判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
レストラン強盗殺人裁判
フィックリン対ハッチャー
FICKLIN v HATCHER
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2008/05/21 16:47)
原文 日本語訳
U.S. 9th Circuit Court of Appeals
FICKLIN v HATCHER
9815025
BENNIE MORGAN FICKLIN,
Petitioner-Appellant,

v.
CV-97-00491-PMP
SHERMAN HATCHER; FRANKIE SUE
DEL PAPA,
Respondents-Appellees.


第9巡回区連邦控訴裁判所
フィックリン対ハッチャー
9815025
上訴人;ベニー・モーガン・フィックリン



CV-97-00491-PMP
被上訴人;シャーマン・ハッチャー:フランキー・スウ・デル・パパ

Appeal from the United States District Court
for the District of Nevada
Philip M. Pro, District Judge, Presiding

Argued and Submitted
May 10, 1999--San Francisco, California

Filed May 25, 1999

Before: Joseph T. Sneed, Paul R. Michel 1 and
Sidney R. Thomas, Circuit Judges.

Opinion by Judge Sneed
_________________________________________________________________


ネバダ地区連邦地方裁判所からの上訴
地裁裁判官:フィリップ・M・プロ主宰

弁論・提出:1999年5月10日カリフォルニア州サンフランシスコ

1999年5月25日登録

ジョセフ・T・スニード、ポール・R・マイケル1及びシドニー・R・トーマス各巡回裁判官の審理

法廷意見:スニード巡回裁判官
COUNSEL

John C. Lambrose, Assistant Federal Public Defender, Las
Vegas, Nevada, for the petitioner-appellant.

Victor H. Schulze, II, Deputy Attorney General, Las Vegas,
Nevada, for the respondents-appellees.

_________________________________________________________________


代理人
上訴人側:ネバダ地区連邦公設弁護人補佐、ジョン・C・ラムブロス、
被上訴人側:ネバダ州ラスベガス司法次官ベクター・H・シュルツII
OPINION


法廷意見
SNEED, Circuit Judge:


スニード巡回裁判官
Petitioner Bennie Ficklin ("petitioner") appeals from the decision of the United States District Court for the District of Nevada, the Honorable Philip M. Pro, Presiding, which denied his petition for a writ of habeas corpus.
上訴人は、人身保護令状に対する請願を却下した地裁のフィリップ・M・プロ裁判官主宰の判決に対して上訴した。
Petitioner argues that his conviction for first degree murder following a trial in Nevada state court implicated the Double Jeopardy Clause of the United States Constitution.
ネバダ州裁判所における正式事実審理に伴う第1級謀殺の有罪判決は、合衆国憲法の二重の危険条項に関わると上訴人は主張。
He contends that the instructions given at trial allowed the jury to premise its guilty verdict on a robbery for which he had already pleaded guilty, thereby putting him in jeopardy twice for that crime.


正式事実審理で与えられた説示のために、陪審は上訴人がすでに有罪を認めた強盗に対する有罪評決を前提とすることが認められ、それによって同じ犯罪に対して2度危険に曝される結果になると、上訴人は主張した。
The district court disagreed and held that petitioner failed to establish that his first degree murder conviction was predicated on the robbery.
地裁は同意せず、上訴人は第1級謀殺有罪判決が強盗に根拠を置くものであることを証明しなかったと判示した。

The court found that there was "sufficient evidence" in the record to support the conclusion that the jury rested its verdict on a theory of premeditation and not on felony murder.
陪審がその評決を重罪謀殺ではなく、予謀の理論に依拠したという結論を裏付ける「充分な証拠」が記録上存在すると地裁は認定した。
The district court denied the petition and this appeal followed.


地裁は、上訴人の請願を拒否したことから控訴となった。
We have jurisdiction pursuant to 28 U.S.C. S 2253 and affirm the decision of the district court, albeit on different grounds.


