判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
テレビ番組ライセンス料不払い裁判
MCAテレビジョン社対フェルトナー
MCA Television Ltd. v. Feltner
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2009/03/10 13:55)
原文 日本語訳
United States Court of Appeals,

Eleventh Circuit.

No. 95-4424.

第11巡回区連邦控訴裁判所

事件番号:95-4424
MCA TELEVISION LTD. a Delaware Corporation, Plaintiff-Appellee,

v.

C. Elvin FELTNER, Jr., Defendant-Appellant.

J. Clifford Curley, et al., Defendants.


原告-被上訴人 : デラウエア州法人MCAテレビジョン有限会社



被告-上訴人 : C・エルビン・フェルトナーJr.
被告 : J・クリフォード・カーレイ他
July 26, 1996.
Appeal from the United States District Court for the Southern District of Florida. (No. 93-14213-CIV-EBD), Edward B. Davis, Judge.


1996年7月26日

フロリダ州南部地区連邦地方裁判所 (事件番号:93-14213-CIV-EBD) からの控訴
エドワード・B・デービス地裁判事

Before COX and BARKETT, Circuit Judges, and BRIGHT [*] , Senior Circuit Judge.


コックスおよびバーケット両巡回裁判官、ならびにブライト[*]最先任巡回裁判官による審理
BARKETT, Circuit Judge:


バーケット巡回裁判官による法廷意見
C. Elvin Feltner, Jr., appeals from a $9 million judgment against him in favor of MCA Television following a non-jury copyright infringement trial.
著作権侵害を審理する非陪審の正式事実審理の結果、原告MCAテレビジョン社が勝訴して、900万ドル支払の判決を受けた被告C・エルビン・フェルトナーJr.が控訴した。
Feltner contends that the judgment must be reversed because the district court (1) lacked subject matter jurisdiction, (2) erred in finding that he breached licensing agreements when he failed to pay licensing fees that had become due under those agreements, and, finally (3) erred in calculating damages.
フェルトナーは、(1) 地裁が事物管轄権を有しないこと、(2) ライセンス契約に基づき期限の到来したライセンス料を滞納したため、同人の契約違反を認定した地裁は誤審を犯していること、最後に(3) 地裁は損害賠償額の計算を間違えていること、以上を理由として、上記の判決は破棄されねばならないと主張した。
We affirm.


当法廷は原審判決を維持する。
Factual Background


事実関係の背景
MCA owns syndicated television programs and Feltner owns television stations.
MCAはテレビのシンジケート番組を所有し、フェルトナーはテレビ局を所有している。
MCA and Feltner entered into an agreement in which MCA licensed Feltner to show certain programs, such as "Kojak" and "The A Team."
MCAとフェルトナーはライセンス契約を締結し、MCAは「Kojak」および「The A Team」など自社番組の放送権をフェルトナーに許諾していた
When Feltner failed to pay fees that had become due, MCA suspended his right to televise its programs.
支払期限を迎えたライセンス料をフェルトナーが滞納したため、MCAは自社番組の放送権を停止した。
Notwithstanding the suspension, Feltner continued to televise the MCA programs.
かかる停止処分にもかかわらず、フェルトナーはMCA番組を放送し続けた。
MCA sued Feltner claiming 900 separate acts of copyright infringement; one for each unauthorized program that Feltner aired.
MCAはフェルトナーを訴え、被告が無許可で放映した番組の1件1件を取り上げ、全部で900件の著作権侵害行為に対する損害賠償を請求した。
The district court found for MCA, awarded $10,000 pursuant to statute for each of the 900 unauthorized programs aired, and entered a $9 million judgment against Feltner.


地裁はMCAに有利な判決をくだし、制定法に従い、無許可で放映した900件の番組に対して1件当たり10,000ドルの裁定を行い、フェルトナーに対して900万ドルの支払いを命じた。
Discussion


議論
Feltner initially asserts that the district court lacked subject matter jurisdiction because this cause did not "arise under" the Copyright Act. 17 U.S.C. § 501 et seq.
先ずフェルトナーは、本訴訟は著作権法17 U.S.C. §501以下に「基づいて発生した」ものではないから、地裁には事物管轄権がないと主張する。
Feltner argues that this case involves a breach of contract claim and that the federal district court therefore did not have jurisdiction.
フェルトナーは、本訴訟は契約違反に対する請求に関わるものであり、したがって連邦地裁には管轄権がないと主張した。
We disagree and find that the court had subject matter jurisdiction over MCA's claim under the Copyright Act.
当法廷は意見を異にするものであり、地裁は著作権法に基づいてMCAの請求訴訟に対する事物管轄権を有すると認定する。
See Sullivan v. Naturalis, 5 F.3d 1410, 1413 (11th Cir.1993).


Sullivan v. Naturalis, 5 F.3d 1410, 1413 (11th Cir. 1993) 参照。
Feltner next asserts that the district court erred in finding that he breached the licensing agreements when he failed to pay the licensing fees.
次にフェルトナーは、本人がライセンス料を滞納した時点においてライセンス契約に違反したと認定することで、地裁が誤審を犯したと主張している。
The licensing agreements provided that, if Feltner failed to pay the licensing fees, MCA could terminate Feltner's right to broadcast MCA programs.
ライセンス契約は、フェルトナーがライセンス料を滞納した場合、MCAはフェルトナーの自社番組の放送権を解除できると規定している。
Feltner does not dispute that he failed to pay the fees.
フェルトナーは、自らがライセンス料を滞納したことには異存を唱えていない。
He argues, rather, that MCA waived its right to terminate the licensing agreements because MCA treated prior termination letters merely as collection letters to induce payment.
同人は、むしろ、MCAが契約早期解除の通知状を単に支払を促す督促状並みに取り扱っていたことから、MCAはライセンス契約の解除権を放棄していたと主張している。
We conclude that the district court's factual finding that MCA did not waive its right to terminate the licensing agreements was not clearly erroneous.


