判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
大宇コンテナ貨物裁判
大宇対シーランド・オリエント
Daewoo v. Sea-Land Orient
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2008/07/03 11:27)
原文 日本語訳
Filed November 19, 1999

1999年11月19日登録
UNITED STATES COURT OF APPEALS FOR THE THIRD CIRCUIT


第3巡回区連邦控訴裁判所
No. 98-6171


事件番号: 98-6171

DAEWOO INTERNATIONAL (AMERICA) CORP.

v.

*SEA-LAND ORIENT LTD.; *SEA-LAND SERVICES, INC.; WICE MARINE SERVICES, LTD.
(D.C. Civil No. 97-608)
DAEWOO INTERNATIONAL (AMERICA) CORP.

v.

ROUND-THE-WORLD (U.S.A.) CORP.; *EVERGREEN LINES, INC.; *EVERGREEN MARINE CORP.
*EVERGREEN MARINE CORP.,
Defendant/Third-Party Plaintiff

v.

*UNION PACIFIC RAILROAD COMPANY; *SOUTHERN PACIFIC RAILROAD; *CSX RAILROAD,
Third-Party Defendants
(D.C. Civil No. 97-624)
Daewoo International (America) Corp.,
Appellant

*Sea-Land Orient, Ltd., Sea-Land Services, Inc., Evergreen Lines, Inc., Evergreen Marine Corp., Union Pacific Railroad, Southern Pacific Railroad, and CSX Railroad dismissed pursuant to Court's order dated February 22, 1999


大宇インターナショナル(アメリカ)コーポレーション




*シーランド・オリエント社、*シーランド・サービス社、ワイス・マリン・サービス社
(地裁民事事件番号:97-608)

大宇インターナショナル(アメリカ)コーポレーション
原告



ラウンド・ザ・ワールド(U.S.A.)コーポレーション;*エバグリーン・ラインズ・インク;*エバグリーン・マリン・コーポレーション
被告
*エヴァグリーン・マリン・コーポレーション
第三者引込訴訟原告



**ユニオン・パシフィック鉄道会社;サザン・パシフィック鉄道;CSX鉄道
第三者引込訴訟被告
(地裁民事事件番号:97-608)

大宇インターナショナル(アメリカ)コーポレーション
原告

*上記被告側各社で*印を付されたシーランド・オリエント社、、シーランド・サービス社、エバグリーン・ライン社、エバーグリーン・マリン・コーポレーション、ユニオン・パシフィック鉄道、 サザン・パシフィック鉄道およびCSX鉄道は、1999年2月22日付けの裁判所命令に基づいて本件訴訟の訴訟当事者としては解除された。

Appeal from the United States District Court for the District of New Jersey (D.C. Civil Action Nos. 97-cv-00608/624) District Judge: Honorable John W. Bissell (97-608) District Judge: Honorable Alfred J. Lechner, Jr. (97-624)


ニュージャージー地区連邦地方裁判所(地裁民事事件番号:97-608および97-624)からの控訴。
担当:ジョン・W・ピッセル地裁判事(97-608)
アルフレッド・J・レッチナー地裁判事(97-624)
Argued April 27, 1999


弁論:1999年4月27日
Before: SCIRICA, ROTH and MCKAY,n1 Circuit Judges
(Opinion filed November 19, 1999)


巡回裁判官シリカ、ロスおよびマッケイ(注1)の3名による審理(法定意見は1999年11月19日登録)
Martin B. Mulroy, Esquire (Argued) 478 State Route 28, Suite 444 Bridgewater, NJ 08807
Attorney for Appellant


上訴人側訴訟代理人:ニュージャージー州08807ブリッジウオーター市州道28号線478、444号室 マーティン・B・マルロイ(弁論担当)」
Wayne D. Greenfeder, Esquire Kraemer, Burns, Mytelka, Lovell & Kulka 675 Morris Avenue, 3rd Floor Springfield, NJ 07081
Nicholas Kalfa, Esquire (Argued) Deborah R. Reid, Esquire James J. Ruddy, Esquire Badiak, Will & Maloof, LLP 120 Broadway, Suite 1040 New York, NY 10271
Attorneys for Appellee Wice Marine Services, Ltd.


