判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
ペンシルベニア州鉄鋼会社未履行契約裁判
シャロン・スティール社対全米燃料ガス供給会社
Sharon Steel Corporation v. National Fuel Gas Distribution
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2010/12/02 15:56)
原文 日本語訳
872 F.2d 36

19 Bankr.Ct.Dec. 353, Bankr. L. Rep. P 72,821

SHARON STEEL CORPORATION,
v.
NATIONAL FUEL GAS DISTRIBUTION CORPORATION, Appellant,
Intervenor: James W. Toren, Trustee.

872 F.2d 36

19 Bankr.Ct.Dec. 353, Bankr. L. Rep. P 72,821

シャロン・スティール・コーポレーション

上訴人:全米燃料ガス供給会社
仲裁人:ジェームズ・W・トーレン管財人
No. 88-3386.

United States Court of Appeals,
Third Circuit.

Argued Oct. 20, 1988.
Decided April 6, 1989.


事件番号 88-3386

第3巡回区連邦控訴裁判所

弁論 1988年10月20日
判決 1989年 4月 6日
Kim R. Tulsky, Kenneth A. Manning (argued), Morgan, Lewis and Bockius, Philadelphia, Pa., for appellant.

Steven Petrikis (argued), Russell J. Ober, Jr., Rose, Schmidt, Hasley and DiSalle, Pittsburgh, Pa., for intervenor, James W. Toren, trustee.

David B. Salzman (argued), Campbell and Levine, Pittsburgh, Pa., for appellee, Sharon Steel Corp.

Before STAPLETON, SCIRICA and COWEN, Circuit Judges.

OPINION OF THE COURT

SCIRICA, Circuit Judge.


上訴人代理人 ペンシルベニア州フィラデルフィア モルガン・ルイス・アンド・バッキアス法律事務所 キム・R・タルスキー、ケネス・A・マンニング(弁論)

仲裁人ジェームズ・W・トーレン管財人代理人 ペンシルベニア州ピッツバーグ ローズ・シュミット・ハスレー・アンド・ディサール法律事務所 スティーブン・ペトリキス(弁論)、ラッセル・J・オーバー・Jr.

被上訴人代理人 ペンシルベニア州ピッツバーグ シャロン・スティール・コーポレーション デイビッド・B・サルツマン(弁論)

スタプルトン、シリカおよびコーウェン各巡回裁判官による審査

法廷意見

シリカ巡回裁判官
This appeal arises from the district court's affirmance of a bankruptcy court order approving the rejection of an executory service agreement between the debtor, Sharon Steel Corporation, and National Fuel Gas Distribution Corporation.
債務者シャロン・スティール・コーポレーションと全米燃料ガス供給会社のあいだで未履行となっているサービス契約の拒絶を認めた破産裁判所の命令を地裁が支持したことに関し当上訴が行われた。
National Fuel appeals the district court's decision that the agreement was an executory contract subject to the rejection provisions of Bankruptcy Code, its determination that the effective date of the rejection is immediately prior to the date the debtor filed its bankruptcy petition, and its valuation of National Fuel's service as an administrative expense.
この契約は連邦倒産法の定める拒絶規定にある未履行契約にあたり、債務者が破産申立を行った前日の日付をもって拒絶が有効とし、さらに全米燃料による供給を運営費として査定した地裁の判断に対し、これを不服として全米燃料が上訴した。
We will affirm the judgment of the district court on all issues.


当法廷は全争点において地裁の決定を支持する。
I.

Sharon Steel Corporation, a manufacturer of steel and steel products, filed a voluntary petition under Chapter 11 of the Bankruptcy Code on April 17, 1987.

I.

鉄鋼および鉄鋼製品の製造者であるシャロン・スティール・コーポレーションは1987年4月17日、連邦倒産法第11章に基づき自発的申立を行った。
Since 1976, Sharon has been serviced by the National Fuel Gas Distribution Corporation, a natural gas public utility serving northwest Pennsylvania, subject to regulation by the Pennsylvania Public Utility Commission ("PUC").
シャロンは1976年よりペンシルベニア州公益事業委員会(「PUC」)による規定のもとペンシルベニア州北西部を担当する天然ガス公益事業者である全米燃料ガス供給会社より供給を受けてきた。
In 1976, National Fuel and Sharon entered into a service agreement, to expire December 1987, by which National Fuel agreed to deliver gas to Sharon's steel plants in Wheatland Borough and the City of Farrell under a rate schedule established by the PUC for large industrial users (the "LIS" rate schedule).
1976年に全米燃料とシャロンは1987年12月を期限とするサービス契約を締結し、全米燃料はPUCが定める大口の事業会社向けの価格表(「LIS」価格表)に基づきウィートランド区およびファレル市に所在するシャロンの製鉄所にガスを供給することに合意した。
The LIS rate schedule provided for a minimum consumption of natural gas per month, as well as payment of a commodity and demand charge.
LIS価格表では実際の使用量に基づく代金および手数料と共に1ヶ月あたりの天然ガスの最低消費量が定められている。
Since April 1985, Sharon had been paying National Fuel under the LIS rate schedule pursuant to a weekly advance payment schedule ordered by the PUC in response to a petition by National Fuel to terminate Sharon's service.(n1)


1985年4月以降はシャロンへのサービスを停止したいとする全米燃料の請願を受けPUCが定めた通り、週毎に前払いを行う方法でシャロンは全米燃料に対しLIS価格表に基づく支払いを行っていた。(注1)
Four days after Sharon filed for bankruptcy, National Fuel requested Sharon to furnish adequate assurance of payment pursuant to 11 U.S.C. Sec. 366 (1982).
全米燃料はシャロンが破産を申し立てた4日後に、11 U.S.C. Sec. 366 (1982) に関連し十分な支払保証を提供するようシャロンに求めた。
At the bankruptcy court hearing on April 30, 1987, Sharon stipulated that it would provide National Fuel with adequate assurance of payment under the service agreement.
1987 年4月30日破産裁判所の審理においてシャロンはサービス契約に基づく十分な支払保証を全米燃料に提供すると約束した。
The oral stipulation was reduced to writing and approved by the bankruptcy court on May 22, 1987.


