判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
ボブ・ディラン盗作裁判
ダミアノ対ソニー・ミュージックエンタテインメント
.Damiano v. Sony Music Entertainment
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2011/06/29 11:39)
原文 日本語訳
JAMES DAMIANO, Plaintiff, v. SONY MUSIC ENTERTAINMENT, INC., and BOB DYLAN, Defendants.
Civil Action No. 95-4795 (JBS)

原告ジェームズ・ダミアノ対被告ソニー・ミュージック・エンターテイメント社 及び ボブ・ディラン
民事訴訟 No. 95-4795 (JBS)
UNITED STATES DISTRICT COURT FOR THE DISTRICT OF NEW JERSEY

975 F. Supp. 623; 1997 U.S. Dist. LEXIS 12601

August 20, 1997, Decided

August 20, 1997, Original Filed


アメリカ合衆国ニュージャージー地方裁判所

975 F. Supp. 623; 1997 U.S. Dist. LEXIS 12601

1997年8月20日判決
1997年8月20日第一審告訴
SUBSEQUENT HISTORY:
Reported at: 975 F. Supp. 623 at 633.


一審後履歴
975 F. Supp. 623 at 633.に記録
DISPOSITION:
Plaintiff's motion for reconsideration DENIED.


判決
原告の再審申し立て不受理
JUDGES:
JEROME B. SIMANDLE, United States District Judge.


裁判官:ジェローム・B・サイマンデール地裁判事
OPINIONBY:
JEROME B. SIMANDLE


法廷意見:ジェローム・B・サイマンデール
OPINION:
[*633]
OPINION UPON RECONSIDERATION


法廷意見:[*633]再審に関する意見
SIMANDLE, District Judge:


サイマンデール地裁判事
Plaintiff James Damiano filed this copyright infringement action accompanied by several federal and state claims all arising out of the alleged theft of plaintiff's lyrics and music by Sony recording artist Bob Dylan.
原告ジェームズ・ダミアノは、自身が創作した歌詞および楽曲を、ソニー所属のレコーディング・アーティストであるボブ・ディランが盗用したとして、これに関わる数件の連邦法上および州法上の請求につき、本件著作権侵害訴訟を提起した。
Presently pending is plaintiff's motion for reconsideration of this court's December 16, 1996, Opinion and Order granting summary judgment to defendants on all counts of plaintiff's complaint.
現在係属しているのは、当法廷が出した1996年12月16日付の法廷意見および命令に対する原告の再審請求である
For the reasons that follow, plaintiff's motion will be denied.


以下の理由により、原告の申し立て不受理
I. Background


I 背景
The central claim of plaintiff's complaint is that Bob Dylan infringed six separate works which plaintiff had composed and copyrighted. (Compl. at 3-6).
原告の申し立てにおける主な請求内容は、原告が作曲し著作権を持つ6つの楽曲に関する権利をボ・ブディランが侵害したということである。
(Compl. at 3-6)
As discussed in this court's Opinion of December 16, 1996, five of the purported works were actually compilations of lyrics by plaintiff which were created for the first time in the complaint. (Op. at 2-3).
当法廷の1996年12月16日付法廷意見に述べられている通り、原告が作品と称するものの内5件は、実質的に訴状の中で歌詞を組み合わせて創作したものである。
The sixth piece in plaintiff's complaint was an instrumental composition referred to as "Steel Guitars."


原告訴状によれば6曲目は『Steel Guitar』という器楽曲である。
In opposition to defendants' motion for summary judgment, rather than pursuing the five "works," plaintiff formulated his argument to address fourteen different lyric fragments, eight of which were not even in the complaint.
原告側は、被告側のサマリージャッジメント申立に対する反対申立において、上記5件の「作品」についてではなく、14件の歌詞の断片について検討する形で主張を展開している。しかも、その内8件の歌詞は訴状で言及すらされていないのである。
The court nevertheless addressed each of the fourteen lyric claims and dismissed all of them on the grounds that they were either non-copyrightable or had not been copyrighted prior to the lawsuit.
しかし、当法廷では14件の歌詞に関する請求について個別に審議した上で、それらの歌詞が著作権保護の対象となるものでもなければ、本件訴訟以前に著作権保護を取得していたものでもないことを理由として、全ての請求を棄却した。
Six lyric fragments which were presented in plaintiff's complaint were not among the fourteen addressed by plaintiff in the summary judgment papers and at oral argument.
原告の訴状に示されている6つの歌詞の断片に関しては、サマリージャッジメントの書類においても、口頭陳述においても言及されていなかった。
Those six claims were dismissed because plaintiff failed to come forth with any evidence or argument in response to defendants' motion for summary judgment with regard to those particular lyrics. (Op. at 6).


サマリージャッジメントにおける被告の申し立てに対して、原告はそれら6つの歌詞について何らの証拠も主張も提出していないのであるから、それらの歌詞に関する請求は却下された。」
The court also granted summary judgment as to plaintiff's music infringement claim and his accompanying state and federal claims.
当法廷はまた、楽曲の著作権侵害に関する原告の請求およびこれに付随する州法上および連邦法上の請求についてもサマリージャッジメントを認めた。
Plaintiff now asks the court to reconsider its decision with respect to the dismissal of his music infringement claim, several of his lyric claims, and his state law claims. The court will address each argument below.


