判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
ミネラルキング渓谷裁判
シエラクラブ対モートン
Sierra Club v.Morton
訳文ステータス:仮日本語訳 (更新日:2011/02/01 10:51)
原文 日本語訳
Sierra Club v. Morton

シエラクラブ 対 モートン

Counsel for Plaintiff
Leland R. Selna, Jr.
Matthew P. Mitchell
Feldman, Waldman & Kline
2700 Russ Building
San Francisco, California 94104

原告弁護団
レランド・R・セルナJr.
マシュー・P・ミッチェル
フェルドマン,ウォルドマン&クライン事務所
〒94104
カリフォルニア州サンフランシスコラスビルディング2700番地

Counsel for Defendants
Erwin N. Griswold Solicitor General
Shiro Kashiwa Asst. Attorney General
Walter Kiechel, Jr. Deputy Asst. Attorney General
Wm. Terry Bray Asst. to the Solicitor General
Edmund B. Clark
Jacques B. Gelin Attorneys
Department of Justice
Washington, D.C. 20530

被告弁護団
アーウィン・N・グリスワールド法務局長
カシワ・シロー司法次官
ウォルター・キーシェルJr.司法次官補
ウィリアム・テリー・ブレイ法務局次長
エドムンド・B・クラーク
ジャックス・B・ゲリン法律事務所
〒20530
ワシントンDC 司法省

Counsel for Amicus Curiae in Support of Plaintiffs Wilderness Society, Izaak Walton League of America, and Friends of the Earth
Bruce J. Terris
1908 Sunderland Place, N.W.
Washington, D.C. 20009

原告 ワイルダーネスソサエティー、イザックワルトンリーグオブアメリカ、
フレンズオブジアース の法廷助言者の弁護団

ブルース・J・テリス
〒20009
ワシントンDC サンダーランドプレース N.W.1908番地

James W. Moorman
1600 Twentieth Street, N.W.
Washington, D.C. 20009

ジェームズ・W・ムーアマン
〒20009
ワシントンDC 20番通り N.W.1600番地

Environmental Defense Fund
Mark L. Evans
Anthony A. Lapham
Donald S. Burris
Philip J. Harter
734 Fifteenth Street, N.W.
Washington, D.C. 20005

環境保護基金
マーク・L・エバンズ
アンソニー・A・ラファン
ドナルド・S・ブリス
フィリップ・J・ハーター
〒20005
ワシントンDC 15番通りN.W.734番地

Edward Lee Rogers
162 Old Town Road
East Setauket, New York 11733

エドワード・リー・ロジャース
〒11733 ニューヨーク州イーストセタケットオールドタウンロード162番地

Counsel for Amicus Curiae in Support of Defendants
Far West Ski Association
United States Ski Association
Donald R. Allen
Patrick H. Mitchell

被告の法廷助言者の弁護士
ファー・ウェスト・スキー協会
合衆国スキー協会
ドナルド・R・アレン
パトリック・H・ミッチェル

American National Cattlemen's Association, Idaho
Public Lands Resources Council, National Forest
Products Association, National Water Resources
Association, Oregon Field Trail Council, Outdoors
Unlimited, Inc., and Public Resources Council of Oregon
Robert C. Kerk
Wesley S. Walton
134 South La Salle Street
Chicago, Illinois 60603

全米牧畜協会、アイダホ私有地資源協議会、全米森林生産物協会、
全米水資源協会、オレゴン野外観測協議会、
アウトドアーズ・アンリミテッド株式会社、オレゴン公共資源協議会
ロバート・C・カーク
ウェズリー・S・ワルトン
〒60603
イリノイ州 シカゴ サウスラサール通り 134

MR. JUSTICE POWELL and MR. JUSTICE REHNQUIST took no part in the consideration or decision of this case.

パウエル判事、レンクイスト判事は本件の論議および判決について
担当箇所無し

MR. JUSTICE STEWART delivered the opinion of the Court.

スチュアート判事が裁判所の判決を通達した

I

The Mineral King Valley is an area of great natural beauty nestled in the Sierra Nevada Mountains in Tulare County, California, adjacent to Sequoia National Park.
?T

ミネラルキング渓谷はカリフォルニア州タレアカントリーのシエラネバダ山脈に横たわる豊かな自然美にあふれた所で、セコイア国立公園に隣接している。
It has been part of the Sequoia National Forest since 1926, and is designated as a National Game Refuge by special Act of Congress.1 Though once the site of extensive mining activity, Mineral King is now used almost exclusively for recreational purposes. 1926年より同渓谷はセコイア国有林の一部と認められ、特別国会制定法により国立自然動物保護地区に指定されている(注1)。 一時は広範に採鉱活動が行われたもののミネラルキングは現在ほとんどレクリエーション活動にのみ使用されている。
Its relative inaccessibility and lack of development have limited the number of visitors each year, and at the same time have preserved the valley's quality as a quasi-wilderness area largely uncluttered by the products of civilization.

近郊との交通の便が悪いことや開発が行われてこなかったことからここを訪れる人は年ごとに少なくなり、同時に渓谷はいわば野生のままの地域として文明社会の産物が散乱する事態からおおむねまぬがれてきた。

The United States Forest Service, which is entrusted with the maintenance and administration of national forests, began in the late 1940's to give consideration to Mineral King as a potential site for recreational development. 国有林の維持管理を担当する合衆国林野庁は1940年代後半よりミネラルキングについてレクリエーション地域として開発可能かどうか検討し始めた。
Prodded by a rapidly increasing demand for skiing facilities, the Forest Service published a prospectus in 1965, inviting bids from private developers for the construction and operation of a ski resort that would also serve as a summer recreation area. 急速に高まるスキー施設へのニーズに対応するため、1965年、同省は趣意書を発行しスキー場と夏期はレクリエーション施設にもなる設備の建設と運営について民間の開発業者の入札を募集した。
The proposal of Walt Disney Enterprises, Inc., was chosen from those of six bidders, and Disney received a three-year permit to conduct surveys and explorations in the valley in connection with its preparation of a complete master plan for the resort.

6件の入札の中からウォルトディズニーエンタープライズの計画書が採用され、同社はリゾート開発のマスタープラン完成の準備として3年間現地の測量調査を行うことを許可された。

The final Disney plan, approved by the Forest Service in January, 1969, outlines a $35 million complex of motels, restaurants, swimming pools, parking lots, and other structures designed to accommodate 14,000 visitors daily. 1969年1月に林野庁より承認されたディズニーの最終計画では、3,500万ドルの費用をかけてホテル、レストラン、プール、駐車場他の設備を備えた1日14,000人を収容可能な複合施設が予定されていた。
This complex is to be constructed on 80 acres of the valley floor under a 30-year use permit from the Forest Service. この施設は林野庁から30年間の借用権を得て渓谷の底に位置する80エーカーの土地を使用して建設されることになっていた。
Other facilities, including ski lifts, ski trails, a cog-assisted railway, and utility installations, are to be constructed on the mountain slopes and in other parts of the valley under a revocable special use permit. スキーのリフト、コースや歯状レール鉄道、電気ガス水道などの他の設備は取消可能な特別使用許可のもとで山の斜面または渓谷のそれ以外の場所に建設されることになっていた。
To provide access to the resort, the State of California proposes to construct a highway 20 miles in length. リゾートへの交通の便をはかるためカリフォルニア州は全長20マイルの高速道路を建設することを計画した。
A section of this road would traverse Sequoia National Park, as would a proposed high-voltage power line needed to provide electricity for the resort. この道路の一部はセコイア国立公園を横断し、リゾートに必要な電力を供給する高圧線も配置される予定だった。
Both the highway and the power line require the approval of the Department of the Interior, which is entrusted with the preservation and maintenance of the national parks.

