは、明白な誤りとまではいえないと結論付ける。
III. Conclusion


III. 結論

The trial court did not abuse its discretion when it declined to hold a Shreck hearing.
一審は、シュレック審問を行うことを拒否した際、その裁量権を濫用しなかった。
Rector's pretrial Shreck motion challenged testimony by Dr. Winston about shaken-baby syndrome -- a diagnosis none of the experts intended to offer.
レクターは、自身の公判前シュレック申立において、ウィンストン医師による揺さぶられっ子症候群(いずれの専門家も提供する意図がなかった診断)に関する証言に異議を唱えた。
The pretrial motion did not challenge testimony by Dr. Sirotnak or the medical diagnosis of child abuse and no subsequent Shreck challenge was raised.
当該公判前申立において、シロトナク医師の証言または児童虐待の医療的診断に対して異議が唱えられることはなく、引き続きシュレック申立が提起されることもなかった。

Likewise, no contemporaneous objection was made during Dr. Sirotnak's trial testimony to alert the trial court that Rector challenged the expert testimony as to reliability or prejudice.
同様に、シロトナク医師の一審証言期間において、レクターが信頼性または不利益について専門家証言に異議を唱えたと一審に警告する申立は、同時期に何もなかった。
Whether Dr. Sirotnak's testimony about medical child abuse usurped the role of the jury was not properly before the court of appeals, nor did the admission of the testimony amount to plain error.
医療上の児童虐待に関するシロトナク医師の証言が陪審の役割を侵害したか否かを控訴審で審議することは適切ではなく、また、同医師の証言を認めたことも明白な誤りということにはならない。
Accordingly, we reverse the court of appeals.


--------------------------------------------------------------------------------

従って、当法廷は、控訴審の判決を破棄する。



1 This Court granted review of the following issues:

(注1)当法廷では以下の争点について審査を行った。
(1)Whether the court of appeals acted counter to other published case law in reversing the defendant's convictions based on the erroneous finding that the medical expert opined on an ultimate legal issue, and therefore, usurped the role of the jury.


控訴審は、医療専門家証人が主要な法的論点に意見を述べて陪審の役割を侵害したという誤った事実認定に基づき被告の有罪判決を破棄したことにより、先例判決に違反したのか否かという点。
(2)Whether the court of appeals acted counter to other published case law in finding that, pursuant to People v. Shreck, 22 P.3d 68 (Colo. 2001), the district court should have made findings to determine the reliability of the expert'santicipated testimony thatthe child-victim's injuries were caused by an intentional act of abuse, and whether the lack of findings constituted reversible or harmless error.


(2)控訴審は、地裁はPeople v. Shreck, 22 P.3d 68 (Colo. 2001) に準じて、当該児童の受けた損傷は意図的虐待行為が原因だったと供述する医療専門証人の予想され得る証言の信頼性判断の議論をすべきだったという事実認定の際に、所載他判例に違反したかどうか、さらにこういう事実認定欠如は破棄事由となる誤りまたは無害の手続き的瑕疵となるのかという点。
2 The statue provides in relevant part:


コロラド州法の関連規定は下記の通りである。
(1)(a) A person commits child abuse if such person causes an injury to a child's life or health, or permits a child to be unreasonably placed in a situation that poses a threat of injury to the child's life or health . . . .

. . . .


(1)(a) 人が児童虐待を犯したとみなされるのは、かかる人が児童の生命もしくは健康に害を及ぼす場合か、またはかかる人が児童の生命もしくは健康に害を及ぼす恐れのある状況に児童が置かれることを合理的な理由なく許容する場合である。
(7)(a) Where death or injury results, the following shall apply:

. . . .


(7)(a)死亡または傷害となった場合は、以下の法律が適用される。
(III) When a person acts knowingly or recklessly and the child abuse results in serious bodily injury to the child, it is a class 3 felony.


(III)人が故意にあるいは無謀に行為して、その児童虐待が深刻な身体的障害という結果になった場合、3級の重罪である。
§ 18-6-401, C.R.S. (2010).