被上訴人ワイス・マリン・サービス社側訴訟代理人:ニュージャージー州07081スプリングフィールド市モリス街675番地3階 クレーマー、バーンズ、マイテルカ、ラベル&クルカ法律事務所所属ウエイン・D・グリーンフェダー
ニューヨーク州10271ニューヨーク市ブロードウエイ120番地1040号室バディアック、ウイル&マルーフ法律事務所所属ニコラス・カルファ(弁論担当)、デボラ・R・リード、ジェイムス・J・ラディー

Peter D. Clark, Esquire James R. Sanislow, Esquire Gregory G. Barnett, Esquire (Argued) Clark, Atcheson & Reisert 535 Fifth Avenue New York, NY 10017
Attorneys for Appellee Round-The-World (U.S.A.) Corp.


被上訴人ラウンド・ザ・ワールド(U.S.A.) コーポレーション側訴訟代理人:NY 10017ニューヨーク市五番街535クラーク、アチソン&レイサート法律事務所所属ピーター・D・クラーク、ジェームス・R・サニスロー、グレゴリー・G・バーネット(弁論担当) 
OPINION OF THE COURT


法廷意見
ROTH, Circuit Judge .


ロス巡回裁判官
Daewoo International (America) Corporation purchased over one million plastic videocassette tape holders from Hang Fung Technology Manufacturing Company of Hong Kong.
大宇インターナショナル(アメリカ)コーポレーションは、100万個を超えるビデオカセットテープホルダーを香港のハン・フン・テクノロジー・カンパニーから購入した。
When Daewoo received the shipment in the United States and opened the containers, it found nothing but cement blocks.
大宇が米国内で船荷を受け取ってコンテナを開けたとき、セメントブロックのほかは何も入っていなかった。
The common carriers, Round-The-World (USA) Corporation ("RTW") and Wice Marine Services Limited, when they issued the bills of lading, had received no notice of any problems.
輸送業者ラウンド・ザ・ワールド( U.S.A.)コーポレーション(「RTW」)とウイセ・マリン・サービス社が船荷証券を発行した時は、なにか問題があるという通知は受けていなかった。
This case presents the question whether, under the Carriage of Goods by Sea Act (COGSA), 46 App.U.S.C.A. § 1300 et seq. , a common carrier, with no notice that anything is awry, is obligated to inspect a sealed shipment before issuing a bill of lading.
本件は、Carriage of Goods by Sea Act (COGSA) (海上物品運送法),46 App. U.S.C.A. §1300以下に基づいて、輸送業者は何も不具合の通知を受けていないのに、船荷証券を発行する前にシールを付した船荷を点検する義務があるかどうかの問題を提示する。
We hold that no such duty exists.


本法廷はそのような義務はないと判決する。
I. FACTS


I. 事実

Daewoo purchased the tape holders from Hang Fung in Hong Kong. Hang Fung agreed to ship them to Daewoo in the U.S. In return, Daewoo arranged for Korea Exchange Bank to issue letters of credit in favor of Hang Fung.
大宇は香港のハン・フンからテープホルダーを購入した。ハン・フンは米国の大宇宛てに出荷することに同意した。引き換えに、大宇は韓国為替銀行にハン・フンを受益者として信用状を発行する手続きをした。 
The letters of credit described the tape holders, listed quantity and price, and indicated that the shipment was to be "FOB: Hong Kong."
信用状には、品目はテープホルダーと記載し、その数量および価格をリストアップし、船積条件は「FOB Hong Kong」とすべき旨が指示されてあった。

The letters of credit were irrevocable and did not require confirmation from Daewoo for the bank to pay Hang Fung.
当該信用状は取消不能であり、また大宇の確認を待たずに銀行はハン・フンに支払うことができるようになっていた。
Moreover, under the terms of the deal, Hang Fung could receive payment from the bank as soon as it presented the shipping documents, without waiting for the shipment to reach Daewoo.