これらの高速道路と高圧線は共に国立公園の維持管理をおこなっている内務省の許可を必要としていた。

Representatives of the Sierra Club, who favor maintaining Mineral King largely in its present state, followed the progress of recreational planning for the valley with close attention and increasing dismay. 主として現在のままのミネラルキングで野外活動をおこなう愛好家の団体、シエラクラブの代表者たちは失望をつのらせながら渓谷のリゾート開発計画の進行を大変注意深く見守ってきた。
They unsuccessfully sought a public hearing on the proposed development in 1965, and in subsequent correspondence with officials of the Forest Service and the Department of the Interior, they expressed the Club's objections to Disney's plan as a whole and to particular features included in it. 芳しい成果は得られなかったものの1965年に開発計画について一般市民にヒアリング調査をおこない、またディズニーの計画に対しクラブのいだいている懸念を林野庁や内務省の担当者に包括的かつ具体的に書面にて表明した。
In June of 1969 the Club filed the present suit in the United States District Court for the Northern District of California, seeking a declaratory judgment that various aspects of the proposed development contravene federal laws and regulations governing the preservation of national parks, forests, and game refuges,2 and also seeking preliminary and permanent injunctions restraining the federal officials involved from granting their approval or issuing permits in connection with the Mineral King project. 開発計画が国立公園、国有林、自然動物などの保護を規定した連邦法に違反する(注2)という明確な判断と、また、ミネラルキング計画に関連し関連官公庁がおこなう許認可について仮または恒久的な差止命令を求め、1969年6月にシエラクラブは合衆国カリフォルニア州北部地方裁判所に当訴訟を起こした。
The petitioner Sierra Club sued as a membership corporation with "a special interest in the conservation and sound maintenance of the national parks, game refuges, and forests of the country," and invoked the judicial review provisions of the Administrative Procedure Act, 5 U.S.C. § 701 et seq.
国立公園、自然動物、森林の環境保護と健全性維持に強く関心をもつ者の一員として同クラブは合衆国行政手続法5条701章以下の条項に基づいて司法審査を求めた。

After two days of hearings, the District Court granted the requested preliminary injunction.
2日間の審理の後、地方裁判所は 請求された暫定的差止命令を許可した。
It rejected the respondents' challenge to the Sierra Club's standing to sue, and determined that the hearing had raised questions "concerning possible excess of statutory authority, sufficiently substantial and serious to justify a preliminary injunction . . . ." 地裁は告訴したシェラクラブの当事者適格に異議を唱えた被控訴人の異議申し立てを却下し、審理により、「制定法上の権限を越えている可能性について、暫定的差止命令を正当化できる重大な」問題が提起されたと判断した。
The respondents appealed, and the Court of Appeals for the Ninth Circuit reversed. 433 F.2d 24. 被控訴人は上告し、第9巡回区控訴裁判所は原判決を破棄した。433F.2d24.
With respect to the petitioner's standing, the court noted that there was "no allegation in the complaint that members of the Sierra Club would be affected by the actions of [the respondents] other than the fact that the actions are personally displeasing or distasteful to them," id., at 33, and concluded:

原告の当事者適格に関して、控訴裁は「訴状には、シェラクラブのメンバーが[被控訴人]の行為に影響を受けうるという申し立てはなく、同行為がメンバーにとって個人的に不愉快であるという事実があるのみと認定し」id., at 33、以下のような判断を下した。

"We do not believe such club concern without a showing of more direct interest can constitute standing in the legal sense sufficient to challenge the exercise of responsibilities on behalf of all the citizens by two cabinet level officials of the government acting under Congressional and Constitutional authority." Id., at 30.

「直接的利害を立証しない同クラブのメンバーには、議会と憲法の権限の下で活動する政府の省や庁の行政職員が国民のために責務を履行することに異議を申し立てる法律上の当事者適格がないと、本法廷はみなす」Id., at 30.

Alternatively, the Court of Appeals held that the Sierra Club had not made an adequate showing of irreparable injury and likelihood of success on the merits to justify issuance of a preliminary injunction. その一方で、控訴裁は、シェラクラブが回復不能な被害を受けること、また、暫定的差止命令の発令を正当化できるほどの利益を得られる見通しについて適切な申し立てをしなかったと判断した。
The court thus vacated the injunction. したがって、控訴裁は差止命令を無効にした。
The Sierra Club filed a petition for a writ of certiorari which we granted, 401 U.S. 907, to review the questions of federal law presented.

シェラクラブは裁量上訴を請願し、本法廷は提起された連邦法の問題の審査を許可した。401 U.S. 907

II

The first question presented is whether the Sierra Club has alleged facts that entitle it to obtain judicial review of the challenged action.
II

第一の問題点は、シェラクラブが異議を申し立てた行為について司法審査を要求する資格があるという事実を主張したか否かという点である。
Whether a party has a sufficient stake in an otherwise justiciable controversy to obtain judicial resolution of that controversy is what has traditionally been referred to as the question of standing to sue. 他の点では裁判で決着しうる争いにおいて、当事者がその争いの司法解決を求めるほどの利害関係にあるか否かは、伝統的に言われるところの、告訴する当事者適格が認められるかどうかの問題である。
Where the party does not rely on any specific statute authorizing invocation of the judicial process, the question of standing depends upon whether the party has alleged such a "personal stake in the outcome of the controversy," Baker v. Carr, 369 U.S. 186, 204, as to ensure that "the dispute sought to be adjudicated will be presented in an adversary context and in a form historically viewed as capable of judicial resolution." Flast v. Cohen, 392 U.S. 83, 101. 当事者が特定の制定法に基づいて司法手続きを請求できない場合、当事者適格が認められるかどうかの問題は、「争いの成り行きにおける人的関与」について、Baker v. Carr, 369 U.S. 186, 204,「裁かれるべき論争が当事者の主張のなかで不利益なものとして述べられ、かつ、過去の判例から見るに同論争が司法解決できるものであると保証されるような人的関与であることを、当事者が申し立てたか否かにかかっている。 Flast v.Cohen,392 U.S. 83, 101.
Where, however, Congress has authorized public officials to perform certain functions according to law, and has provided by statute for judicial review of those actions under certain circumstances, the inquiry as to standing must begin with a determination of whether the statute in question authorizes review at the behest of the plaintiff.3

しかし、議会が法に従って職務を果たす権限を行政職員に与え、さらに、一定の条件下で彼らの行為の司法審査を制定法で定めている場合、当事者適格に関する審理は、原告が請求する審査を当該制定法が正当と認めるか否かの判断を下すところから始めなければならない。3

The Sierra Club relies upon § 10 of the Administrative Procedure Act (APA), 80 Stat. 392, 5 U.S.C. § 702, which provides:

シェラクラブは、以下のごとく述べられた行政手続法(APA)§ 10, 80 Stat.392, 5 U.S.C. § 702を根拠としている。

"A person suffering legal wrong because of agency action, or adversely affected or aggrieved by agency action within the meaning of a relevant statute, is entitled to judicial review thereof."

「関連制定法の規定範囲内において、行政機関の行為による権利侵害に苦しむ人、または、行政機関の行為により悪影響を受ける人は司法審査を請求する権利を有する」

Early decisions under this statute interpreted the language as adopting the various formulations of "legal interest" and "legal wrong" then prevailing as constitutional requirements of standing.4 上記の行政手続き法に基づくこれまでの判決は、この当事者適格という専門用語を、「適法な権利」と「権利侵害」の例のさまざまな公式を作って、それを当事者適格の憲法上の要件として普及させることだと解釈していた。4
But, in Association of Data Processing Service Organizations, Inc. v. Camp, 397 U.S. 150, and Barlow v. Collins, 397 U.S. 157, decided the same day, we held more broadly that persons had standing to obtain judicial review of federal agency action under § 10 of the APA where they had alleged that the challenged action had caused them "injury in fact," and where the alleged injury was to an interest "arguably within the zone of interests to be protected or regulated" by the statutes that the agencies were claimed to have violated.5