§ 18-6-401, C.R.S. (2010).
3 It appears from the record that Dr. Sirotnak was indeed qualified in pediatrics and child abuse.
訴訟記録から、シロトナク医師は小児科学と児童虐待の専門家としてまさに適任と思われる。
He testified about his education and training as a pediatrician and specifically his focus in the area of child abuse and neglect. Before his testimony in 2005, Dr. Sirotnak completed a fellowship at the University of Colorado School of Medicine and Children's Hospital with the Child Protection Team.
シロトナク医師は、自身が小児科医として受けた教育と訓練、特に児童虐待とネグレクトを専門的に研究したことについて証言している。同医師は、2005年の証言以前にコロラド医科大学とチルドレンズ・ホスピタルの児童保護チームでフェローシップを修了していた。
He was chief resident of pediatrics and a junior faculty member for the University of Colorado School of Medicine based at Children's Hospital.


シロトナク医師は、小児科学のチーフレジデントであってチルドレンズ・ホスピタルに本拠を置くコロラド医科大学の下級教職員である。
At the time of trial in 2005, Dr. Sirotnak testified that his qualifications included board certification in pediatrics and a subspecialty in child abuse.
2005年の審理において、シロトナク医師は自分の持つ資格には児童虐待を下位専門分野とする小児科医の資格認定が含まれると述べた。
He served as the Director of the Kempe Child Protection Team at the Kempe Children's Center, a national center for the prevention, treatment and research of child abuse and neglect.
シロトナク医師は、児童虐待と育児放棄防止、治療および研究のための国立センターであるケンペ児童センターに本拠を置くケンペ児童保護チームのチーム長として勤務した。
He was also the Director of the Child Abuse and Neglect Department at Children's Hospital and the Director of the Child Abuse Team.
シロトナク医師は、チルドレンズ・ホスピタルの児童虐待と育児放棄部門のチーム長さらに児童虐待チームのチーム長も務めた。
In those roles, his responsibilities included evaluating children for child abuse, developing care plans for children who had suffered abuse, and setting hospital policy in the area of child abuse and neglect.
これらの任務には、児童の虐待程度の診断、虐待児童のケア計画の作成、そして児童虐待と育児放棄の見られる地域での入院方策の立案などが含まれていた。
In addition, Dr. Sirotnak served as an Associate Professor of Pediatrics at the University of Colorado School of Medicine with responsibilities including teaching medical students and residents and overseeing the child abuse fellowship program at Children's Hospital.
加えてシロトナク医師は、コロラド医科大学の小児科学準教授を務め、医科学生とレジデントの教育およびチルドレンズ・ホスピタルの児童虐待プログラムのフェローシップ プログラムの監視も果たした。
Dr. Sirotnak's curriculum vitae also listed numerous publications that he authored and/or presented at conferences, and listed a variety of editorial and peer review responsibilities.



シロトナク医師の教育・研究業績表書には執筆および/または述べた数多くの出版物名が記載されているし、さまざまな論文や査定も記載されている。


4 The court of appeals also reviewed the sufficiency of the evidence to support Rector's conviction for child abuse with regard to the elements of mens rea and causation and whether the trial court improperly shifted the burden of proof to the defense.
4 また、控訴審が審査の対象としたのは、故意と因果関係の要素から見てレクターを児童虐待で有罪とするだけの証拠があったか否か、および、一審が立証責任を弁護側に移したことが不適切であったか否か、という点である。
The court of appeals upheld the trial court on each issue.
控訴審は、各争点について一審を支持した。
Although Rector argued these issues before this Court, Rector did not seek nor did we grant review of these issues.
レクターは、当法廷でこれらの問題について訴えたが、問題の審査は求めず、当法廷でもそれを認めなかった。
Thus, they are not properly before this Court.


したがって、当法廷でこれらの争点を審査することは適切ではない。
5 The party challenging the admissibility of the expert testimony does so by requesting a Shreck analysis and establishing a basis for the challenge.
5 専門家証言の証拠能力に対する異議申し立ての当事者は、シュレック分析の実施を要求すると同時に、その根拠を固めて、申し立てを行なう。
A party may request a determination of admissibility of expert testimony before trial or, if necessary, during the course of trial. Trial courts should make every effort to resolve issues involving the admissibility of expert testimony before trial.
当事者は、専門家証言の証拠能力についての判断を、公判前に、または必要に応じて公判の過程で請求することができる。一審では、公判前に専門家証言の証拠能力を含めた問題解決のため、あらゆる努力を尽くす必要がある。
Nonetheless, a determination regarding the admissibility of an expert's proffered testimony may be made during the course of trial should the need arise. People v. Whitman,205 P.3d 371, 383 (Colo. App. 2007).