さらに、本取引条件ではハン・フンは、大宇に船荷が到着するのを待たなくても船積書類を引き渡しさえすれば即刻銀行から支払いを受けられた。
For the shipment, Hang Fung loaded and sealed fourteen ocean containers. 当該出荷にあたり、ハン・フンはコンテナ14基を船積みし、それにシールを付した。
It then delivered the containers to the appellees, RTW and Wice, which are non-vessel owning common carriers.
その後ハン・フンは、被上訴人RTWおよびワイスへ当該コンテナを引き渡した。被上訴人は双方とも自社船舶を所有していない輸送業者である
In return, RTW and Wice issued bills of lading, which were provided to Hang Fung (the shipper) and Daewoo (the consignee and cargo owner).
引き換えに、RTWおよびワイスは船荷証券を発行し、これをハン・フン(荷送人)ならびに大宇(荷受人および荷主)に提供した。
The bills of lading listed the weights and contents of the containers as declared by Hang Fung.
当該船荷証券には、ハン・フンによって申告されたコンテナの内容物と重量が記載された
Hang Fung represented that each container held pallets of "V/O Housing" and weighed 17,500 kilograms.
ハン・フンは、 各々のコンテナにはV/O Housing製品を積載したパレットが積まれており、重量は17,500kgであると表示していた。
The container references on the bills of lading were qualified with the terms, "Shipper's Load and Count" and "S.T.C.," which means "said to contain."
当該船荷証券に記載されたコンテナに関する事柄は、「Shipper's Load and Count」(荷送人によるコンテナ詰めおよび数量確認)と、「said to contain」(貨物内容が申告された)を意味する「S.T.C.」の条項に従うものとした。
The carriers did not weigh the containers or break the seals to inspect the contents.


当該輸送業者はコンテナを計量しておらず、内容物を検品するためにシールを開封してもいなかった。
The ocean voyage was uneventful, and the containers were delivered safely to Daewoo with seals intact.
航海は至って平穏なものであり、コンテナはシールに手をつけられた形跡もなく、無事大宇に引き渡された。
When the containers were opened, it was discovered that they contained cement blocks instead of tape holders and that the weights listed on the bills of lading were incorrect.n2
コンテナが開扉された時、テープホルダーではなくセメントブロックが入っていた事が発覚、船荷証券に記載された重量も正しいものではなかった。(注2)
In the meantime, Hang Fung had received payment from the bank and disappeared.


その間に、ハン・フンは銀行からの支払いを受け取り、姿を消した。
Daewoo sued RTW and Wice to recover its payment for the goods, plus shipping expenses.n3
大宇はRTW およびワイスに対し、売買代金と輸送費の賠償をもとめて訴訟を起こした。
After discovery, Daewoo moved, and RTW and Wice cross-moved, for summary judgment under COGSA and principles of estoppel.


開示手続きの後、大宇はCOGSA(海上物品運送法)および禁反言の原則に基づいてサマリージャジメントを申し立て、RTWおよびワイスはそれに対して反対申し立てを行った。
The District Court denied Daewoo's motion, granted RTW's and Wice's cross-motions, and dismissed the complaint.
地裁は、大宇の申し立てを否認し、RTWおよびワイスの反対申し立てを認可、かつ原告の提訴を却下した。
It determined that Daewoo had failed to establish a prima facie case under COGSA because it did not prove that the goods were delivered to the carriers in good condition.
大宇は、貨物が良好な状態で当該輸送業者に引き渡された事が立証できないため、COGSAに基づいて一応有利な事件を成立させる事ができなかったと、地裁は判断した。
Daewoo's only evidence was the bills of lading.
大宇が持つ唯一の証拠物件は、船荷証券だけだった。
In the court's opinion, this did not prove the contents of the sealed containers, which were not ascertainable from the outside.


地裁の意見は、この証拠物件だけでは、外から確認する事が不可能であるシールを付されたコンテナの内容物を立証するには至らない、というものだった。
The court acknowledged that Daewoo was correct in arguing that the weight notations on the bills of lading were prima facie proof of receipt of that weight, despite such qualifiers as "Shipper's Load and Count."
地裁は、船荷証券にある重量表記は、「Shipper’s Load and Count」(荷送人によるコンテナ詰めおよび数量確認)の条項に従ったものではあるが、その重量を受領した事を示す一応有利な証拠ではあるとする大宇の主張は正しいと認めた。
However, the court distinguished this case from those cited by Daewoo in which carriers were held liable based on weight listings that were higher than actual weight.
しかし地裁は、実際よりも重い重量がリストに記載されている事で、輸送業者が法的責任に問われる、という大宇によって挙げられた諸事例は、本件とは異なるものだとした。
Those cases dealt with shortages of cargo, which in the court's opinion was different than a situation involving a substitution of cargo.
それらの事例は、貨物の不足を扱ったものであり、貨物のすり替えを伴った事態とは異なるものであるというのが、地裁の意見である。
There is no indication that the substitution could have been ascertained from the listed weights.
リストに記載された重量をもって、このすり替えが突き止められ得たとは言いがたい。
Moreover, the fact that the seals from Hang Fung had remained intact and that Hang Fung had disappeared further indicated to the court that the carriers were not at fault and that, even if the burden of proof were to shift to the carriers, the carriers would not have been found liable.