当裁判所は、28U.S.C.S2253 に基づき裁判管轄権を有し、理由は違えども地裁の原判決を維持する。
BACKGROUND


背景
At the age of fifteen, petitioner was arrested for the robbery of a tavern in Las Vegas, Nevada, and the death of one of its patrons.
15歳だった上訴人は、ネバダ州のラスベガスの酒屋に強盗に入り、客の一人を殺害し逮捕された。
Petitioner subsequently was charged with seven counts of robbery in juvenile court.
その後、上訴人は少年裁判所において強盗の7つの訴因で起訴された。
In these juvenile proceedings, petitioner agreed to admit to one count of robbery in exchange for the State's agreement to dismiss all other robbery counts.


少年裁判所での審理の過程で、州が強盗の他の6つの訴因を取り下げるのと引き換えに、1つの訴因を認め同意した。
At the same time, the State pursued murder charges against petitioner in state trial court.
州当局は州事実審裁判所において上訴人に対する謀殺の起訴を進めた。
At the conclusion of petitioner's trial, the trial court instructed the jury that a murder conviction could be supported by a finding of express or implied malice.
上訴人の裁判終結にあたり、事実審は陪審団に対して謀殺の有罪判決は明示または黙示の殺意の証拠によって認定できると説示した。
The court further instructed the jury that if it concluded that petitioner committed the murder in perpetration of a robbery, it could imply that petitioner acted with the requisite malice.
事実審はさらに陪審に対して、上訴人が強盗犯行の過程で謀殺を犯したと結論する場合、それは上訴人が所要の犯意を抱いて行動したことを黙示することになろうと説示した。
The court also instructed the jury that it could return a verdict of first degree murder only if it found that petitioner committed the murder willfully, deliberately and with premeditation.


また、事実審は、上訴人が予謀し意図的または故意で謀殺を犯したことが認定できた場合に限り第1級謀殺の評決が可能であることを陪審団に説示した。

There are several pertinent instructions in this case, specifically:

本件に関しては該当する説示いくつかある。具体的には:
INSTRUCTION NO. 4:


説示No.4
Murder is the unlawful killing of a human being, with malice aforethought, either express or implied.
謀殺とは、明示的あるいは黙示的を問わず予謀をもって人間を非合法的に殺害することである。
The unlawful killing may be effected by any of the various means by which death may be occasioned.


非合法的殺人は、死をもたらし得る数ある手段のうちの一手段によって引き起こされる可能性がある。
In order to prove the commission of the crime of Murder, each of the following elements must be proved.


謀殺の罪を犯したことを証明するためには、以下の要件が証明されなければならない。
1. That a human being was killed,

2. That the killing was unlawful, and

3. That the killing was done with malice afore-thought.


1.人間が殺されたということ

2.その殺人は非合法的でありかつ

3.その殺人は予謀の犯意を持って行われたということ
Malice aforethought is implied when a Murder is committed in the perpetration of or in an attempt to perpetrate a Robbery.


予謀の犯意は、強盗実行時またはその未遂時に謀殺の罪が犯されることで黙示される。
INSTRUCTION NO. 5:


説示No.5
Any kind of wilful, deliberate and premeditated kill-ing is Murder in the 1st Degree.


いかなる故意で計画的なかつ予謀を抱いた殺人も第1級謀殺である。
INSTRUCTION NO. 8:

説示No.8
Express malice is that deliberate intention unlaw-fully to take away the life of a fellow creature, which is manifested by external circumstances capable of proof.


明白な犯意とは、非合法的に人の生命を奪うというその計画的意図のことであり、立証可能な外的責任事由によって明確化されるものである。
Malice shall be implied when no considerable provo-cation appears, or when all the circumstances of the killing show an abandoned and malignant heart.


犯意は、考慮すべき挑発が何もない場合または殺害のあらゆる状況が抑制の効かない悪質な感情を示す場合に黙示されるものとする。
INSTRUCTION NO. 9:


説示No.9
All Murder which is not Murder of the First Degree is Murder of the Second Degree.


第1級謀殺でない全ての謀殺は第2級謀殺である。
Murder of the Second Degree is the unlawful killing of a human being with malice aforethought, but without the . . . deliberation and premeditation.


