判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
養子精神疾患裁判
ロウ対ユダヤ人児童福祉局
Roe v. Jewish Children's Bureau
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2010/02/17 11:12)
原文 日本語訳
1-00-0246 & 1-00-3034 Cons.

SIXTH DIVISION
MAY 16, 2003

JOHN ROE, MARY ROE, and JANE ROE,
a minor, by her mother and next friend,
MARY ROE
Plaintiffs-Appellants,

v.

JEWISH CHILDREN'S BUREAU OF
CHICAGO,

Defendant-Appellee.


控訴事件番号1-00-0246および1-00-3034の併合訴訟

イリノイ州控訴裁判所第6部門
2003年5月16日

原告ら-控訴人:
ジョン・ロウ、メアリー・ロウ、ジェーン・ロウ(未成年者のため母親であるメアリー・ロウを訴訟後見人とする)



被告?被控訴人:
シカゴ・ユダヤ人児童福祉協会
Appeal from the
Circuit Court of
Cook County.

No. 93 L 1544


Honorable
Richard E. Neville and
James F. Henry
Judge Presiding




クック郡巡回裁判所からの控訴
第一審事件番号 93 L 1544
リチャード・E・ネヴィル判事およびジェームス・F・ヘンリー判事(裁判長)
JUSTICE TULLY delivered the opinion of the court:


タリー裁判官による法廷意見通達:
These consolidated appeals arise out of plaintiffs', John and Mary Roe's, suit against defendant Jewish Children's Bureau of Chicago, seeking damages incurred as the result of their adoption of their son, Larry, through defendant.
併合訴訟である本件控訴は、原告ジョン・ロウおよびメアリー・ロウ両者が、被告シカゴ・ユダヤ人児童福祉協会を相手に、被告を通して行った息子ラリーの養子縁組の結果被った損害賠償を求めて控訴したものである。
Plaintiffs alleged that defendant made false statements regarding the mental health of Larry's biological mother and that Larry later developed a mental illness.
原告らは、被告はラリーの実母の精神衛生に関して虚偽の供述を行い、その後ラリーは精神疾患を発症したと訴えた。
Plaintiffs filed a complaint against defendant sounding in fraud, negligence, and breach of contract. Plaintiffs' complaint also included a count sounding in negligence brought on behalf of their daughter, Jane, whom they adopted through defendant after adopting Larry.
原告らは、被告の詐欺、過失、契約違反に関する訴状を提出した。原告らの訴状には、ラリーの養子縁組ののちに原告らが被告を通じて養子縁組した娘ジェーンに提起された過失に関する訴因も含まれている。
Defendant moved to dismiss plaintiffs' complaint, and the trial court dismissed the breach of contract count.
被告は原告らの訴えの棄却を申し立て、第一審は契約違反についての訴因を棄却した。
Defendant subsequently moved for summary judgment on the remaining counts, and the trial court granted defendant's motion.
次に被告は、残りの訴因についてサマリージャッジメントを申し立て、第一審は被告の申立てを許諾した。
In no. 1-00-0246, plaintiffs timely appeal contending: (1)the trial court erred when it held that they had not adequately pled a cause of action for breach of contract; (2) the trial court erred by limiting discovery and striking plaintiffs' affidavits; (3) the trial court erred in holding that their claims were barred by the statute of limitations; (4)the trial court erred in holding that they could not sustain a cause of action for fraud; and (5) the trial court erred in holding that they could not sustain a cause of action for negligence.
控訴事件番号1-00-0246において原告らが適時に控訴した内容は以下のとおりである。(1)原告らが契約違反に対する訴因を適切に主張しなかったと判示した第一審は誤審を犯した。(2)開示を制限し、原告らの宣誓供述書を排除した第一審は誤審を犯した。(3)原告らの請求は出訴期限法によって効力を生じないと判示した第一審は誤審を犯した。(4)原告らは詐欺の訴因を根拠づけることができないと判示した第一審は誤審を犯した。(5)原告らは過失の訴因を根拠づけることができないと判示した第一審は誤審を犯した。
We affirm in part, reverse in part, and remand the matter for further proceedings.


本法廷は、一部維持、一部破棄とし、更なる法律手続のために、本事案を差し戻す。
While appeal no. 1-00-0246, was pending, plaintiffs moved in the trial court to supplement the record on appeal pursuant to Supreme Court Rule 329 (134 Ill. 2d R. 329).
控訴事件1-00-0246の係属中に、原告は、Supreme Court Rule 329 (最高裁判所規則第329号 - 134 Ill. 2d R.329)に準じて、第一審において上訴用記録の補完を申し立てた。
The trial court denied plaintiffs' motion.
第一審は、原告の申立てを拒絶した。
In no. 1-00-3034, plaintiffs appeal contending the trial court erred when it denied their motion to supplement the record.
控訴事件番号1-00-3034おいて、原告らは、記録補完の申立てを拒絶した第一審の誤審を主張して控訴した。
We dismiss this appeal.


本法廷はこの控訴を棄却する。
BACKGROUND


背景
The facts, as set forth in the allegations of plaintiffs' complaint are relatively straightforward.
原告らの主張をまとめた訴状を見る限り、状況は比較的単純である。
In March 1971, plaintiffs approached defendant regarding the possibility of adopting a child.
1971年3月、養子を迎えることを検討していた原告らは被告に接触した。
Plaintiffs told defendant that they would only accept for adoption a child whose parents were normal mentally, intellectually, and emotionally, and who had no history of psychiatric problems.
原告らは被告に対し、養子として受け入れる条件として精神的、知的、感情的に正常で、精神病の病歴を持たない両親のもとに生まれた子どもに限ると伝えた。
On November 7, 1973, Larry Roe was born to Jane Doe and John Doe.
1973年11月7日、ラリー・ロウはジェーン・ドウとジョン・ドウの子供として誕生した。
Defendant told plaintiffs that Jane Doe had no health problems.
被告は、原告に対しジェーン・ドウには何ら健康上の問題はないと告げた。
In fact, this statement was false and Jane Doe had a history of emotional problems including psychiatric hospitalization.
実際はこれが虚偽の供述であり、ジェーン・ドウには情緒障害の経歴があり、精神科の病院に入院したこともあった。
Defendant placed Larry with plaintiffs in February 1974, and they adopted him on January 17, 1975.
1974年2月、被告はラリーを原告らのもとにおき、原告らは1975年1月17日にラリーを養子に迎えた。
In May 1975, defendant placed a second child, Jane Roe, with plaintiffs.
1975年5月、被告は第二子であるジェーン・ロウを原告らのもとにおいた。
Plaintiffs adopted Jane on April 1976.
1976年4月、原告らはジェーンを養子に迎えた。
After they adopted Jane, plaintiffs were advised by medical professionals that Larry was suffering from a psychiatric disorder with features of autism and schizophrenia.


ジェーンを養子に迎えたのち、原告らは医療専門家からラリーには精神疾患があり、自閉症と統合失調症の兆候が見られるとの忠告を受けた。
In February 1991, plaintiffs were contacted by John Doe who identified himself as Larry's biological father.
1991年2月、原告らはラリーの実父であるジョン・ドウと名乗る人物から連絡を受けた。
John Doe informed plaintiffs of the circumstances surrounding Jane Doe's mental health history at the time of the adoption of Larry.
ジョン・ドウは、原告らにラリーを養子に出した時期のジェーン・ドウの精神衛生の来歴を巡る状況を伝えた。
Plaintiffs alleged that they did not discover that the statements made by defendant regarding Jane Doe's mental health history were false prior to being contacted by John Doe.


原告らは、ジョン・ドウからの連絡を受けて初めて、被告から聞かされていたジェーン・ドウの精神衛生の経歴が虚偽の供述であったことに気がついたと主張した。
On February 8, 1993, plaintiffs filed a complaint against defendant.
1993年2月8日、原告らは被告に対する訴状を提出した。
Counts I and II of the complaint alleged fraud on behalf of plaintiffs.
訴状の第1および第2の訴因は、原告らに対する詐欺を主張するものである。
Count III alleged negligence on behalf of plaintiffs.
第3の訴因は、原告らに対する過失を主張している。
Count IV alleged negligence on behalf of Jane Roe.
第4の訴因は、ジェーン・ロウに対する過失を主張している。
Count V alleged breach of contract on behalf of plaintiffs.
第5の訴因は、原告らに対する契約違反を主張している。
The relevant allegations of plaintiffs' complaint are set forth as necessary in the discussion section of this order.


原告らの訴状に関連する主張は、必要に応じて本法廷意見の議論の部で説明する。
On December 8, 1993, defendant filed a motion to dismiss plaintiffs' complaint.
1993年12月8日、被告は原告らによる訴状の棄却申立てを提出した。
The trial court subsequently denied defendant's motion as to counts I through IV of the complaint.
その後、第一審は訴状の第1から第4までの訴因に対する被告の申立てを拒絶した。
However, the trial court granted defendant's motion with regard to count V, the breach of contract claim.
しかし、第一審契約違反を訴える弟5の訴因については、被告の申立てを許可した。
Plaintiffs did not seek leave to amend their complaint.