加えて、ハン・フンによって付されたシールは無傷のままだったという事実、そしてハン・フンは姿を消したままだという実情は、さらに地裁に対して、当該輸送業者は咎められるべきではなく、たとえ立証責任が当該輸送業者に転嫁されたとしても、当該輸送業者には何ら法的責任がないことを示唆するものであった。
Daewoo appealed. 大宇は上訴した。
The District Court had jurisdiction under 28 U.S.C. § 1333.
地裁は28 U.S.C. § 1333の下、裁判権を有していた。
We have jurisdiction pursuant to 28 U.S.C. § 1291.5 Our standard of review is plenary.
当法廷は、28 U.S.C. § 1291.5の下、裁判権を所有する。当法廷の審査基準は絶対的である。
See Sun Oil Company of Pennsylvania v. M/T Carisle , 771 F.2d 805, 812 (3d Cir. 1985).
Sun Oil Company of Pennsylvania v. M/T Carisle , 771 F.2d 805, 812 (3d Cir. 1985)参照。
We must determine, viewing the evidence in the light most favorable to the nonmoving party, whether there are any genuine issues of material fact and whether the moving party is entitled to judgment as a matter of law.
当法廷は、被申立当事者に最も有利となるように証拠を考察して、重要な事実に真の論争点があるか、また、申立当事者が法的判断を受ける権利があるかということを判断しなければならない。
See FED. R. C IV. P. 56(c).


FED. R. C IV. P. 56(c)参照。
II. DISCUSSION


II.議論
COGSA regulates the carriage of goods by sea between U.S. and foreign ports.
COGSAは、米国と外国の商港間の海上物品輸送を規制する。
See 46 App.U.S.C.A.§§ 1300, 1312.
46 App.U.S.C.A.§§ 1300, 1312. 参照。
A carrier of goods has the duty to "properly and carefully load, handle, stow, carry, keep, care for, and discharge the goods carried." Id. § 1303(2).
貨物輸送業者には、"輸送する貨物を適切かつ注意深く積荷し、取扱い、保管し、運送し、保存し、対処し、降ろす”義務がある。同上 § 1303(2)
A carrier has the further duty of issuing a bill of lading which contains a description of the goods. Id. § 1303(3).n4
貨物輸送業者はさらに、貨物の記述を含む船荷証券を発行する義務がある。同上 § 1303(3)(注4) 
That bill of lading serves as prima facie evidence that the carrier received the goods as described. Id. § 1303(4).
船荷証券は、輸送業者が貨物を同証券面に記載されている通りに受取ったという一応の証拠となっている。同上 § 1303(4) 
When the carrier delivers the goods, the bill of lading constitutes prima facie evidence of the goods' delivery, unless the receiver gives notice at that time, or within three days if the loss or damage is not apparent. Id. § 1303(6).n5


貨物の引き渡し時に、あるいは損失又は損害が外見上明らかでない場合には引渡しから3日以内に受取人が通知しない限り、輸送業者が貨物を引き渡した時点で、船荷証券は貨物の引き渡しを終了したという一応の証拠となっている。同上 § 1303(6)(注5)
Under §§ 1303 and 1304, a cargo owner has to establish a prima facie case when it has demonstrated that the cargo was delivered to the carrier in good condition but was delivered by the carrier to the cargo owner in a short or damaged condition.
§1303と§1304に基づく解釈では、荷主が、輸送業者に引渡された時点では良好な状態にあった貨物が、輸送業者から荷主に引渡された時点では員数不足あるいは損害を被った状態にあったことを証明した場合、当然、これは荷主にとって一応有利な事件ということなる。
See Sun Oil Company of Pennsylvania , 771 F.2d at 810. Once the cargo owner has established a prima facie case, the burden shifts to the carrier. Id.
Sun Oil Company of Pennsylvania , 771 F.2d at 810 参照。荷主が一応有利な事件を成立せしめた以上、立証責任は輸送業者に移行する。同上。
One way for the carrier to meet its burden is to show that the loss or damage falls within one of the exceptions to liability in § 1304(2)(a)-(p). Id.