第2級謀殺は予謀の犯意に基づく非合法的な殺人であるが、その実行に計画性および予謀性はない。
The jury subsequently convicted petitioner of first degree murder.
陪審員団はその後上訴人に対し第1級謀殺罪で有罪の評決を下した。
Petitioner appealed to the Nevada Supreme Court, arguing, inter alia, that his conviction violated the Double Jeopardy Clause of the United States Constitution.
上訴人はネバダ州最高裁判所に控訴し、とりわけ自身の有罪判決は合衆国憲法の二重の危険条項に反するものだと主張した。
Petitioner argued that because he had already pleaded guilty to robbery in juvenile proceedings, the jury instruction that allowed the jury to imply malice if it found that petitioner committed robbery (i.e., Instruction Number 4) caused the jury to return a verdict that punished him a second time for that robbery.
上訴人は、自身が少年審判で既に強盗罪を認めていたが故に、もし陪審が上訴人の強盗を犯したことを認定すれば、(それで)陪審が犯意を黙示することになるのを認める陪審説示(即ち、説示No.4)のために、陪審員団が2度も自身を強盗罪で罰する評決を下すこととなったと主張した。
The Nevada Supreme Court rejected petitioner's argument and affirmed his conviction and sentence.
ネバダ州最高裁判所は上訴人の控訴を却下し、上訴人に対する有罪判決及び刑罰の宣告を支持した。
Petitioner filed a peti- tion for a writ of habeas corpus, again arguing that the conviction violated Double Jeopardy.
上訴人は人身保護令状に対する申し立てを行い、再度自身に対する有罪判決が二重の危険条項に反していると主張した。
The district court rejected petitioner's argument and he timely appealed that decision.


地方裁判所が上訴人の控訴を却下したため、上訴人はすぐにその決定を不服とし上訴した。
ANALYSIS


分析
[1] We must decide whether the jury in this case relied or could have relied on an instruction that placed petitioner in double jeopardy for a robbery to which he had already pleaded guilty in juvenile court.
[1]当法廷は、陪審員団が本件の審理の際に、少年裁判所において既に認めている強盗罪に関して上訴人を二重の危険にさらした説示に依拠した、もしくはその可能性があったかどうかを判断しなければならない。
We conclude that it was error for the trial court to instruct the jury that it could imply malice if it concluded that petitioner committed robbery. 2
当法廷は、事実審が陪審員団に対し上訴人の強盗罪を認定した際には犯意の存在を間接的に認定することができると説示したことは間違いであったとの結論に至った。(注2)
We hold, however, that any instructional error was harmless because we can conclude with certainty from the record that the jury did not and could not have relied on the faulty instruction to convict petitioner of first degree murder.


しかし当法廷は、いかなる説示の誤りも陪審評決には影響を与えなかったと考えている。当法廷は、上訴人に第1級謀殺罪で有罪判決を下した際に、陪審員団がその不適切な説示に依拠していなかったしまたその可能性もなかったということを記録上確信をもって結論できるからである。