当法廷は、MCAがライセンス契約の解除権を放棄しなかったとする地裁の事実認定に明白な間違いはなかったと結論する。
Finally, Feltner argues that the district court erred in its calculation of damages in various ways, only some of which we find necessary to discuss here.
最後に、フェルトナーは、地裁が損害賠償金額の種々の計算方式で間違いを犯したと主張している。当法廷はその主張の一部についてのみ本訴訟で議論する必要があると認める。
Initially, we reject Feltner's assertion that the district court erred in finding that Feltner acted "willfully" in infringing MCA's copyright, which resulted in a higher statutory damages determination.
先ず、フェルトナーによるMCA著作権の侵害が「故意に」行われたと認定されたために、より高額な法定損害賠償が決定される結果となったことで、地裁が誤審を犯したとするフェルトナーの主張を当法廷は却下する。
Section 504(c)(1) of the Copyright Act, 17 U.S.C. § 504(c), provides that the copyright owner may elect to recover, instead of actual damages and profits, an award of statutory damages "in a sum of not less than $500 or more than $20,000" for each infringement.
著作権法17 U.S.C. のSection 504(c) (1)において、著作権所有者は、現実的損害および利益に代えて、侵害行為1件ごとに「500ドル以上20,000ドル未満」で裁判所が正当と考える金額の法定損害賠償の裁定を選択できると規定している。
See 17 U.S.C. § 504(c)(1) (1996).
17 U.S.C. §504(c)(1) (1996) 参照。
Section 504(c)(2) provides for an enhanced damages award if the infringement was willful and for a reduced award if the infringement was innocent.
Section 504(c)(2)は、侵害行為が故意になされた場合の高額にのぼる損害賠償額、および侵害行為が善意でなされた場合の低減された損害賠償額を規定している。
One commentator has stated that "[i]t seems clear that as here used "willfully' means with knowledge that the defendant's conduct constitutes copyright infringement." 3 Nimmer on Copyright (1990), § 14.04[B], 14-58-60 (emphasis added).


ある法律解説者は、「ここで使用されている『故意に』という用語は、被告の行為が著作権侵害行為を構成することを承知の上で、という意味であることは明白と思われる」と述べている。3 Nimmer on Copyright (1990), §14.04[B], 14-58-60 (emphasis added).

We note that, although the district court found that Feltner's infringements of MCA's copyrights were "willful, not innocent, in nature," the district court awarded damages of $10,000 per airing, an amount which did not require a finding of willfulness. 当法廷は、地裁が、フェルトナーのMCAに対する著作権侵害は「まったく故意であり、善意ではなかった。」と認めたとはいえ、1回の放送につき、$10,000(1万ドル)の損害賠償を認めたことに注目している。この1万ドルの損害賠償では、故意の事実認定は要求されない。
In any event, the district court's finding that Feltner acted willfully was not clearly erroneous.
いずれにせよ、地裁がフェルトナーが故意に行動したことを認めたのは、明らかな間違いではない。
As the court pointed out, Feltner knew that MCA's revocation of his stations' license to air MCA programs prevented him from lawfully broadcasting them.
裁判所が指摘するように、フェルトナーは、MCAが彼の放送局のMCA番組を放映するライセンスを取り消したために、これらMCA番組を合法的に放送できなくなったことを、わかっていた。
As such, Feltner knew his conduct constituted copyright infringement.


フェルトナーは、厳密な意味で自分の行為が著作権の侵害にあたることを、知っていたのである。
Feltner also argues that the district court erred in calculating damages because it awarded damages for each episode broadcast, as opposed to each series, as a separate "work."
フェルトナーはまた、地裁が賠償損害金額を計算するに当たり、誤りを犯したと主張する。つまり、地裁が、それぞれの連続シリーズでなく、エピソード([テレビ番組の]1回放映分)を独立した著作物としてとらえ、それに基づいて損害賠償金を計算、認定したというのである。
Although the federal Copyright Act allows for damages based on each "work," see 17 U.S.C. § 504(c)(1) (providing that "the copyright owner may elect, at any time before final judgment is rendered, to recover, instead of actual damages and profits, an award of statutory damages for all infringements involved in the action, with respect to any one work ") (emphasis added), it does not define the term "work."


連邦の著作権法は、個々の「著作物」に基づいて損害賠償額を認めているが、「著作物」という用語の定義はしていない。(「著作権所有者は、最終判決の為される前のどの時点においても、現実的損害および利益に代えて、いずれか1つの著作物に関して、当該訴訟に含まれるすべての侵害行為に対する法廷損害賠償額につき単一の裁定の獲得を選択することが出来る」と規定する。17U.S.C.504条c項1号参照。)(emphasis added)
The circuits that have defined "work" have held that "separate copyrights are not distinct "works' unless they can "live their own copyright life.' "
従来著作物を定義した巡回区連邦控訴裁は、個々の著作権が、それぞれ独自の著作権の自立性を示さないかぎり、互いに区別できる「著作物」とはならないと判示してきた。
Gamma Audio & Video, Inc. v. Ean-Chea, 11 F.3d 1106 (1st Cir.1993); Robert Stigwood Group, Ltd. v. O'Reilly, 530 F.2d 1096, 1105 (2nd Cir.1976); Walt Disney Co. v. Powell, 897 F.2d 565, 569 (D.C.Cir.1990).
Gamma Audio & Video, Inc. v. Ean-Chea, 11 F.3d 1106 (1st Cir. 1993)、Robert Stigwood Group, Ltd. v. O'Reilly, 530 F.2d 1096, 1105 (2nd Cir. 1976)、およびWalt Disney Co. v. Powell, 897 F.2d 565,569(D.C.Cir. 1990)
This test focuses on whether each expression has an independent economic value and is, in itself, viable.
この基準では、それぞれの表現が独立した経済的価値を持っているかどうか、およびその個別の表現が独自に存立可能かどうか、が焦点となっている。
11 F.3d at 1116, 530 F.2d at 1105, 897 F.2d at 568.