しかし、同日に判決が下されたAssociation of Data Processing Service Organizations, Inc. v. Camp, 397U.S.150, と Barlow v. Collins, 397 U.S. 157, の判例において、本法廷はより広義に解釈し、異議を申し立てられた行為が「事実上の不利益」を与えたと当事者が主張した場合、また、被害を受けたとされる利益が、行政機関が違反したと訴えられたその制定法で保護、または規制されている利益の範囲内に入っている利益であることを論証できる場合、§ 10 of the APA に基づいて当事者は行政機関の行為を司法の審査に持ち込む当事者適格を有すると判断した。5

In Data Processing, the injury claimed by the petitioners consisted of harm to their competitive position in the computer servicing market through a ruling by the Comptroller of the Currency that national banks might perform data processing services for their customers. データ・プロセシング事件において、原告が訴えた被害とは、商業銀行が顧客にデータ処理サービスを行うことを認めた通貨監督官の決定により、コンピュータ・サービス市場での原告の競争力が損なわれたというものだった。
In Barlow, the petitioners were tenant farmers who claimed that certain regulations of the Secretary of Agriculture adversely affected their economic position vis-a-vis their landlords. バーロウ事件では、原告の小作農が農務長官の決定した規則により、地主に対する経済的立場が弱まったと訴えた。
These palpable economic injuries have long been recognized as sufficient to lay the basis for standing, with or without a specific statutory provision for judicial review.6 司法審査に関する制定法の規定がある、なしにかかわらず6、このような明白な経済的被害に関しては当事者適格が認められると、かなり以前から考えられていた。
Thus, neither Data Processing nor Barlow addressed itself to the question, which has arisen with increasing frequency in federal courts in recent years, as to what must be alleged by persons who claim injury of a noneconomic nature to interests that are widely shared.7 したがって、上記2件の裁判では当事者適格の問題は触れられなかったが、近年、連邦裁判所でしばしば問題にあがるのは、広く共有されている利益に対する非経済的被害を訴える場合、控訴側は何を申し立てるべきかという点である。7
That question is presented in this case.
まさにこの問題が本件でも提起されている。

III

The injury alleged by the Sierra Club will be incurred entirely by reason of the change in the uses to which Mineral King will be put, and the attendant change in the aesthetics and ecology of the area.Thus, in referring to the road to be built through Sequoia National Park, the complaint alleged that the development "would destroy or otherwise affect the scenery, natural and historic objects and wildlife of the park and would impair the emjoyment of the park for future generations.
III

シエラクラブが主張した権利侵害の理由は、ミネラルキング渓谷の利用目的変更と、それに伴う地区の美観や生態環境の変化のみで、セコイア国立公園を通る道路の建設に関しては訴状で「景観や自然、歴史的な物や公園の野生生物に対して、破壊もしくは何らかの影響をおよぼし、次世代における公園の楽しみを損なう」開発であると主張していた。
" We do not question that this type of harm may amount to an "injury in fact" sufficient to lay the basis for standing under § 10 of the APA. Aesthetic and environmental well-being, like economic well-being, are important ingredients of the quality of life in our society, and the fact that particular environmental interests are shared by the many rather than the few does not make them less deserving of legal protection through the judicial process. この種の損害は、APAの§ 10に基づき当事者適格の基礎を敷くに十分な「事実上の損害」とされてもおかしくはない。美観と環境を良い状態に保つことは、経済の安泰と同じく現代社会で生活の質に影響を与える重要な要素である。とりわけ環境に対しては少数どころか大多数の人々が関心を抱いており、この事実からも裁判手続きを経た法的保護に値するとみなされる。
But the "injury in fact" test requires more than an injury to a cognizable interest. しかし「事実上の損害」の基準には、損害が審理すべき問題であるという以上のことが求められる。
It requires that the party seeking review be himself among the injured.

審査を要求している当事者自身がその被害を受ける者でなければならないのだ。

The impact of the proposed changes in the environment of Mineral King will not fall indiscriminately upon every citizen. ミネラルキング渓谷の環境に対する変更案の影響が、すべての市民へ一様におよぶというわけではない。
The alleged injury will be felt directly only by those who use Mineral King and Sequoia National Park, and for whom the aesthetic and recreational values of the area will be lessened by the highway and ski resort. クラブが主張している権利侵害を直接感じるのはミネラルキング渓谷やセコイア国立公園を利用する人々だけで、そういう人々からすればハイウェイやスキーリゾートによってこの地区の美観と保養的価値は損なわれることになるだろう。
The Sierra Club failed to allege that it or its members would be affected in any of their activities or pastimes by the Disney development. シエラクラブはディズニーの開発によってクラブ自身またはその会員が活動や娯楽に影響を受けるという主張をしなかった。
Nowhere in the pleadings or affidavits did the Club state that its members use Mineral King for any purpose, much less than they use it in any way that would be significantly affected by the proposed actions of the respondents.8

会員が何らかの目的のためにミネラルキング渓谷を利用していること、ましてやそれが被告の計画によって多大な影響を被ることなど、シエラクラブは訴答にも宣誓供述書にも述べていない。8

The Club apparently regarded any allegations of individualized injury as superfluous, on the theory that this was a "public" action involving questions as to the use of natural resources, and that the Club's longstanding concern with and expertise in such matters were sufficient to give it standing as a "representative of the public."9 この訴訟は自然資源の利用問題に関する「公共的」活動であり、こういった問題に長年関わってきて専門知識がある自分たちは「一般の代表」として当事者適格を与えられるに十分であるという見解のもと、明らかにシエラクラブはそれぞれの損害を申し立てる必要はないと見なしていた。9
This theory reflects a misunderstanding of our cases involving so-called "public actions" in the area of administrative law.

この考え方には、行政法におけるいわゆる「公共活動」を含む本件に対しての誤解が表れている。

The origin of the theory advanced by the Sierra Club may be traced to a dictum in Scripps-Howard Radio, Inc. v. FCC, 316 U.S. 4, in which the licensee of a radio station in Cincinnati, Ohio, sought a stay of an order of the FCC allowing another radio station in a nearby city to change its frequency and increase its range.In discussing its power to grant a stay, the Court noted that "these private litigants have standing only as representatives of the public interest." Id., at 14. シエラクラブが唱えた説の出所はScripps-Howard Radio, Inc. v. FCC, 316 U.S. 4の意見だろう。オハイオ州シンシナティでラジオ局の許可を受けていた企業が、近くの都市にある他のラジオ局に周波数の変更と範囲の拡大を許可したFCCの命令の停止を求めた事件である。停止許可の権限の審議において、最高裁は「本件の私的当事者は公共の利益を代表するときのみ当事者適格を有することができる」(同上 at 14)という点を指摘した。
But that observation did not describe the basis upon which the appellant was allowed to obtain judicial review as a "person aggrieved" within the meaning of the statute involved in that case,10 since Scripps-Howard was clearly "aggrieved" by reason of the economic injury that it would suffer as a result of the Commission's action.11 しかし、その件に関する法令の意味において「権利を侵害された者」として控訴人が司法審査を許可されたことの根拠は述べられていなかった。10 Scripps-Howardは委員会の行為によって被る経済的損害で、明らかに「侵害」されていたからだ。11
The Court's statement was rather directed to the theory upon which Congress had authorized judicial review of the Commission's actions. 最高裁の意見はむしろ、議会が委員会の行為について司法審査を認めたことに関する説を指摘していた。
That theory had been described earlier in FCC v. Sanders Bros. Radio Station, 309 U.S. 470, 477, as follows:

その説はそれより以前にFCC v. Sanders Bros. Radio Station, 309 U.S. 470, 477に次のとおり記載されている。

"Congress had some purpose in enacting § 402 (b)(2). 「議会は§ 402 (b)(2)を制定するにあたって目的があった。
It may have been of opinion that one likely to be financially injured by the issue of a license would be the only person having a sufficient interest to bring to the attention of the appellate court errors of law in the action of the Commission in granting the license. 開局許可によって経済的不利益を被る可能性があるのは、開局を許可する委員会の行為について控訴裁判所に誤謬を問うだけの十分な利益を得ている者だけだと考えたのであろう。
It is within the power of Congress to confer such standing to prosecute an appeal."