A. Harmless error analysis: Zant v. Stephens.

無害の手続的瑕疵の分析 Zant v. Stephens 裁判
The Supreme Court's decision in Zant v. Stephens , 462 U.S. 862, 103 S. Ct. 2773, 77 L. Ed. 2d 235 (1983), requires us to examine the record as a whole to determine whether the jury rested its guilty verdict on the implied malice theory.
Zant v. Stephens, 462 U.S.862, 103 S. Ct. 2773, 77 L. Ed. 2d 235 (1983) の最高裁判所判決は、陪審が有罪評決を下すに当たって黙示の悪意の理論を用いたか否かを判断するには、記録の全体を吟味してこれをなすよう要求している。
In Zant, the Supreme Court affirmed the death sentence of a defendant where the jury returned a verdict of death based on three aggravating circumstances, one of which subsequently was held unconstitutional by a state appellate court. Id. at 879, 103 S. Ct. at 2744, 77 L. Ed. 2d 235.
Zant裁判において最高裁は、被告人の死刑判決を支持した。この死刑判決は、陪審が3件の責任加重事由に基いて下した死刑評決を受けて言い渡されたものであり、後にこの責任加重事由のうちの1件は州控訴裁判所で違憲と判断された。同上 at 879, 103 S. Ct. at 2744, 77 L. Ed. 2d 235 。
The Zant jury indicated on its verdict sheet that the defendant had committed the three aggravating circumstances, but did not indicate which combination of the three led it to sentence the defendant to death. Id.
Zant裁判の陪審は、評決の記録に被告人が3件の責任加重事由を犯した旨を記したが、この3件の責任加重事由をどのように組み合わせて被告人に死刑を宣告したかについては記さなかった。同上。
The Supreme Court held that because any of the three aggravating circumstances were statutorily sufficient to impose a sentence of death on the defendant, it did not matter that one subsequently was held unconstitutional. See id. at 881, 103 S. Ct. at 2745, 77 L. Ed. 2d 235.
最高裁は、この3件の責任加重事由はいずれも法令上被告人に死刑判決を課すに十分なものであるので、うちの1つが後に違憲と判断されたとしても問題にならないと判断した。同上 at 881, 103 S. Ct. at 2745, 77 L. Ed. 2d 235参照。
In other words, it was not necessary to vacate the death sentence because it was clear from the verdict that the sentence of death was appropriate notwithstanding the jury's reliance on an unconstitutional aggravating circumstance.


言い換えれば、陪審が違憲である責任加重事由に依拠しようとも、評決によれば死刑判決が妥当であることは明白であるので、当該死刑判決を無効にする必要はなかったのである。
[2] The Zant Court, in a passage important to this case, held that:


[2] Zant裁判の法廷は、本件にとって重要性をもつ一節において以下の判断を下している。すなわち、
[A] general verdict must be set aside if the jury was instructed that it could rely on any of two or more independent grounds, and one of those grounds is insufficient, because the verdict may have rested exclusively on the insufficient ground.
陪審が、互いに独立した2つ以上の根拠のいずれに立脚することも可能である旨の説示を受けた場合に、そのうちの1つの根拠が不十分であるときは、一般評決は無効とされなければならない。なぜなら、当該評決はこの不十分な根拠のみによって下されたかもしれないからである。
The cases in which this rule has been applied all involved general verdicts based on a record that left the reviewing court uncertain as to the actual ground on which the jury's decision rested.


このルールはいくつかの事件に適用されたが、それらはすべて、記録に基く一般評決が求められた事件であった。それゆえ、評決を審査する裁判所には、陪審が実際にどの根拠に立脚して判断を下したのかについては明らかではなかった。
Id. (citing Williams v. North Carolina , 317 U.S. 287, 292, 63 S. Ct. 207, 210, 87 L. Ed. 2d 279 (1942) ("To say that a general verdict of guilty should be upheld though we cannot know that it did not rest on the invalid constitutional ground on which the case was submitted to the jury, would be to countenance a procedure which would cause a serious impairment of constitutional rights."); Cramer v. United States, 325 U.S. 1, 36 n. 45, 65 S. Ct. 918, 935 n. 45, 89 L. Ed. 1441 (1945); Terminiello v. Chicago, 337 U.S. 1 , 5-6, 69 S. Ct. 894, 896-97, 93 L. Ed. 1131 (1949); and Yates v. United States, 354 U.S. 298, 311-12, 77 S. Ct. 1064, 1072-73, 1 L. Ed. 2d 1356 (1957)) (emphasis added).


同上(Williams v. North Carolina , 317 U.S. 287, 292, 63 S. Ct. 207, 210, 87 L. Ed. 2d 279 (1942)を引用。(「本件が陪審にかけられた根拠が不正かつ違憲のものであり、陪審が有罪の一般評決を下すにあたってこれに依拠していないとは言い得ないにもかかわらず、当該有罪評決を支持すべきだと言うことは、憲法上の権利を深刻に侵害しかねない手続を黙認するということである。」)、Cramer v. United States, 325 U.S. 1, 36 n. 45, 65 S. Ct. 918, 935 n. 45, 89 L. Ed. 1441 (1945)、 Terminiello v. Chicago, 337 U.S. 1 , 5-6, 69 S. Ct. 894, 896-97, 93 L. Ed. 1131 (1949)、 および Yates v. United States, 354 U.S. 298, 311-12, 77 S. Ct. 1064, 1072-73, 1 L. Ed. 2d 1356 (1957)) (emphasis added)。
B. Application of Zant to petitioner's case.