この約束は口頭であったが文書に記録され1987年5月22日に破産裁判所により承認された。
At the time of both the filing of the Chapter 11 petition and the date of the stipulation, National Fuel was supplying natural gas to all non-contract large industrial customers pursuant to the rate schedule for large volume industrial users (the "LVIS" rate schedule), at a rate that was not less than the rate Sharon was charged under the LIS rate schedule.
連邦倒産法第11章の申立時点もこの支払保証の約束時点でも全米燃料は無契約の大口の工業事業者全てに天然ガスを供給しており、その価格はシャロンが適用を受けていたLIS価格表より割高な大口事業者用価格表(「LVIS」価格表)によるものだった。
However, because of a PUC ruling, National Fuel reduced its LVIS rate on August 1, 1987.
しかし1987年8月1日、PUCの決定により全米燃料はLVIS価格を引き下げた。
As a consequence, the rate charged to other large industrial users dropped below the LIS rate charged to Sharon under the service agreement.
その結果他の大口事業者向け価格は、サービス契約でシャロンが適用をうけていたLIS価格を下回ることになった。
Because of this, Sharon notified National Fuel on August 7, 1987 that it intended to reject the service agreement as an executory contract pursuant to Bankruptcy Code Sec. 365.
これにより1987 年8月7日、シャロンは連邦倒産法365条による未履行契約としてサービス契約の拒絶を全米燃料に申し入れた。
After a hearing, the bankruptcy court approved Sharon's motion to reject the service agreement in a Memorandum and Opinion dated November 23, 1987.


審理を経た後、破産裁判所は1987年11月23日付けの簡短な判決においてサービス契約の拒絶を求めるシャロンの主張を認めた。
The bankruptcy court found that the service agreement was an executory contract for purposes of rejection under 11 U.S.C. Sec. 365 (1982).(n2)
破産裁判所はこのサービス契約が11 U.S.C. Sec. 365 (1982)(注2) の拒絶につながる未履行契約にあたると判断した。
In re Sharon Steel Corp., 79 B.R. 627, 630 (Bankr.W.D.Pa.1987).
In re Sharon Steel Corp., 79 B.R. 627, 630 (Bankr.W.D.Pa.1987).
Relying on In re California Steel Co., 24 B.R. 185 (Bankr.N.D.Ill.1982), the court concluded that the service agreement was executory in nature because obligations under the agreement remained unperformed by both parties.
In re California Steel Co., 24 B.R. 185 (Bankr.N.D.Ill.1982)を根拠として、破産裁判所は、サービス契約の双方当事者が契約義務を未履行の状態にあったので、この契約は事実上、未履行契約に該当すると判断した。
The court disagreed with National Fuel's assertion that the service agreement was merely the embodiment of a rate schedule and thus not susceptible to rejection under Sec. 365.


当サービス契約は料金表を体系化しただけのものであり365条にある拒絶の影響を受けないとする全米燃料の主張は認められなかった。
The bankruptcy court also found that Sharon demonstrated that the estate would benefit from the contract's rejection, id. at 630 (citing In re Wheeling Pittsburgh Steel Corp., 72 B.R. 845 (Bankr.W.D.Pa.1987)), and that under Bankruptcy Code Sec. 365(g)(1), the effective date of the rejection should be the date immediately prior to the filing of the bankruptcy petition.


破産裁判所は契約の拒絶によりシャロンの財団財産が利益を得ると判断しid. at 630 (citing In re Wheeling Pittsburgh Steel Corp., 72 B.R. 845 (Bankr.W.D.Pa.1987)), 、Bankruptcy Code Sec. 365(g)(1)により債務者が破産申立を行った前日の日付をもって拒絶を有効とする、とした。
Because of the rejection of the service agreement, the bankruptcy court was required to decide to what extent, if any, the payments made to National Fuel after filing the bankruptcy petition (the effective date of the rejection) were administrative expenses allowable under Sec. 503(b)(1)(A). Section 503(b)(1) limits the valuation of administrative expenses to the actual and necessary cost and expense of preserving the estate. 当該サービス契約の拒絶により、破産裁判所は、支払いの範囲があれば、どこまでとするか決定する必要があり、破産申立て(当該拒絶の発効日)後に全米燃料ガス供給会社に対してなされた支払いは、Sec. 503(b)(1)(A)で許容される共益費用であった。Section 503(b)(1)では、共益費用の評価をその財団財産を保全するための実費および必要経費に制限している。
The court rejected National Fuel's contention that the necessary cost of providing Sharon natural gas and thereby preserving the estate under Sec. 503(b)(1) is presumptively the rate established by the contract. 79 B.R. at 631 (citing In re Thatcher Glass Corp., 59 B.R. 797 (Bankr.D.Conn.1986); In re Grant Broadcasting of Philadelphia, Inc., 71 B.R. 891 (Bankr.E.D.Pa.1987)).
破産裁判所は、Sec. 503(b)(1)に基づき、シャロン・スティールに天然ガスを供給し、それによって財団財産を保全するための必要経費を当該契約により定められた料金で支払われるべきものと推定する全米燃料ガス供給会社の主張を却下した。79 B.R. at 631 (In re Thatcher Glass Corp., 59 B.R. 797 (Bankr.D.Conn.1986) およびIn re Grant Broadcasting of Philadelphia, Inc., 71 B.R. 891 (Bankr.E.D.Pa.1987) を引用)。
Rather, the bankruptcy court held that the reasonable value of a utility service should be calculated for purposes of Sec. 503(b)(1) under the non-contract rate set by the PUC (the LVIS rate).
より正確に言えば、破産裁判所は、共用サービスの適正価格について、PUCが定める非契約事業者向けの料金(LVIS 料金)に基づいてSec. 503(b)(1)の解釈上、算定すべきものと判断した。
Moreover, based on its conclusion that "prospective application of a rejection of an executory contract would minimize the benefits that Sec. 365 provides to the debtor," the court did not require Sharon to pay at the contract rate for natural gas delivered between the date of the filing and the date the court approved its decision to reject the contract. 79 B.R. at 632 (citing Grant Broadcasting, 71 B.R. at 897).


さらに、「将来的に未履行契約の拒絶を適用すれば、Sec. 365によって債務者にもたらされる利益は最小化される」という判断に基づき、破産裁判所はシャロン・スティールに対し、破産申立日から破産裁判所が当該契約を拒絶する旨の決定を認めた日までの期間に供給された天然ガスにつき、当該契約上の料金で支払うよう要求しなかった。79 B.R. at 632 (Grant Broadcasting, 71 B.R. at 897を引用)。
Therefore, the bankruptcy court concluded that the LVIS rate represented the actual and necessary cost to the estate for natural gas beginning on the date immediately prior to filing the bankruptcy petition.
従って、破産裁判所は、LVIS料金について、破産申立ての前日を起算日とする、財団財産に係る、天然ガスの実費および必要経費の支払いに相当するものと結論づけた。
The court directed National Fuel to remit any excess payment by Sharon if under the LVIS rate, Sharon would have been charged less than it was charged under the service agreement.
LVIS料金に基づいていれば、シャロン・スティールへの請求額は、当該サービス契約に基づいて請求された金額よりも少額だったと考えられることから、破産裁判所は全米燃料ガス供給会社に対し、シャロン・スティールの過払い金を減額するよう指示した。
Alternatively, if the amount due under the LVIS rate would have been greater than that charged under the agreement, National Fuel would be entitled to the difference.