原告らは、自らの訴状を修正する許可を求めようとはしなかった。
The matter remained pending for approximately five years while the parties conducted discovery.
本件は、当事者による開示手続きが行われたおよそ5年間にわたり、係属中の状態が続いた。
On January 22, 1999, defendant filed a motion for summary judgment.
1999年1月22日、被告はサマリージャッジメントの申立てを提出した。
Defendant argued, inter alia, that plaintiffs failed to file their complaint within the applicable statue of limitations, and that plaintiffs could not establish that the alleged fraud or negligence caused their injury because at the time Larry was adopted there was no known causal connection between the mental condition of Jane Doe and Larry's subsequent mental impairment.
被告はとりわけ、原告らの訴えは適用される出訴期限を過ぎているということ、ジェーン・ドウの精神状態とその後のラリーの精神的欠陥の因果関係についてラリーの養子縁組の段階では何も知り得なかったことから詐欺または過失により原告らが損害を被ったという主張は成立しないということを争点とした。
Defendant supported its motion for summary judgment with the affidavits of several experts regarding the inheritability of mental illness and the state of knowledge regarding the inheritability of mental illness in 1974.


被告はサマリージャッジメントの申立ての裏付けとして、精神疾患の遺伝性に関する複数の専門家による宣誓供述書および1974年時点の精神疾患の遺伝性についての知識の普及度を提示した。
Plaintiffs filed a response to defendant's motion for summary judgment and filed various affidavits in support of their response including affidavits from each plaintiff. Defendant subsequently moved to strike plaintiffs' affidavits.
原告らは、被告によるサマリージャッジメントの申立てに対して反論書を提出し、反論書を補完するために原告1人ひとりによる宣誓供述書を含む多岐にわたる宣誓供述書を提出した。その後、被告は原告らによる宣誓供述書の排除を申し立てた。
Plaintiffs filed a response to defendant's motion to strike and attached additional affidavits to their response.
原告らは、被告の抹消権に対して反論書を提出し、反論書を補足する宣誓供述書を添付した。
The relevant portions of defendant's motion for summary judgment and plaintiffs' response are set forth in the discussion section of this order.


被告によるサマリージャッジメントの申立ておよび原告らの反論書に関連する部分は、本法廷意見の議論の部で説明する。
The trial court granted defendant's motion to strike and defendant's motion for summary judgment.
第一審は、被告の排除権およびサマリージャッジメントの申立てを許可した。
Plaintiffs subsequently filed a motion to reconsider.
その後、原告らは再審議を申し立てた。
The trial court denied plaintiffs' motion to reconsider, and in no. 1-00-0246, plaintiffs timely appealed.


第一審は原告らによる再審議の申立を棄却、原告らは控訴事件番号1-00-0246として適時に控訴した。
While appeal no. 1-00-0246 was pending, plaintiffs filed a motion to supplement the record.
控訴事件番号1-00-0246が係属中に、原告らは記録の補完申立てを提出した。
The trial court denied plaintiffs' motion and in no. 1-00-3034, plaintiffs timely appealed.
第一審は、原告らの申立てを棄却、原告らは控訴事件番号1-00-03034として適時に控訴した。
The relevant circumstances surrounding plaintiffs' motion to supplement the record are set forth in the discussion section of this order.


原告による記録の補完申立てに関連する状況は、本法廷意見の議論の部で説明する。
DISCUSSION

議論
Before reaching the merits of this appeal, we must address the question of the contents of the record. In no. 1-00-3034, plaintiffs contend that the trial court erred when it denied their request to supplement the record on appeal with the record of the adoption proceedings involving Larry's biological sibling, Jerome F., and with the complete transcripts of the depositions of Carol Amadio and Edythe Jastram.
本件上訴の実体的側面に言及するに先立ち、訴訟記録の内容の問題について検討しなくてはならない。控訴事件番号1-00-3034の中で原告らは、第一審が上訴用記録をラリーの実の兄弟であるジェローム F.の養子縁組手続の記録とキャロル・アマディオ及びエディス・ジャストラムの証言録取書全文とで補完するようにとの要求を否認したことは誤りである、と強く主張している。
After plaintiffs filed their brief raising this issue, they filed a motion in this court to supplement the record on appeal with the juvenile court records of Jerome F.
この争点を提起した上訴趣意書を提出した後、原告らは当裁判所に、上訴用記録をジェローム F.の少年裁判所の記録で補完するようにとの申立を提出した。
This court granted plaintiffs' motion on February, 25, 2002. Accordingly, appeal no. 1-00-3034 is moot to the extent that it addresses the trial court's denial of plaintiffs' motion to supplement the record on appeal with these records.
当裁判所は、2002年2月25日に原告らの申立を許可した。従って、控訴事件番号1-00-3034は、上訴用記録を上記の記録で補完するという原告らの申立てを、第一審が否認したことを論じている限りにおいて、現実的には無意味なものとなる。
Plaintiffs presented no arguments related to the trial court's failure to supplement the record with the complete deposition transcripts.
原告らは、第一審が証言録取書全文による記録の補完を怠った点に関する主張を一切提示していない。
The failure to comply with Supreme Court Rule 341 and provide this court with a coherent argument supported by citations to the record and relevant authority waives an issue on appeal.
Supreme Court Rule 341が遵守されず、ならびに記録書および関連ある法源の引用で裏付けられた首尾一貫した主張の当裁判所に対する提供が行われない場合、控訴審における争点は権利放棄される。
Official Reports Advance Sheet No. 21 (October 17, 2001), R. 341(e)(7), eff. October 1, 2001; Hoff v. Mayer, Brown & Platt, 331 Ill. App. 3d 732, 741 (2002).
Official Reports Advance Sheet No. 21 (October 17, 2001), R. 341(e)(7), eff. October 1, 2001; Hoff v. Mayer, Brown & Platt, 331 Ill. App. 3d 732, 741 (2002).
Accordingly, plaintiffs have waived this issue on appeal.
従って、原告らは上訴にあったこの争点を放棄した。
Because the only issues presented in appeal no. 1-00-3034 are moot or waived, we hereby dismiss that appeal.


控訴事件番号1-00-3034に提起されている争点は、現実的に無意味なもの、または権利放棄されたもののみであるため、本法廷はこの上訴を却下する。
Plaintiffs contend that the trial court erred when it dismissed their breach of contract count.
原告らは、第一審が契約違反の訴因を却下したことは誤りである、と強く主張している。
We review de novo a motion to dismiss under section 2-615 of the Code of Civil Procedure (735 ILCS 5/2-615 (West 1994)).
本法廷は、section 2-615 of the Code of Civil Procedure(民事訴訟法第2-615項)(735 ILCS 5/2-615 (West 1994))に基づいて、却下の申立を覆審的に審査する。
Pavlik v. Kornhaber, 326 Ill. App. 3d 731, 738 (2001).
Pavlik v. Kornhaber, 326 Ill. App. 3d 731, 738 (2001).
When the sufficiency of a complaint is challenged by a section 2-615 motion, all well-pleaded facts are taken as true and this court must determine whether the allegations of the complaint, when interpreted in light most favorable to the plaintiff, are sufficient to establish a cause of action upon which relief may be granted.
section 2-615に基づく申立によって訴状が十分なものであるかどうかが問われる時、全ての十分に陳述された事実は真実であるとされ、当裁判所は、訴状にある主張が、原告らに最も有利な点から解釈した時に、救済命令が認められる可能性のある訴訟原因を立証するのに十分なものかどうかを判断しなくてはならない。
Pavlik, 326 Ill. App. 3d at 738.


Pavlik, 326 Ill. App. 3d at 738.
To plead a cause of action for breach of contract, a plaintiff must allege the existence of a contract, a breach by the defendant, performance of all conditions to be performed by plaintiff, and damages to plaintiff as a consequence.
契約違反の訴訟原因を主張する場合、原告は契約の存在、被告による違反、原告によるあらゆる履行条件の遂行、及び、契約違反によって原告が被った被害を提示しなくてはならない。
Disk Jockey Referral Network, Ltd. v. Ameritech Publishing of Illinois, 230 Ill. App. 3d 908, 912 (1992).
Disk Jockey Referral Network, Ltd. v. Ameritech Publishing of Illinois, 230 Ill. App. 3d 908, 912 (1992).
"Where the action is premised on a contract which purportedly has been accepted orally, the plaintiff must specifically set forth the facts supporting that acceptance."
「訴訟が口頭で交わされたとされている契約を前提としている場合、原告は契約の承諾を裏付ける事実を具体的に示さなくてはならない。」
Disk Jockey Referral, 230 Ill. App. 3d at 913.
Disk Jockey Referral, 230 Ill. App. 3d at 913.
A bare allegation that a contract existed is nothing more than a legal conclusion which may not be admitted as true by a motion to dismiss.
契約は存在したとの単なる主張は、法的な結論にしか過ぎず、却下の申立では真実と認められないかもしれない。
Disk Jockey Referral, 230 Ill. App. 3d at 913.