B. 上訴人による本訴訟に対するZant判決の適用
[3] In this case, the judge instructed the jury that, in order to find petitioner guilty of first degree murder, it must have found that the murder was "wilful, deliberate and premeditated."
[3] 本件において裁判官は、陪審に対し、申立人を第1級謀殺により有罪と判断するためには、当該謀殺が「意図的で故意の、前もって計画されたものであった」と判断されなければならないと説示した。
The jury returned a verdict of first degree murder.
陪審は第1級謀殺の評決を下した。
Therefore, we know that the jury concluded that the murder was premeditated, notwithstanding the fact that the verdict was general and did not so specify.

それゆえ、当法廷は、当該評決が個別評決ではなく一般評決であったという事実にも関わらず、陪審が当該謀殺は計画的なものであったとの結論に至ったと諒解する。

[4] The instructions in this case differ in one significant respect from general Nevada jury instructions and statutes on murder.
[4] 本件の説示はネバダ州の一般的陪審説示、および謀殺に関する法令とは、一つの重要な点で異なっている。
Normally, under Nevada law, first degree murder includes felony murder, premeditated murder, and murder committed against a peace officer. See Nev. Rev. Stat. S 200.030 (1997).
ネバダ州法によれば通常、第1級謀殺は、重罪謀殺、予謀殺、それに保安官に対して犯した謀殺を含むとなっている。Nev. Rev. Stat. S 200.030(1997) 参照。
However, in this case, instruction number five, to repeat, defined murder in the first degree only as "wilful, deliberate and premeditated Murder."
しかし、本件の説示No.5を繰り返すと、第1級謀殺を“故意の、意図的、予謀殺”と定義している。
Therefore, the trial court carefully avoided double jeopardy concerns in this case by instructing the jury that a first degree murder conviction only could be supported by a finding of premeditation.
従って事実審は陪審にたいして、第1級謀殺の有罪判決は故意の認定によってのみ有効であると説示することにより、本件の争点である二重の危険に関わる恐れを慎重に避けている。
It did not instruct on the felony murder rule.
事実審は重罪謀殺の規則については説示していない。
Under instruction number nine, in fact, the trial court instructed the jury that all murder perpetrated without deliberation and premeditation, including felony murder, is second degree murder.
説示No.9で、事実審は現に陪審にたいして、意図的で計画的ではないすべての謀殺は、重罪謀殺を含み第2級謀殺であると説示している。
And instruction number eight defines express malice as a "deliberate intention unlawfully to take away the life of a fel- low creature."
そして説示No.8では明白な犯意を“人間同士の生命を不法に奪う意図”と定義している。
Because the jury returned a verdict of first degree murder, it necessarily determined that the murder was premeditated and deliberate murder, not felony murder predicated on implied malice.
陪審が第1級謀殺と評決したということは、必然的に、謀殺は黙示的犯意に基づいた重罪謀殺ではなく、計画された意図的予謀殺であったと決定したことを意味する。
Consequently, it is clear that the jury did not rely on the implied malice instruction."


従って、陪審(の評決は)黙示的犯意の説示に依拠していないことは明白である。
Thus, because the jury convicted petitioner of first degree murder, and the instructions defined first degree murder only as encompassing "wilful, deliberate and premeditated murder," the jury did not and could not have relied upon implied malice to convict petitioner.
このように、陪審は上訴人を第1級謀殺と判決し、説示でも第1級謀殺は“故意の、意図的、予謀殺”と定義しているのであるから、陪審は黙示の犯意に依拠して上訴人を有罪としたはずはないし、またそうすることはありえない。
Therefore, the trial court's instruction that "[m]alice aforethought is implied when a Murder is committed in the perpetration of or in an attempt to perpetrate a Robbery" could not have played a part in the jury's determination that the petitioner was guilty of first degree murder.
従って、“強盗実行時、またはその未遂時に、故意の犯意が黙示される”とする事実審の説示は、上訴人が第1級謀殺で有罪であるとする陪審の決定には関わっていない。
We hold that any instructional error was harmless. See Zant, 462 U.S. at 879 , 103 S. Ct. at 2744, 77 L. Ed. 2d 235.