この場合、控訴する当事者適格を与える権限は議会にある」

Taken together, Sanders and Scripps-Howard thus established a dual proposition: the fact of economic injury is what gives a person standing to seek judicial review under the statute, but once review is properly invoked, that person may argue the public interest in support of his claim that the agency has failed to comply with its statutory mandate.12 SandersとScripps-Howardは同様のものと考えられ、二元的命題が確立された。経済的損失の事実によって法のもとに司法審査を要求できる当事者適格が与えられるが、審査が適切に実施されたのちに、その政府機関が法定命令に従わなかったことを主張して公共の利益を申し立てることができるというものだ。12
It was in the latter sense that the "standing" of the appellant in Scripps-Howard existed, only as a "representative of the public interest." つまり審査実施後、Scripps-Howardの控訴人が「当事者適格」を有することができるのは「公共の利益を代表する」場合のみとなる。
It is in a similar sense that we have used the phrase "private attorney general" to describe the function performed by persons upon whom Congress has conferred the right to seek judicial review of agency action. See Data Processing, supra, at 154.
議会から政府機関の行為に対し司法審査を求める権利を認められた者の役目を「民間司法長官」と言うが、それと同じ意味合いを持つ。Data Processing, 上記, at 154参照。

The trend of cases arising under the APA and other statutes authorizing judicial review of federal agency action has been towards recognizing that injuries other than economic harm are sufficient to bring a person within the meaning of the statutory language, and towards discarding the notion that an injury that is widely shared is ipso facto not an injury sufficient to provide the basis for judicial review.13
APAおよび他の法規のもと、連邦政府機関の訴訟の司法審査を承認する事例は、権利侵害という法的言語の解釈に経済的被害以外の権利侵害も含みうることを認め、したがって広く認められている権利侵害は司法審査の根拠とするに足る権利侵害ではないという考えを捨てる傾向が強まってきている。13
We noted this development with approval in Data Processing, supra, at 154, in saying that the interest alleged to have been injured "may reflect 'aesthetic, conservational, and recreational' as well as economic values." このような新しい情勢は、侵害されたとされる利益が「経済的価値のみならず『審美的、 管理保護的、およびレクリエーション的な価値』をも含みうる」と述べているData Processing、上記154の承認にて述べられた。
But broadening the categories of injury that may be alleged in support of standing is a different matter from abandoning the requirement that the party seeking review must have himself suffered an injury.

しかしながら、当事者適格を請求しうる権利侵害の範疇が広がったからといって、審査を求めている当事者自身の権利が侵害されていなければならないという必要条件が不要になったわけではない。

Some courts have indicated a willingness to take this latter step by conferring standing upon organizations that have demonstrated "an organizational interest in the problem" of environmental or consumer protection. これまで、環境保護もしくは消費者保護の「問題における組織の利益」を立証した組織に当事者適格を与えることによって、当事者自身が権利侵害されているとしてもよいとする裁判もあった。
Environmental Defense Fund, Inc. v. Hardin, 428 F.2d 1093, 1097.14 It is clear that an organization whose members are injured may represent those members in a proceeding for judicial review. Environmental Defense Fund社 v. Hardin, 428 F.2d 1093, 1097.14 ある組織のメンバーが権利を侵害された場合、その組織が司法審査の訴訟行為においてそれらのメンバーの代理を務めうることは明白である。
See, e.g., NAACP v. Button, 371 U.S. 415, 428. NAACP v. Button, 371 U.S. 415, 428等参照。
But a mere "interest in a problem," no matter how longstanding the interest and no matter how qualified the organization is in evaluating the problem, is not sufficient by itself to render the organization "adversely affected" or "aggrieved" within the meaning of the APA. しかし、単に「問題における利益」のみでは、いかにその利益が長期にわたるものであろうと、その組織が問題評価においていかに適格であろうと、その組織自体がAPAの定義である「悪影響を受けた」もしくは「侵害を受けた」組織であるとするには十分でない。
The Sierra Club is a large and long-established organization, with an historic commitment to the cause of protecting our Nation's natural heritage from man's depredations. シエラクラブは大きく歴史のある組織であり、これまでも我が国の自然遺産を人間の略奪行為から守ることに貢献してきた。
But if a "special interest" in this subject were enough to entitle the Sierra Club to commence this litigation, there would appear to be no objective basis upon which to disallow a suit by any other bona fide "special interest" organization, however small or short-lived. しかし、本題における「特別利益」によって、シエラクラブがこの訴訟を開始する権利が十分あるということになれば、真の「特別利益」と持つ他の組織による訴訟もまた認められることになるであろう。その組織の大小、歴史の有無にかかわらず、である。
And if any group with a bona fide "special interest" could initiate such litigation, it is difficult to perceive why any individual citizen with the same bona fide special interest would not also be entitled to do so.

さらに、もし真の「特別利益」があるグループであれば何であれこの種の訴訟を始めることができるのであれば、同様に真の「特別利益」を有する個人がそういった権利を与えられない理由を理解することが困難となる。

The requirement that a party seeking review must allege facts showing that he is himself adversely affected does to insulate executive action from judicial review, nor does it prevent any public interests from being protected through the judicial process.15 審査を求める当事者自身が被害を被っているという事実を主張しなければならないという必要条件は、司法審査と執行行為とを切り離すために行うものであり、同時にそれは司法のプロセスを通して公益が守られることを阻止しない。15
It does serve as at least a rough attempt to put the decision as to whether review will be sought in the hands of those who have a direct stake in the outcome. 少なくとも、結果的に直接の利害関係を持つ人の手で審査がすすめられるか否かを決定する大胆な試みである。
That goal would be undermined were we to construe the APA to authorize judicial review at the behest of organizations or individuals who seek to do no more than vindicate their own value preferences through the judicial process.16 司法のプロセスを通して少なくとも自身の価値観を正当化すようとする組織または個人の要望でAPA が司法審査を承認すると解釈するとすれば、その目的は達成されないであろう。16
The principle that the Sierra Club would have us establish in this case would do just that.

シエラクラブがこの事例で我々に示した原則は、まさにそのことである。

As we conclude that the Court of Appeals was correct in its holding that the Sierra Club lacked standing to maintain this action, we do not reach any other questions presented in the petition, and we intimate no view on the merits of the complaint. 我々は、控訴裁判所によりシエラクラブがこの控訴を持続する適格に欠けたとされたことは正しいと結論付けるため、当該訴訟で示された他のいかなる質問にも結論を下さず、訴状の功績についての考察も公示しない。
The judgment is

Affirmed.

判決は追認される。

1. Act of July 3, 1926, 44 Stat. 821, 16 U.S.C. § 688.

1. 1926年7月3日付法律44、821、16U.S.C.§688。

2. As analyzed by the District Court, the complaint alleged violations of law falling into four categories. 2. 地方裁判所が分析しているように、当該請求により法律違反であると主張する内容は4つに分類される。
First, it claimed that the special use permit for construction of the resort exceeded the maximum acreage limitation placed upon such permits by 16 U.S.C. § 497, and that issuance of a "revocable" use permit was beyond the authority of the Forest Service. まず、当該リゾート建設のための特別使用許可は、16 U.S.C.§497による当該許可の最大面積を超えるものであり、さらに「取消可能な」使用許可証の発行が森林局の権限を越えるものであったと主張した。
Second, it challenged the proposed permit for the highway through Sequoia National Park on the grounds that the highway would not serve any of the purposes of the park in alleged violation of 16 U.S.C. § 1, and that it would destroy timber and other natural resources protected by 16 U.S.C. §§ 41 and 43. 次に、ハイウェーが16 U.S.C.§1に申し立てられている違反で公園の目的のいずれも満たさず、それにより16 U.S.C.§§41及び43により保護されている材木や他の自然資源を破壊されるという根拠のもと、提案されているセコイア国立公園を通るハイウェー許可に反論した。
Third, it claimed that the Forest Service and the Department of the Interior had violated their own regulations by failing to hold adequate public hearings on the proposed project. 第三に、森林局と内務省は、当該提案プロジェクトに関する適切な公聴会を開催しておらず、自身の規則に違反していたと主張した。
Finally, the complaint asserte that 16 U.S.C. § 45 (c) requires specific congressional authorization of a permit for construction of a power transmission line within the limits of a national park.
最後に、16 U.S.C. §45( c )によれば、国立公園内に送電ライン建設の許可について、専門の国会当局の認可が必要であると述べている。