原告は現在、当法廷に対し、その楽曲の著作権侵害に関する請求、数件の歌詞に関する請求、および州法上の請求が棄却されたことにつき再審を求めている。各請求に対する当法廷の見解は下記の通りである。
II. Discussion


II 審議
A. Standard for Reconsideration


A 再審基準
Local Civil Rule 7.1(g) of the United States District Court, District of New Jersey, contains the standard to be applied to motions [*634] for reconsideration. (n2)
アメリカ合衆国ニュージャージー地方裁判所 Local Civil Rule 7.1(g)に再審請求(*634)を行う基準が定められている。(n2)
L. Civ. R. 7.1(g) requires that the moving party set forth concisely "the matters or controlling decision which counsel believes the court has overlooked. "
L.Civ.R.7.1(g)では、「当該裁判所が見落としたものと代理人が考える、事実事項または根拠となる法的判断」を明確に述べることを請求側当事者に義務付けている。
Oritani v. Sav. & Loan Ass'n v. Fidelity & Deposit Co. of Md., 744 F. Supp. 1311, 1314 (D.N.J. 1990).
Oritani v. Sav. & Loan Ass'n v. Fidelity & Deposit Co. of Md., 744 F. Supp. 1311, 1314 (D.N.J. 1990).参照
The Rule "does not contemplate a Court looking to matters which were not originally presented."
当規則では「一審において提示されなかった事項について、法廷で審議されるものではない」と述べられている。
Florham Park Chevron, Inc. v. Chevron U.S.A., Inc. 680 F. Supp. 159, 162 (D.N.J. 1988).
Florham Park Chevron, Inc. v. Chevron U.S.A., Inc. 680 F. Supp. 159, 162 (D.N.J. 1988)
Rather, motions for reargument succeed only where a "dispositive factual matter or controlling decision of law" was presented to the Court but not considered.
再審請求は、「決定的な事実事項や根拠となる法的判断」を当該法廷に提出したが審議されなかった場合にのみ認められるものである。
Pelham v. United States, 661 F. Supp. 1063, 1065 (D.N.J. 1987).


Pelham v. United States, 661 F. Supp. 1063, 1065 (D.N.J. 1987)
- - - - - - - - - - - - - - - - - -Footnotes- - - - - - - - - - - - - - - - - -

補足説明
(n2) Effective April 1, 1997, General Rule 12I, which previously governed motions for reargument, was renumbered Rule 7.1(g).
(n2) 19974月1日発効の General Rule 12Iは、再審の申し立てに関して規定するものだったが、 Rule 7.1(g)と名称変更した。
The language of General Rule 12I was not altered in Rule 7.1(g).


General Rule 12Iにおける内容表現は Rule 7.1(g)においても同様である。
- - - - - - - - - - - - - - - - -End Footnotes- - - - - - - - - - - - - - - - -

最終補足説明
To succeed on a motion for reconsideration, a party "must show more that a disagreement with the court's decision."
再審請求が成立するためには、請求側は「法廷の決定への不服を示すのみでは充分ではない」
Panna v. Firstrust Sav. Bank, 760 F. Supp. 432, 435 (D.N.J. 1991).
Panna v. Firstrust Sav. Bank, 760 F. Supp. 432, 435 (D.N.J. 1991).
A mere "recapitulation of the cases and argument considered by the court before rendering its original decision fails to carry the moving party's burden."
当該法廷で原判決を下すまでに審議された主張と議論の要点を挙げるだけでは、請求当事者の責任を果たしたことにはならない。
Carteret Sav. Bank, F.A. v. Shushan, 721 F. Supp. 705 709 (D.N.J. 1989).


Carteret Sav.Bank,F.A. v. Shushan, 721 F. Supp. 705 709(D.N.J.1989)
Further, there is a strong policy against entertaining reconsideration motions based on evidence that was readily available at the time that the original motion was heard; and so the court may, in its discretion, refuse to consider such evidence.
さらには、原審の申立が行われた時点で容易に入手可能であった証拠に基づく再審請求は認めてはならないという厳格な方針がある。したがって、当該法廷はその裁量においてかかる証拠の審議を拒否することができる。
Florham Park Chevron, 680 F. Supp. at 162-63.
Florham Park Chevron, 680 F. Supp. at 162-63.
"Because reconsideration of a judgment after its entry is an extraordinary remedy, requests pursuant to these rules are to be granted 'sparingly.'"
判決登録後の再審は例外的な法的救済であるから、これらの規則に準じた請求は「慎重に」受け入れるべきである。
NL Industries, Inc. v. Commercial Union Ins. Co., 935 F. Supp. 513, 516 (D.N.J. 1996) (citing Maldonado v. Lucca, 636 F. Supp. 621, 630 (D.N.J. 1986).


NL Industries, Inc. v. Commercial Union Ins. Co., 935 F. Supp. 513, 516 (D.N.J. 1996) (citing Maldonado v. Lucca, 636 F. Supp. 621, 630 (D.N.J. 1986).

B. Plaintiff's Music Infringement Claim

B.楽曲著作権の侵害に関する原告の請求
Plaintiff alleged in his complaint that his instrumental composition, "Steel Guitars" was infringed by Dylan's song "Dignity."
原告は、訴状において、自作の楽曲『Steel Guitars』の著作権が、ディラン作の歌曲『ディグニティ(Dignity)』により侵害されたものと主張している。
As discussed in the court's Opinion, there are actually two different versions of the song plaintiff calls "Steel Guitars." (Op. at 13-14).
本法廷意見に述べられている通り、原告が『Steel Guitars』と呼ぶ歌曲には、実質上二つの異なるバージョンが存在する。(Op. at 13-14)
The first, which was produced during discovery and was marked as Exhibit 71 of defendants' moving papers, was analyzed by both parties' experts and compared to "Dignity."


一つ目のバージョンはディスカバリーにおいて提出され、被告の申立書において証拠物件71号と記載されているもので、当事者双方が依頼したそれぞれの専門家証人により分析され、『ディグニティ』と比較されている。
Defendants argued in their motion papers and at oral argument that the Exhibit 71 version had never been registered with the Copyright Office.
被告は申立書及び口頭弁論において、証拠物件71号のバージョンは著作権局に登録されていなかったと主張した。
For that reason, the court dismissed plaintiff's musical infringement claim with respect to the Exhibit 71 version of "Steel Guitars" because plaintiff failed to meet the prima facie element of proving ownership of a valid copyright.
かかる理由により、当法廷は『Steel Guitars』の証拠物件71号バージョンについて、原告から申立てのあった楽曲の著作権侵害に関する請求を棄却した。原告が有効な著作権を有しているという一応の証明ができなかったことによるものである。
See Whelan Assoc. v. Jaslow Dental Lab., Inc., 797 F.2d 1222, 1231 (3d Cir. 1986); Universal Athletic Sales Co. v. Salkeld, 511 F.2d 904, 907 (3d Cir. 1975); Jarvis v. A & M Records, 827 F. Supp. 282, 288 (D.N.J. 1993).