別の見方をすれば、LVIS料金に基づいて支払われるべき金額が当該サービス契約に基づいて請求された金額よりも多かったとすれば、全米燃料ガス供給会社にはその差額を受ける権利があることになる。
Finally, the bankruptcy court held that Sharon must give National Fuel adequate assurance by paying in advance for all gas.
最終的に、破産裁判所は、シャロン・スティールが全米燃料ガス供給会社にガス料金を全額前払いすることによって適切な保証をしなくてはならないとの判断を下した。
Payments would be made under the stipulation approved on May 22, 1987, but computed at the LVIS rate.
1987年5月22日に承認された約定に基づき、LVIS料金で算定されて支払いが行われることになった。
The district court, in an order and memorandum opinion, affirmed the decision of the bankruptcy court.


地方裁判所は、命令および簡短な判決文において、破産裁判所の決定を維持した。
We have jurisdiction under 28 U.S.C. Sec. 158(d)(1982 & Supp. IV 1986).


当法廷は、28 U.S.C. Sec. 158(d)(1982 & Supp. IV 1986)に基づき、管轄権を有する。
II.

We employ the "clearly erroneous" standard in reviewing the district court's review of the bankruptcy court's factual findings.

II.

当法廷は、破産裁判所の事実認定について地方裁判所が行った審査を再審するにあたり、「明白な誤り」基準で行う。
Resyn Corp v. United States, 851 F.2d 660, 664 (3d Cir.1988).
Resyn Corp v. United States,851 F.2d 660, 664 (3d Cir.1988).
Our review of the choice, application and interpretation of legal precepts, however, is plenary.
しかしながら、法律上の命令の選択、適用、解釈について、当法廷は審理を十分に尽くす。
Id. (quoting Universal Minerals, Inc. v. C.A. Hughes & Co., 669 F.2d 98, 102 (3d Cir.1981)).
同上(Universal Minerals, Inc. v. C.A. Hughes & Co.,669 F.2d 98, 102 (3d Cir.1981)を引用)。
In Universal Minerals, we noted that we are in as good a position to review the bankruptcy court's decision as the district court, and thus we will review the opinion of the bankruptcy court in this case. 669 F.2d at 102.


Universal Minerals訴訟において、当法廷が地方裁判所と同様に破産裁判所の決定を審査するための適切な立場にあることを指摘し、よって、当法廷は、本件において破産裁判所の法廷意見を再審する。669 F.2d at 102.
A. Executory Contract


A. 未履行契約
National Fuel contests the bankruptcy court's characterization of the service agreement as an executory contract subject to the rejection or assumption provisions of 11 U.S.C. Sec. 365 (n3) because it is under a continuing obligation to provide service under order the PUC's order and consequently would not be excused from performance as a result of the rejection.
全米燃料ガス供給会社は、PUCの命令を受けてサービスを提供する継続的な義務を負っており、結果として、当該拒絶により履行を免除されるという理由から、11 U.S.C. Sec. 365 (注3) の拒絶または引受規定に従い、破産裁判所が当該サービス契約を未履行契約と見なした点について争う。
According to National Fuel, the PUC has ordered it to continue providing service despite Sharon's rejection of the service agreement.


全米燃料ガス供給会社によれば、シャロン・スティールが当該サービス契約を拒絶したにもかかわらず、PUCはサービスの提供を継続するよう全米燃料ガス供給会社に命令している。
Although the Bankruptcy Code contains no definition of an executory contract, courts have generally relied on the following definition: "[An executory contract is] a contract under which the obligation of both the bankrupt and the other party to the contract are so far unperformed that the failure of either to complete performance would constitute a material breach excusing performance of the other."
連邦倒産法では未履行契約について定義していないが、裁判所は通常、次の定義に依拠している。「[未履行契約とは]、破産者および他方当事者双方の義務が相当程度に履行されていないために、一方当事者による履行達成の不履行が重大な契約違反となり、他方当事者の履行義務を免れさせる契約である」
Countryman, Executory Contracts in Bankruptcy, Part 1, 57 Minn.L.Rev. 439, 460 (1973).
Countryman, Executory Contracts in Bankruptcy, Part 1, 57 Minn.L.Rev. 439, 460 (1973).
See, e.g., Lubrizol Enterprises, Inc. v. Richmond Metal Finishers, Inc., 756 F.2d 1043, 1045 (4th Cir.1985) (relying on Countryman's definition), cert. denied, 475 U.S. 1057, 106 S.Ct. 1285, 89 L.Ed.2d 592 (1986); see also N.L.R.B. v. Bildisco & Bildisco, 465 U.S. 513, 522 n. 6, 104 S.Ct. 1188, 1194 n. 6, 79 L.Ed.2d 482 (1984) (although Bankruptcy Code provides no definition of executory contract, legislative history of Sec. 365(a) defines the term to mean a contract on which performance remains due on both sides); In re KMMCO, Inc., 40 B.R. 976, 978 (E.D.Mich.1984) (executory contracts are those under which neither party has fully performed).n4


例えば、Lubrizol Enterprises, Inc. v. Richmond Metal Finishers, Inc., 756 F.2d 1043, 1045 (4th Cir.1985) (Countrymanの定義に依拠)、 裁量上訴不受理、475 U.S. 1057, 106 S.Ct. 1285, 89 L.Ed.2d 592 (1986)を参照。N.L.R.B. v. Bildisco & Bildisco, 465 U.S. 513, 522 n. 6, 104 S.Ct. 1188, 1194 n. 6, 79 L.Ed.2d 482 (1984)(連邦倒産法は未履行契約について定義していないが、Sec. 365(a)の立法経緯より、当事者双方に履行義務が残っている契約をいうと定義される)およびIn re KMMCO, Inc., 40 B.R. 976, 978 (E.D.Mich.1984)(未履行契約とはいずれの当事者も契約義務を完全には履行していない契約をいう)も参照。注4
We find that the service agreement falls within the definition of "executory contract." 本法廷は、当該供給契約は「未履行契約」の定義の範囲に入ると認定する。
The agreement is characterized by reciprocal obligations continuing into the future:
当該契約は将来に向けて存続する相互義務が特徴となっている。
National Fuel has promised to provide natural gas to Sharon, and Sharon has promised to purchase the gas at a certain price under the LIS rate schedule.
全米燃料はシャロンに天然ガスの供給を約束し、シャロンは LIS料金規定に従って一定価格でガスを購入すると約束した
These promises were obligatory under the contract until December, 1987.
これらの約定は契約上1987年12月まで履行義務があった。
Thus, at the time Sharon moved to reject the agreement, neither party had completed its obligation to the other under the service agreement and performance was due by both parties.