3. Congress may not confer jurisdiction on Art.
3.議会は、第III章の連邦裁判所が参考意見を言い渡す、マスクラット対合衆国219 U.S. 346、または「友好的に」訴訟をまとめる、合衆国対ジョンソン319 U.S. 302、または「政治的問題」を解決する、ルーサー対ボーデン7 How. 1、管轄権を与えない。なぜならこのような性質の訴訟は、第III章における裁判の役割と相容れないためである。
III federal courts to render advisory opinions, Muskrat v. United States, 219 U.S. 346, or to entertain "friendly" suits, United States v. Johnson, 319 U.S. 302, or to resolve "political questions," Luther v. Borden, 7 How. 1, because suits of this character are inconsistent with the judicial function under Art. III.
But where a dispute is otherwise justiciable, the question whether the litigant is a "proper party to request an adjudication of a particular issue," Flast v. Cohen, 392 U.S. 83, 100, is one within the power of Congress to determine. しかし、論争が裁判に付されうる場合、訴訟当事者が「特定の問題について裁判を請求するのに相応しい集団」であるか否かは、フラスト対コーエン392 U.S. 83, 100、議会の決定権の範疇にある問題である。
Cf. FCC v. Sanders Bros. Radio Station, 309 U.S. 470, 477; Flast v. Cohen, 392 U.S. 83, 120 (Harlan, J., dissenting); Associated Industries v. Ickes, 134 F.2d 694, 704. 連邦通信委員会対サンダース・ブロス・ラジオ局309 U.S. 470, 477、フラスト対コーエン392 U.S. 83, 120(ハーラン判事異議申立)、アソシエーテッド・インダストリー対イッキス134 F.2d 694, 704参照。
See generally Berger, Standing to Sue in Public Actions: 一般的にはバーガー、公訴における原告適格を参照。
Is it a Constitutional Requirement?, 78 Yale L.J. 816, 837 ff. (1969); Jaffe, The Citizen as Litigant in Public Actions: これは合憲的請求なのか?78 Yale L.J. 816, 837 ff. (1969)。ジャッフェ、公訴における訴訟当事者としての市民。
The Non-Hohfeldian or Ideological Plaintiff, 116 U. Pa. L. Rev. 1033 (1968).

非ホーフェルディアンまたはイデオロギー的原告116 U. Pa. L. Rev. 1033 (1968)。

4. See, e.g., Kansas City Power & Light Co. v. McKay, 225 F.2d 924, 932; Ove Gustavsson Contracting Co. v. Floete, 278 F.2d 912, 914; Duba v. Schuetzle, 303 F.2d 570, 574. 4.例として、カンザスシティー電力会社対マッケイ225 F.2d 924, 932、オーブ・ギュスターブソン・コントラクティング対フローテ278 F.2d 912, 914、デューバ対シューツレ303 F.2d 570, 574を参照。
The theory of a "legal interest" is expressed in its extreme form in Alabama Power Co. v. Ickes, 302 U.S. 464, 479-481. 「法的な利益」の理論はアラバマ電力会社対イッキス302 U.S. 464, 479-481に究極的に表されている。
See also Tennessee Electric Power Co. v. TVA, 306 U.S. 118, 137-139.

同じくテネシー電力会社対TVA306 U.S. 118, 137-139も参照。

5. In deciding this case we do not reach any questions concerning the meaning of the "zone of interests" test or its possible application to the facts here presented.

5.この件を判断する際、本法廷は「利益の範囲」を検証する意義について、またそれがここに示された事実に適用し得ることについて、何ら疑問をもつに到らない。

6. See, e.g., Hardin v. Kentucky Utilities Co., 390 U.S. 1, 7; Chicago v. Atchison, T. & S.F.R. Co., 357 U.S. 77, 83; FCC v. Sanders Bros. Radio Station, 309 U.S. 470, 477.

6.例として、ハーディン対ケンタッキー・ユーティリティーズ390 U.S. 1, 7、シカゴ対アッチソン、T. & S.F.R.357 U.S. 77, 83、連邦通信委員会対サンダース・ブロス・ラジオ局309 U.S. 470, 477を参照。

7. No question of standing was raised in Citizens to Preserve Overton Park, Inc. v. Volpe, 401 U.S. 402. 7.オーバートン・パーク保護団体対ボルペ401 U.S. 402において、原告適格についての疑問は提起されなかった。
The complaint in that case alleged that the organizational plaintiff represented members who were "residents of Memphis, Tennessee who use Overton Park as a park land and recreation area and who have been active since 1964 in efforts to preserve and protect Overton Park as a park land and recreation area."

訴状において原告団は「メンフィス、テネシーの住人であり、オーバートン・パークを公園およびレクリエーション地域として利用し、1964年以来、オーバートン・パークを公園およびレクリエーション地域として保護するための活動を続けてきた」メンバーを代表すると申立てていた。

8. The only reference in the pleadings to the Sierra Club's interest in the dispute is contained in paragraph 3 of the complaint, which reads in its entirety as follows:

8.申立の中で、論争となったシエラクラブの利益について言及している部分は、訴状の第3章に記載されており、以下に全文を示す。

"Plaintiff Sierra Club is a non-profit corporation organized and operating under the laws of the State of California, with its principal place of business in San Francisco, California, since 1892. Membership of the Club is approximately 78,000 nationally, with approximately 27,000 members residing in the San Francisco Bay area. 「原告のシエラクラブは、カリフォルニア州法に基づいて組織・運営する非利益企業であり、1892年以来カリフォルニア州サンフランシスコを経営の拠点としている。クラブの会員は全国約78,000名で、約27,000名がサンフランシスコ・ベイエリアに居住する。
For many years the Sierra Club by its activities and conduct has exhibited a special interest in the conservation and sound maintenance of the national parks, game refuges and forests of the country, regularly serving as a responsible representative of persons similarly interested. 長年にわたり、シエラクラブはその活動を通して、国内の国立公園、禁猟区、森林の保護および健全な維持に特別な利益を示し、同様な利益を享受する人々の代表としての責務を担ってきた。
One of the principal purposes of the Sierra Club is to protect and conserve the national resources of the Sierra Nevada Mountains. シエラクラブの主要目的のひとつは、シエラネバダ山脈の国有資源を保護することにある。
Its interests would be vitally affected by the acts hereinafter described and would be aggrieved by those acts of the defendants as hereinafter more fully appears."

その利益は、以下に示される行為によって多大な影響を受け、以下に明らかとなる被告の行為によって侵害されうるものである。」

In an amici curiae brief filed in this Court by the Wilderness Society and others, it is asserted that the Sierra Club has conducted regular camping trips into the Mineral King area, and that various members of the Club have used and continue to use the area for recreational purposes. ワイルダネス・ソサエティらが本法廷に提起した法廷助言者申立書において、シエラクラブがミネラルキング地域に定期的なキャンプ旅行を行っていること、会員の多くが本地域をレクリエーション目的で使用したことがあり、現在も使用していることが主張されている。
These allegations were not contained in the pleadings, nor were they brought to the attention of the Court of Appeals. これらの申立は訴状に述べられていなかったばかりか、控訴裁判所でも申立てられていなかった。
Moreover, the Sierra Club in its reply brief specifically declines to rely on its individualized interest, as a basis for standing. さらに、シエラクラブは答弁書の中で特に、個別化された利益を原告適格の基礎とするようになっている。
See n. 15, infra. Our decision does not, of course, bar the Sierra Club from seeking in the District Court to amend its complaint by a motion under Rule 15, Federal Rules of Civil Procedure.