Whelan Assoc. v. Jaslow Dental Lab., Inc., 797 F.2d 1222, 1231 (3d Cir. 1986); Universal Athletic Sales Co. v. Salkeld, 511 F.2d 904, 907 (3d Cir. 1975); Jarvis v. A & M Records, 827 F. Supp. 282, 288 (D.N.J. 1993)参照。
The second version of "Steel Guitars" was registered with the Copyright Office in 1988, and although it was not originally identified by plaintiff as an infringed work, the court analyzed the copyrighted version and found that there was no substantial similarity between it and "Dignity."
『Steel Guitars』の二つ目のバージョンは1988年に著作権局に登録されており、原告はもともとこの曲の著作権を侵害されていると申し立ててはいなかったが、当法廷はこの著作権により保護を受けているバージョンについて分析し、この曲と『ディグニティ』には実質的な類似性がないことを確認した。
Therefore, summary judgment was granted on plaintiff's musical infringement claim as plaintiff had failed to establish a prima facie case of infringement.


したがって、著作権侵害に関する一応の立証を原告ができなかったため、楽曲の著作権侵害に関する原告の請求に対するサマリージャッジメントが認められた。
Plaintiff now argues that the court erred in failing to consider the Exhibit 71 version, which he claims was finally registered with the Copyright Office on December 5, 1996 -- after the summary judgment motion was briefed by both sides, after oral argument on the motion, and nearly fifteen months after plaintiff's complaint was filed.
本件請求において、原告は、当法廷が証拠物件71号バージョンを審議の対象としなかった点で判断を誤ったものと主張している。原告はようやく1996年12月5日にこのバージョンを著作権局に登録したと主張としているが、これは両当事者によるサマリージャッジメントの申立に関する説明、および同申立についての口頭弁論が行われた後であり、原告が本件訴訟を提起してからは15か月近く経っている。
Plaintiff insists he is entitled to amend the complaint to include his post-complaint registration, citing the liberal construction of Rule 15, Fed. R. Civ. P. He also points to the fact that the parties have already analyzed the tape and submitted expert testimony on that version.



原告は、Fed. R. Civ. Pの15条を拡大解釈することにより、あくまでも、自分には訴状を修正して訴状提出後の著作権登録をこの中に記載する権利があるのだと主張する。その上で、両当事者がすでに同バージョンについてテープを検証しており、専門家証言も提出されているという事実を指摘する。
Significantly, plaintiff never sought to amend his complaint at any time prior to this court's decision on defendants' summary judgment motion.
重要なことは、被告からのサマリージャッジメントに対する申し立てについての当法廷の判断がなされる前のどの時点においても、原告は訴状の修正を全く求めなかったことである。
In fact, plaintiff has still not sought leave of this court to amend his [*635] complaint.
事実、原告は訴状[*635]を修正する許可を当法廷にいまだ求めていない。
Thus, there is nothing for the court to "reconsider" because plaintiff's amendment argument was raised for the first time in this motion for reconsideration.
したがって、この再審請求において初めて原告は修正を主張したのであるから、当法廷には”再審を行う”理由がない。
See NL Industries, Inc., 935 F. Supp. at 516 ("Reconsideration motions . . . may not be used . . . to raise arguments or present evidence that could have been raised prior to the entry of judgment.").


NL Industries, Inc., 935 F. Supp. at 516参照。(再審請求は、判決の登録前に提起することが可能であった証拠を提出したり、議論を行ったりする目的で、「利用されるべきではない」。)
Moreover, even a liberal construction of Rule 15 would not permit the amendment of a complaint that has been dismissed after more than a year of litigation.
そのうえ、15条の拡大解釈をもってしても、1年以上に及ぶ訴訟の後に請求が棄却された訴状の修正は認められるべきではない。
Bermingham v. Sony Corp., 820 F. Supp. 834, 862 (D.N.J. 1993) (leave to amend complaint denied after action dismissed when plaintiff had opportunities to amend prior to dismissal).
Bermingham v. Sony Corp., 820 F. Supp. 834, 862 (D.N.J. 1993)(請求棄却前に修正する機会を原告が有していた場合における、請求棄却後の訴状修正の許可が否認された事例)
Plaintiff could have sought leave to amend his complaint as early as June of 1996, when he should have become aware through defendants' motion for summary judgment that the Exhibit 71 version was not registered with the copyright office. He did not do so, however, and chose to join issue upon the non-copyrighted version.
原告は早ければ1996年6月にも訴状の修正許可を申請することができた。なぜなら、このときには、被告によるサマリージャッジメントに対する申立により、原告も証拠物件71号バージョンが著作権局に登録されていないという事実に気づくはずだったからである。しかしながら原告はそうしないで、著作権による保護を受けていないバージョンについての反対申立を行うことを選んでいる。
At the time defendants' summary judgment motion was argued, the court could not consider the Exhibit 71 version of "Steel Guitars" as the basis of an infringement claim because it was not registered with the Copyright Office.
被告のサマリージャッジメントに対する申し立てについて議論がされた時、証拠物件71号バージョンの『Steel Guitars』は著作権局に登録されていなかったため、当法廷は、著作権侵害に対する請求の根拠として、当該バージョンを審議できなかった。
Plaintiff has offered no justification for reconsidering that decision.