11 F.3d at 1116, 530 F.2d at 1105, 897 F.2d at 568.
Feltner asserts that the industry practice is to enter contracts for television series, not individual episodes of series, and that no one would purchase and air just one episode of a series.
フェルトナーは、業界の慣行ではテレビシリーズの中の個々のエピソードではなくて、シリーズごとに契約を結び、1つのエピソードだけを買って放映する者は誰もいないと、主張する。
He argues that, for these reasons, an individual episode of a series does not have independent value, is not "commercially viable," and therefore is not a "work" under the test adopted by the First, Second, and D.C. Circuits.


フェルトナーは、これらの理由から、シリーズの個々のエピソードは独立した価値を持たず、「商業価値」が無く、また、そのため、第1巡回区連邦控訴裁、第2巡回区連邦控訴裁、およびコロンビア特別区連邦控訴裁で採用された基準では、「著作物」ではないと、主張する。
Although we agree with the test adopted by other circuits in defining a "work," we find that Feltner has failed to meet it here.
当法廷では、他の巡回区連邦控訴裁で「著作物」の定義に当たって採用された基準に同意はするが、フェルトナーの上記主張では、当該基準に当てはまらないと認定する。
Indeed, in Gamma, the First Circuit rejected the same argument Feltner now makes.
まったくのところ、Gamma事件に対し、第1巡回区連邦控訴裁は、フェルトナーの現在の主張と同じ主張を棄却している。
Gamma involved a video rental store, Ean-Chea, that reproduced and rented unauthorized videotape copies.
Gamma社は、Ean-Cheaというビデオレンタルショップに関わっており、Ean-Cheaは無許可のビデオテープのコピーを複製して、レンタルしていた。
11 F.3d at 1108.
11 F.3d at 1108.
The district court found that Ean-Chea infringed the copyrights of four episodes of a Chinese language television series owned by Gamma.
地裁は、Ean-CheaがGammaの所有する中国語版テレビシリーズの中の4つのエピソード著作権を侵害したと認めた。
In calculating statutory damages, the district court gave Gamma a single award, concluding that although Ean-Chea had infringed upon the copyrights in four separate episodes of the series, these episodes constituted only one work based in part on the fact that Gamma sells or rents only complete sets of the series to video stores.
地裁は、法定損害賠償額を計算するのに、Ean-Cheaが当該シリーズの中の4つの個々のエピソードで著作権を侵害したにしても、これらのエピソードは、Gammaがビデオショップでシリーズの完全セット版のみを販売およびレンタルしている事実を部分的根拠として、ただひとつの著作物を構成していると結論付け、Gammaに単一の裁定を与えた。
Id. at 1115.
同上 at 1115
The First Circuit reversed, reasoning that

[a] distributor's decision to sell or rent complete sets of a series to video stores in no way indicates that each episode in the series is unable to stand alone.

第1巡回区連邦控訴裁は、以下の理由で、原判決を破棄した。

配給業者がビデオショップに、シリーズの完全セット版を販売し、またはレンタルしようと決めているのは、決してシリーズの中の各エピソードが単独では自立性がないことを示唆するものではない。
More significant for present purposes is the fact that (1) viewers who rent the tapes from their local video stores may rent as few or as many tapes as they want, may view one, two, or twenty episodes in a single sitting, and may never watch or rent all of the episodes; and (2) each episode in the [ ] series was separately produced.


現在の論点により重要なのは、以下の点である。(1)地元のビデオショップでビデオテープを借りた視聴者は、多少に関わらず欲しいだけの本数のビデオテープを借り、1本、2本または一度に20本のテープを見るかも知れないし、エピソードの全部を見たり借りたりすることはついぞ無いかも知れない。かつ(2)数シリーズの各エピソードは、別々に生産される。
Id. at 1117.


同上 at 1117
Similarly, the decision of a distributor of television programs to sell television series as a block, rather than as individual shows, in no way indicates that each episode in a series is unable to stand alone.
同様に、テレビ番組の配給業者が、テレビシリーズを、どちらかといえば各放送番組というよりは、一連の作品群で販売しようと決めたからといって、一つのシリーズの中の各エピソードが単独では自立性がないなどということを表明することには、決してならないのである。
Each episode was produced independently from the other episodes and each was aired independently from preceding and subsequent episodes.
各エピソードは、他のエピソードから独立して制作されていたし、かつその各々は、前後のエピソードから独立して放映された。
Moreover, each episode, and not each series, was individually copyrighted by MCA.


さらに、各シリーズではなくて、各エピソードに対して、MCAは個別に著作権を取得していた。
Along the same lines, we reject Feltner's argument that each episode was part of a "collective work." 同じ方法で、本法廷はそれぞれのエピソードを1つの「集合著作物」の一部分とするフェルトナーの主張を却下した。
Section 504(c)(1) provides that "all parts of a compilation ... constitute one work."
Section 504(c)(1)は、「1つの編集著作物のすべての部分は…1つの著作物を構成する。」と規定する。
The Copyright Act defines "compilation" as

a work formed by the collection and assembling of preexisting materials or of data that are selected, coordinated, or arranged in such a way that the resulting work as a whole constitutes an original work of authorship.