Disk Jockey Referral, 230 Ill. App. 3d at 913.
On appeal, plaintiffs argue that their complaint set forth facts establishing offer and acceptance of an oral contract.
控訴審において、原告らは、自らの訴状が口頭契約の申込と承諾を立証する事実を説明していると主張している。
However, plaintiffs merely cite to the allegedly relevant paragraphs of their complaint and provide no additional argument.
しかしながら、原告らは訴状にに書かれていた関連があるとされているパラグラフをただ引用しているに過ぎず、それ以上の主張は一切提示していない。
For example, plaintiffs do not identify in their brief who made an offer or the manner in which it was accepted.
例えば、原告らは上訴趣意書の中で、誰が申込をしたか、また、それがどのようにして承諾されたかを特定していない。
We have examined the portions of plaintiffs' complaint cited and their brief and find no support for plaintiffs' assertions regarding the existence of a contract.
本法廷は、原告らが引用した訴状の箇所と上訴趣意書を検証したが、原告らの契約の存在に関する主張を裏付ける何ものも認定できなかった。
For example, paragraph 35 of plaintiff's complaint states:


例えば、原告の訴状のパラグラフ35にはこのように記載されている。
"Under the agreement of March, 1971, Defendants were to conduct an in-depth social investigation concerning any child to be presented to Plaintiffs for placement for adoption, as well as the child's biological parents, and to fully report their findings to Plaintiffs."


「1971年3月の取り決めに基づくと、被告らは原告らに養子縁組の対象として紹介するすべての子供及びその実父母の綿密な社会調査を行い、調査結果をすべて原告らに報告することになっていた。」
Plaintiffs cite this paragraph as an example of facts alleging offer.
原告らは、このパラグラフを契約の申込を断定する事実の例として引用している。
However, there is nothing in this allegation of the complaint from which we could determine whether the contract was based on an offer from defendant such as "we will perform a social investigation" or an offer from plaintiffs such as "we will pay you to perform a social investigation."
しかしながら、この訴状の主張には、この契約が被告からの「社会調査を行う」といった申込に基づくものか、それとも原告らからの「社会調査を行うことに対して報酬を支払う」といった申込に基づくものかを判断できる要素がない。
Plaintiffs' arguments on appeal provide no assistance in determining which possible interpretation they would ask us to accept.
原告らの控訴審における主張は、本法廷がどのように解釈することを希望しているかを判断するための補助にはなっていない。
We find similar deficiencies in the paragraphs of the complaint that plaintiffs cite as allegations of acceptance and consideration.
本法廷は、原告らが契約の承諾と約因の主張として引用している訴状のパラグラフ内にも、同様の欠陥があると認定する。
Therefore, we determine that plaintiffs' complaint failed to adequately allege the existence of a contract.
よって、本法廷は、原告らの訴状は契約の存在を十分に主張するものではないと判断する。
Accordingly, we conclude that the trial court did not err when it dismissed the contract claim contained in plaintiffs' complaint.


従って、本法廷は、第一審が原告らの訴状にあった契約の主張を却下したことは誤りではなかったと断定する。
Plaintiffs contend that the trial court erred in limiting discovery and striking plaintiffs' affidavits.
原告らは、第一審が開示を制限し、原告らの宣誓供述書を排除したことは誤りであると強く主張している。
Plaintiffs argue that the trial court abused its discretion because it deprived them of an in camera inspection of the redacted documents concerning Larry's mother.
原告らは、第一審が裁量権を濫用し、ラリーの母に関する編集済み資料の非公開検証に原告らが参加する機会を与えなかったと主張している。
Plaintiffs' argument presents no coherent legal basis for evaluating the trial court's ruling on this issue.
原告らの主張は、この争点に関する第一審の裁定を判断するための首尾一貫した法的根拠を一切提示していない。
In fact, in their opening brief, plaintiffs provide no citation to the record from which we could determine what order, if any, the trial court entered with regard to an in camera inspection of these records.
実際のところ、公開の上訴趣意書の中で、原告らは第一審がこれらの記録の非公開検証に関して、もし存在するのであればどのような命令を下したのかを本法廷が解明するための記録の引用を一切提示していない。
Moreover, plaintiffs have provided no citation to relevant authority to support this argument. Accordingly, we find that plaintiffs have waived this issue on appeal.
その上、原告らはこの主張を裏付けるための関連ある法源の引用を一切提示していない。従って、本法廷は、原告らが控訴審においてこの争点を放棄したものと認定する。
See Hoff, 331 Ill. App. 3d at 741.


Hoff, 331 Ill. App. 3d at 741参照。
Similarly, we find that plaintiffs have waived most of the remaining arguments raised as part of this contention in their opening brief. 同様に、当法廷は、原告らが公開の上訴趣意書の中で、上記主張の一部として提起した残りの弁論の大部分を放棄したと認定する。
Plaintiffs argue that the trial court erred when it refused to open the court records of Larry's adoption.
原告らは、第一審裁判所がラリーの養子縁組に関する訴訟記録を開示することを拒んだのは誤りであったと、主張する。
However, plaintiffs support this argument with nothing more than a citation to the general standards governing a motion for summary judgment, and provide no citation to any authority which addresses either the confidentiality of adoption records or the circumstances under which such confidentiality may be breached. Plaintiffs' arguments regarding their request to add expert witnesses are similarly lacking in citation to relevant authority.
ただし、原告らは、この主張の裏付けとして、単にサマリージャッジメントの申立てが準拠する一般的な基準を用いており、養子縁組記録の守秘義務またはかかる守秘義務が履行されない可能性のある状況に取り組んだいかなる法源の引用も提供していない。原告らの専門家の承認を加えてほしいという請求に関する主張も、同様に、関連ある法源の引用を欠いている。
Accordingly, we find that plaintiffs have waived these issues on appeal.
したがって、当法廷は、原告らが控訴審におけるこれらの争点を放棄したと認定する。
See Hoff, 331 Ill. App. 3d at 741.


Hoff, 331 Ill. App. 3d at 741参照。
We believe plaintiffs' final argument in this contention warrants further attention.
当法廷は、本件裁判論争における原告らの最終弁論は、更なる注目に値すると信ずる。
Plaintiffs argue that the trial court erred when it struck their affidavits.
原告らは、第一審裁判所が原告らの宣誓供述書を排除したのは誤りであったと、主張する。
It is perhaps misleading to refer to this as an argument, because plaintiffs' discussion of this issue in their opening brief consists of nothing more than the identification of the issue as one of their point headings in their argument section.
この件に関し、これが弁論であると述べることは、おそらく誤解を招くであろう。というのは、原告らが公開上訴趣意書の中でこの争点を議論している内容は、単に本争点を事実認定を自らの弁論における主要な見出しの1つとして特定しているに過ぎないからである。
Defendant nonetheless responds in its brief and argues that the trial court properly struck the affidavits as violating Supreme Court Rule 191 (145 Ill. 2d R. 191).
被告はそれでもやはり、その上訴趣意書において返答し、第一審ががその宣誓供述書をSupreme Court Rule 191 (145 Ill. 2d R. 191)に違反するとして排除したのは適切であったと、主張する。
Plaintiffs, belatedly, address this issue in their reply brief.
原告らは、遅ればせながら、本件争点を上訴趣意書における答弁の中で問題として取り組んでいる。
Although plaintiffs have waived this issue by failing to address it in their opening brief, waiver is a limitation on the parties not on the courts (see A.J. Maggio Co. v. Willis, 316 Ill. App. 3d 1043, 1048 (2000)) and summary judgment is a drastic remedy (Wood v. National Liability & Fire Insurance Co., 324 Ill. App. 3d 583, 585 (2001)).
原告らが公開の上訴趣意書の中で取り組まなかったために本件争点を放棄したとしても、放棄は、当事者への制限ではあっても裁判所における制限ではない。(A.J. Maggio Co. v. Willis, 316 Ill. App. 3d 1043, 1048 (2000)参照。)そして、サマリージャッジメントは、思い切った救済方法である。(Wood v. National Liability & Fire Insurance Co., 324 Ill. App. 3d 583, 585 (2001)参照。)
We believe that the question of whether the trial court properly struck plaintiffs' affidavits is central to the question of whether summary judgment was proper. Accordingly, we believe that the interests of justice weigh in favor of considering the merits of this issue and against a strict application of the waiver rule.