輸送業者がこの立証責任を満たす一つの方法は、この損失或いは損害は§ 1304(2)(a)-(p)の法的責任の適用外にあたると輸送業者が証明することである。同上
To establish that the cargo here was delivered to the carrier in good condition, Daewoo points to the bills of lading. It contends that the carriers should have inspected the cargo to verify that the information provided by Hang Fung was correct before they listed that information on their bills of lading.
本件における貨物が、良好な状態で輸送業者に引渡されたことを立証する目的で、大宇は船荷証券を指摘する。大宇は、輸送業者はハン・フンが提供した貨物情報が正確であることを、自らの船荷証券に記載する前に確認すべきだったと強く主張する。
Daewoo argues that once the carriers listed the information on the bills of lading, they were responsible for any inaccuracies.


大宇は、船荷証券に貨物情報を載せた時点で、その情報の全ての不正確性への責任は輸送業者にあると主張する。
Although a bill of lading, attesting to the apparent good order and condition of the goods, normally constitutes prima facie evidence of the goods as described, see § 1303(4)(c), a bill of lading is not prima facie evidence of the contents of a sealed container because the contents are not discoverable from an external examination.
通常、貨物が外観上無故障で良い状態であることを証明する船荷証券は、貨物が記載の通りであることへの一応の証拠ではあるものの、§ 1303(4)(c)参照、シールを付したコンテナの中にある物品は外部検査からは見えないため、船荷証券をシールを付したコンテナの内容物に対する証拠とはできない。
Bally, Inc. v. M.V. Zim America , 22 F.3d 65, 69 (2d Cir. 1994); Westway Coffee Corp. v. M.V. Netuno , 675 F.2d 30, 32-33 (2d Cir. 1982); Caemint Food, Inc. v. Brasileiro , 647 F.2d 347, 352 (2d Cir. 1981); see Plastique Tags, Inc. v. Asia Trans Line, Inc. , 83 F.3d 1367, 1370 (11th Cir. 1996).


ally, Inc. v. M.V. Zim America , 22 F.3d 65, 69 (2d Cir. 1994); Westway Coffee Corp. v. M.V. Netuno , 675 F.2d 30, 32-33 (2d Cir. 1982); Caemint Food, Inc. v. Brasileiro , 647 F.2d 347, 352 (2d Cir. 1981);参照 Plastique Tags, Inc. v. Asia Trans Line, Inc. , 83 F.3d 1367, 1370 (11th Cir. 1996)

Daewoo also contends that RTW and Wice are bound by the weight listed on the bills of lading. 大宇は、RTWとワイスが、船荷証券に掲載された重量に縛られていると主張もしている。
Daewoo claims that the carriers should have verified the information by weighing the containers on public scales in Hong Kong.
大宇は、輸送業者は香港の公共機関の計測器で計量された情報を確かめるべきで、そうしていれば、ハン・フンが提供した重量の数字が不正確なことに輸送業者も気づいたであろうと強く主張する。
If they had, Daewoo argues, they would have discovered that the weight information provided by Hang Fung was incorrect.
Daewoo contends that the weight differential would have put the carriers on notice that the shipment was not as described; the carriers would then have been obligated to break the seals to inspect the contents of the containers.
大宇は、その重量の違いによってその貨物が表記されているものと違うということを知らしめられ、その結果、輸送業者は、コンテナの内容物を検品するためにシールを開封しなければならなかったであろうと主張する。
Daewoo argues that if the carriers had done so, they would have discovered the substituted cement blocks.n6