著作権法は「編集著作物」を次のように定義する

結果的な著作物が全体として著者の原著作物を構成するような方法で、既存の資料または選出され、調整され、あるいは整理されたデータを収集し、組み立てることによって作り上げられた著作物。
The term "compilation" includes collective works.


「編集著作物」という言葉は集合著作物を含意する。
17 U.S.C. § 101 (emphasis added).
17 U.S.C. § 101(emphasis added)。
A "collective work" is "a work, such as a periodical issue, anthology, or encyclopedia, in which a number of contributions, constituting separate and independent works in themselves, are assembled into a collective whole." Id.


「集合著作物」とは「定期刊行物、アンソロジー、または百科事典のように、それ自身で別個の独立した著作物を構成する多くの寄稿が集合体として組み立てられた1つの著作物」である。同上。
Feltner points to a clause in the licensing agreements referring to anthologies and argues that each series at issue here is an anthology.
フェルトナーはアンソロジーに適用されるライセンス契約の条項を指し、ここで論争中のそれぞれのシリーズがアンソロジーであると主張する。

We are not persuaded.
本法廷はこの主張を採用しない。
In Twin Peaks Productions, Inc. v. Publications International, Ltd., 996 F.2d 1366 (2nd Cir.1993), the Second Circuit addressed the issue of the appropriate unit for determining statutory copyright damages.
Twin Peaks Productions, Inc. v. Publications International, Ltd., 996 F.2d 1366 (2nd Cir.1993)において、第2巡回区連邦控訴裁は法定の著作権の損害賠償額を決めるのに適切な単位の問題を処理した。
There, Publications International had published a book containing a detailed discussion of the plots of eight episodes of the television show "Twin Peaks."
そこでは、Publications Internationalは「Twin Peaks」というテレビショーの8つのエピソードの筋書についての詳細な考察を含む本を出版した。
Publications International argued, as Feltner does here, that, although each episode of "Twin Peaks" was individually copyrighted, it constituted a single work under section 504 of the Copyright Act.
Publications Internationalは、ここでフェルトナーが主張するように、「Twin Peaks」のそれぞれのエピソードは個別に著作権を得ているが、それは著作権法のsection 504において1つの著作物を構成する、と主張した。
The Second Circuit rejected this argument, stating that "[t]he author of eight scripts for eight television episodes is not limited to one award of statutory damages just because he or she can continue the plot line from one episode to the next and hold the viewers' interest without furnishing a resolution."
第2巡回区連邦控訴裁は、「8つのエピソード用の8つの台本の著者は法定損害賠償額の裁定を1つに限定されない。なぜなら、彼または彼女は1つのエピソードから次のエピソードへと筋書を連続させ、解決させないことで視聴者の興味を保つことができるからである。」と述べて、この主張を却下した。
Id. at 1381.


同上 at 1381。
Feltner's argument is not as strong as that rejected by the Second Circuit in Twin Peaks.
フェルトナーの主張はTwin Peaksにおいて第2巡回区連邦控訴裁が却下した主張ほど強くない。
Whereas "Twin Peaks" involved a series of eight shows with a plot that linked the shows together into one cohesive story, the programs at issue here-"The A Team" and "Kojak"-are series with individual plots in each episode.
8つのエピソードが1つのシリーズに纏められた「Twin Peaks」では1本の筋書がそれらのエピソードを1つの完結した物語に繋ぎ合わせているのに対して、本訴訟で争点となっている番組の「The A Team」と「Kojak」は、エピソードごとに独立した筋書の付いたシリーズである。
Thus, the district court properly awarded damages for each television episode, rather than for each series, broadcast as a separate "work."


従って、地裁はそれぞれのシリーズではなく、それぞれのテレビのエピソードの放送を別個の「著作物」として損害賠償額の裁定を適切に行った。
Finally, Feltner asserts that the district court erred in calculating damages because it awarded damages for multiple airings of the same episode.
最後に、フェルトナーは地裁が同じエピソードの複数回の放送に対する損害を裁定することで、損害賠償額の算出を誤ったと主張する。
He argues that, under the Copyright Act, statutory damages are based on each "work" infringed, rather than each infringement, see 17 U.S.C. § 504(c), and that if the same episode is aired three times, only one work has been infringed, not three.
彼は、著作権法において、17 U.S.C. § 504(c)を参照すると法定損害賠償額はそれぞれの侵害ではなく、侵害されたそれぞれの「著作物」に基づくのであり、もし同じエピソードが3回放送されるとしても、3つではなく、1つの著作物だけが侵害されるのである、と主張した。
MCA responds that Feltner did not properly place this issue before the district court for determination and that, as a result, we cannot reach the merits of the issue.
MCAは、フェルトナーが決定に向けて地裁にこの問題を適切に提示せず、その結果、本法廷が本案については判断できなくなっていると答えた。
We agree with MCA.