当法廷の判断するところ、サマリージャッジメントが適切であったかどうか否かを判断するに当たり最重要となる問題は、第一審が原告の宣誓供述書を排除したのが適切であったか否かという点にある。したがって、法的公正さという点からは、権利放棄原則を厳格に適用するより、本争点の実態的側面について検討するほうが望ましいものと考えられる。
The content of affidavits offered in opposition to a motion for summary judgment is governed by Supreme Court Rule 191(a) (145 Ill. 2d R. 191(a)).
サマリージャッジメントの申立てに反して提供された宣誓供述書の内容は、Supreme Court Rule 191 (a) (145 Ill. 2d R. 191 (a))に準拠する。
Rule 191 provides in pertinent part:


Rule 191は、関連性のある部分で以下のように規定している。
"Affidavits in support of and in opposition to a motion for summary judgment *** shall be made on the personal knowledge of the affiants; shall set forth with particularity the facts upon which the claim, counterclaim, or defense is based; shall have attached thereto sworn or certified copies of all papers upon which the affiant relies; shall not consist of conclusions but of facts admissible into evidence; and shall affirmatively show that the affiant, if sworn as a witness, can testify competently thereto."
「サマリージャッジメントの申し立てを支持し、およびこれに反対する宣誓供述書は・・・宣誓供述者の個人的知識に基づいて作成されるものとし、請求、反訴または弁護が根拠とする事実に対して特異性のある説明を付するものとし、これに添付して、宣誓供述者が依拠する書類すべての宣誓または認証された謄本を添えるものとし、結論ではなく、証拠として認められる事実からなるものとし、ならびに、宣誓供述者は、証人として宣誓したならば、それらの事実に対して十分な証言能力のあることを積極的に証明するものであるものとする。」
145 Ill. 2d R. 191(a).


145 Ill. 2d R. 191(a)参照。
A court's construction of supreme court rules is comparable to the construction of statutes and is a question of law that it is reviewed de novo.
裁判所による最高裁判所規則の解釈は、制定法の解釈に相当するものであり、下級裁判所の判断に捉われることなく覆審的に審査される法律問題である。
Robidoux v. Oliphant, 201 Ill. 2d 324, 332 (2002).
Robidoux v. Oliphant, 201 Ill. 2d 324,332 (2002)参照。
Likewise, a court's determination of whether an affidavit offered in connection with a motion for summary judgment complies with Rule 191 is a question of law subject to de novo review.
同様に、サマリージャッジメントの申立てに関連して提供された宣誓供述書がRule 191に従っているかどうかの裁判所の判定は、新たな初めからの審査に服する法律問題である。
See Jackson v. Graham, 323 Ill. App. 3d 766, 774 (2001).


Jackson v. Graham, 323 Ill. App. 3d 766, 774 (2001)参照。
In the case before us, plaintiffs filed several affidavits in opposition to defendant's motion for summary judgment.
係争中の本件訴訟において、原告らは、サマリージャッジメントの被告側申し立てに対抗して、数件の宣誓供述書を提出した。
The original affidavits simply stated that all of the allegations of the complaint and the facts section of plaintiffs' brief in opposition to the motion for summary judgment were true except as represented on information and belief.
宣誓供述書の原本は、情報および信条に基づいて表明される場合を除き、訴状の主張のすべて、ならびにサマリージャッジメント申立てに反対して提出された原告らの上訴趣意書の事実部分のすべてが真実であることを、単に陳述しているに過ぎない。
We believe that these affidavits were wholly insufficient to meet the standards of Rule 191(a).
当法廷は、こうした宣誓供述書はRule 191(a)の基準を満たすにはまったく不十分であると信ずる。
For example, the affidavits do not state the facts with particularity and they make no showing that plaintiffs would be competent to testify.
たとえば、これら宣誓供述書は特異性のある諸事実を述べていないし、原告らに十分な証言能力があることを何ら証明するものでもない。
Such affidavits are generally considered inadequate to defeat a motion for summary judgment.
かかる宣誓供述書は、サマリージャッジメントの申立てを覆すには一般的に不十分と考えられている。
See Hedrick v. Goodwin Brothers, Inc., 26 Ill. App. 3d 327, 329 (1975).
Hedrick v. Goodwin Brothers, Inc. 26 Ill. App. 3d 327, 329 (1975)参照。
We determine that the trial court properly struck the original affidavits filed by plaintiffs.


当法廷は、第一審裁判所が原告の提出した宣誓供述書原本を排除したのは適切であったと、裁決を下す。
However, plaintiffs filed additional affidavits in response to defendant's motion to strike the original affidavits.
しかし、原告らは、宣誓供述書原本を排除しようとする被告申立てに対応して、追加の宣誓供述書を提出した。
Portions of these additional affidavits suffer from the same deficiencies as the original affidavits.
これらの追加宣誓供述書は部分的に、宣誓供述書原本と同じ欠陥を露呈している。
For example, the additional affidavits refer, without particularity, to plaintiffs' ability to testify to the facts contained in the original affidavits, which themselves referred to the facts contained in the complaint without particularity.
例えば、追加宣誓供述書は、宣誓供述書原本に記載された諸事実に対する原告らの証言能力を特異性もなく述べているに過ぎないし、宣誓供述書原本は原本でこれまた訴状に記載された諸事実を特異性もなしに述べているに過ぎない。
However, the additional affidavits do contain some allegations of fact that appear to meet the standards of Rule 191(a).
ただし、本件追加宣誓供述書は、Rule 191(a)の基準を満たすように思われる事実の主張を、実に含んでいるのである。
For example, both plaintiffs aver that they told Edythe Jastram, a representative of defendant that they would not accept a child for adoption whose parents had a history of mental health problems.
たとえば、原告らの両方が、彼らは被告代表のイーディス・ジャストラムに、両親が精神的健康の問題を抱えたことのある子供の養子縁組は受け入れられないと述べたと主張する。
Accordingly, we find that at least some portions of the additional affidavits meet the minimum requirements of Rule 191(a).
したがって、当法廷は、追加宣誓供述書の少なくともある部分は、Rue 191(a)の最低の必要条件を満たしていると考える。
Generally, when only portions of an affidavit are improper under Rule 191(a), a trial court should only strike the improper portions of the affidavit.
一般に、宣誓供述書の一部だけがRule 191(a)に関して不適切であるときには、第一審は、宣誓供述書の不適切な部分を削除するのみにとどめるべきである。
Cincinnati Cos. v. West American Insurance Co., 287 Ill. App. 3d 505, 514 (1997).
Cincinnati Cos. v. West American Insurance Co., 287 Ill. App. 3d 505, 514 (1997)参照。
Therefore, we determine that the trial court erred when it struck plaintiffs' affidavits in their entirety.
そのため、当法廷は、第一審が原告の宣誓供述書全体を排除したのは誤りであったと、採決する。
However, we will consider only those portions that meet the requirements of Rule 191(a) to determine whether the trial court properly granted summary judgment in defendant's favor.


ただし、当法廷は、第一審がサマリーシャッジメントを被告に有利に許可したのは適切であったかどうかを決定するにあたり、Rule 191(a)の必要条件を満たす部分のみを検討するものとする。
Plaintiffs' remaining contentions relate to the proper standard for granting summary judgment. 原告らの残りの主張は、サマリージャッジメント許諾の適格基準と関係する。

Appellate courts apply a de novo standard when reviewing summary judgment rulings.
控訴裁判所は、サマリージャッジメントによる判決の審査には新規の基準を適用する。
Outboard Marine Corp. v. Liberty Mutual Insurance Co., 154 Ill. 2d 90, 102 (1992).
Outboard Marine Corp. v. Liberty Mutual Insurance Co., 154 Ill. 2d 90, 102 (1992).
Where there are no genuine issues of material fact, summary judgment is a proper method of disposing of a cause.
重要な事実に関する真正な争点がない場合に、サマリージャッジメントは訴訟に決着をつけるのに適した手段である。
Smith v. Allstate Insurance Co., 312 Ill. App.3d 246, 251 (1999).
Smith v. Allstate Insurance Co., 312 Ill. App.3d 246, 251 (1999).
Summary judgment is appropriate only when the pleadings, depositions, admissions, and affidavits on file, if any, show that there is no genuine issue of material fact and that the moving party is entitled to a judgment as a matter of law.
裁判所に保管中(もしあれば)の訴答書、証言録取書、自白書および宣誓供述書があり、それらの文書が、重要な事実に関して真正な争点がないこと、かつ申立当事者が法律問題として判決を受ける権利があることを証明する場合においてのみ、サマリージャッジメントは適切である。
Smith, 312 Ill. App.3d at 251.
Smith, 312 Ill. App.3d at 251.
In response to a motion for summary judgment, a plaintiff is not required to establish his or her case as he or she would at trial, but he or she must present some factual basis that would arguably entitle him or her to a judgment.
サマリージャッジメント申立てに対応する場合、原告は正式事実審理の場合のように自らの立場を立証する必要はないが、それ程ではないにしても、少なくとも一定の判決を受け得る資格があることを示す事実関係の根拠を提供せねばならない。
Wortel v. Somerset Industries, Inc., 331 Ill. App. 3d 895, 899 (2002).


Wortel v. Somerset Industries, Inc., 331 Ill. App. 3d 895, 899 (2002).