大宇は、輸送業者が仮にそのようにしていた場合、セメントブロックへのすり替えを発見できただろうと強く主張する。(注6)
Unlike the contents of a sealed container, the weight of a container is usually "readily verifiable."
シールを付したコンテナの内容物とは異なり、コンテナの重量は、通常「確認が容易」なものである。§ 1303(c). 参照。
See § 1303(c).
A bill of lading, then, is prima facie proof that the carrier received that weight from the shipper.
船荷証券は、輸送業者が荷送人より受けた荷の重量を証明する一応の証拠ではある。Bally , 22 F.3d at 69.
Bally , 22 F.3d at 69.
This holds true regardless of limiting language, such as "said to weigh" and "shipper's load and count." Id.
これは、「said to weigh」(申告された重量)および「shipper's load and count」(荷送人によるコンテナ詰めおよび数量確認)のような限定的文言にかかわらず、妥当である。(同上)
For this reason, carriers have been held liable in cases involving a shortage of cargo where the actual weight of cargo at outturn was less than the weight listed on the bill of lading. See Westway Coffee Corp. , 675 F.2d at 31-32, 33.


これにより、最終的な実際の貨物の重量が、船荷証券に表記されているものよりも少ないと確認された場合に、輸送業者は責任を負わされてきた。Westway Coffee Corp. , 675 F.2d at 31-32, 33.参照。
Although the weight of a container can be a signal that there is a shortage of cargo, weight is not logically related to whether cargo is in "good condition" when there has been a substitution.
コンテナの重量は貨物の数量不足の目安になり得るが、貨物のすり替えが行われた場合、重量そのものは、貨物が「本来の状態」にあるか否かの事実と、論理的に関係がない。
Had RTW and Wice weighed the cargo upon receipt, the weight differential would not have revealed the condition of the goods inside.
RTWとワイスが貨物を受領して重量を測ったとしても、重量の相違は中にある貨物の状態を明らかにするものではない。
また、大宇が正しい数量のテープホルダーの重量を証明する書類を示したわけでもない。
Nor has Daewoo presented any evidence of the weight of the correct quantity of tape holders.
Indeed, had Hang Fung weighed the containers and provided the actual weight of the cement blocks, there would have been no weight differential at all.


事実、たとえハン・フンがコンテナの重量を測ったりセメントブロックの重量を提示したとしても、重量の相違は全くなかったであろう。
The only way that the carriers could have discovered the substitution was if they had broken the seals on the containers.
輸送業者が内容物のすり替えを発見できたであろう唯一の方法は、コンテナのシールを開封したかどうかである。
We conclude, however, that, absent notice that something was amiss, the carriers did not have an independent duty to break the seals. Instead, Daewoo, the owner and consignee, was better positioned to prevent the loss. For instance, it could have instructed the carriers to break the seals for inspection at loading, or it could have designated a representative to be present when the containers were loaded. Daewoo could also have required the bank to withhold payment for thirty days after delivery or until the containers had been inspected.
しかし、何かが間違っているという通知を受領していない限り、当法廷は、輸送業者に自らシールを開封する義務はなかったと結論する。他方、荷主かつ荷受人である大宇は、損失を未然に防止するのにより都合の良い立場にあった。例えば、船積みする際、検品するためシールを開封するよう輸送業者に指示したり、または、コンテナの船積み時点で、その場に立ち会う代理人を指名することもできた。大宇はさらに、受け取り後30日、またはコンテナの検品が終わるまで支払いを留保するよう、銀行を義務づけることもできた。
Consequently, Daewoo has failed to establish its prima facie case.


したがって、大宇は、その一応有利な事件を成立させることはできなかった。
We note, moreover, that, even if the common carriers should have been held responsible for the contents of the containers on receipt, Daewoo did not inspect the containers when they were delivered to determine if cargo was missing or damaged. 加えて、当法廷は、仮に輸送業者がコンテナを受領した時点でその内容物について責任を負うべきであったにせよ、大宇はコンテナが引渡された時に貨物の紛失や棄損がないかを検査しなかった、という点に留意する。
Some containers were not opened until weeks after delivery.
引渡し後数週間にわたり、未開梱のままであったコンテナもある。
Nor did Daewoo give timely notice of the missing cargo to the carriers as required by § 1303(6).

また、大宇は、紛失した貨物について、§1303(6)が要求する、輸送業者に対する時宜にかなった通知を行わなかった。
Because Daewoo presented no evidence that the cargo was lost while in the carriers' possession, it cannot recover from RTW and Wice for its loss.n7


大宇より、貨物が輸送業者の占有中に紛失したとの証拠が提出されなかったので、大宇は、その損害について「RTW」およびワイスから補償を受けることはできない。(注7)
III. CONCLUSION


III. 結論
For the reasons stated above, we will affirm the decision of the District Court.


上述の理由により、当法廷は、地裁の判決を支持する。
n1. Honorable Monroe G. McKay, Circuit Judge, United States Court of Appeals for the Tenth Circuit, sitting by designation.