原告は、その判決の再審をする理由となるものを何も示さなかった。
Plaintiff also argues that the court overlooked the "striking similarity of the background melodies" between "Dignity" and the Exhibit 71 version of "Steel Guitars."
また、原告は当法廷が『ディグニティ』と証拠物件71号バージョンの『Steel Guitars』との間の「副旋律の著しい類似」を見落としたと主張する。
As previously discussed, the court did not consider the Exhibit 71 version because it was not registered, and thus could not have overlooked any portion of it.
上述の通り、証拠物件71号バージョンは著作権登録を受けていなかったために、当法廷は審議しなかったものであり、いかなる点をも見落としたということはない。
The court did however, determine that the 1988 version of "Steel Guitars" was not substantially similar to Dylan's "Dignity" as it differed "in total concept and feel." (Op. at 16).
しかし、当法廷は1988年バージョンの『Steel Guitars』は、ディラン作の『ディグニティ』とは「全体の構想と感じ」が異なっており、実質的に類似しないという結論に達した(Op. at 16)。
Plaintiff's moving papers do not indicate that he is seeking reconsideration of that finding.
原告の申立書には、この点について再審を請求するとは記載されていない。
Thus, the court was surprised to receive a document on March 18, 1997, entitled "supplement in support of motion for reconsideration."
したがって、当法廷は1997年3月18日に『再審請求をサポートするための補足資料』と題する文書を受け取り、驚いた。
Attached to the supplement is a statement by plaintiff's expert Paul D. Greene, Ph.D. pertaining to the 1988 version of "Steel Guitars," which had been fully analyzed and dismissed after the court concluded that there was no substantial similarity from which appropriation could be inferred.
当該補足文書に添付されていたのは、原告側の専門家証人であるPaul D. Greene博士による1988年バージョンの『Steel Guitars』に関する意見であり、それは十分に検討され、盗用が推察されるような実質的な類似点は存在しないと当法廷が決定した後、却下されたものであった。
In short, plaintiff now seeks to generate new expert opinion testimony, after judgment has been entered, to contradict this court's finding upon matters which the court had thoroughly considered when the matter was extensively briefed and argued. Neither L. Civ. R. 7.1 (g), nor any known concept of jurisprudence, permits a party to generate new expert opinions and offer them, after the fact, as evidence that the court had somehow overlooked.


要するに、本件請求において原告は、当法廷で徹底的に説明と議論が行われ審議しつくされた事項について、判決の登録が終わった後で、当法廷の見解に対して 異議を唱えるために、新たな専門家の意見証言を求めているわけである。L. Civ. R. 7.1 (g)はもちろん、その他のいかなる司法上の概念をもってしても、こうした事実の後において、当該法廷に何らかの形で見落としたがあったということの証拠 として専門家証言を提出させるということはあり得ない。

The court will not, at this late date, consider evidence which could and should have been submitted earlier.
当法廷においては、これだけ提出時期が遅れているので、もっと早い時期に提出できたはずの、あるいは、提出すべきであった新証拠について審議することはない。
This court has previously held that "we are in fact bound not to consider such new materials, lest the strictures of our reconsideration rule erode entirely."
以前に、当裁判所では、次のように判示している。「実際のところ、当法廷では、決してこうした新たな証拠を採用してはならないのである。そのような事をすれば、再審に関するルールの規律が完全に損なわれてしまうからだ」。
Resorts International v. Greate Bay Hotel and Casino, Inc., 830 F. Supp. 826, 831 (D.N.J. 1992).
Resorts International v. Greate Bay Hotel and Casino, Inc., 830 F Supp. 826, 831 (D.N.J. 1992)
Even if the court were to consider Dr. Greene's report, however, it would not disturb the court's determination that summary judgment was appropriate as to plaintiff's music infringement claim.
仮に、当法廷がグリーン博士の報告を審議したとしても、原告の楽曲の著作権侵害に関する請求に対して、サマリージャッジメントが妥当とする判決が覆されることはない。
As discussed in the court's Opinion of December 16, 1996, the final step of an infringement analysis is not dependent on expert testimony. (Op. at 16).
1996年12月16日の法廷意見で議論されたため、著作権侵害の分析での最終段階では、専門家の供述に左右されることはない。(Op. at 16)
Instead, "the general test for determining substantial similarity is whether an average lay observer would recognize the alleged copy as having been appropriated from the copyrighted work."
それよりむしろ、ここでの事実上の類似を判断するための一般的な検証では、一般の素人の立会人が、この楽曲について著作権が保護されているとする作品として該当すると、認められるかどうかについて行う。
Warner Bros. v. American Broadcasting Co., 654 F.2d 204, 208 (2d Cir. 1981).


Warner Bros. v. American Broadcasting Co., 654 F. 2d 204, 208 (2d Cir. 1981)
Finally, plaintiff attempts to argue in his motion for reconsideration, as he did prior to dismissal of the music infringement claim, that the Exhibit 71 version is substantially similar to Dylan's "Dignity".
最後に、原告はその再審請求において主張しようとしたのは、楽曲の著作権の侵害請求が棄却される前の主張と同様で、証拠物件71号バージョンはディランの『ディグニティ』と実質的に類似しているということである。
Incredibly, to support this argument, plaintiff submits for the very first time in his reply brief on this motion for reconsideration affidavits from twelve individuals.
驚くべきことに、原告は再審請求の答弁書の中で初めて、12人の証人から、こうした主張を支持する宣誓供述書を集めて提出している。
Their purported "lay testimony" consists of form affidavits which all include the following statements:


この「素人証言」と称するものは、すべて以下のような証言から記載されている宣誓供述書からなる。
I have listened to James Damiano's song "Steel Guitars" marked exhibit # 71.


私は、証拠物件71号バージョンのジェームズ・ダミアノの『Steel guitars』という題名の歌曲を聞いた。
[*636] I have listened to Bob Dylan's son "Dignity" released on the Bob Dylan, Greatest Hits volume III album.


私は、*636のボブ・ディランのアルバムである『グレーテスト・ヒット・第3巻』に収められている、『ディグニティ』という歌曲を聞いた。
It appears to me that the melody of "dignity" is similar to "Steel Guitars".