当法廷は説示のいかなる誤りも無害であると考える。Zant, 462 U.S. at 879, 103 S. Ct. at 2744, 77 L. Ed. 2d 235 参照。
C. The parties' arguments.


C. 当事者の弁論
Petitioner nonetheless argues that a harmless error analysis is inappropriate in this case.
それにもかかわらず、上訴人は、説示の誤り無害の手続的瑕疵の分析は本件の場合、不当であると弁論する。
In support of that position he relies on our decision in Suniga v. Bunnell, 998 F.2d 664 (9th Cir. 1993).
上訴人はその立場を支持するため、当法廷のSuniga v. Bunnell, 998 F.2d 664 (9th Cir. 1993) の判決に依拠する。
Petitioner is incorrect.
上訴人は正しくない。
In Suniga , we concluded that in circumstances where it was not possible to determine with certainty whether the jury relied on an unconstitutional theory to reach its guilty verdict, reversal was required without engaging in a harmless error analysis. 998 F.2d at 668-69.
Sunigaの判決で当法廷は、陪審が違憲的な学説に従って有罪評決に達したかどうか確信をもって決定することができない状況下では、説示の誤りが無害であったかどうかの分析をすることなく、下級審判決の差し戻しが必要であると結論した。998 F.2d at 668-69。
Suniga, however, is inapplicable in this case.
いずれにしても、Sunigaの判決は本件には不適当である。
We can tell with certainty from the jury instructions that the jury rested its verdict on a ground that did not implicate petitioner's constitutional right.
当法廷は陪審説示から、陪審はその評決の根拠を、上訴人の憲法上の権利とは関係のない基盤に置いて評決したということを、確信をもって言うことができる。
It explicitly found that petitioner committed first degree, premeditated murder.
陪審は上訴人が第1級の予謀殺を犯したことを明白に認定している。
In other words, the jury did not rely on the implied malice instruction.
言い換えれば、陪審は黙示の犯意の説示に依拠していない。
Any instructional error was harmless. See supra, pp. 4999-5000.


説示のいかなる誤りも無害である。前述のpp. 4999-5000 参照。
Respondent asserts that any error in this case is harmless because the Nevada Supreme Court reviewed the trial transcript and found "sufficient" evidence of premeditation.
被上訴人は、本件のいかなる誤りも無害であると主張する。何故なら、ネバダ州最上級裁判所が公判記録を審議して、予謀の”充分な“証拠があると認定しているからである。
In its eyes it is of no consequence that the trial court instructed the jury that it could imply malice if it found that petitioner engaged in a robbery.
事実審が陪審に対して、上訴人が強盗を実行したと陪審が認定できれば、(謀殺の)犯意を黙示することになると説示したとしても、そのことは少しも重要ではないと被上訴人は考える。
Respondent relies on the following passage from the decision of the Nevada Supreme Court:


被上訴人はネバダ州最上級裁判所の判決から引用する次の一節に依拠する。
[T]here was ample evidence to establish that appel-lant had committed the murder in a deliberate and premeditated manner. . . .
上訴人が意図的で計画的な方法で・・・謀殺を実行したことを実証する十二分な証拠がある。



Specifically, we note that several witnesses at appellant's trial testified that appellant had killed the victim with his shotgun at pointblank range in a manner which appeared to be intentional. (Emphasis added).

もっと正確にいえば、当法廷は、いくらかの証人が公判で、被上訴人は犠牲者を至近距離から彼のショットガンで意図的(emphasis added)と見えるやりかたで殺したと証言していることに注目している。

The court also took note that the "prosecution relied primarily on the theory that appellant had intentionally killed the victim." (Emphasis added).