本法廷はMCAに同意する。
Section 504(c)(1) provides that "the copyright owner may elect ... an award of statutory damages for all infringements involved in the action, with respect to any one work ...." (emphasis added).
Section 504(c)(1)は「著作権の保持者は…どの1つの著作物についても、訴訟に関係するすべての侵害の法定損害賠償額の1つの裁定を…選んでもよい。」と規定する(emphasis added)。
The Fifth Circuit summarized the effect of section 504(c)(1):


第5巡回区連邦控訴裁はsection 504(c)(1)の効果を要約した:
Under this section, the total number of "awards" of statutory damages (each ranging from $500 to $20,000) that a plaintiff may recover in any given action depends on the number of works that are infringed and the number of individually liable infringers, regardless of the number of infringements of those works.
このsectionにおいて、原告が特定の訴訟において勝ち取りうる法定損害賠償額(それぞれ500ドルから20,000ドルの間)の「裁定」の合計数は、侵害された著作物の数および個人的に法定責任のある侵害者の数により、それらの著作物の侵害の回数は考慮されない。
So if a plaintiff proves that one defendant committed five separate infringements of one copyrighted work, that plaintiff is entitled to only one award of statutory damages ranging from $500 to $20,000.
従ってもし原告が、1人の被告が著作権の保護された1つの著作物に対する侵害を5回行ったことを証明した場合でも、その原告はただ1つの500ドルから20,000ドルの間の法定損害賠償額の裁定を受ける資格をもつだけである。
And if a plaintiff proves that two different defendants each committed five separate infringements of five different works, the plaintiff is entitled to ten awards, not fifty.


そしてもし原告が、2人の被告がそれぞれ5つの異なる著作物について5回の独立した侵害を行ったことを証明した場合、その原告は50ではなく、10の裁定に対する資格をもつ。
Mason v. Montgomery Data, Inc., 967 F.2d 135, 143-44 (5th Cir.1992); see also Walt Disney Company v. Powell, 897 F.2d 565, 569 (D.C.Cir.1990).

Mason v. Montgomery Data, Inc., 967 F.2d 135, 143-44 (5th Cir.1992); Walt Disney Company v. Powell, 897 F.2d 565, 569 (D.C.Cir.1990)をも参照。
In this case, however, the district court determined that the parties had failed to raise the issue of whether multiple airings of the same episode were included within the 900 broadcasts of MCA programs that Feltner agreed he aired after MCA had withdrawn Feltner's license.
しかしながら本訴訟で地裁は、同一エピソードの複数回放送が、MCAによるライセンス撤回後に放送したとフェルトナーが認める900回のMCA番組の中に含まれるかどうかという争点を両当事者は提起しなかったと判断した。 
The district court concluded that the parties had agreed in the pretrial stipulation that, if Feltner were found liable for copyright infringement, the number of works infringed was 900, one for each of the programs Feltner aired after MCA withdrew Feltner's license.


地裁は、両当事者はトライアル前合意書でフェルトナーが著作権侵害に対して責任を有すると認定された場合、侵害された著作物の件数は900件であり、MCAによるライセンス契約解除後フェルトナーが番組を放送した回数900回と1対1であるということで合意していたと推断した。   
Rule 16.1E of the Local Rules of the Southern District of Florida instructs parties to file a Joint Pretrial Stipulation no later than five days prior to the pretrial conference.
フロリダ州南部地区連邦地裁規則のRule 16.1Eは、当事者にトライアル前会議に先立つ5日以内に合同のトライアル前合意書を提出するよう指示している。
Rule 16.1E provides that "[t]he pretrial stipulation shall contain ... [a] concise statement of issues of law which remain for determination by the court."
Rule 16.1Eは「トライアル前合意書は、法廷がまだ決定していない法律上の争点について簡潔な陳述・・・を盛り込まなければならない。」と規定している。  
Rule 16.1G further provides that "the pretrial stipulation ... will control the course of the trial."
Rule 16.1Eはさらに「トライアル前合意書は・・・正式事実審理の進行を支配するものとする」と規定している。
We previously have stated that we owe great deference to the trial judge's interpretation and enforcement of pretrial stipulations.
本法廷は、地裁判事のトライアル前合意書に関する解釈と執行に深い敬意を払っていることを前述した。
See West Peninsular Title Co. v. Palm Beach County, 41 F.3d 1490, 1493 (11th Cir.1995).


West Peninsular Title Co. v. Palm Beach County, 41 F.3d 1490, 1493 (11th Cir.1995)を参照。
In this case, Feltner and MCA agreed in their joint pretrial stipulation that "[e]ach [of Feltner's] telecasts without MCA's authority-totalling at least 900 in number-constitutes a separate act of copyright infringement."
本訴訟で、フェルトナーとMCAは合同のトライアル前合意書で「MCAの承認を得ずにフェルトナーがテレビ放送した各回数は ? 合計で少なくとも900回になる ? 個々別々の著作権侵害行為を構成する」ということで同意した。
In the statement of uncontested facts, the parties agreed that Feltner's stations "continued to telecast MCA's programs after April 13, 1992 [the date MCA withdrew Feltner's license to telecast the programs], on a total of at least 900 separate occasions."
議論の余地がない事実陳述において、両当事者はフェルトナーのテレビ局は「1992年4月13日[この日にMCAがフェルトナーから番組放送ライセンスを撤回した] 後も累次合計少なくとも900回にわたってMCA番組の放送を続けた」とことに合意した。
In the "statement of issues of law which remain for determination," the parties did not list as a remaining issue whether multiple airings of a single episode of a program infringed one work or multiple works.
「法廷がまだ決定していない法律上の争点に関する陳述」において、両当事者は1つの番組の中の1つのエピソードの複数回放送が1つの著作物の侵害となるのか、または複数の著作物の侵害となるのかということを未解決の問題として記載しなかった。 
The parties merely stated generally that "what statutory damages shall be awarded in favor of MCA under § 504(c) of the Copyright Act" remained to be determined.
両当事者は単に「著作権法§504(c)に基づいて、いかなる法定損害賠償額がMCA側に有利に裁定されるべきかの問題」は未決定のままである」と一般的に陳べるにとどまった。 
Thus, despite agreeing to the fact that 900 acts of copyright infringement had occurred, nowhere in the pretrial stipulation did Feltner alert the district court to the specific legal issue of whether the 900 infringements might include multiple broadcasts of the same program that did not constitute separate "works" under section 504(c).