従って、シャロンが契約拒絶に移行した時点では当事者は双方とも供給契約に基づく相手への義務を完了していなかったので、その履行は双方の債務だった。
As an executory contract, National Fuel's service agreement with Sharon is subject to rejection under Sec. 365 and the bankruptcy court properly granted Sharon's motion to reject the agreement upon finding that the rejection would benefit the estate.
未履行契約である以上、全米燃料とシャロンの供給契約には第365条が定める拒絶権が適用されるし、シャロンによる供給契約の拒絶が財団財産に利益をもたらすと判断した破産裁判所がこの拒絶を認めたのは適切な判断だった。
See In re Wheeling-Pittsburgh Steel Corp., 72 B.R. 845, 846 (Bankr.W.D.Pa.1987) (quoting In re Stable Mews Assoc., Inc., 41 B.R. 594, 596 (Bankr.S.D.N.Y.1984)) (propriety of trustee's decision to reject contract measured under traditional "business judgment test," requiring only that trustee demonstrate that rejection will benefit estate).


In re Wheeling-Pittsburgh Steel Corp., 72 B.R. 845, 846 (Bankr.W.D.Pa.1987) (Stable Mews Assoc., Inc., 41 B.R. 594, 596 (Bankr.S.D.N.Y.1984))に引用) (該当管財人による拒絶が財団財産にプラスになることを実証するだけで済む従来の「事業判断の原則」の下に諮られた契約拒絶を決定する管財人の正当性)を参照。
National Fuel contends that rejection of the agreement is improper, however, in light of its continuing obligation to provide natural gas under the PUC's order, asserting that the "court's order effectively permits a partial rejection of the contract, because Sharon is relieved of its obligation to pay for the natural gas at the scheduled rate, but National Fuel must still deliver the gas."
しかしながら全米燃料は PUC の命令に従う天然ガス供給の義務続行という点から見ると、契約拒否は不公平であると主張する。全米燃料は「裁判所の決定は実質的に当該契約の部分的拒絶を許可している、なぜならシャロンは予定料率で天然ガス料金を支払う義務を解除されるのだが、全米燃料の方は天然ガスを供給し続けなければならないのだから」と断言する。
Appellant's brief at 14.
上訴人の訴訟事件適用書 at 14。
While we acknowledge the general principle that a debtor may not reject a contract but maintain its benefits, e.g., In re Heafitz, 85 B.R. 274, 283 (Bankr.S.D.N.Y.1988) (trustee may not "blow 'hot or cold' "; he must either reject contract in full or assume contract in full, which includes both benefits and burdens); cf. Bildisco & Bildisco, 465 U.S. at 531, 104 S.Ct. at 1199 (citing In re Italian Cook Oil Corp., 190 F.2d 994, 997 (3d Cir.1951) (debtor must assume contract cum onere )); In re Airlift Intern., Inc., 761 F.2d 1503, 1512 (11th Cir.1985) (if debtor receives benefits of contract, he must adopt its burdens), we find that National Fuel's continuing obligation to provide service as required by state public utility law is not relevant to our Sec. 365 analysis.
本法廷は、債務者が契約を拒絶していながらその利益を享受することは認められないとする一般原則を認める。例えば、In re Heafitz, 85 B.R. 274, 283 (Bankr.S.D.N.Y.1988)(管財人は「『気持ちをコロコロ変』えてはいけない;管財人は契約を全面的に拒絶するか全面的に引き受けるかどちらかにしなければならない、契約全体とは利益と負担の両方を含む;Bildisco & Bildisco, 465 U.S. at 531, 104 S.Ct. at 1199 (引用 In re Italian Cook Oil Corp., 190 F.2d 994, 997 (3d Cir.1951) (債務者は負担付契約を引き受けねばならない))を参照。In re Airlift Intern., Inc., 761 F.2d 1503, 1512 (11th Cir.1985) (債務者が契約から利益を受ける場合は、その負担も引き受けなければならない)、本法廷は、全米燃料が米国の公益事業法によって定めるところのガス供給の継続義務はここで行う第365 条の分析とは関連がないことを認定する。
Sharon's rejection of the service agreement under Sec. 365 merely relieves National Fuel and Sharon from their respective obligations under the contract.
シャロンの、第365条に基づく供給契約の拒絶は単に全米燃料とシャロンをそれぞれの契約上の義務から解放するにすぎない。
The fact that one party to the service agreement is a utility and therefore has its provision of service regulated by the PUC does not preclude rejection of the contract by the trustee under Sec. 365.
供給契約当事者の一方は公益事業である、従ってPUCが規制する公共事業を明文化した独自の条文をもつという事実は、第365条の下での管財人による契約拒絶を不可能にしない。
The language of the section is clear: the trustee may assume or reject any executory contract of the debtor. Indeed, we note that unlike collective bargaining agreements and certain real property leases, Congress did not legislate special treatment for utility contracts rejected under Sec. 365.
条項の文言は明快である:管財人は債務者の未履行契約を引き受けてもよいし拒絶してもよい。実際、団体労働協約や不動産の賃貸借契約とは違って、アメリカ連邦議会は第365条に基づいて拒絶される公益事業契約を特別扱いする法律を制定しなかったことを認定する。
See 11 U.S.C. Sec. 1113 (debtor may reject collective bargaining agreement only under certain conditions); 11 U.S.C. Sec. 365(h) (if trustee rejects unexpired lease of real property under which debtor is lessor, lessee has option to terminate or remain in possession).
11 U.S.C. Sec. 1113 (債務者は団体労働協約を一定の条件下においてのみ拒絶してもよい);11 U.S.C. Sec. 365(h)(管財人が、債務者が賃貸人であるところの不動産の有効期限が切れていない賃貸借契約を拒絶する場合、賃借人は望めば占有を終了することも継続することもできる)を参照。
Moreover, as National Fuel's counsel pointed out in the hearing before the bankruptcy court, National Fuel could petition the PUC to terminate service to Sharon, app. at 103a, and the disposition of this action has no effect on their right to do so.
さらに、全米燃料の法廷弁護士が破産審査裁判所を前にしての聴聞において指摘したように、全米燃料はPUCにシャロンへの供給を終了するよう申し立てることだってできるし、上訴審 at 103a、その訴訟の決着は当事者たちが実際に行う権利に全く影響を及ぼさない。
Therefore, we find that the service agreement between National Fuel and Sharon Steel is executory and subject to rejection by the trustee under Sec. 365.