以下の15番参照。本法廷の決定は勿論、シエラクラブが地方裁判所に対し、連邦民事訴訟法第15条に基づく動議によって訴状の修正を求めることを妨げるものではない。

9. This approach to the question of standing was adopted by the Court of Appeals for the Second Circuit in Citizens Committee for the Hudson Valley v. Volpe, 425 F.2d 97, 105:

9.このような原告適格問題への取り組みは、控訴裁判所第二巡回市民委員会ハドソン・バレー対ボルペ425 F.2d 97, 105で行われた。
"We hold, therefore, that the public interest in environmental resources -- an interest created by statutes affecting the issuance of this permit -- is a legally protected interest affording these plaintiffs, as responsible representatives of the public, standing to obtain judicial review of agency action alleged to be in contravention of that public interest."

「本法廷は、それゆえ、環境資源についての公共の利益――この許可の発効に影響する法律が作り出した利益――が、法的に保護された利益であり、公共を代表する責任者である原告らの利益となるものであるから、公共の利益に反する疑いがある代理人の行為について司法審査権を得る資格があると考える。」

10. The statute involved § 402(b)(2) of the Communications Act of 1934, 48 Stat. 1064, 1093.

10.この法律は、1934年の通信条例§ 402(b)(2)に関する。48 Stat. 1064, 1093。

11. This much is clear from the Scripps-Howard Court's citation of FCC v. Sanders Bros. Radio Station, 309 U.S. 470, in which the basis for standing was the competitive injury that the appellee would have suffered by the licensing of another radio station in its listening area.
11.この多くはスクリップス-ハワード裁判で引用するところの連邦通信委員会対サンダース・ブロス・ラジオ局309 U.S. 470から明らかである。ここでは、他のラジオ局に自局の放送地域での放送権を認めたことにより被上訴人が被った競争上の損害を、原告適格の基礎としていた。

12. The distinction between standing to initiate a review proceeding, and standing to assert the rights of the public or of third persons once the proceeding is properly initiated, is discussed in 3 Davis, Administrative Law Treatise, §§ 22.05-22.07 (1958).

12. 再審を開始する当事者適格とすでに公正な裁判が行なわれた公共または第三者権利を主張する当事者適格との違いは 3 Davis, Administrative Law Treatise, §§22.05-22.07 (1958)で論じられている。

13. See, e.g., Environmental Defense Fund, Inc. v. Hardin, 428 F.2d 1093, 1097 (interest in health affected by decision of Secretary of Agriculture refusing to suspend registration of certain pesticides containing DDT); Office of Communication of the United Church of Christ v. FCC, 359 F.2d 994, 1005 (interest of television viewers in the programming of a local station licensed by the FCC); Scenic Hudson Preservation Conf. v. FPC, 354 F.2d 608, 615-616 (interests in aesthetics, recreation, and orderly community planning affected by FPC licensing of a hydroelectric project); Reade v. Ewing, 205 F.2d 630, 631-632 (interest of consumers of oleomargarine in fair labeling of product regulated by Federal Security Administration); Crowther v. Seaborg, 312 F. Supp. 1205, 1212 (interest in health and safety of persons residing near the site of a proposed atomic blast).

13. 例えば Environmental Defense Fund, Inc. v. Hardin, 428 F.2d 1093,1097(DDT含有殺虫剤登録停止要求を拒絶する農務長官決定に影響された健康に関与);Office of Communication of the United Church of Christ v. FCC, 359 F.2d 994, 1005(FCC認可地方局番組編成へのテレビ視聴者の関与); Scenic Hudson Preservation Conf. v. FPC, 354 F.2d 608,615-616(FPC認可水力発電計画の影響を受けた美観、レクリエーション、地域社会計画への関与);Reade v. Ewing, 205F.2d 630, 631-632(連邦保安局規制品質公正表示へのマーガリン消費者の関与);Crowther v.Seaborg, 312 F. Supp. 1205, 1212(原爆実験予定近隣地帯住民の安全と健康への関与)を参照。

14. See Citizens Committee for the Hudson Valley v. Volpe, n. 8, supra; Environmental Defense Fund, Inc. v. Corps of Engineers, 325 F. Supp. 728, 734-736; Izaac Walton League v. St. Clair, 313 F. Supp, 1312, 1317. 14. 上記 n. 8 Citizens Committee for the Hudson Valley v. Volpe,;Environmental Defense Fund, Inc. v. Corps of Engineers, 325 F. Supp. 728,734-736; Izaac Walton League v. St. Clair, 313 F. Supp, 1312, 1317.を参照。
See also Scenic Hudson Preservation Conf. v. FPC, supra, at 616:

さらに上記, Scenic Hudson Preservation Conf. v. FPC, at 616:

"In order to ensure that the Federal Power Commission will adequately protect the public interest in the aesthetic, conservational, and recreational aspects of power development, those who by their activities and conduct have exhibited a special interest in such areas, must be held to be included in the class of 'aggrieved' parties under § 313 (b) [of the Federal Power Act]."

「連邦動力委員会が、動力開発によって生じる美的自然保護的リクレーション的関連の公共の利益を適正に保護するようにするには、当該分野に特別な関心を示しつつ組織的活動をしている人々が、〔連邦動力法〕の§ 313 (b)に基づく「被害者」集団に含まれていなければならない」を参照。

In most, if not all of these cases, at least one party to the proceeding did assert an individualized injury either to himself or, in the case of an organization, to its members.

全てではないにしても殆どの裁判では、少なくとも一人の訴訟当事者が自分自身が受けているか、あるいは団体が受けている場合には会員代表者が被害を訴えている。

15. In its reply brief, after noting the fact that it might have chosen to assert individualized injury to itself or to its members as a basis for standing, the Sierra Club states:

15.訴訟事件摘要書の答弁で、クラブ自身が受ける侵害か、あるいはクラブ会員が受ける侵害かどちらかを当事者適格の根拠として主張すべきであったと述べてから、シエラクラブは:
"The Government seeks to create a 'heads I win, tails you lose' situation in which either the courthouse door is barred for lack of assertion of a private, unique injury or a preliminary injunction is denied on the ground that the litigant has advanced private injury which does not warrant an injunction adverse to a competing public interest. Counsel have shaped their case to avoid this trap."

「国家機関は‘表が出たら私の勝ち,裏が出たら君の負け’状況を仕掛けようとする。個人的で独特な侵害の主張に欠けているからといって法廷の門戸を閉ざすか、あるいは訴訟当事者が衡平法上張り合う公共の利益に逆らうほどのものではない個人的侵害を申立てたという理由で予備的差止め要求を却下する。弁護人は、担当事件を練ってこの罠にかからないように造り直す。

The short answer to this contention is that the "trap" does not exist. 端的に答えれば「罠」などは存在しない。
The test of injury in fact goes only to the question of standing to obtain judicial review. 事実上の被害基準は、司法審査を受けられるかどうかという当事者適格の問題に至るだけである。
Once this standing is established, the party may assert the interests of the general public in support of his claims for equitable relief. ひとたび当事者適格が認められると、当事者は衡平上実効的な救済要求を擁護して大衆の利益を主張をするかもしれない。
See n. 12 and accompanying text, supra.

上述 n. 12と添付本文参照。

16. Every schoolboy may be familiar with de Tocqueville's famous observation, written in the 1830's, that "Scarcely any political question arises in the United States that is not resolved, sooner or later, into a judicial question. 16.法律を学んだ者ならだれでも「合衆国で発生する政治問題で法律的問題に行き着かないものはおそらくない」と、1830年代に述べたトックヴィルの有名な視察を知っているだろう。
" 1 Democracy in America 280 (Alfred A. Knopf, 1945). 1『アメリカにおける民主主義』p,280 (Alfred A. Knopf, 1945)
Less familiar, however, is de Tocqueville's further observation that judicial review is effective largely because it is not available simply at the behest of a partisan faction, but is exercised only to remedy a particular, concrete injury.