私には、『ディグニティ』のメロディは、『Steel guitars』という歌曲と類似していると思われる。
Each of the affidavits is dated March 1, 1997, which was two and one-half months after this claim was adjudicated.
これらの宣誓供述書は、日付がすべて1997年3月1日となっており、本件請求に対する判決が下ってから、すでに2ヶ月半が経過していた。
There is no explanation given for why these affidavits were not submitted earlier, in response to defendants' summary judgment motion and prior to the resolution of this issue on summary judgment.
弁護側のサマリージャッジメントの申立書においても、サマリージャッジメントにおけるこの件の判決の前においても、当供述書が、なぜもっと早く提出されなかったのかについて、何の説明もされていない。
This evidence, like the supplemental expert statement, will not be considered on plaintiff's motion for reconsideration.
この証拠は、補足的な専門家証言と同様に、原告の再審請求に関する審議の対象とはならない。
It should be abundantly clear to plaintiff that "[a] litigant seeking reconsideration must show that any new evidence presented to the court was unavailable or unknown at the time of the original hearing. "
原告は、法廷でいかなる証拠が示されたとしても、その証拠が、当初の時点では得ることも、知ることも不可能であったということを、再審を求めている訴訟当事者[a]は示すべきであるということを、肝に銘ずるべきである。
DeLong Corp. v. Raymond Int'l, Inc., 622 F.2d 1135, 1140 (3d Cir. 1980).
DeLong Corp. v. Raymond Int'l, Inc., 622 F. 2d 1135, 1140 (3d Cir. 1980)
Plaintiff does not attempt to make such a showing, and by his various attempts to relitigate previously resolved issues with the aid of previously unrevealed evidence, mocks the reconsideration process.



原告は、そのような説明をしようともせずに、事前に明らかにされなかった証拠を持ち出して来て、以前に棄却された証拠を裏付けようと、様々な面から試みる。このことは、再審のプロセスを馬鹿にする行為である。
Thus, the court will not reconsider its decision regarding the 1988 version or the Exhibit 71 version of "Steel Guitars" as plaintiff has failed to show that a dispositive factual issue or controlling decision law was overlooked.
つまり、当法廷においては、解決の手がかりとなる事実や根拠となる法的判断が見落としたことを示すことに失敗したため、1988年版あるいは、証拠物件71号バージョンの『Steel Guitars』という歌曲に関する判決を再審することはない。
The entry of summary judgment in favor of defendants on plaintiff's music infringement claim will not be disturbed.



従って、楽曲の著作権侵害に対する原告の請求においては、被告に賛成するサマリージャッジメントの登録が覆されることはない。
C. Plaintiff's Lyric Infringement Claims


C.歌詞の著作権侵害に対する原告の請求
Next, plaintiff argues that the court should reconsider its decision to grant summary judgment on plaintiff's lyric claims.
次に、原告は、歌詞の著作権侵害に関するサマリージャッジメントを認めるという判決を、当法廷が再審すべきだと主張している。
He argues, as he did in response to defendants' motion for summary judgment, that his unique arrangements of commonplace lyrics is protectible under copyright laws.
原告が主張しているのは、サマリージャッジメントの反対申立に書かれているとおり、自分の歌詞は、普通の言葉を使っていても、独特の並べ方をしているので、著作権保護の対象になるのだ、ということである。
In support of this argument, plaintiff does not raise any factual issues or controlling law which the court overlooked.

この主張を支持する事において、原告は、法廷が見落としたどの事実に基づく争点も、根拠となる法も、提起はしていない。
Indeed, the court previously carefully considered more than fourteen separate lyrics by plaintiff, some which were not even included in his complaint, before concluding that plaintiff could not establish a lyric infringement claim for any of those lyrics.
実際、当法廷は、原告が作詞した14を超える歌詞のうちのいくつかは、原告の申立書に含まれてさえいなかったが、そのうちのどの歌詞においても、歌詞の著作権侵害に関する請求を、原告は確立できなかったと結論付ける前に、事前により注意深く審議した。
Plaintiff now asks the court to reconsider six of his lyrics, which were all previously dismissed for various reasons.


原告は、現在、様々な理由で事前に却下されたすべての歌詞のうち6件について、再審するように法廷に求めている。
1. "Conceit is a disease"


1.『Conceit is a disease』というフレーズについて
Plaintiff contends that this phrase was infringed by the lyrics of Bob Dylan's 1989 song "Disease of Conceit."
原告は、このフレーズが、ボブ・ディランの1989年の歌曲である、『自惚れの病(Disease of conceit)』の歌詞によって、著作権が侵害されていると訴えている。
In the Opinion of December 16, 1996, the court noted that plaintiff had not registered this lyric with the copyright office.
1996年12月16日の法廷意見では、法廷は、原告がこの歌詞を著作権局で登録していなかったということを示した。
Although plaintiff asserted at oral argument that he was in the process of registering this lyric when he submitted his opposition brief, he failed to produce any proof of filing to support his claim of pending registration. (Op. at 8).
原告は口頭弁論で、異議申立書を提出した際には、当該歌詞の登録手続き中であったよ主張したが、登録審査が行われているという主張を支持する、いかなる証拠も原告は提出しなかったのである。(Op. at 8)
Thus, summary judgment was granted as to this lyric because plaintiff failed to establish a prima facie case of infringement.

以上のことから、原告が一応の立証ができなかったということになるため、歌詞の著作権侵害に関する本件請求に対しては、サマリージャッジメントが認められることとなった。
Plaintiff now claims that he registered this lyric with copyright office on December 5, 1996, and argues that "by way of amendment to the complaint it must be considered." (Pl. Br. at 6).
現在、原告は、1996年12月5日に著作権局で、この歌詞を登録したということを主張し、また、申立書を修正する目的で、争っている。(Pl. Br. at 6)
As noted above, plaintiff has never moved to amend his complaint as to either his music infringement claim or any of his lyric infringement claims, nor does he now seek leave to amend.
前述のように、原告は、楽曲の著作権に関する訴訟においても、どの歌詞の著作権に関する訴訟においても、訴訟の修正を申し立てたことも、現在において修正の許可を求めたりもしていない。
Moreover, as a practical matter, the court does not see how plaintiff could establish that Dylan infringed a lyric copyrighted by plaintiff in 1996, in a song released by Dylan in 1989.