Plaintiffs contend that the trial court erred when it held that their claim was barred by the statute of limitations.
第一審が、原告らの要求は出訴期限法によって効力を生じないと判示したのは誤審だったと主張する。
The parties apparently agree that plaintiffs' complaint was subject to the five-year statute of limitations contained in section 13-205 of the Code of Civil Procedure (735 ICLS 5/13-205 (West 1992)).n1
両当事者は、原告らの訴状がthe Code of Civil Procedureのsection 13-205 (735 ICLS 5/13-205 (West 1992))(注1)に記載された5年間の出訴期限に服することについて明らかに合意している。
Plaintiffs argue that the statute of limitations did not begin to run until 1991, when they were contacted by Larry's biological father.
原告らは、出訴期限法に基づく時効の進行はラリーの実父の接触を受けた1991年から始まったと主張している。
Plaintiffs argue that they did not discover that they had been injured as the result of fraud until they learned that the statements made to them regarding the health of Larry's biological mother were false.
原告らは、ラリーの実母の健康状態について聞かされていた供述が虚偽であったことを知って、初めて詐欺の結果被害を受けていたことを認識したと主張している
Defendant responds that plaintiffs should have known of their injury in 1976 when they discovered Larry's impairment.
被告は、原告らはラリーの精神機能障害が見つかった1976年に自分たちの被害に気付くべきだったと応える。
We believe that this issue is resolved by this court's recent opinion in Lubin v. Jewish Children's Bureau of Chicago, 328 Ill. App. 3d 169 (2002).


当法廷は、Lubin v. Jewish Children's Bureau of Chicago, 328 Ill. App. 3d 169 (2002)の訴訟において、当裁判所が最近発表した法廷意見が本争点を解決したと考える。
The Lubin case involved the same defendant in a factual scenario strikingly similar to the one presented by the case at bar.
Lubin事件は、係争中の本件が提示する事件経過に驚くほど似通った状況の下に同じ児童福祉協会が被告だった。
In Lubin, the plaintiffs adopted a child through defendant in 1960.
Lubin事件の原告らは、1960年に被告の斡旋で養子縁組した。
When the child was 13 years old she was diagnosed with schizophrenia.
養子が13才のとき統合失調症と診断された。
In 1997, the plaintiffs requested medical records from defendant, and were informed that the birth mother suffered from emotional problems and had been in treatment.
1997年に原告らが被告に医療記録を要求したところ、実母は情緒障害に苦しみ治療を受けていたと知らされた。
The plaintiffs alleged that they had informed defendant that they would not accept a child for adoption whose parents had known mental, intellectual, or emotional problems and filed a complaint against defendant sounding in fraud.
原告らは、実の両親に精神的、知能的または情緒的障害があると解っている子供の養子は引き受けない旨被告に告げてあったと主張し、被告を相手取って、詐欺に関する訴状を提出した。
Defendant moved to dismiss the complaint based on the statute of limitations.
被告は出訴期限法に基づく訴状の却下を申し立てた。
The trial court held that the complaint was barred by the statute of limitations, and the reviewing court reversed.
第一審は、訴状は出訴期限法によって効力を生じないと判示したが、控訴審は原判決を破棄した。
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174-75.


Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174-75.
Generally, a cause of action accrues under the statute when the plaintiff " 'knew or reasonably should have known that it was injured and that the injury was wrongfully caused.' "
一般に訴訟原因は、原告が「自らが損害を被ったこと、および当該の損害が不正に惹起されたことを知ったか、または知って当然であった」場合に、制定法に基づいて発生する。
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 171-72, quoting Superior Bank FSB v. Golding, 152 Ill. 2d 480, 488 (1992).
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 171-72, Superior Bank FSB v. Golding, 152 Ill. 2d 480, 488 (1992) から引用。
The Lubin court observed that although the plaintiffs attempted to reduce the risks that their child would develop a mental illness by requesting a child from a family with no known mental illnesses, even children from such families sometimes develop severe mental problems.
Lubin事件法廷は、原告らは精神病歴面で問題のない家族の子どもを望んで、養子が精神疾患を発症するリスクを減らそうと努めたけれども、そのような家族の子どもたちでも深刻な精神障害を発症することが往々あると述べた。
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174.
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174.
The court held that, accordingly, when the child developed schizophrenia, that development did not conclusively prove that defendant had acted negligently or deceived the plaintiffs at the time of the adoption.
Lubin事件の法廷は、従って養子が統合失調症を発病したとき、養子縁組の際に被告が過失を犯したか、または原告らをだましたということが、その発病によって決定的に証明されたわけではないと判示した。
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174.
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174.
The Lubin court concluded that whether the child's development of schizophrenia was sufficient to impose on the plaintiffs a duty to inquire whether defendant had acted negligently or fraudulently and when the cause of action accrued were issues for the trier of fact to determine.
Lubin事件の法廷は、養子が統合失調症を発病したからと言って、それが被告による過失または詐欺行為の有無を追求する義務を原告に課すに十分な原因となるのかどうか、およびその訴訟原因が発生したのは何時か、という争点は事実認定者が決定すべき問題であるという結論を出した。
Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174.


Lubin, 328 Ill. App. 3d at 174.
We believe that a similar analysis applies to the case before us.
当法廷は同様な分析が係争中の訴訟に当て嵌ると考える。
In their affidavits, plaintiffs averred that they did not learn that the representations made by defendant regarding the health of Larry's biological mother were false until 1991, when they were contacted by Larry's biological father.
宣誓供述書において、原告らは、1991年ラリーの実父から連絡を受け、初めて被告から聞いていたラリーの実母の健康に関する説明が虚偽であったことを知ったと申し立てた。
Plaintiffs filed suit within five years of this date.
原告らはこの日付から5年以内に訴訟を起こした。
However, plaintiffs learned that Larry was suffering from a mental illness many years earlier.
しかし原告らは、ラリーがそれよりなん年も前から精神疾患にかかっていたことが分かっていた。
Like the Lubin court, we do not believe that we can conclude as a matter of law that plaintiffs were placed on notice that they had been injured or, more precisely, that their injury was wrongfully caused, when they discovered that Larry was suffering from a mental illness.
Lubin事件法廷同様本法廷も、原告らがラリーの精神疾患発症に気付いた時、原告らが損害を受けたと認識したことを、あるいはもっと正確には、損害が不法に発生したと認識したことを、法律問題として結論づけることはできないと考える。
The gist of plaintiffs' fraud and negligence claims against defendant is that defendant made a false statement regarding Larry's mother's health.
原告らが被告に対して求める詐欺および過失による請求の骨子は、被告がラリーの実母の健康に関して虚偽の供述をしたということである。
When Larry began to exhibit signs of mental illness it was possible that his illness was one of those cases that arise without any family history of mental illness.
ラリーが精神疾患症候を出し始めた時、彼の疾病は精神科病歴のない家系でなくても呈する症例だったかも知れない。
It was also possible that Larry's mother had a history of mental illness but that the information she had given to defendant was false or misleading.
また、ラリーの母親には精神疾患歴があったけれども、母親が被告に伝えた情報が虚偽または誤解を与えるものであったかもしれない。
In either case, plaintiffs would have no cause of action against defendant for fraud because defendant would not have made a false statement.
どちらの場合でも、被告は虚偽の供述をしなかっただろうから、原告は被告に対して訴因を有しないことになる。  
Accordingly, we cannot conclude, as a matter of law, that the manifestation of Larry's mental illness placed plaintiffs on notice that they had been wrongfully injured.
従って、ラリーの精神疾患の徴候があったために、原告らが不正な被害を被ったと認識できる状態になったということを、法律問題として当法廷が結論づけることはできない。
Therefore, the well-pleaded allegations of the complaint establish that the injury and the knowledge that it was wrongfully caused indicate that the statute of limitations was met.


それ故に、損害およびそれが不当に引き起こされたという認識が、出訴期限法の条件を充足する事実を示唆するものであることを、訴状の十分根拠のある主張が立証している。
Plaintiffs finally contend that the trial court erred when it held that they had not established a cause of action for fraud and that the trial court erred when it held that they had not established a cause of action for negligent misrepresentation. 原告らは、最後に、詐欺行為に対して原告らが訴訟原因を立証しなかったとする第一審の判示は誤りであり、また過失による不実表示に対しても原告らが訴訟原因を立証しなかったとする第一審の判示は誤りであると強く主張した。
We believe that these two contentions are so closely related that they can be addressed together.
当法廷は、この2件の主張が密接に関係があるので、併合して取り扱うことができると考える。
Causes of action for misrepresentation generally fall into two categories, fraudulent misrepresentation and negligent misrepresentation.
不実表示に対する訴訟原因は、一般的に2種類に分けられる。悪意による不実表示および過失による不実表示である。
The elements of a cause of action for fraudulent misrepresentation are: (1) a false statement of material fact; (2) known or believed to be false by the party making it; (3) intent to induce the other party to act; (4) action by the other party in reliance on the truth of the statement; and (5) damage to the other party resulting from such reliance.
悪意による不実表示に対する訴訟原因の要件としては、(1) 重要な事実の虚偽の供述、(2) 虚偽であることを供述当事者が認識し、確信していること、(3) 他方当事者の行為を誘導する意図、(4) 供述の真実性に依拠した上での他方当事者による行為、および (5) その依拠に起因する他方当事者が被る損害が挙げられる。
Soules v. General Motors Corp., 79 Ill. 2d 282, 286 (1980).
Soules v. General Motors Corp., 79 Ill. 2d 282, 286 (1980).
The elements of a cause of action for negligent misrepresentation are similar and are: (1) a false statement of material fact, (2) carelessness or negligence in ascertaining the truth of the statement by the party making it, (3) an intention to induce the other party to act, (4) action by the other party in reliance on the truth of the statement, and (5) damage to the other party resulting from such reliance, (6) when the party making the statement is under a duty to communicate accurate information.
過失による不実表示に対する訴訟原因の要件も同様で、(1) 重要な事実の虚偽の供述、(2) 供述当事者によるその供述の真実性を確認するときの不注意または過失、(3) 他方当事者の行為を誘導する意図、(4) 供述の真実性に依拠した上での他方当事者による行為、および (5) その依拠に起因する他方当事者が被る損害、(6) 供述当事者が正確な情報を伝える義務を負う場合が挙げられる。
Fox Associates Inc. v. Robert Half International, Inc., 334 Ill. App. 3d 90, 94 (2002).
Fox Associates Inc. v. Robert Half International, Inc., 334 Ill. App. 3d 90, 94 (2002).
The two torts differ only in the mental state required; in fraudulent misrepresentation the defendant must know that the statement is false, while in negligent misrepresentation the defendant need only be negligent in ascertaining the truth of the statement.
この2種類の不法行為は、要件となる精神状態に差があるのみで、つまり、悪意による不実表示においては被告は供述が虚偽であると認識していることが必要だが、一方、過失による不実表示においては被告がその供述の真実性を確認するときに過失を犯したのであれば足りる。
City of Chicago v. Michigan Beach Housing Co-op, 297 Ill. App. 3d 317, 323 (1998).