しかしまた、専門家証言の証拠能力についての判断は、必要に応じ、公判の過程で行うことができる。People v. Whitman,205 P.3d 371, 383(Colo. App. 2007)。
To the extent Dr. Sirotnak's testimony was a surprise, unanticipated, or otherwise objectionable, Rector could have objected to the testimony at trial.
シロトナク医師の証言が予想外、予測不能、または反論しうるものであったかどうかという限りにおいて、レクターは、一審でその証言に対し、異議を唱えることができた。
She failed to do so.
しかし、レクターは異議を唱えなかった。
While Rector objected to the admission of Dr. Sirotnak as an expert in the field of child abuse, she did not object to the testimony he offered regarding T.D.'s injuries or diagnosis.
レクターは、シロトナク医師を児童虐待の分野における専門家証人として承認することに異議を唱えたが、同医師がT.D.の負傷またはその診断に関して証言することについては異議を唱えなかった。
See supra note 3.


注 3 参照。
6 During the motions hearing, the People explained that the experts who would testify were T.D.'s treating physicians.
6 申立審問の際、検察側は、専門家証人はT.D.の治療にあたった医師達であると説明した。
Their reports made in the course of treating T.D. were produced to Rector and the People expected the experts to testify in concert with those reports.
T.D.を診療する過程で作成された報告書はレクター側に提出されており、検察側は専門家証人がこれらの報告書の内容に沿った証言を行うものと考えた。
Specifically, the People expected testimony that T.D. suffered a non-accidental trauma to the head.
特に、検察側は、T.D.が、頭部への非偶発的外傷を受けたことに関する証言が行われるものと考えた。
In response, Rector argued that the People had not produced reports stating the experts? opinions about the mechanism of injury or the grounds for their conclusions.


これに対し、レクターは、検察側が傷害メカニズムに関する専門家証人の意見またはその結論の根拠を記載した報告書を作成していないことについて、指摘した。
Counsel then stated, “I think in order of things, we first ought to get the disclosures that have been requested, and then we ought to have a hearing about whether or not those are scientific and reliable.”


弁護側はまた、次のように述べた。

「物事の道理において、我々は、要求した情報の公開を必要とし、またその情報が科学的かつ信頼に足るものであるかどうかという点について、審問を必要とします。」
7 Lending support to our understanding that the trial court declined a Shreck hearing on shaken-baby syndrome because it was not at issue in this case was the trial court's subsequent refusal to allow testimony about shaking as an example of possible causes of injuries similar to those suffered by T.D.


7 当法廷では、一審が、揺さぶられっ子症候群に関するシュレック審問を、本事件の争点ではないとして却下したことは、その後一審が、揺さぶりを、T.D.に類似する負傷の、考えられる原因の 1 つの例として証言することを却下している事実からも、理解できる。
8 The parties debate whether Martinez is dispositive of whether shaken-baby syndrome testimony is admissible under CRE 702.
8 マルティネスの判例が、揺さぶられっ子症候群の証言がCRE 702に基づいて認められるか否かを判断する手掛かりになるか、という点について、当事者間で争点になっている。
Because shaken-baby syndrome was not ultimately at issue in this case, we decline to address the issue.



揺さぶられっ子症候群は最終的な問題ではないため、当法廷は、この点について検討しない。
These opinions are not final.
これらの意見は最終的なものではない。
They may be modified, changed or withdrawn in accordance with Rules 40 and 49 of the Colorado Appellate Rules.
これらの意見は、コロラド州上訴規則の規則 40 および 50 に基づき、修正、変更、または取り下げが可能である。
Changes to or modifications of these opinions resulting from any action taken by the Court of Appeals or the Supreme Court are not incorporated here.
控訴裁判所、または最高裁判所の行為に基づいて行われた意見の変更または修正は、本文に含まれていない。

翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:まとこ、レフティ、shiorirose02、SAO、e-cuckoo、ウッキー、semi、Ponyo)訳

Amelia Network Co.,Ltd.