従って、著作権侵害行為が900回も発生するという事実に合意したにもかかわらず、section 504(c)のもとでは個々別々の「著作物」を構成しない同一番組の複数回放送が上記900回の侵害行為の中に含まれるか否かという特定の法的争点に対して、フェルトナーはトライアル前合意書のどの部分においても地裁の注目を喚起していない。

Moreover, Feltner presented no evidence at trial that the 900 "separate act[s] of copyright infringement" he stipulated to in the pretrial stipulation involved less than 900 infringements under section 504(c) due to multiple airings of the same program.
さらにフェルトナーは第一審において、トライアル前合意書で明記した900回もの「個々別々の著作権侵害の行為」は、section 504(c)のもとで同一番組の複数回放送であるという理由で900件以下の違反になるという証拠を何ら示さなかった。   
Feltner failed even to raise this issue until his closing argument.
フェルトナーは本争点を最終弁論まで提起することさえなかった。
As the district judge properly pointed out after announcing his findings, closing argument simply was too late to raise a new legal issue for the first time.
地裁判事が事実認定を発表した後に適正に指摘したとおり、最終弁論は、新規の法律的争点を初めて提起するには既に遅すぎる場であった。

See Fehlhaber v. Fehlhaber, 681 F.2d 1015, 1030 (5th Cir. Unit B 1982) ("[A]n argument first raised in a postjudgment motion is simply too late.").


Fehlhaber v. Fehlhaber, 681 F.2d 1015, 1030 (5th Cir. Unit B 1982)(「判決後申し立てで新規に提起された議論は遅きに失する」)を参照。
In light of the pretrial stipulation in this case, the deference we give a district court in interpreting a pretrial stipulation, and Feltner's failure to offer evidence at trial on the issue, we find that the district court did not err in interpreting the pretrial stipulation as not placing in issue the number of works infringed.
本訴訟のトライアル前合意書とトライアル前合意書を解釈した地裁に対し当法廷が表す敬意とフェルトナーが第一審で当争点の証拠を提出できなかった事実とを併せて考慮した結果、当法廷は、トライアル前合意書が侵害された著作物の件数を争点に挙げていないと解釈することで地裁が誤審を犯すことはなかったと認定する。
Although Feltner now argues on appeal that 900 acts of copyright infringement is not the same as 900 works under section 504(c), the time to raise this issue was in the issues of law section of the pretrial stipulation, or, at the very latest, during his case at trial.
フェルトナーは本控訴審において、ection 504(c)の下では著作権侵害行為の900件は著作物900件と同一ではないと主張するけれども、本争点を提起すべきタイミングはトライアル前合意書の法的問題点の部を記載する機会であった、または遅くとも第一審での当事者主張の期間であったのだ。

Because Feltner failed to raise the issue there, he cannot now raise it here.


フェルトナーは上記機会または期間に本争点を提起しなかったのであるから、もう本訴訟では提起できない。
Trial courts cannot be expected to try an issue that the parties have not placed before it.
第一審は、両当事者が提出しなかった争点を審理することは求められていないはずである。
Accordingly, the district court did not err in refusing to reopen the case after it had announced its findings to hear evidence on an issue not identified in the pretrial stipulation.
従って地裁は、トライアル前合意書で特定されなかった争点に関する証拠を審理するために、事実認定を発表した後で訴訟再開を拒否したことにおいて誤っていなかった。    

Accordingly, the district court's judgment is AFFIRMED.


よって地裁の判決は維持される。

BRIGHT, Senior Circuit Judge, dissenting:

ブライト最先任巡回裁判官、反対意見
The district court assessed Feltner $9,000,000 in statutory damages-$10,000 for each of the 900 occasions on which MCA's programming was improperly aired.
地裁はフェルトナーに900万ドルの法定損害賠償額を算定した。MCAの番組が、不法に放送された900回、各1回につき1万ドルの損害を認めたものである。
Because I believe that the district court incorrectly assessed statutory damages for each infringement (including repeat showings) rather than for each work (i.e. individual episode) infringed, I would remand the case to the district court for a correct determination of damages.


侵害行為に対する法定損害賠償の地裁の算定方法は各侵害行為によるもので(繰り返し放映された回数を含めて)正確とはいえず、各著作物数(すなわち、各エピソード数)により、なされるべきである。
よって本件は損害賠償額を正しく確定するために地裁に差し戻しとしたい。
The court's opinion correctly observes that the text of section 504(c)(1) of the Copyright Act and the case law interpreting that Act make clear that the statute allows only one award of statutory damages for each work infringed.
著作権法section 504(c)(1)の条文、および、同法を解釈する判例法が、制定法は侵害された1著作物に対して、法定損害賠償額の裁定を1件に限り認める旨明示していることを、本法廷意見は正確に表明している。
Section 504(c)(1) provides:

the copyright owner may elect, at any time before final judgment is rendered, to recover, instead of actual damages and profits, an award of statutory damages for all infringements involved in the action, with respect to any one work,....