それゆえ本法廷は、全米燃料とシャロンの間の供給契約は未履行であるから、第365条に基づく管財人からの拒絶を受けやすいと認定する。
National Fuel also points out that the parties entered into a stipulation of adequate assurance under which Sharon pledged to continue making weekly payments in advance for natural gas under the service agreement.
全米燃料はさらに両当事者は法的に十分な保証の契約の段階に入り、その条項の下でシャロンは供給契約中の天然ガス料金支払いを毎週先払いし続けると誓約したことを指摘する。
App. at 90a. National Fuel claimed before the bankruptcy court, and again on appeal, that the stipulation constitutes a post-petition contract or an assumption of the service agreement under Sec. 365.
上訴審 at 90a. 全米燃料は、破産裁判所を前にしてもまた抗告審判においても、その条項は第365条に基づく供給契約の申し立て後に定める契約または引受を構成すると主張した。

The bankruptcy court was not convinced:

We find no merit in NFG's argument that the adequate assurance stipulation provided by Sharon pursuant to Sec. 366 constituted a post-petition contract.

破産裁判所はこれに納得せず以下の通り判示した:
シャロンによって提供される法的に十分な保証条項が申し立て後に成立する契約を構成する第366条に準じているというNFGの弁論は、本法廷は法的根拠のないものと判断する。
The stipulation approved by this court provided only adequate assurance for payment of post-petition service under Sec. 366(b).


本法廷で承認された当該条項は、第366条(b)に基づく申し立て後の供給料金支払いの法的に十分な保証だけを規定する。
NFG further argues that the stipulation constituted an assumption of the Service Agreement. 全米燃料ガス供給会社は、さらに、訴訟上の合意には供給契約の引き受けが含まれると、主張する。
This court has not been presented with a motion to assume the contract under 11 U.S.C. Sec. 365(a) nor has there been notice thereof to creditors, nor a hearing held thereon, nor has a plan of reorganization been approved.
当法廷は、11 U.S.C. 365条(a)項に基づく契約を引き受けたいという申し立てを受けておらず、債権者にその旨通知したこともなく、その件について審理を行ったこともなく、会社更生計画を承認したこともない。
Accordingly, we dismiss this contention as without merit.
よって、当法廷は、この主張を、法的根拠がないものとして却下する。
We also decline to hold that an implied or de facto assumption occurred with court approval.
当法廷は、黙示のあるいは事実上の承認を、裁判所の承認という形で判示し与えることを、拒絶する。
The facts and equities in this case do not support such a finding.


本件の事実とエクイティでは、かかる認定を支持することはできない。
79 B.R. at 629. We will affirm these findings on appeal.B. Date of Rejection


79 B.R. at 629. 当法廷は、上訴Bにおけるかかる認定を、拒絶の日をもって、確認する。
We will also affirm the bankruptcy court's finding under Sec. 365(g)(1) that Sharon's rejection of the service agreement constitutes a breach of the agreement immediately before the date of the filing of the bankruptcy petition.
当法廷はまた、365条(g)項(1)号における破産裁判所の認定を、シャロン・スティール社が破産申し立て申請の日の直前にサービス契約を拒絶するのは契約違反であると確認する。
National Fuel objects to "retroactive" rejection of the agreement under Sec. 365(g), claiming that the section does not apply because the service agreement is executory, if at all, only with respect to that part of the contract on which the parties' performance remained due as of the date of the bankruptcy court's order permitting rejection.
全米燃料ガス供給会社は、365条(g)項における合意の「遡及的」拒絶に異議を唱える。同365条は、本サービス契約が、いやしくも、拒絶を認める破産裁判所の命令が出た日をもって両当事者に履行義務があるとする契約部分に関してのみについてでも未履行であるから、適用されないと、同社は主張するのである。
According to National Fuel, that portion of a long-term service contract that had already been performed post-petition should not be subject to rejection under Sec. 365.


全米燃料ガス供給会社によれば、すでに履行された長期サービス契約のその部分について言えば、以下の申し立ては365条に基づく拒絶の対象とされるべきではないという。
We find no merit in this claim.
当法廷は、この請求に、法的根拠がないと判断する。
As we have noted, the legislative history of Sec. 365 provides that an executory contract "generally includes those contracts on which performance remains due to some extent on both sides."
当法廷が示したように、365条の立法経過によれば、未履行契約は「一般に、両当事者にとってある程度まで履行義務のあるかかる契約を含む」と定められている。
See supra note 4.
前述の注4を参照。
Under this definition, the entire contract is executory and subject to the unequivocal language of Sec. 365(g) stating that "the rejection of an executory contract or lease constitutes a breach of such contract or lease ... immediately before the date of the filing of the petition...."
この定義の下では、契約全体が、未履行であり、「申し立て申請日の直前の未履行契約あるいは賃貸契約の拒絶は、かかる契約あるいは賃貸契約に対する違反である」と定める365条(g)項の疑問の余地のない明瞭な言葉づかいで定まる法に規制される。
11 U.S.C. Sec. 365.
11 U.S.C. 365条
There is no suggestion that Congress intended courts to bifurcate contracts into their performed and unperformed portions, and that only the latter should be considered "executory."


立法議会が司法機関に対し、契約を履行済みの部分と未履行の部分の二段階に分けて、後者のみを「未履行」であるとみなすべきであるとの意図を、提示したことはない。
C. Administrative Expense


C. 管理費用
Section 503(b) of the Bankruptcy Code allows the payment of administrative expenses, including "the actual, necessary costs and expenses of preserving the estate...."
破産法の503条(b)項は、「財団財産保持のための実費かつ必要経費」を含む管理費用の支払いを認めている。
11 U.S.C. Sec. 503(b).
11 U.S.C. 503条(b)項
Section 507(a) grants administrative expenses under Sec. 503(b) the highest priority in distribution, and thus administrative expenses will be paid first from the proceeds of the estate.
507条(a)項は、503条(b)項に基づき、管理費用を破産後の分配の最優先事項にすることを認めている。こうして、管理費用は、財団財産売却益からまず最初に支払われる。
Because we have decided that Sharon may reject the service agreement, and that the rejection relates back to the date that Sharon filed bankruptcy, we must determine under what rate schedule to value Sharon's payment for gas service as an actual and necessary cost and expense of preserving the estate under Sec. 503(b).