ネバダ州最上級裁判所はまた「検察側は、上訴人は故意に犠牲者を殺したという事由に主として依拠した」ことに注目した。(Emphasis added)。
This argument misreads Zant.
この主張はZant判例を読み違えている。
It does not suggest that a general verdict can be sustained if there is "ample" evidence presented on a constitutional theory or if the prosecution "relied primarily" on a constitutional theory.
Zant判決は、憲法理論に基づいて提示された「十分な」証拠がある場合または検察側が憲法理論に「主として依拠して」いる場合に、一般評決が維持されるとは示唆していない。
Rather, under Zant, review must be limited to determining whether it is absolutely certain from the record that the jury did not rely on the unconstitutional grounds to convict the defendant.
むしろ、Zant判決は審査は、陪審が反憲法的理由に依拠して被告を有罪に決定しなかったことが記録から絶対的に確かかどうかの判定に限られなければならないと示唆しているのである。
The Supreme Court emphasized in Zant that "[i]f, under the instructions to the jury, one way of committing the offense charged is" not legally proper "the rule of these cases requires that a general verdict of guilt be set aside even if the defendant's unprotected conduct, considered separately, would support the verdict." 462 U.S. at 883, 103 S. Ct. at 2746, 77 L. Ed. 2d 235 (emphasis added).


最高裁はZant判決において「陪審に対する説示に拠って、訴因とされた犯罪実行方法の一つが」憲法上適切ではないならば、「こういう裁判のルールは、たとえ被告人の憲法上保障されない行為が、別々に審理されれば、評決を支持する場合であっても、有罪の一般評決を無効にするものである」旨強調している。462 U.S. at 883, 103 S. Ct. at 2746, 77 L. Ed. 2d 235 (emphasis added )。
[5] Thus, it was incorrect for the Nevada Supreme Court and the district court to rest their holdings on the fact that there is "sufficient" evidence in the record to support the conclusion that the jury convicted petitioner of premeditated murder.
[5]このように、ネバダ州最上級裁判所と地裁がそれぞれの判決を、陪審が上訴人を予謀殺と評決することに至った結末を裏付ける記録のなかに「十分な」証拠があるという事実に依拠したことは不適切である。
Zant limits the harmless error analysis to situations in which this Court determines that it was impossible for the jury to have relied on the infirm instruction.


Zant判決は無害の手続的瑕疵の分析を、本法廷が陪審は論拠薄弱な説示に拠ったはずなどないと判断する状況に限定している。
[6] In this case that test was met.
[6]本訴訟においてはその基準は満たされている。

It was impossible under Nevada law--as defined in these instructions--for the jury's decision to have rested on a theory of implied malice.
ネバタ州法下では??これらの説示で定義されているとおり??陪審の決定が黙示的犯意の理論に依拠したということはとても信じられない。
Petitioner's conviction therefore withstands constitutional scrutiny.


これによって、上訴人の有罪判決は憲法上の審査によく耐え得るものである。
For the reasons discussed, the decision of the district court is AFFIRMED. the end

_______________________________________________________________


上述の理由により、地裁の判決は維持される。以上。
FOOTNOTES


脚注
2 It is clear under federal and Nevada law that a prior juvenile adjudication for robbery and the subsequent prosecution for murder, where the jury relies on that same robbery to convict a defendant of murder, constitute multiple trials for the same offense.


「注2 」連邦法およびネバダ州法下では、強盗に対する先行の少年審判と陪審が同一強盗事件に基づいて被告を殺人の罪ありと決定する殺人を裁く訴追は、同一犯罪についての複合審理を構成することになることは明白である。
First, under Nevada law, a "juvenile proceeding[ ] based upon the offense alleged in the petition alleging delinquency or an offense based upon the same conduct are barred if the court has begun taking evidence or has accepted a child's admission of the facts alleged in the petition.
まず初めに、ネバタ州法下では、訴状で非行であると申立てられた違反行為または同一行為に根差す犯罪に基づく「少年審判」は、たとえ法廷が証人調べをすでに開始していたり、訴状で申し立てられた個々の事実の承認を少年から得ていたとしても除外される。
No child may be prosecuted first as a juvenile and later as an adult, or in two juvenile court hearings for the same offense." Nev. Rev. Stat. S 62.195(2)
(1997); see also Breed v. Jones, 421 U.S. 519, 95 S. Ct. 1779, 44 L. Ed. 2d 346 (1975) (adjudication in juvenile proceedings sufficient for jeopardy to attach).