City of Chicago v. Michigan Beach Housing Co-op, 297 Ill. App. 3d 317, 323 (1998).
Plaintiffs attached numerous documents to their brief in opposition to defendant's motion for summary judgment.
原告らは、被告によるサマリージャッジメントの申立てに反対すべく上訴趣意書に多数の書類を添付した。
One document was a copy of defendant's file regarding Larry's adoption which included the following statement about Larry's biological mother:


書類の一つは、ラリーの養子縁組に関する被告のファイルのコピーであり、ラリーの生みの母についての下記の記述を含んでいた。
"This woman has a history of physical complaints seemingly often hysterical in origin.
「この婦人は、元来頻繁にヒステリー症状と見られる身体愁訴の病歴を持っている。てんかん性発作の病歴があり、医者によると自己誘発性である。精神科入院の病歴。診断:ヒステリー性性格異常。覚醒剤中毒の病歴。」
There is a history of epileptic seizures, said by doctors to be self-induced.
History of psychiatric hospitalizations.
Dx: hysterical character disorder. History of amphetamine addiction."

The document also indicated that Larry's biological mother was farsighted and had taken numerous medications.
その書類には、ラリーの生みの母は遠視であり、数多くの投薬を受けていたことも書かれていた。
Similar statements were contained at several other locations within defendant's records.
同様の供述が被告の訴訟記録の他の数ヶ所に記載されていた。
However, in a letter to plaintiffs, defendant made the following statement regarding Larry's biological mother: "She wears glasses for farsightedness, has no known allergies, is in good physical health."
しかし、原告らあての手紙では被告はラリーの生みの母親に関して下記の記述をしていた。「母親は、遠視のメガネをかけ、特にアレルギーも持っておらず、良好な健康状態にある。」
We believe that a comparison of these two statements is sufficient to create a question of material fact as to whether the statement made to plaintiffs was false.
当法廷は、これらの二つの供述を比較するだけで、原告に対する供述が虚偽であったか否かについては重要な事実問題が生じていると確信する。
We further believe that a question of fact exists as to whether when defendant made the statement it did so knowingly or negligently.


さらに、当法廷は、被告がその供述を行ったのは、故意によるものかまたは過失によるものかに関して事実問題が存在すると確信する。
The parties' arguments on appeal center largely on the fifth element of each cause of action and revolve around the requirement that a plaintiff's injuries must be caused by the misrepresentation.
控訴審における両当事者の弁論は、各訴訟原因の5番目の要素に主として重点が置かれ、原告の損害が当該不実表示に起因するものでなければならないという要件を中心に展開している。
Defendant argues that at the time Larry was adopted it was not believed that mental illness was inheritable.
被告は、ラリーの養子縁組のときは精神疾患が遺伝するとは考えられなかったと主張する。
Defendant further argues that, accordingly, it was not foreseeable that plaintiffs could be injured by a false statement regarding the biological mother's mental health, and that the false statement could not be the proximate cause of plaintiffs' injuries.
被告は、従って実母の精神衛生に関する虚偽の供述が原告らに損害を与えるであろうとは予測できなかったし、その虚偽の供述が原告らの損害の主原因にはなり得なかったとも主張する。
Plaintiffs argue that they need only demonstrate that they would not have adopted Larry absent the allegedly false statement.


原告らは、申し立てによる虚偽の供述がなければ、ラリーを養子にはしなかったと説明する必要があっただけだと弁論する。
Defendant cites several fraud cases in support of its argument.
被告は、その弁論を支持する数件の詐欺事件を引用する。
See State Security Insurance Co. v. Frank B. Hall & Co., 258 Ill. App. 3d 588 (1994); Spiegel v. Sharp Electronics Corp., 125 Ill. App. 3d 897 (1984); Shah v. Chicago Title & Trust Co., 119 Ill App. 3d 658 (1983).
以下参照。State Security Insurance Co. v. Frank B. Hall & Co., 258 Ill. App. 3d 588 (1994); Spiegel v. Sharp Electronics Corp., 125 Ill. App. 3d 897 (1984); Shah v. Chicago Title & Trust Co., 119 Ill App. 3d 658 (1983).
In State Security, the reviewing court held: "We have consistently and emphatically held that plaintiffs' injuries in fraud actions must directly and proximately result from defendants' misrepresentations and cannot be assessed upon mere speculation or hypothetical assumptions."
State Security事件において、控訴審は、「当法廷が終始一貫強調して判示したのは、詐欺行為における原告らの損害が、直接的かつ主原因的に、被告による不実表示の結果として発生するということであり、それが単なる推測または仮定的推定に基づいて評価されることはあり得ないということである」と判示した。
State Security, 258 Ill. App. 3d at 592.


State Security, 258 Ill. App. 3d at 592.
An adoption creates a parent-child relationship where none existed before and alters forever the lives of both the child and the adoptive parents.
養子縁組は、それまでに何も存在していなかったところに親子の関係を生みだし、その子供およびその養親双方の生活を永久に変えてしまう。
We recognize the precedential value of prior cases discussing fraudulent misrepresentation in commercial settings.
当法廷は、商業的環境における、悪意による不実表示を議論した既往の諸判例の先例としての価値を認識している。
However, an adoption agency interjects itself into a process that alters permanently the structure of families and affects fundamental human relationships.
しかし、養子縁組紹介所は、家族構成を永久に変えてしまう過程に自ら関与し、根本的な人間関係を左右する。
We are loathe to adopt a view of causation that imposes on the participants in such an important process nothing more than the morals of the marketplace.
当法廷は、そのような重要な過程の参加者に因果関係論を適用して単なる市場のモラルにすぎないものを押しつけるのは気がすすまない。
See Michael J. v. County of Los Angeles, Department of Adoptions, 201 Cal. App. 3d 859, 875, 247 Cal. Rptr. 504, 513 (1988)
Michael J. v. County of Los Angeles, Department of Adoptions, 201 Cal. App. 3d 859, 875, 247 Cal. Rptr. 504, 513 (1988) を参照。
("As trustees of the child's destiny the [adoption] agency was obligated to act with morals greater than those found in a purveyor's common marketplace.")
(「その子供の運命の受託者として、同養子縁組紹介所は、通常の市場の調達人が有する以上のモラルで行動する責任があった。」)
Accordingly, we believe that our analysis of the causation issue is better served by considering the case law that has developed around the adoption process itself.


従って、当法廷は、養子縁組の過程そのものを巡って発達してきた判例法を検討することによって、因果関係問題をより良く分析することができると考える。
The leading case on "wrongful adoption" in Illinois, is Roe v. Catholic Charities of the Diocese of Springfield Illinois, 225 Ill. App. 3d 519 (1992). 「不法養子縁組」に関しイリノイ州で行われた代表的な裁判としてRoe v. Catholic Charities of the Diocese of Springfield Illinois, 225 Ill. App. 3d 519 (1992) がある。
Although many cases refer to "wrongful adoption," we recognize, as the Catholic Charities court did, that wrongful adoption is not a separate species of tort, but is instead nothing more than a phrase that encompasses the application of various traditional tort principles to cases arising in an adoption setting.
多くの訴訟でも「不法養子縁組」に言及してはいるが、このCatholic Charities事件の裁判所と同様に当裁判所が認識しているのは、不法養子縁組というのは不法行為の別個または独自の類型ではなくて不法行為の1つの在り様を示すものに過ぎず、そこでは不法縁組という設定で発生する訴訟に対して伝統的で様々な不法行為の法理が適用される、ということである。
See Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 524.
Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 524 参照。
The Catholic Charities case involved three adopted children and three sets of adoptive parents.
Catholic Charities事件の裁判には3人の養子と3組の養父母が関わっていた。
In each case, the adoptive parents alleged that they requested a "normal, healthy" child and that they were told that their particular child was a normal child who only needed lots of love.
それぞれの縁組において養父母は「正常で健康な」子供を望み、正常でたくさんの愛情を必要としているだけの子供としてそれぞれの子を紹介されたと主張した。
However, in each case, the defendant adoption agency knew the child had exhibited abnormal or violent behavior and two of the children had received psychiatric treatment.
しかし、そのどの組においても以前から子供たちに異常または暴力行為が見られており、うち2人は精神科の治療を受けていたことを、被告である養子縁組紹介所は承知していた。
The children continued to display abnormal behavior after they were adopted and the adoptive parents incurred extraordinary expenses in providing treatment for the children.
子供たちは養子縁組の後も異常な行動を繰り返し、養父母たちは治療を受けさせるため莫大な出費を負担することになった。
The adoptive parents subsequently filed claims against the adoption agency alleging fraud and negligent misrepresentation.