当法廷は、シャロン・スティール社にサービス契約を拒絶する権利を認め、その拒絶はシャロン・スティール社が破産申請をした日にまでさかのぼると判示したのであるから、当法廷は、シャロン・スティール社が503条(b)項に基づき、財団財産保持のための実費かつ必要経費としてガス供給サービスに対して支払う値を定めるために、料金スケジュールで支払いを行うか、裁決しなければならない。
Prior to this determination, however, we must first address National Fuel's contention that state utility law preempts the bankruptcy court from setting the utility rate under Sec. 503(b).
しかし、この裁決を出す前に、当法廷はまず、全米燃料ガス供給会社の、州公共料金法が破産裁判所の決定を503条(b)項に基づく公共料金の設定よりも優先させているとの主張を検討する。
Relying on this court's decision in Begley v. Philadelphia Elec. Co., 760 F.2d 46 (3d Cir.1985), National Fuel argues that Sharon's eligibility for service under the LVIS rate schedule should be determined by the PUC.
Begley v. Philadelphia Elec. Co. F.2d 46 (3d Cir.1985)事件における当裁判所の判決に依拠し、全米燃料ガス供給会社は、多数の産業使用者料金スケジュールに基づき、シャロン・スティール社がサービスを受ける適格性は、公益事業理事会により決定されるべきであると、主張する。
In Begley, we held that 11 U.S.C. Sec. 366(b), requiring the debtor to furnish adequate assurance of payment for post-petition utility service, did not preempt the PUC from commencing termination proceedings against a Chapter 7 debtor who had given a utility adequate assurance of payment, but who had incurred post-petition debts.
Begley事件では、当裁判所は、11 U.S.C.366条(b)項が債務者に対し申し立て後の公共サービス料金の支払いをするという保証を与えるように要求していることから、公益事業理事会に、公益企業にすでに十分な支払い保証を与えた清算に関する改正連邦倒産法第7章の債務者に対して、契約終了手続きを開始しないように、判示した。
We held that

[s]ection 366(b) in the present context has no provision limiting a utility's freedom to act based upon post-petition arrearages.

当法廷は、366条(b)項が、現在の文脈では、以下申し立ての未払い料金に基づき行動する公益会社の自由を制限する規定は全くないと、判示する。
Moreover, because we have earlier held that once a Chapter 7 debtor permits post-petition debts to become delinquent the utility may commence termination proceedings, the bankruptcy court's jurisdiction over the issue of adequate assurance under section 366(b) to avoid termination proceedings, is by that time no longer relevant.
さらに、当裁判所が以前に、清算に関する改正連邦倒産法第7章の債務者が一度以下申し立ての債務を不履行にすることを認めたら、公益企業は契約終了手続きを開始してもかまわないと判示したのだから、366条(b)項に基づき契約終了手続きを回避する十分な補償を与えた件に関する破産裁判所の権限は、その時点ではもはや法律上関連性がない。
Once the termination remedy has been sought by the utility in a post-petition context, the "adequate assurance" provision of Sec. 366 no longer has vitality.


一度、公益企業が、以下申し立ての文脈により契約を終了する救済を求めれば、366条の「十分な保証」条項は、もはや存続力がない。
Id. at 50 (emphasis in original). 同上 at 50 (原本強調)
Although we held that the PUC could assert jurisdiction, and that it was not preempted by federal bankruptcy law, we limited the holding:
本法廷は公共施設団体(PUC)が 裁判権を主張する権利を認め、連邦倒産法によってその主張権が未然に阻止されることを認めないが、その影響力を限定する。
"We stress at the outset that these questions are presented here in the narrow context of a Chapter 7 liquidation, in which the bankruptcy court has no jurisdiction over post-petition wages or debts of the debtor."
「当申し立ては、破産裁判所が陳情終了後の料金および債務者の債務に関する裁判権を有しないとする連邦倒産法第7章、弁済処理の文脈を狭義に捉え問題視したことを発端としていることを、本法廷は強調する」
Id. at 49.
同上 at 49
In addition, we were careful to distinguish Begley from a case in which the PUC dismissed a complaint seeking an amortized payment schedule by a debtor because, in a Chapter 13 reorganization, the bankruptcy court retains jurisdiction over both pre-petition and post-petition income and obligations.
さらに連邦倒産法第13章、再編成の項によると破産裁判所が申立前、申立後の収入と義務に関する裁判権を有していることから、本法廷は公共施設団体(PUC)が債務者による分割返済案の申し立てを却下した経緯のある本件から、Begley裁判を慎重に区別する。
Id. at 50 (citing Anyanwu v. Philadelphia Elec. Co., 55 Pa.P.U.C. 221, 222 (Pa.Pub.Util.Comm.1981)).
同上 at 50 (Anyanwu v. Philadelphia Elec. Co., 55 Pa.P.U.C. 221, 222 (Pa.Pub.Util.Comm.1981) 引用)
Similarly, in this case commenced under Chapter 11, the bankruptcy court retains jurisdiction post-petition.
同様に、連邦倒産法第11章を発端とする本件では、破産裁判所が陳情後の裁判権を保有する。
Therefore, we decline to read Begley as holding that the PUC must determine the ratemaking issues presented by this case.
よって、本法廷は Begley 裁判記録により公共施設団体(PUC)が料金決定をしなければならないとする主張を退け、当裁判記録を証拠書類として使用することを却下する。
Nevertheless, we find that the bankruptcy court properly looked to the PUC tariffs for guidance in determining the rate to be paid by the estate.


しかしながら、財団財産によって支払われる料金が妥当であるかどうか決定する指針として、本法廷は破産裁判所が公共施設団体(PUC)の料金を適切に使用したと認めた。
Next, we address National Fuel's contention that the actual and necessary cost and expense of preserving the estate under Sec. 503(b) is presumptively the rate under the service agreement (the LIS rate).
次に、本法廷は全米燃料ガス供給会社の争点である、実際に必要な原価と Sec. 503(b) に基づいて財団財産を保持するための支出は、役務契約(LIS 料金率)より仮定した料金であるとする。
See In re Thatcher Glass Corp., 59 B.R. 797, 799 (Bankr.D.Conn.1986) (contract rate presumed to be reasonable to measure value of post-petition goods); In re Ram Mfg., Inc., 38 B.R. 252, 254 (Bankr.E.D.Pa.1984).
In re Thatcher Glass Corp., 59 B.R. 797, 799 (Bankr.D.Conn.1986)(陳情後の対価価値の推移推定に基づく妥当な契約料金率)および In re Ram Mfg., Inc., 38 B.R. 252, 254 (Bankr.E.D.Pa.1984) 参照
In In re Thatcher Glass, the debtor corporation received gas service from People's Gas System, Inc. (PGS) under a contract rate discounted because of minimum purchase requirements and thus lower than the rate charged to other non-contract industrial users.
n re Thatcher Glass の判例では、債務会社は People's Gas System, Inc(PGS)と最低購入額限度のある契約を結んでおり、このような契約を結んでいない他工業会社より割安なガス料金を支払っていた。
When the debtor rejected the contract with PGS, it argued that the lower rate should still apply because the reasonable value of the natural gas provided by PGS was the value agreed to in the contract. Id.
責務会社が PGS との契約を拒絶した時点で、当責務会社は天然ガスの価値は契約書内にある対価価値が妥当として、その割引きした対価を保持するよう主張した。(同上)
The court did not find conclusive the presumption that the contract rate should control because allowing payment at the lower rate would permit the debtor to reject the contract but maintain its benefits.
本法廷はこの契約料金を規制する主張を妥当ではないとした。債権会社が割引料金で支払う権利を与えることは、債権会社が同契約書を破棄した後もその利益を受け続ける権利を認めることになるためである。
Id. at 800 (citing In re Italian Cook Oil Corp., 190 F.2d 994, 996-97 (3d Cir.1951) (trustee may not reject executory contracts and continue to receive benefit of contractual rate)).
同上 at 800 (In re Italian Cook Oil Corp., 190 F.2d 994, 996-97 (3d Cir.1951) 引用(管財人は未履行契約を破棄し、その契約料金による利益を受け続けることはできない。)
The court also noted that because natural gas is not a commodity available on the open market, "traditional means of determining its value are not available."
また、天然ガスは一般市場で売買品として入手可能な品目ではないため、当法廷は「従来の判断基準をして価値を判断できない」とした。
Id. at 800.
同上 at 800
The court determined that the applicable rate should be what any other customer would have to pay under the same circumstances. Id.