それほどには知られていないがトックヴィルはさらに、司法審査権は単に党派閥の命で利用されるのではなく特定の具体的被害を救済するためにだけ行使されるのだから甚大な効力を持つということにも気づいている。

"It will be seen, also, that by leaving it to private interest to censure the law, and by intimately uniting the trial of the law with the trial of an individual, legislation is protected from wanton assaults and from the daily aggressions of party spirit. 「さらにまた、法律の検閲は個人的利益に委ね法律の事実審理は個々の裁判に緊密に結合させているので、立法議会はいわれなき襲撃や党派心の日常的攻撃から守られているようだ。
The errors of the legislator are exposed only to meet a real want; and it is always a positive and appreciable fact that must serve as the basis for a prosecution." Id., at 102.

立法者の考え違いは、実質的欠如を補う際にだけ発覚するが、しかしその発覚は訴追の根拠となるにちがいない明確で実証的な事実になるのは必然である」同書p,102。

MR. JUSTICE DOUGLAS, dissenting.

ダグラス判事の反対意見.。

I share the views of my Brother BLACKMUN and would reverse the judgment below.

私はブラックマン判事と意見を同じくし、以下の理由で当判決に反対する。

The critical question of "standing"1 would be simplified and also put neatly in focus if we fashioned a federal rule that allowed environmental issues to be litigated before federal agencies or federal courts in the name of the inanimate object about to be dispoiled, defacted, or invaded by roads and bulldozers and where injury is the subject of public outrage. 「訴訟当事者の適格性」1を認めるか否かの問題は、道路とブルドーザーに蹂躙され侵奪されかかり公衆がその損傷を憤慨している場合、環境論争の結論を進めて無生物の名においてでも連邦機関か連邦裁判所に提訴できるような連邦規則を本法廷が形成するならば単純化されるだろうし核心に迫れるだろう。
Contemporary public concern for protecting nature's ecological equilibrium should lead to the conferral of standing upon environmental objects to sue for their own preservation. 自然生態的な均衡を保護することに対する最近の大衆の関心は、環境客体に自己の保存のための裁判を提起する資格を与える方向に進むべきである。
See Stone, Should Trees Have Standing? Toward Legal Rights for Natural Objects, 45 S. Cal. L. Rev. 450 (1972). ストーンの論文『樹木に当事者適格を認めるべきか?自然物にも法的権利を』p,45.南カリフォルニア大学法学部一九七二年改訂版を参照。
This suit would therefore be more properly labeled as Mineral King v. Morton.

したがって、この裁判はミネラル・キング対モートンと名付けられるのがより適当である。

Inanimate objects are sometimes parties in litigation. 無生物でも原告になることがある。
A ship has a legal personality, a fiction found useful for maritime purposes.2 船は法的人格を持つが、これは海事法上有効な擬制である。
The corporation sole -- a creature of ecclesiastical law -- is an acceptable adversary and large fortunes ride on its cases.3 単独法人である法王--教会法の所産--は、容認せざるを得ない当事者で運命の起伏は大方その裁きにかかっている。
The ordinary corporation is a "person" for purposes of the adjudicatory processes, whether it represents proprietary, spiritual, aesthetic, or charitable causes.4
普通の法人は企業、精神的活動、芸術的活動、あるいは慈善運動を表すものであっても、司法判断手続きの目的のために設立された「人」である。4

So it should be as respects valleys, alpine meadows, rivers, lakes, estuaries, beaches, ridges, groves of trees, swampland, or even air that feels the destructive pressures of modern technology and modern life.
そのため、谷、高山草原、川、湖、河口、海岸、尾根、林、沼地、また現代の技術や現代の生活の破壊的な圧力を感じる空気にさえ関連すべきである。
The river, for example, is the living symbol of all the life it sustains or nourishes -- fish, aquatic insects, water ouzels, otter, fisher, deer, elk, bear, and all toher animals, including man, who are dependent on it or who enjoy it for its sight, its sound, or its life. The river as plaintiff speaks for the ecological unit of life that is part of it. たとえば川は、生命を維持し育んでいく生物全てが生きる象徴である。魚、水中生物、カワガラス、カワウソ、フィッシャー、シカ、ヘラジカ、クマ、そしてヒトを含むすべてのtoher動物などがそうであり、それらは川に依存し、あるいは景色、音、川の生活を楽しんでいる者ばかりである。 原告である川は、その一部である生命の生態学的な個体として申し立てている。
Those people who have a meaningful relation to that body of water -- whether it be a fisherman, a canoeist, a zoologist, or a logger -- must be able to speak for the values which the river represents and which are threatened with destruction.

水と重要な関係がある人々――漁師やカヌーのこぎ手、動物学者、木こりなどでもあてはまるが、彼らが川の代表的な価値や破壊の危機に瀕していることを述べることができなければならない。

I do not know Mineral King. 私はミネラルキング渓谷のことは知らない。
I have never seen it nor travelled it, though I have seen articles describing its proposed "development"5 notably Hano, Protectionists v. Recreationists -- the Battle of Mineral King, N.Y. Times Mag., Aug. 17, 1969; and Browing, Mickey Mouse in the Mountains, Harper's, March 1972, p. 65. The Sierra Club in its complaint alleges that "One of the principal purposes of the Sierra Club is to protect and conserve the national resources of the Sierra Nevada Mountains." ミネラルキング渓谷は見たこともないし、訪れたこともないが、著名な自然保護政策者であり自然環境保護主義者であるHano氏が述べた「開発」5ヶ条について書かれた記事?ミネラルキング渓谷裁判という1969年8月17日付けのニューヨークタイムズの記事や、1972年3月号のハーパーズマガジン65ページの「ブローイング-山のミッキーマウス」は読んだことがある。シエラクラブは訴状で、「シエラクラブの主な目的の一つに、シエラネバダ山脈の国家資源を保護し、維持していくことがある。」と主張している。
The District Court held that this uncontested allegation made the Sierra Club "sufficiently aggrieved" to have "standing" to sue on behalf of Mineral King.

州裁判所は、この明白な陳述によってシエラクラブが「十分権利を奪われ」、ミネラル・キングのために訴えを起こしたという判決を出した。

Mineral King is doubtless like other wonders of the Sierra Nevada such as Tuolumne Meadows and the John Muir Trail. ミネラルキング渓谷は間違いなく、トゥオルム・メドウズやジョン・ミューアトレイルといったシエラネバダの他の絶景と同様に美しい。
Those who hike it, fish it, hunt it, camp in it, or frequent it, or visit it merely to sit in solitude and wonderment are legitimate spokesmen for it, whether they may be a few or many. ハイキング、釣り、狩り、キャンプをする人々、頻繁に行く人、孤独になったり楽しんだりするために単に訪れるだけの人々も、多少の差はあるが正当な唱道者である。
Those who have that intimate relation with the inanimate object about to be injured, polluted, or otherwise despoiled are its legitimate spokesmen.

損傷を受けたり汚染されたり他に価値を奪われたりする無生物の対象と密接な関係を築いている人々も、ミネラルキング渓谷裁判の正当な唱道者である。

The Solicitor General, whose views on this subject are in the Appendix to this opinion, takes a wholly different approach. 法務長官のこの案件についての見解はこの意見の補遺にあるが、彼は全く異なった方法をとった。
He considers the problem in terms of "government by the Judiciary." With all respect, the problem is to make certain that the inanimate objects, which are the very core of America's beauty, have spokesmen before they are destroyed. 彼は、「司法制度」の観点で、この問題を考えた。 すべての点において、問題はアメリカの美の中心である無生物の対象には唱道者がいるということを、彼らの存在が消滅する前に確認することである。
It is, of course, true that most of them are under the control of a federal or state agency. もちろんほとんどの唱道者が連邦や州の機関の管理下に存在することは事実である。
The standards given those agencies are usually expressed in terms of the "public interest. それらの機関が得た標準は、たいてい「公益」の観点で表される。
" Yet "public interest" has so many differing shades of meaning as to be quite meaningless on the environmental front. しかし「公益」には、環境面ではかなり意味のないことについて、多くの異なる暗部がある。
Congress accordingly has adopted ecological standards in the National Environmental Policy Act of 1969, Pub. L. 91-90, 83 Stat. 852, 42 U.S.C. § 4321, et seq., and guidelines for agency action have been provided by the Council on Environmental Quality of which Russell E. Train is Chairman. 議会は一致して、1969年の国家環境政策法 Pub. L. 91-90, 83 Stat. 852, 42 U.S.C. §4321, et seq.、または下記にある生態学的な標準を採用しており、機関訴訟のガイドラインは、ラッセル・E・トレイン氏が議長を務める環境委員会が定めている。
See 36 Fed. Reg. 7724.