第 504条(c)項(1)によると、著作権の所有者は終局的判決が言い渡される前はいつでも、実質的な損害および利益に代えて、侵害ごとに法定損害賠償額の裁定1件の回収を選択することができる・・・・
17 U.S.C. § 504(c)(1) (emphasis added). [1]


17 U.S.C. § 504(c)(1) (emphasis added). [注1]
 
See Mason v. Montgomery Data, Inc., 967 F.2d 135, 143-44 (5th Cir.1992) ("So if a plaintiff proves that one defendant committed five separate infringements of one copyrighted work, that plaintiff is entitled to only one award of statutory damages...."); Walt Disney Co. v. Powell, 897 F.2d 565, 569 (D.C.Cir.1990)
Mason v. Montgomery Data, Inc., 967 F.2d 135, 143-44 (5th Cir.1992)参照
(「したがって、1人の被告が版権のある著作物1件を5回にわたって不法に使用したことを証明しても、当該原告は法定損害賠償額一回分しか受領できない・・・・」)
Walt Disney Co. v. Powell, 897 F.2d 565, 569 (D.C.Cir.1990)参照
(「著作権法の本文とその立法経緯より、法定損害賠償額は侵害行為ではなく、侵害された作品数に応じて計算されるものである。」)

("Both the text of the Copyright Act and its legislative history make clear that statutory damages are to be calculated according to the number of works infringed, not the number of infringements.")

This court, however, finds this established legal standard inapposite because of statements included in the pretrial stipulation.
しかしながら、当法廷はトライアル前合意書に記載された陳述によって、上記の確立された法的基準は不適切と認定する。
The majority observes that Feltner presented no evidence at trial that the 900 "showings" he stipulated to in the pretrial stipulation amounted to less than 900 "works" due to multiple telecasts of the same program.
フェルトナーがトライアル前合意書で合意した「放送」回数の900回は、同一番組の複数回放送のために、「著作物」としては900件以下になるという証拠を、同人が正式事実審理の場では全く提示しなかった旨、多数意見は表明している。
The majority contends that because Feltner failed to raise this issue until after the close of the evidence, he became estopped from raising the issue in the district court and from asserting error in that regard on appeal. [2]
又、この件に関して、証拠品提示の締め切り期限までに問題提起しなかったとし、フェルトナーは地裁での当問題提起、及び、当問題に関し控訴審において事実誤認を主張することを禁じられた。 [注2]
The majority decision represents an erroneous interpretation of the pretrial stipulation, unjustly shifts the burden of establishing damages from the plaintiff to the defendant, and awards the plaintiff damages to which it is not entitled under the law.


この多数意見による判決は、トライアル前合意書の誤った解釈を表明し、損害賠償額の立証責任を原告から被告に不当に移転し、かつ原告に対して法律に基づいて受取る権利のない損害賠償額を裁定している。
First, the issue of damages was properly before the district court.
第一に、損害賠償の争点は地裁に適切に提出された。
One of the remaining issues of law specified by the pretrial stipulation was "what statutory damages shall be awarded in favor of MCA under § 504(c) of the Copyright Act."
トライアル前合意書によって、特定された未解決の法的問題点の一つは「著作権法 section 504(c)によってMCAが勝訴した場合、どのように損害賠償額が裁定されるか」ということである。
As developed above, section 504(c) provides for one award of statutory damages per work infringed.
前出のように、section 504(c)は侵害された著作物1件につき、法定損害賠償額1件を与えると規定している。
The first question subsumed in this issue is thus what constitutes a "work" under the Copyright Act.
したがって、この争点に含まれる最初の問題は、著作権法に基づいて何が「著作物」となるかということである。
Although this sub-issue was not specifically raised in the pretrial stipulation, the district court, and indeed this court on appeal, properly addressed it as a necessary aspect of the statutory damages claim.
この副次的争点は、トライアル前合意書で明確に提起されなかったが、地裁、また当控訴審においても、当該争点は法定損害賠償請求の必要な側面として正当に対処された。
Having resolved this initial question by determining that each episode constituted a work, the inquiry shifted to how many works had been infringed.
最初の副次的争点は、各エピソードが1つの著作物を構成すると決定することで解決したので、今度は幾つの件数の著作物が侵害されたのかという争点に移行した。
The district court, however, held that this second sub-issue had not been properly raised.
しかしながら、地裁は、この2番目の争点が適切に提起されなかったと判示した。
To my mind, there exists no basis for determining that the pretrial stipulation raised the first sub-issue but not the second.
本官の考えでは、トライアル前合意書が、最初の副次的争点は提起したが、2番目の副次的争点は提起しなかったと判断する根拠は存在しない。
Both are subsumed by the issue "what statutory damages shall be awarded in favor of MCA under § 504(c) of the Copyright Act."


「著作権法§504(c)に基づいて、いかなる法定損害賠償額がMCA側に有利に裁定されるべきか」という争点の中に、最初と2番目の副次的争点は両方とも含まれている。
Second, the plaintiff, MCA, bears the burden of establishing its right to damages. 次に、賠償補償額に対する自らの権利の立証責任は、原告MCAにある。
Once the district court determined that each episode constituted a "work," it was MCA's obligation to establish the number of different episodes improperly aired.
地裁が各エピソードは「著作物」を構成すると決定した時点で、不正に放送された他のエピソードの数を確定するのはMCAの責任である。
MCA did not carry this burden by the pretrial stipulation, and the district court plainly erred in finding otherwise.
MCAは、この責任をトライアル前合意書によって遂行せず、また、地裁は、明らかに異なる認定をしたことで明らかに誤審を犯した。。
The pretrial stipulation stated only that there had been 900 unauthorized telecasts.
トライアル前合意書では単に900件の不正なテレビ放送があったと述べられていただけであった。
Contrary to the opinion of the court, at no point did the pretrial stipulation state the number of "works" infringed, nor did it provide the number of different episodes involved. [3]
法定意見に反して、トライアル前合意書には侵害された「著作物」の件数のいかなる点の記述もなく、また、関連ある異なったエピソードの件数も記載されていなかった。[注3]
Although 900 may have been a convenient number, it was not the correct number of "works." [4]
900が便宜上の数字であったとしても、「著作物」の正確な件数ではなかった。[注4]
It was MCA's obligation to establish the number of works infringed.
侵害された著作物の件数を確定するのはMCAの責任であった。
The district court should not have determined MCA's failure to fully develop its damages claim in a manner favorable to MCA and detrimental to the defendant.