法廷は適用できる料金率は、同じ状況のもとで他社が支払っている料金を正当な料金率とするべきであるとした。(同上)
In this case, National Fuel's other non-contract industrial customers would have paid the LVIS rate for natural gas during the relevant period.
この場合、争点となっている期間の天然ガス料金に、全米燃料ガス供給会社と契約を結ばない他の工業会社が支払っている LVIS 料金が適用される。
In the absence of the service agreement, the bankruptcy court found that Sharon would be eligible for service under the LVIS rate because the LVIS rate is the only tariff applicable to National Fuel's other large industrial customers.
契約書がない状態で、破産裁判所はシャロン・スティールは LVIS 料金を支払うことでガスの供給を受けることができるとした。LVIS 料金が全米燃料ガス供給会社が他の大規模な工業会社に提供している唯一の料金率であったためである。
The bankruptcy court therefore held that payment for natural gas delivered during the course of its bankruptcy proceedings may be valued at the LVIS rate.


よって、破産裁判所は当社の破産手続き期間中に受け取った天然ガスの料金は LVIS 料金によって計算し保持するとした。
National Fuel claims that the record does not support a finding that the LVIS rate represents the reasonable value of National Fuel's gas service to Sharon during the course of Sharon's bankruptcy proceedings.
全米燃料ガス供給会社は、この記録をしてシャロン・スティールの破産手続き期間中に当社が受け取ったサービスの対価としてLVIS 料金を使用する結論は妥当ではないと主張している。
In his affidavit, Howard Rose, Manager of Valuation at National Fuel, stated that Sharon's payment for fuel at the LVIS rate would result in "savings" to Sharon that would have to be recovered from National Fuel's other customers who are not involved in these proceedings.
全米燃料ガス供給会社の査定管理部長、ハワード・ローズは供述書の中で、シャロン・スティールの燃料支払いに LVIS 料金を適用するとシャロン・スティールは結果的に「利潤」を受けることとなり、破産手続きに関係のない全米燃料ガス供給会社の他の顧客がこの損失を補うことになると述べた。
App. at 130a.
App. at 130a.
This would occur because those customers charged at the LVIS rate obtain their own gas supplies, resulting in lesser "demand purchased gas costs," while Sharon uses National Fuel's gas supplies and thus incurs greater demand costs. (n5)
これは、LVIS 料金の適用顧客はガス供給に必要な消耗品を各社で確保することで「低要求ガス価格」料率となっている一方で、シャロン・スティールは全米燃料ガス供給会社が提供する必要消耗品を利用しており、高要求ガス価格料率適用を要するためである。(注5)
Rose stated that Sharon was charged under the higher LIS rate to allow National Fuel to recover Sharon's higher demand purchased gas costs.
シャロン・スティールの高要求ガス価格を補うため、全米燃料ガス供給会社は割高の LIS 料金率を使用する必要があるとローズは述べた。
According to Rose, if Sharon were now allowed to switch to the LVIS rate schedule, National Fuel would file with the PUC to adjust rates to protect its other customers.


ローズの供述によれば、本法廷によってシャロン・スティールの LVIS 料金率適用が認められれば、全米燃料ガス供給会社は他の顧客を保護するため、公共施設団体に調整した料金率を提出するとした。
Rose's affidavit raises issues that the PUC may wish to consider in any petition brought by National Fuel to adjust Sharon's rate. ローズの宣誓供述書は、全米燃料がシャロン・スティールの料金を調整するために提出するいかなる申し立てにおいても公益事業委員会が考慮することを希望するであろう争点を提起している。
Nevertheless, we find that the bankruptcy court did not err when it relied on the LVIS rate to value National Fuel's utility service to Sharon.
それにも関わらず、当裁判所は、破産裁判所が全米燃料のシャロン・スティールに対する公益サービスを評価するに当たり、LVIS料金に依拠したことは、誤りではなかったと認定する。
During the relevant period, there were only two rate schedules--the LIS and LVIS rate schedules.
本件に関連する期間中に、料金表は2つしか存在しなかった -- LIS料金表とLVIS料金表である。
In the absence of contrary evidence, the bankruptcy court properly found that Sharon would have been charged at the LVIS rate had the service agreement expired by its own terms in December 1987.
反証が不在の状況下で、破産裁判所は、サービス協約が1987年12月にそれ自体の満期を迎えていれば、シャロン・スティールはLVIS料金表に基づいて課金されていただろうと適切に認定した。
Therefore, we find that the bankruptcy court's reliance on the only alternative filed rate, i.e. the LVIS rate, to value natural gas service to Sharon under Sec. 503(b) was not clearly erroneous.
従って、当裁判所は、破産裁判所が、第503条(b)項の下でシャロン・スティールへの天然ガス・サービスの価格を評価するために、申請されている唯一の代替的料金、すなわちLVIS料金に依拠したことは、明白な誤りではなかったと認定する。
See Hassine v. Jeffes, 846 F.2d 169, 174 (3d Cir.1988) (quoting Anderson v. City of Bessemer City, 470 U.S. 564, 574, 105 S.Ct. 1504, 1511, 84 L.Ed.2d 518 (1985) (appellate court should not disturb district court findings if district court's account of evidence is plausible in light of record viewed in entirety); American Home Products Corp. v. Barr Laboratories, Inc., 834 F.2d 368, 370-71 (3d Cir.1987). (n6)
Hassine v. Jeffes, 846 F.2d 169, 174 (3d Cir.1988) 参照。(Anderson v. City of Bessemer City, 470 U.S. 564, 574, 105 S.Ct. 1504, 1511, 84 L.Ed.2d 518 (1985)(上訴裁判所は、証拠に関する地方裁判所の説明が、全体的に観察された記録に照らして説得力のある場合、地方裁判所の認定を妨げるべきではない)を引用)); American Home Products Corp. v. Barr Laboratories, Inc., 834 F.2d 368, 370-71 (3d Cir.1987). (注6)
We will affirm the court's finding that the value of natural gas provided to Sharon post-petition should be computed under the LVIS rate.