養父母たちは悪意および過失による不実表示があったと主張して、後に養子縁組紹介所に対し損害賠償を申し立てた。
The Catholic Charities court examined precedents from several other jurisdictions and concluded that fraud and negligent misrepresentation were valid causes of action against an adoption agency arising out of false statements made in connection with an adoption.
Catholic Charities事件の裁判所では他のいくつかの法域の裁判所が扱った判例を精査し、養子縁組に関連してなされた虚偽の供述から生まれた悪意および過失による不実表示が養子縁組紹介所に対する有効な訴訟原因になっていると結論づけた。
Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529, 538. In reference to the plaintiffs' fraud claims the reviewing court observed:


Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529, 538. 原告側による詐欺の訴えに関し控訴審は次のように述べた。
"We join with these learned courts and require no guarantee of the future health and happiness of the adopted children.
「これらの識見ある裁判所と歩調を合わせて、養子となった子供たちの将来の健康や幸福について如何なる保証も求めはしない。
To do so would place an unbearable burden upon adoption agencies.
さもなければ養子縁組紹介所に耐えうる以上の重荷を背負わせてしまうことになるだろう。
We merely require adoption agencies to follow the law.
養子縁組紹介所に対し当裁判所が求めるのは法律の遵守のみである。
Although at the time of the adoptions there was no statute requiring disclosure, the agency was prohibited from committing fraud."
養子縁組を行う時点で情報開示を義務付ける法律は存在していなかったが、紹介所が詐欺行為を働くことは許されなかった。」
Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529, citing Michael J., 201 Cal. App. 3d at 875, 247 Cal. Rptr. at 513; Burr v. Board of County Commissioners of Stark County, 23 Ohio St. 3d 69, 77, 491 N.E. 2d 1101, 1109 (1986).


Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529, citing Michael J., 201 Cal. App. 3d at 875, 247 Cal. Rptr. at 513; Burr v. Board of County Commissioners of Stark County, 23 Ohio St. 3d 69, 77, 491 N.E. 2d 1101, 1109 (1986)
In response to the argument that imposing fraud liability on adoption agencies would make the placement of handicapped children more difficult, the Catholic Charities court held that a policy of truth and straightforward dealing, rather than fraud, would actually help with the placement of handicapped children in appropriate homes.
詐欺の責任を負わせれば養子縁組紹介所が障がいを持った子供の縁組を行おうとするのを一層困難にするだろうという主張に対して、Catholic Charities事件の裁判所は、真実を伝え率直な取引態度を採るほうが実際問題として詐欺を働くよりも障がい児を適切な家庭に紹介することにむしろ結びつきやすいだろうと判示した。
Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529.
Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529.
The reviewing court observed:


控訴審は次のように述べている。
"It requires a person of special strength and strong values to adopt a handicapped child.
「障がいのある子供を養子にしようとする人間には並外れた精神力としっかりした価値観が求められる。
This person will go into the adoption with eyes open, presumably emotionally and financially able to support a handicapped child.
そういった人は状況を良く弁えた上で養子縁組の問題に手を着け、情緒的にも経済的にも障害児を支えて行くことができるだろう。
These parents will be prepared to accept the children as they are.
親となるこれらの夫婦は子供たちをあるがままに受け入れる用意があるだろう。
In addition, if the adoptive parents know of any potential problems with a child, they can see to it that the child receives appropriate treatment as soon as possible.
さらにはどんなものであれ子供に生じる可能性のある問題点を理解していれば、その子が可能な限り早期に適切な処置を受けることができるよう養父母は気をつけるだろう。
Early detection and treatment may lead to a greater chance of cure or effective treatment.
早期に発見・治療されれば回復や効果的な処置につながる可能性はより大きくなる。
The children deserve the opportunity for early treatment."
これらの子供たちは早期治療の機会を得るに値する。」
Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529.


Catholic Charities, 225 Ill. App. 3d at 529.
We believe that this passage reveals a central concern in adoption cases, i.e., that fraud by adoption agencies should be discouraged because it deprives the adoptive parents of the right to make an informed decision regarding the potential risks involved in the adoption of a child.


当裁判所は以下の一節が養子縁組裁判の核心を明らかにしていると考える。養子縁組紹介所による詐欺行為は許されるべきではない、なぜならば、ある子供を養子にすることによって発生する可能性のある危険について十分な情報を得たうえで決断を下す権利を養父母から奪うものであるからである。
We believe that our analysis of the causation element should be guided by the same concern regarding an adoptive parent's right to make an informed decision.
当裁判所が本件原因の構成要素を分析するに際しては、養父母が十分な情報を得て決断を下す権利について同様の配慮の下に分析が進められるべきであると当法廷は考える。
Accordingly, we conclude that in order to establish the causation element in a fraudulent misrepresentation or negligent misrepresentation cause of action an adoptive parent must establish that he asked a question that a rational parent would consider relevant to gauging the future risks of serious mental or physical illness, and that but for the adoption agency's false statement regarding that risk they would not have adopted the child.


したがって、悪意による不実表示または過失による不実表示の訴因における原因の構成要素を立証するために、当裁判所は養父母が下記を立証する必要があると結論する、すなわち、養父母は理性のある親ならば精神的または身体的な深刻な病気を発症する将来のリスクを推測する際に当然考慮に入れるであろう質問を行い、そのリスクに関し紹介所より虚偽の供述を得ていなければその子を養子にしてはいなかったということを立証しなければならない。
Plaintiffs affidavits each averred:


原告らの宣誓供述書ではそれぞれ次のように述べられている。
"That prior to the placement of [Larry] for adoption with me and my [spouse], I told [Edythe Jastram], inter alia, that my [spouse] and I would not accept for placement for adoption any child whose biological parents, either of them, had a history of mental health problems or intellectual disorders, or serious medical problems, and [Edythe Jastram] agreed to these conditions.
「私と妻が(ラリーを)養子として迎えるに先立って、私は(エディス・ジャストラムに対し)はっきりと、生みの両親がそのどちらか一方でも精神面の健康問題または知的障害、あるいは深刻な薬物問題を抱えた経験があれば、(妻と)自分はその子供を養子にはしないと伝えた。そして、(エディス・ジャストラムは)この条件に合意した。
*** I further state that I would not have adopted [Larry] *** had I known of [Larry's] biological mother's mental health and medical background."


(ラリーの)生母の精神面の健康や薬物の履歴を知っていたならば、・・・私は(ラリーを)養子にはしていなかったことをさらに断言する・・・。」
We believe that these assertions of fact are sufficient to establish the causation element of a fraudulent or negligent misrepresentation claim as we discussed above.
以上に議論したとおり、これらの事実の主張は悪意または過失による不実表示の請求にあたりその原因を構成していることを立証するのに十分であると当裁判所は認める。
Plaintiffs asked a question regarding the health of Larry's biological parents.
原告側はラリーの生みの両親の健康状態について質問を行っていた。
A jury could conclude that this question was of the type a reasonable parent would rely upon when weighing the risks that a child would later develop a serious health problem.
この質問は、理性的な親であれば子供がのちに深刻な健康問題を起こす危険を推し量る場合に尋ねて当然なタイプの質問であるという結論を陪審は下すこともできた。
As we observed above, plaintiffs presented facts from which a jury could conclude that defendant made a false statement in response to that question.
当裁判所がこれまで認めたとおり原告は事実を提示し、それにより陪審は、被告がその質問に対し虚偽の供述を行なったという結論に達した。
Finally, plaintiffs asserted that they would not have adopted Larry if they had received a truthful response to their inquiry.