地裁は、その損害賠償請求を十分に進展させなかったMCAの不履行に対して、MCAに有利であり、被告に不利な方法で決定をくだすべきではなかった。
In my view, a court should hold a party to the language of the stipulation and nothing more.
本官の見解では、法廷は、当事者に対してトライアル前合意書の文言に従って判示を下すべきで、それ以外に従うべきものはない。
Feltner stipulated only to 900 telecasts of copyrighted material without MCA's authority, not to 900 works.
フェルトナーが合意したのは、MCAの許可なく行った著作権で保護された番組の900回のテレビ放送のみであり、900件の著作物ではない。
Furthermore, the issues of law raised in the pretrial stipulation concerned the amount of statutory damages to be awarded.
さらに、トライアル前合意書で提起された法律上の争点は、法定損害賠償額の裁定に関してであった。
The $9,000,000 award is grossly unfair under these circumstances.
認定額900万ドルは、これらの状況のもとでは著しく不公平である。
I dissent and would remand for a proper assessment of statutory damages based on each work shown to be infringed.


本官は、異議を唱え、放送され侵害されたとする各著作物に基づいて法定損害賠償金を適切に評価するため差し戻したいと思う。
--------------------------------------------------------------------------------

FOOTNOTES
[*]
Honorable Myron H. Bright, Senior U.S. Circuit Judge for the Eighth Circuit, sitting by designation.


脚注
[*] 第8巡回区連邦控訴裁判所最先任巡回裁判官であるマイロン・H・ブライト裁判官が指名により審理に参加
[1] The legislative history of section 504 provides:

A single infringer of a single work is liable for a single amount ..., no matter how many acts of infringement are involved in the action and regardless of whether the acts were separate, isolated, or occurred in a related series.

H.R.Rep. No. 1476, 94th Cong., 2d Sess., at 162 (1976), reprinted in 1976 U.S.C.C.A.N. 5659, 5778.


[注1] 504条の立法経過は、以下に規定される。

単一の著作物の単独の侵害者が単一の金額に対して責任を負い、その訴訟において侵害行為の頻度は問わず、また、それらの侵害行為が別個のもの、単独のものまたは関連のシリーズで生じたものかは関係しない。

H.R.Rep. No. 1476, 94th Cong., 2d Sess., at 162 (1976)、1976年に転載されて U.S.C.C.A.N. 5659, 5778.
[2] Feltner argues on appeal that he was surprised by the sudden close of the trial and that the district court erred by denying him the opportunity to present evidence on the issue of damages.
[注2] フェルトナーは、控訴審で、審理の突然の終結に驚いたことおよび地裁が損害賠償金に関する証拠提出の機会を彼に与えることを拒否したことに対して異論を唱えた。
Although this claim is not the basis of my dissent, I believe the majority should have addressed this alleged irregularity in the proceedings before summarily stating that Feltner "failed to offer evidence" on the damages issue.


本官の反対意見は、この主張に基づくものではないが、多数意見は、この申し立てられた手続き上の変則性に対処してからフェルトナーが損害賠償額問題について「証拠を提出しなかった」と簡略に述べるべきだったと本官は思う。
[3] In fact, what constituted a work was an issue before the district court and indeed before this court on appeal.
[注3] 事実、著作物を構成するものは、地裁における争点でもあり、実際に控訴審の本法廷における争点でもあった。
MCA contended that each episode constituted a work, while Feltner maintained that each television series was a single work.
MCAは、各エピソードが著作物を構成すると強く主張し、一方、フェルトナーは、各テレビシリーズが単一の著作物であると主張した。
Since the number of different episodes was irrelevant under Feltner's version of the case, he had no reason to develop those facts at trial.
個別のエピソード数は、本件のフェルトナーの見解では関係ないので審理でそれらの事実を展開する理由は彼にはなかった。
Once the district court determined that each episode constituted a work and announced that it would use the 900 infringements established by the pretrial stipulation as the basis of its award, Feltner argued that several of the showings were of the same episodes and thus constituted multiple infringements of a single work.
地裁が各エピソードは著作物を構成すると決定し、トライアル前合意書によって確立された900件の侵害を裁定の基準として使用すると発表した時点で、フェルトナーは、放送のうちのいくつかは同一のエピソードの再放送であり、従って単一著作物の複数回の侵害になると主張した。
See Tr. of Decision at 13-18.
Tr. of Decision at 13-18参照。
The district court held that the argument came too late and refused to accept evidence on the point.


地裁は、当該弁論の提起が遅すぎると判示し、また、その点に関する証拠を受諾しなかった。
[4] During the hearing at which the district court orally made its judgment, the district court allowed Feltner to put evidence into the record concerning the number of the 900 showings which were repeat broadcasts of the same episodes.
[注4] 地裁の口頭によるその判決を下した審理期間中に、地裁は、フェルトナーが900件の放送数に関して同一のエピソードの再放送分を証拠として記録することを許可した。
Feltner's statements indicated that at least 300 showings were repeats.
フェルトナーの供述によると、少なくても300件は、再放送であると示された。
See Tr. of Decision at 15-17.
Tr. of Decision at 15-17参照。
At $10,000 per infringement this amounts to over $3,000,000 in excess damages.

1侵害につき1万ドルとして、これは、合計300万ドル超の損害賠償金超過となる。
(メンバー:充田、まとこ、Tsuyoshi、semi、Sonya、transimag)訳

Amelia Network Co.,Ltd.