当裁判所は、申立後のシャロン・スティールへの天然ガス供給価格はLVIS料金表に従って計算されるべきであるとする上訴裁判所の認定を追認する。
Finally, we believe that Sharon's payment for natural gas should be computed under the LVIS rate schedule from the time of the filing of the bankruptcy petition in this case.
最後に、当裁判所は、シャロン・スティールの天然ガス料金支払額は、本裁判における破産申立申請の時点から、LVIS料金表に従って計算されるべきであると考える。
Under Sec. 365, the trustee is given the discretion to reject an executory contract or unexpired lease of the debtor at any time before the confirmation of a plan.
第365条によれば、管財人には、債務者の未履行契約または未満期の賃貸借契約を、計画が確定する前のいかなる時点においても拒絶する決定権が与えられている。
11 U.S.C. Sec. 365(d)(2).
11 U.S.C. Sec. 365(d)(2).
To hold the debtor to the contract rate for that portion of a rejected contract that has already been performed would compel the trustee in bankruptcy to reject executory contracts deemed detrimental to the estate immediately after the filing of the bankruptcy petition in order not to be held to the deleterious contract rate.
債務者を、拒絶された契約の既に履行済みの部分に対する契約料金に拘束するなら、破産管財人は、有害な契約料金に拘束されないよう破産申立の直後に、財団財産にとって不利益と考えられる未履行契約を拒絶することを余儀なくされるだろう。
Such an outcome would diminish the "breathing space" afforded the debtor to consider whether to reject or assume executory contracts under the Code.
そのような結果は、連邦倒産法の下で債務者に認められている、未履行契約を拒絶するか受諾するかを検討するための「熟考の時間」を削減するだろう。
In re Grant Broadcasting of Philadelphia, Inc., 71 B.R. 891, 898 (Bankr.E.D.Pa.1987).


Grant Broadcasting of Philadelphia, Inc. 事件 71 B.R. 891, 898 (Bankr.E.D.Pa.1987)
III.


III
For these reasons, we will affirm the district court on all issues.


以上の理由で、当裁判所は、全ての争点について地方裁判所の認定を追認する。
Costs taxed against appellant.


費用は上訴人が負担するものとする。
n1
Sharon had failed to pay its monthly bill on time. Appellant's brief at 6


注1
シャロン・スティールは月毎の支払を期日までに完了していなかった。6における上訴人の弁論趣意書
n2
The bankruptcy court found no merit in National Fuel's argument that the adequate assurance stipulation constituted either a post-petition contract or an assumption of the Service Agreement. 79 B.R. at 629


注2
破産裁判所は、適正な保証条項が申立後の契約または役務契約の引き受けのいずれかを構成したという全米燃料の弁論に、いかなる実体も認めなかった。79 B.R. at 629
n3
Section 365 of the Bankruptcy Code provides in part:

Sec. 365. Executory contracts and unexpired leases

(a) Except as provided in 765 and 766 of this title and in subsections (b), (c), and (d) of this section, the trustee, subject to the court's approval, may assume or reject any executory contract or unexpired lease of the debtor.


注3
破産法第365条は、一部において、以下のように規定する:

第365条 未履行契約及び未満期賃貸契約

(a) 本表題の765及び766、及び本条(b)項、(c)項、(d)項に規定される場合を除き、管財人は、裁判所の追認を受ければ、債務者のいかなる未履行契約または未満期の賃貸借契約をも拒否または受諾することができる。
* * *

(g) Except as provided in subsections (h)(2) and (j)(2) of this section, the rejection of an executory contract or unexpired lease of the debtor constitutes a breach of such contract or lease--

(1) if such contract or lease has not been assumed under this section or under a plan confirmed under chapter 9, 11, or 13 of this title, immediately before the date of the filing of the petition; ...

11 U.S.C. Sec. 365 (1982).


* * *

(g) 本条(h)(2)項及び(j)(2)項に規定される場合を除き、債務者の未履行契約または未満期の賃貸借契約を拒絶することは、そのような契約または賃貸借契約の違反を構成する --

(1) もしそのような契約または賃貸借契約が、本条、または本表題の9章、11章、または13章の下で追認された計画に従って、申立申請日の直前に受諾されたのでなければ; …

U.S.C. Sec. 365 (1982).
n4
The legislative history of Sec. 365 provides a definition of executory contract:

Subsection (a) of this section authorizes the trustee, subject to the court's approval, to assume or reject an executory contract or unexpired lease.

注4
365条の立法経緯が、未履行契約の定義を示している:

本条(a)項は、裁判所の追認があれば、管財人に対し、未履行契約または未満期の賃貸借契約を受諾または拒絶することを認める。
Though there is no precise definition of what contracts are executory, it generally includes contracts on which performance remains due to some extent on both sides.


いかなる契約が未履行契約であるかについての詳細な定義は存在しないが、未履行契約は一般に、履行時期が両当事者においてある程度まで先にあるような契約を含む。
H.R.Rep. No. 95-595, 95th Cong., 1st Sess. 347 (1977); S.Rep. No. 95-989, 95th Cong., 2d Sess. 58 (1978), reprinted in 1978 U.S.Code Cong. & Admin. News 5787, 5844, 6303.


H.R.Rep. No.95-595、第95回議会、第1セッション 347(1977);S. Rep. No.95-989、第95回議会、第2セッション 58(1978)、1978年US Code Cong. & Admin. News 5787号、5844号、6303号に再掲載。
n5
Demand purchased gas costs represent the cost to National Fuel to have gas supplies available for customers regardless of the actual amount purchased. App. at 129a


注5
需要に基づいて購入されたガスの費用は、実際の購入量に関わりなく顧客がガスを利用できるようにするために全米燃料が負担する費用を示す。App. at 129a
n6
We recognize that this finding might be characterized as an "ultimate fact," or a "legal concept with a factual component," see Universal Minerals, Inc., 669 F.2d at 103, and, if so, would receive plenary review, id.

注6
当裁判所は、この認定が「究極の事実」または「事実の要素を持つ法的概念」の性格を持つものと認め、Universal Minerals, Inc., 669 F.2d at 103 を参照し、もしそうであれば、その参照箇所にある十分な審査を受けるだろう。
Even under this standard, we would still affirm the bankruptcy court based on our own review of the record

この条件の下でさえも、当裁判所は、当裁判所自身による記録の審査に基づいて、破産裁判所を追認したいと考える。
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:mochi、yoshimi、semi、まとこ、Sonya、e-cuckoo)訳

Amelia Network Co.,Ltd.