さらに、実際問題として、1996年に原告によって歌詞の著作権を登録したものを、ディランが1989年に既に発表している歌曲が侵害しているということを、どのようにして確立できるのか、当法廷には見当もつかないのである。

Plaintiff fails to provide a justification for reconsidering this claim which was dismissed for failure to provide proof of ownership of a valid copyright.
原告は、この請求(有効な著作権を有することを立証できなかったという理由で棄却された)について再審するための正当な理由を提出していない。
Plaintiff's post-complaint registration does not cure the defect when he made no attempt to amend his complaint prior to the entry of summary judgment.


原告は、サマリージャッジメントの登録以前に全く訴状を修正する努力をしていないので、訴状提出後に著作権を登録しても、こうした瑕疵を治癒することにならない。
2. "A different form of treason"


2.『A different form of treason (別の形の反逆)』
This lyric is one of the twelve considered by the court and found to be unprotectible because the lyrics consisted of common words or cliches, or combinations thereof.
当法廷が審議した12歌詞の1つであるこの歌詞は、一般的な言葉や決まり文句、またはその組み合わせとなっており、著作権によって保護できないことが判断した。
This lyric in particular, allegedly infringed by Dylan's line "God don't call it treason," is clearly insufficient to form the basis of an infringement claim.
特にディランの1節『God don’t call it treason (神はそれを反逆と言わない)』に侵害されたと申し立てられているこの歌詞は、侵害請求の根拠には明らかに不十分である。
The word "treason," which is the only word in common between Dylan's lyric and plaintiff's lyric, is not, as plaintiff asserts in his motion for reconsideration, "anything but a common phrase."
ディランと原告の歌詞に共通する唯一の言葉“treason”は、「到底一般的な言い回しと言い難い」(原告の再審申立書における主張)わけではない。
To [*637] the contrary, it is an ordinary single word, used in one context in Damiano's lyric, and another in Dylan's song.
それどころか[*637]その言葉は、ダミアノの歌詞の文脈の1つに使用され、またディランの歌にも使用されたありきたりの単語である。
Surely, plaintiff cannot think that he is entitled to prevent all musicians from using the word "treason" in a song because he used it in a single lyric.
原告は1つの歌詞で使用したからといって、"treason"という単語をすべてのミュージシャンが使用するのを防ぐ権利があると考えるべきではない。
Plaintiff does not own the copyright for the word "treason," although plaintiff may be seeking to perfect a new meaning of the word "frivolous."


原告は、“treason”という言葉の著作権は所有していない。「不真面目(frivolous)」という言葉の新たな意味を完成させようとしていたかもしれないが。
3. "Truer words have not been spoken and once again the truce is broken."


3.『Truer words have not been spoken and once again the truce is broken (真実の言葉は話されない、そして再び停戦が破られる)』
This lyric, allegedly infringed by Dylan's lyric "Truer words have never been spoken or broken" was fully considered by the court when it rejected plaintiff's argument that Bob Dylan could not, without infringing plaintiff's work, use the cliche "truer words have not been spoken" in combination with the rhyming word "broken," even when separated by many intervening lines and ideas. (Op. at 11).
当法廷では、ディラン作の歌詞に著作権を侵害されたとされるこの歌詞『Truer words have never been spoken or broken』について十分に審議した上で、原告の主張(他に多くの言い回しやアイデアが含まれているとはいえ、ディランが 『Truer words have never been spoken』という表現と“broken”という韻を踏む言葉を組み合わせて使っている以上、原告の著作権を侵害していないことはあり得ない、というもの)を却下した。
Plaintiff has offered no reasons to reconsider this determination.


原告はこの判決を再審議する何の理由も提供しなかった。
4. "What good is a man"


4.『What good is a man (人に何が出来るんだ)』
Plaintiff claims that this lyric is infringed by Dylan's lyric "what good am I."
原告は、ディランの歌詞『what good am I (私に何が出来るんだ)』でこの歌詞が侵害されたと主張。
Plaintiff urges the court not to accept as mere coincidence that the common words "what good" were used by both Dylan and Damiano.
共通の言葉 "what good" がディランとダミアノ両者によって使用されたことを単なる偶然としてとらえないように、と原告は当法廷に強く要請した。
Plaintiff made the identical "coincidence" argument in response to summary judgment and has shown the court no controlling law or fact which was overlooked in rejecting the argument the first time.
原告はサマリージャッジメントに対して、まったく同じ言葉が使われている「偶然性」という議論を展開し、最初に議論が却下された際に見落とされた根拠となる法や事実は何も当法廷に提示していない。
Plaintiff cannot monopolize the common interrogatory phrase "what good."


原告は "what good" という一般的な疑問句の独占はできない
5. "I'm not sure of anything half the time anymore"/"Lost days and forgotten years"


5.『I'm not sure of anything half the time anymore (私にはこれ以上ほとんど何もわからない)』、『Lost days and forgotten years (失った日々と忘れ去られた年月)』
These two claims which appear in plaintiff's complaint were among six lyrics expressly abandoned by plaintiff when he failed to address them in response to defendants' motion for summary judgment.
原告の訴状に見られるこれら二つの主張は、サマリージャッジメントで被告人の申し立てに応じてそれらを提起することが出来なかった為、原告が明確に破棄した6歌詞のなかにあった。 
These six lyric were reproduced in the court's Opinion at page six, footnote 2, and summary judgment was granted as to each of them since plaintiff failed to come forth with any evidence or argument with respect to those claims. (Op. at 6).