注1 第10巡回区連邦控訴裁判所のモンロー・G・マッケイ巡回裁判官が指名により審理に参加
n2. Daewoo's agents did not immediately break the seals and inspect every container upon delivery.
注2 大宇の代理人は、コンテナが引渡された時点で、直ちにすべてのコンテナのシールを開封して内容物を検査することをしなかった。
Although most or all of the containers were delivered in February 1996, some were not opened and inspected until March 22, 1996.

1996年の2月に、ほとんどあるいはすべてのコンテナが引き渡されたにもかかわらず、そのうちのいくつかは1996年3月22日まで未開梱・未検査のままだった。
n3. Daewoo also sued in a separate action ocean carriers Sea-Land Orient Limited, Sea-Land Services Incorporated, Evergreen Lines Incorporated, and Evergreen Marine Corporation.
注3 大宇は、本件とは別に、海運業者のシーランド・オリエント社、シーランド・サービス社、エヴァグリーン・ライン社、エヴァグリーン・マリン・コーポレーションの各社に対しても訴訟を提起した。
Although the two suits were consolidated, this appeal concerns only defendants RTW and Wice.

2件の訴訟は統合されたが、本件はRTWおよびワイスの2被告にのみ関係するものである。
n4. The statute provides in pertinent part:
After receiving the goods into his charge the carrier . . . shall, on demand of the shipper, issue to the shipper a bill of lading showing among other things . . .

注4 同法は、該当条項で以下のように規定している。すなわち、輸送業者は、貨物を自己の管理下に受領した後、…荷送人の要求に応じて、特に以下の事項を記載した船荷証券を荷送人に対して発行しなければならない。…
(b) Either the number of packages or pieces, or the quantity or weight, as the case may be, as furnished in writing by the shipper.
(b) 場合に応じて、荷送人が書面で提示した、梱包または荷物の個数、または数量若しくは重量のいずれか
(c) The apparent order and condition of the goods: Provided , That no carrier . . . shall be bound to state or show in the bill of lading any marks, number, quantity, or weight which he has reasonable ground for suspecting not accurately to represent the goods actually received, or which he has had no reasonable means of checking.
46 App.U.S.C.A. § 1303(3).

(c) 貨物の外観上の状態。ただし、…記すべき記号、番号、数量または重量について、輸送業者の側に、現に受領した貨物を正確に表していないと疑う合理的な理由がある場合や、照合する合理的手段がない場合は、これらを船荷証券に記載または表示する義務はない。46 App.U.S.C.A. § 1303(3)
n5. The statute provides in pertinent part:
Unless notice of loss or damage and the general nature of such loss or damage be given in writing to the carrier . . . at the port of discharge . . . at the time of the removal of the goods into the custody of the person entitled to delivery thereof under the contract of carriage, such removal shall be prima facie evidence of the delivery by the carrier of the goods as described in the bill of lading.

注5 同法は、該当条項で以下のように規定している。すなわち、荷揚げ港において、貨物が、輸送契約上引渡しを受ける資格を有する者の管理下に移転した時に、滅失棄損およびその概要を書面により輸送業者に通知しない限り、このような貨物の移転は、輸送業者が船荷証券記載のとおりに貨物を引渡したことの一応の証拠となるものとする。
If the loss or damage is not apparent, the notice must be given within three days of the delivery.

滅失棄損が外見上わからない場合は、このような通知は引渡し後3日以内に行わなければならない。
46 App.U.S.C. § 1303(6).

46 App.U.S.C. § 1303(6)
n6. Daewoo concedes that the containers held cement blocks even before they were delivered to RTW and Wice.

注6 大宇は、RTWおよびワイスに引き渡される前からコンテナにセメントブロックが入っていたことを認めている。
n7. We decline to reach Daewoo's estoppel argument.
注7 当法廷は、大宇の禁反言について論ずることを差し控える。
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:semi、la vie en rose、KIMI、ann-chang、hrt、充田、Esperanto)訳

Amelia Network Co.,Ltd.