最後に、原告側は自らの質問に対し真実が述べられていればラリーを養子にはしなかったと断言している。
Defendant argues that plaintiffs presented insufficient evidence from which a jury could find an intent to deceive. 被告は、陪審が詐欺についての故意を認定できるような証拠を、原告らが不十分に提出したと主張している。
Defendant argues that because it did not know Larry's mother's condition was inheritable, and because plaintiffs cannot prove that Larry inherited his condition, there can be no intent to deceive.
被告はラリーの母親の状態が遺伝し得ることを知らなかったこと、及び原告らがラリーの状態を遺伝によるものとして証明できないことを理由に、詐欺についての故意はあり得ないと主張する。
We disagree.
本法廷は同意しない。
The evidence plaintiffs presented supports the inference that defendant knew they would not accept a child for adoption from a parent with a history of mental illness.
原告らが提出した証拠は、原告らが精神疾患の病歴をもつ親からの養子を迎えないであろうことを被告が知っていたという推論を立証する。
The evidence also supports the inference that defendant made a false statement regarding the mental health of Larry's mother.
その証拠はまた、被告がラリーの母親の精神的な健康状態について虚偽の供述をしたとの推論を立証する。
We believe that this evidence is sufficient to create a question of material fact regarding whether defendant intended to deceive plaintiffs regarding the biological mother's mental health.
本法廷は次のように確信する。すなわち、この証拠は、被告が生みの母親の精神的な健康状態に関して原告らをだます意図をもっていたかどうかについて、重要な事実問題を引き起こすのに十分である。
This evidence does not conclusively establish that defendant did so because it intended to burden plaintiffs with a mentally ill child.
この証拠は、被告が原告らに精神疾患の子どもの負わせる意図があったからだまそうとしたことを決定的に立証するものではない。
However, defendant has provided us with no citation to authority that requires that the defendant in a fraud action intend to cause the injury complained of, and our own research has uncovered none.
しかし被告は、詐欺訴訟における被告には、訴えの対象である損害を引き起こす意図のあることが必要とする法源の引用を本法廷に対して何ら行っていない。加えて、本法廷自身の調査もこのような法源を見出していない。
We do not believe that it is necessary for plaintiffs to establish that defendant intended the consequences of its fraud in order to establish an intent to deceive.
本法廷は、原告らが詐欺についての故意を立証するために、被告が詐欺の結果を意図したことを立証することが必要ではないと確信する。
Defendant knew that plaintiffs would not accept a child from a mentally ill parent and made a false statement regarding the parent's mental health.
被告は原告らが精神疾患の親から子どもを迎えないであろうことを知っており、またその親の精神的な健康状態について虚偽の供述を行った。
The intent to deceive can be inferred from the fact that a person knowingly makes a false statement when made for the purpose of inducing the one to whom the statement is made to act.
詐欺についての故意は、ある人が故意に虚偽の供述を行う事実から推定できるが、この場合供述のなされる相手方を行動に誘う目的で虚偽の供述がなされる。
Szajna v. General Motors Corp., 115 Ill. 2d 294, 322-23 (1987).
Szajna v. General Motors Corp., 115 Ill. 2d 294, 322-23 (1987)。
We believe that whether defendant made the false statement for the purpose of inducing plaintiffs to act is a question of fact for the jury to decide.


本法廷は、被告が原告らを誘導する目的で虚偽の供述を行ったかどうかは陪審が決定すべき事実問題であると確信する。
In conclusion, we hold that a fraudulent or negligent misrepresentation claim against an adoption agency is viable when the agency makes a false statement that affects the adoptive parents' right to make an informed decision.
結論として、本法廷は次のように判示する。すなわち、養子縁組紹介所に対し、悪意または錯誤による不実表示について請求を行い得るのは、養父母のもつ、情報に基づく決定を行う権利に影響するような、虚偽の供述をその紹介所が行う場合である。
We find that in the case before us, plaintiffs presented sufficient evidence to create a question of material fact about whether defendant made such a false statement and whether they were injured by the false statement.
本法廷は以下のことを認定する。すなわち、本件訴訟において原告らは、被告が上述のような虚偽の供述を行ったかどうか、そして原告らがその虚偽の供述によって損害を受けたかどうかについて、重要な事実問題が生じるのに十分な証拠を提出した。
Therefore, we conclude that the trial court erred when it granted defendant's motion for summary judgment.
そのため、本法廷は、第一審が被告によるサマリージャッジメントの申立てを認めた点で誤りであったと結論する。
Accordingly, we reverse the judgment of the trial court and remand this matter for further proceedings consistent with this order.


従って、本法廷は第一審の判決を破棄し、本事案を本件命令に沿って更に審理を尽くすために差し戻す。
As a final note, we observe that plaintiffs also included a count in their complaint brought on behalf of their daughter, Jane, whom they adopted through defendant after they adopted Larry.
最後に、本法廷は次のことに言及する。すなわち、原告らはその訴状において、原告らがラリーを養子にした後に被告を通じて養子にした娘のジェーンに対して提起した訴因を含めた。
This count alleged that defendant breached its duty not to place her for adoption with a family who had adopted a "non-normal" child.
当該訴因は、被告がジェーンを、「普通ではない」子どもを養子にしたことがある家族の養子にしない義務に違反したと主張する。
We believe that this count raises issues distinct from those implicated in the remaining counts.
本法廷は、当該訴因が他の訴因にに関わる争点とは別個の争点を提起すると確信する。
However, plaintiffs' brief fails to distinguish between the counts brought on their own behalf and the count brought on Jane's behalf and presents no argument regarding the validity of Jane's negligence claim.
しかし、原告らの上訴趣意書は、原告ら自身の利益に関して提起された訴因とジェーンの利益に関して提起された当該訴因とを区別せず、ジェーンが主張する過失責任に対する請求の有効性について何ら主張を行っていない。
Accordingly, we find that plaintiffs have waived the issue on appeal (see Hoff, 331 Ill. App. 3d at 741), and we affirm the trial court's order granting summary judgment in favor of defendant on count IV of plaintiffs' complaint.



従って、本法廷は、原告らが上訴において当該争点を放棄したものとみなし(Hoff, 331 Ill. App. 3d at 741参照)、原告らの訴状における第4の訴因について被告側に有利なサマリージャッジメントを認めた第一審の命令を維持する。
CONCLUSION


結論
In appeal no. 1-00-0246, we conclude that the trial court did not err when it dismissed plaintiffs' breach of contract claim.
控訴事件番号1-00-0246において、本法廷は、第一審が原告らの契約違反の主張を棄却した点につき誤りがなかったと結論する。
However, we conclude that plaintiffs presented sufficient evidence to create a question of material fact regarding their fraudulent and negligent misrepresentation claims.
しかし、本法廷は次のように結論する。すなわち、原告らは、悪意および過失による不実表示についての請求に関して重要な事実問題が生じるのに十分な証拠を提示した。
Therefore, we conclude that the trial court erred when it granted defendant summary judgment on those counts.
それゆえ、本法廷は第一審が被告にこれらの訴因においてサマリージャッジメントを認めた点につき誤りがあったと結論する。
We further conclude, that plaintiffs have waived the issue of whether the trial court erred when it granted defendant summary judgment on the count brought on Jane's behalf, and we affirm the trial court's order granting summary judgment on that count.
本法廷は更に、原告らは第一審がジェーンの利益について提示された訴因に関するサマリージャッジメントを被告に認めた点につき、第一審に誤りがあったか否かという争点について争う権利を放棄したものと結論する。そして、本法廷は第一審の当該訴因に関するサマリージャッジメント容認の命令を維持する。
For the foregoing reasons, the judgment of the circuit court of Cook County is affirmed in part and reversed in part.
上述の理由により、クック郡巡回裁判所の判決は一部維持され、一部破棄された。
This matter is remanded for further proceedings consistent with this order.


本事案は本件命令に沿って更なる法的手続を受けるために差戻しとする。
In appeal no. 1-00-3034, we conclude that the issue raised by plaintiffs' brief is moot and that the remaining issues have been waived on appeal by plaintiffs' failure to present arguments.
控訴事件番号1-00-3034において、本法廷は原告らの上訴趣意書で提起された争点が争訟性を失うこと、及び残りの争点は原告らの弁論不提示により控訴審において争う権利が放棄されたことを結論する。
This appeal is dismissed.


当該上訴は棄却される。
No. 1-00-0246--Affirmed in part, reversed in part. Cause remanded.


控訴事件番号1-00-0246
一部維持され、一部破棄された。本件訴訟は差し戻された。
No. 1-00-3034--Appeal dismissed.


控訴事件番号1-00-3034
上訴棄却。
O'BRIEN, P.J., and GALLAGHER, J., concur.



オブライエン裁判長およびガラハー裁判官も同意する。
n1. Defendant cites this code section in its arguments regarding the statute of limitations.
注1.被告は出訴期限に関する主張において当該Code of Civil Procedure(民事訴訟法)の条項を引用している。
Plaintiffs have managed to craft their statute of limitations arguments without any citation to the applicable statute of limitations.
原告らは適用可能な出訴期限の条項を何ら引用せずに出訴期限の主張を練り上げている。
However, we assume that their failure to identify a different section of the code in response to defendant's arguments constitutes an agreement that the five-year statute of limitations is applicable.

しかし、本法廷は、原告らが被告の主張に応じて異なる条項を特定していないことが、5年間の出訴期限が適用可能であることにつき合意を形成すると想定する。
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト

Amelia Network Co.,Ltd.