児童の法律違反は第一に彼が少年になり成人した後も公訴提起してはならないし、また同一犯罪を二つの少年裁判所で公訴提起してはならない。」Nev. Rev. Stat. S 62.195(2)(1997); see also Breed v. Jones, 421 U.S. 519, 95 S. Ct. 1779, 44 L. Ed. 2d 346 (1975)(その危険に晒されたといえる少年審判の判例)
Petitioner accepted responsibility for the robbery charge in juvenile court before the state finished prosecuting his "adult" trial for murder.
州当局が上訴人の謀殺に対する「成人」公判を請求し終える以前に、上訴人は少年裁判所において強盗罪の責任を認めていた。
If the offenses of robbery and felony murder are the same for Double Jeopardy purposes, Double Jeopardy bars the second prosecution for felony murder.


強盗罪と重罪謀殺が同一「二重の危険」条項の対象である場合は、「二重の危険」条項は重罪謀殺の方の起訴を除外する。
Second, the Supreme Court has held, in Harris v. Oklahoma, 433 U.S. 682, 97 S. Ct. 2912, 53 L. Ed. 2d 1054 (1977) (per curium), that the offenses of robbery and felony murder predicated on that same robbery are the same offenses for purposes of Double Jeopardy and a defendant cannot be tried for one offense subsequent to a trial or plea on the other.
二番目に、最高裁はHarris v. Oklahoma, 433 U.S. 682, 97 S. Ct. 2912, 53 L. Ed. 2d 1054 (1977) (裁判所による意見)において、同一強盗事件に根差す強盗罪と重罪謀殺は「二重の危険」条項対象となる同一内容の犯罪であるから、被上訴人は一方の犯罪の審理または有罪答弁の後で、他方の犯罪の裁判にかけられることはあり得ないはずだと主張している。
The rationale of Harris, and for that matter, double jeopardy itself, is that the Constitution prohibits the states from having two opportunities to convict a defendant on the same charge.
ついでに言えば、ハリスの判決理由は、二重の危険条項自体もそうだが、合衆国憲法が被上訴人を同一告発に基づいて有罪判決を下す二つの機会が存することを州当局に禁じているのだ。
For example, if the state proceeded against petitioner for robbery and he was acquitted, the Constitution prohibits the states from attempting to obtain a second conviction for that robbery, whether as an independent charge, or as part of a murder charge.


例えば、州当局が上訴人を強盗罪で訴えたが無罪放免になったという場合、合衆国憲法は、州(当局)が同一強盗による二つ目の有罪判決を獲得しようと企図することを禁じている、単独起訴としてであろうと謀殺起訴の一環としても。
Therefore, because jeopardy has already attached for petitioner's robbery, it was error for the trial court to instruct the jury that it could imply malice if it found that petitioner committed robbery.
これによって、有罪になる危険性は上訴人の強盗罪にすでに付与されたのだから、事実審が、上訴人は強盗を犯したということから陪審が暗に謀殺だと思えるような説示をすることは誤審である。
Respondent and the district court appear to concede that the instruction is erroneous, as it is raised in neither the briefs to this Court nor in the opinion below.
被上訴人と地裁のいずれも説示が誤っていることを認めているらしい。何故なら、そのことは当裁判所に対する上訴趣意書にも以下の意見書にも取り上げられていないから。
The only issue in dispute, therefore, is whether the error is harmless.

争点は手続的瑕疵が無害であるか否かだけである。
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:FN、Bookmark、hrt、Redwoody 21、semi、充田、Esperanto)訳

Amelia Network Co.,Ltd.