これら6つの歌詞は、法廷意見6ページ目、脚注2に再現され、原告がこれらの請求に対して証拠提出や反論が出来なかった為、それぞれの歌詞に対し、サマリージャッジメントが認められた(Op. at 6)。
Further, at oral argument upon defendants' summary judgment motion, plaintiff's counsel assured the court that he was limiting his case to the 14 lyrics contained in his opposition brief, and would not be seeking any further consideration as to the claims which he failed to pursue. Defendants cite to the pertinent colloquy at oral argument:


また、サマリージャッジメントに対する被告の申し立てで、原告の弁護人は、この訴訟を異議申立書に含まれる14歌詞に制限し、追求出来なかった請求に関してはさらなる審議を求めないことを当法廷に保証した。
被告の口頭弁論での該当する会話を引用:
THE COURT: But the complaint, I understand I should more or less set aside because the infringements that are alleged are the 14 items [contained in the Opposition Brief]


法廷:しかし主張された侵害は、14の項目(異議申立書に含まれる)なので、多かれ少なかれ申し立てを退ける必要があると理解します。
MR. KRAMER: Yes, Sir.


クレーマー氏:はい、承知しました 
THE COURT: Is that right?


法廷:それで構いませんね?
MR. KRAMER: Yes, Sir.


クレーマー氏:はい、構いません
THE COURT: Because if I decide this case based on those 14 items, I don't then want a reconsideration motion by either side that says the dispute was really different; it had to do with these six songs [contained in the complaint].


法廷:というのも、これら14項目に基づいてこの訴訟の判決を下したとしても、本当はこの6曲(訴状に含まれる)に争論点がある、といった再審申立が両者からくることはないですね。
MR. KRAMER: I don't think Your Honor would face that.


クレーマー氏:そのようなことはありません。
THE COURT: All right.


裁判官:わかりました
MR. KRAMER: At least not from plaintiff.


クレーマー氏:少なくとも原告からは
(Tr. at 86).
Despite these clear representations by plaintiff's attorney, the court now faces exactly what it was assured it would not -- a reconsideration motion which seeks to revive two of the abandoned claims.

(Tr. at 86).
このように原告の代理人がはっきりと表明したにもかかわらず、今、当法廷はまさにこの代理人が「ない」と断言した事態に直面している。その事態とは、すなわち、棄却された2件の請求を復活させようとする再審申立である。
Needless to say, the court is not impressed with Mr. Kramer's cavalier disregard for his word as an officer of the court.
言うまでもなく、法廷の一員でありながら、傲慢にも自分の言葉を軽々しく翻したクレーマー氏には感心できない。
Claims in litigation are not fungible items to be abandoned and revived at will, rendering plaintiff's theories a moving target.
訴訟中の請求は、原告の理論を動く標的のように気の向くままに放棄したり復活できる代替可能なものではない。
These claims will not now be considered when plaintiff had every opportunity to make these arguments in response to defendants' motion for summary judgment but chose not to.



これらの請求は、原告が被告の略式判決申請に応じて異議を申し立てるあらゆる機会があったにかかわらず、異議をしないという選択を取った為、今さらこれらの請求が考慮されることはない。
Plaintiff's final point, that the court overlooked plaintiff's overall argument that it was not the use but the combination of common words that formed the basis of his claims, is completely without merit.
原告の最終的論点である、当法廷が原告の基本的論旨(原告の請求が依拠しているのは、歌詞における普通の言葉の使用でなく組み合わせだというもの)を見落としているという主張には、全く根拠がない。
Plaintiff argued this point at oral argument and in his papers.
原告は口頭弁論や文書でこの点を主張した。
Since he now does no more than express disagreement with the court's decision, his [*638] motion for reconsideration as to his lyric infringement claims will be denied. See Panna, 760 F. Supp. at 435.


原告は本件請求において当法廷の決定に不服を表明する以上のことをしていないので、当法廷は歌詞の著作権侵害に関する原告の再審請求を棄却する。
panna760 F. suppを参照。

E. Plaintiff's State Law Claims

E. 原告の州法上の請求
In his final argument, plaintiff argues that the court should reconsider the dismissal of his pendent state law claims, arguing that although a work may not be copyrightable, it may still be the subject of a state claim.
最終弁論において、原告は係属している州法上の請求を棄却したことについて再審を求めた。たとえ著作権保護の対象にならないものでも州法上の請求の対象にはなる、というのがその論拠である。
Plaintiff originally raised claims for misappropriation of property, breach of confidence and fraud.
原告は当初、資産の不正使用、秘密漏えいおよび詐欺に関する請求を起こした。
He does not indicate which of these causes of action is the basis of an argument that the court overlooked a dispositive fact or controlling decision of law.


原告は、解決の手がかりとなる事実または根拠となる法的判断を当法廷が見落としたとする議論の根拠にこれらの訴訟原因のどれがあたるかを示さなかった。
Plaintiff merely asserts that he presented evidence that plaintiff gave his lyrics to the defendants and that the lyrics had not been used by defendants prior to plaintiff's submission.
原告は、自分の歌詞を被告に与え、原告が渡す前には被告によりその歌詞が使用されていなかったという証拠を提示したと主張するにすぎない。
Plaintiff does not explain how this evidence, even if accepted as true, establishes any of his state law claims.

本当だと認められたとしても、州法上の請求のいずれかをその証拠がどのように立証するのかを説明しない。
The court held in the December 16, 1996 Opinion that plaintiff's misappropriation claim was pre-empted by federal copyright law. (Op. at 18).
当法廷は、1996年12月16日付法廷意見において、不正使用に関する原告の請求が連邦著作権法により専占されるものと判示した(Op. at 18)。
The court further held that plaintiff failed to establish his breach of confidence claim because he offered no proof that defendants owed him a duty or that such a duty could have been breached by their actions.
さらに当法廷では、被告による秘密漏洩に関する請求についても原告が立証できなかったものと判示した。被告がかかる義務を原告に負っているということ、および被告にかかる義務違反の可能性があったことについて、原告からいかなる証拠も提出されなかったからである。
Finally, the court held that plaintiff failed to produce proof of direct misrepresentations by defendants or that his work was ever used, incorporated or copied by Dylan. (Op. at 19).


最後に当法廷は、被告による直接的不当表示の証拠またはディランによりこれまで原告の作品が使用され、組み込まれ、模倣されたとする証拠を、原告が提示できていないと判断した(Op. at 19)。
While plaintiff obviously disagrees with the court's conclusions, he has pointed to no factual issue or controlling decision of law which was overlooked by the court in reaching these decisions.
原告が当法廷の判決に不服なのは明らかだが、原告は、当法廷がこの結論に至るまでに見落としていたいかなる事実問題も法的判断の根拠も指摘していない。
To the extent that plaintiff cites case law that was not previously presented to the court and is not controlling in this court, those cases will not be considered as support for this motion.
当法廷にあらかじめ提示されておらず当法廷において有効でない判例法を原告が引用する範囲では、そのような判例は本申立のサポートとみなされないものとする。
Also, the court will deny plaintiff's request that the court rely upon the recent case of Sons of Thunder, Inc. v. Borden, Inc., 148 N.J. 396, 690 A.2d 575 (1997), because it has no relevance to this case.
また当法廷は、最近の判例、Sons of Thunder, Inc. v. Borden, Inc., 148 N.J. 396, 690 A.2d 575 (1997) がこの訴訟にまったく関連していないことから、同判例に当法廷が依拠しているという原告の要求を否定するものとする。
Sons of Thunder deals with a breach of contract claim, which plaintiff has not asserted in this case.

Sons of Thunder(サンズ・オブ・サンダー)事件の場合は、契約違反に関する請求を扱っている裁判なので、本件とは請求内容が異なっている。
Therefore, plaintiff's motion for reconsideration of his state law claims is insufficient and will be denied.


したがって、州法上の請求に関する原告の再審申立は、適用要件を満たしていないため棄却する。
III. Conclusion


III. 判決
For the reasons above, plaintiff's motion for reconsideration of the court's Opinion of December 16, 1996, granting summary judgment to defendants on all of plaintiff's claims, will be denied.
上記の理由により、当法廷では、原告の全請求について被告にサマリージャッジメントを認めると定めた、1996年12月16日付法廷意見に対する、原告の再審申立を棄却する。
Defendants shall have twenty (20) days to apply for sanctions under Rule 11, Fed. R. Civ. P., and/or for statutory attorney's fees, as previously detailed in the Opinion and Order of December 16, 1996. (n3)


1996年12月20日付法廷意見および命令で先に述べられている通り、被告がFed. R. Civ. Pの11条に基づく制裁もしくは法定弁護費用、またはその両方を申請する場合は、これから20日以内に行うものとする(注3)。
- - - - - - - - - - - - - - - - - -Footnotes- - - - - - - - - - - - - - - - - -

脚注
(n3) Defendants' initial application for summary judgment on the merits was accompanied by an application for dismissal as a sanction under Rule 11, Fed. R. Civ. P., for the filing of a complaint not well-grounded in fact or law. (See Op. filed Dec. 16, 1996, at 2-3).
(注3)本案に関するサマリージャッジメントに対する被告の当初申請は、事実または法律に明確に基づかない訴状の届出に対するFed. R. Civ. P. の11条に基づく制裁としての棄却に対する申請とともに提出された(Op. filed Dec. 16, 1996, at 2-3 参照)。
The court deferred consideration of Rule 11 sanctions and/or for attorney's fees under Rule 11 or under the less demanding standard of the Copyright Act, 17 U.S.C. § 505, until such an application could be filed, within fourteen days thereafter. (Id. at 3-4).
当法廷は、その日以降14日以内に関係の申請書が届け出られるまで、第11条に基づく制裁もしくは弁護費用(第11条またはthe Copyright Act, 17 U.S.C. § 505の要求基準未満に基づく)、またはその両方の検討を延期した(同上at 3-4参照)。
When defendants sought to enlarge the period to seek attorney's fees because of the prospect that plaintiff would be seeking reconsideration, the court extended the application deadline until fourteen (14) days after decision of any reconsideration motion, which is now further enlarged to give sufficient time to include costs and fees expended in defense of this reconsideration motion as well.


原告が再審請求をしようとしているという見通しをうけ弁護費用の請求期間の延長を被告が求めたとき、当法廷は本申請の締切を延長し、あらゆる再審申立の判決後14日以内とした。現在も、本再審申立の弁護費用を含めるのに十分な時間を与えるようにさらに延長している。
- - - - - - - - - - - - - - - - -End Footnotes- - - - - - - - - - - - - - - - -

脚注終わり
An appropriate order follows.

以下適切な命令。
JEROME B. SIMANDLE

ジェローム・B.・シマンドル
United States District Judge

米国地裁判事
ORDER
This matter having come before the court upon plaintiff's motion for reconsideration of the court's Opinion and Order dated December 16, 1996, in which the court granted defendants' motion for summary judgment as to all of plaintiff's federal and state claims; and the court having considered the submissions of the parties; and for the reasons set forth in the Opinion of today's date;
IT IS this 20th day of August, 1997, hereby
ORDERED that plaintiff's motion for reconsideration be and hereby is DENIED, and that any application by defendants for sanctions under Rule 11, Fed. R. Civ. P., [*639] and/or for statutory attorney's fees shall be filed within twenty (20) days hereof.

命令
本件は、原告の連邦政府および州の請求全てに関するサマリージャッジメントへの被告の申立を認めた1996年12月16日付法廷意見および命令の原告による再審申立に基づく裁判の前に行われたもので、関係者の仲裁を裁判所が審議したもので、それゆえに本日付法廷意見のなかで明記されるものである。
1997年8月20日付で、ここに
原告の再審申立は本書をもってこれ以降棄却することを命じる。さらにFed. R. Civ. Pの11条[*639]に基づく制裁もしくは法定弁護費用またはその両方に対する被告の申請は、この日から 20 日以内に届け出られるものとする。
JEROME B. SIMANDLE

ジェローム・B.・シマンドル
United States District Judge
米国地裁判事
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:tmk1117、san、じゅりあ2326、teabel、hayaoki)訳

Amelia Network Co.,Ltd.