連邦行政命令7724条の36を参照のこと。

Yet the pressures on agencies for favorable action one way or the other are enormous. しかし、有利な訴訟への機関の一方的、他の方法での圧力は強大である。
The suggestion that Congress can stop action which is undesirable is true in theory; yet even Congress is too remote to give meaningful direction and its machinery is too ponderous to use very often. 連邦議会が不利益な訴訟を差し止められるという提案は、理論上真実である。しかし、連邦議会でさえ関係が希薄なために有益な方向を指し示せず、その機関も利用しやすい雰囲気ではない。
The federal agencies of which I speak are not venal or corrupt. 私が今申し上げている連邦機関は、賄賂がらみで腐敗している。
But they are notoriously under the control of powerful interests who manipulate them through advisory committees, or friendly working relations, or who have that natural affinity with the agency which in time develops between the regulator and the regulated.6 しかし、その機関は公然と諮問委員会を通じて操り、友好な関係を築き、将来規制者と規則6条との間を発展させる機関と親近性をもつ強大な勢力の制御下にある。
As early as 1894, Attorney General Olney predicted that regulatory agencies might become "industry-minded," as illustrated by his forecast concerning the Interstate Commerce Commission:

早くも1894年にはオルニー法務長官が、州際商業委員会に関わる予測を示し、統制機関は「産業的」に陥る可能性があると予測した。

"The Commission is or can be made of great use to the railroads. 「州際商業委員会は、鉄道の最大利用からなりたっている。
It satisfies the public clamor for supervision of the railroads, at the same time that supervision is almost entirely nominal. Moreover, the older the Commission gets to be, the more likely it is to take a business and railroad view of things." M. Josephson, The Politicos 526 (1938).

その委員会は鉄道管理のために民衆の訴えを鎮め、同時に管理はほとんど名目上にすぎなかった。 さらに、委員会が古くなればそれだけ、ビジネスや鉄道という観点を強めるだろう。」M. Josephson, The Politicos 526 (1938).

Years later a court of appeals observed, "the recurring question which has plagued public regulation of industry [is] whether the regulatory agency is unduly oriented toward the interests of the industry it is designed to regulate, rather than the public interest it is supposed to protect." Moss v. CAB, 430 F.2d 891, 893 (CADC 1970). 数年後控訴裁判所は、「産業の公的規則を悩ます不変の疑問は、保護されるはずの公的利益よりもむしろ、規制するよう意図された産業的利益の方向に規制機関が不当に調整されているかどうかである。」と述べた。 モス対民間航空委員会、430 F.2d 891, 893 (CADC 1970)。
See also Office of Communication of the United Church of Christ v. FCC, 359 F.2d 994, 1003-1004; Udall v. FPC, 387 U.S. 428; Calvert Cliffs' Coordinating Committee, Inc. v. AEC, 449 F.2d 1109; Environmental Defense Fund, Inc. v. Ruckelshaus, 439 F.2d 584; Environmental Defense Fund, Inc. v. HEW, 428 F.2d 1083; Scenic Hudson Preservation Conf. v. FPC, 354 F.2d 608, 620. キリスト教団報道社対連邦通信委員会、359 F.2d 994, 1003-1004; ウダル対連邦動力委員会, 387 U.S. 428; 法人組織カルバート・クリフ調整委員会対原子力委員会、449 F.2d 1109; 法人組織環境保護基金対ラッケルズハウス、439 F.2d 584; 環境保護基金対保健教育厚生省、428 F.2d 1083; シーニック・ハドソン保護会議対連邦動力委員会、354 F.2d 608, 620も参照のこと。
But see Jaffe, The Federal Regulatory Agencies In a Perspective: Administrative Limitation In A Political Setting, 11 Bos. C.I. & C. Rev. 565 (1970) (labels "industry-mindedness" as "devil" theory).
しかし、ある観点で連邦規制機関、Jaffeを参照のこと。 政治的背景では行政制限11 Bos. C.I. & C. Rev. 565 (1970)(「産業志向」を「悪魔」理論だというレッテル)

The Forest Service -- one of the federal agencies behind the scheme to despoil Mineral King -- has been notorious for its alignment with lumber companies, although its mandata from Congress directs it to consider the various aspects of multiple use in its supervision of the national forests.7

米国森林保護局(ミネラルキング渓谷を手に入れる計画をしている政府組織のひとつ)は、国有林を監視しつつ多角的利用を検討するよう、議会から指示を受けている。しかし、木材企業との癒着は有名な話だ。

The voice of the inanimate object, therefore, should not be stilled. ここで命なきものの声が黙っているわけにはいかない。
The does not mean that the judiciary takes over the managerial functions from the federal agency. これは、司法が連邦政府から運営機能を奪ったと言うわけではない。
It merely means that before these priceless bits of Americana (such as a valley, an alpine meadow, a river, or a lake) are forever lost or are so transformed as to be reduced to the eventual rubble of our urban environment, the voice of the existing beneficiaries of these environmental wonders should be heard.8

ただ、値段のつけようがないアメリカの財産(渓谷や高山の平原、川や湖など)が永久に失われてしまう前に、または都市環境の産物に形を変えてしまうその前に、現存する自然の神秘の恩恵に耳を傾けなければならない、ということだ。

Perhaps they will not win. Perhaps the bulldozers of "progress" will plow under all the aesthetic wonders of this beautiful land. だがおそらく、「彼ら」に勝ち目はないだろう。おそらく、「進歩」という名のブルドーザ車が、この美しい土地の自然の神秘すべてを掘り返すのだろう。
That is not the present question. しかし、これは現在の論点ではない。
The sole question is, who has standing to be heard?

問題はただひとつ、「耳を傾けるべき相手は誰なのか?」という点だ。

Those who hike the Appalachian Trial into Sunfish Pond, New Jersey, and camp or sleep there, or run the Allagash in Maine, or climb the Guadalupes in West Texas, or who canoe and portage the Quetico Superior in Minnesota, certainly should have standing to defend those natural wonders before courts or agencies, though they live 3,000 miles away. アパラチア山道からニュージャージー州のサンフィッシュ・ポンドへハイキングして、そこでキャンプし野宿した人、メーン州のアラガッシュ川を下った人、ウェスト・テキサスのグアダルーペ山を登った人、ミネソタ州のクゥエティコ・スペリオル湖州立公園でカヌーをしたり、それを引いて陸地を移動したりした人。たとえ3千マイル離れた所にいようと、彼らには、法廷や連邦政府に対して自然の神秘を守ろうと訴える権利がある。
Those who merely are caught up in environmental news or propaganda and flock to defend these waters or areas may be treated differently. 単に環境のニュースやプロパガンダに巻き込まれて、これら水源や地域を守るために集まった人々とは訳が違う。
That is why these environmental issues should be tendered by the inanimate object itself.Then there will be assurances that all of the forms of life9 which it represents will stand before the court -- the pileated woodpecker as well as the coyote and bear, the lemmings as well as the trout in the streams. だからこそ、これら環境問題は無生物そのものが原告とならなければならないのだ。そして無生物が代表となることで、命あるものすべてが法廷の前に立てるという保証ができるのだ。エボシクマゲラも、コヨーテもクマもレミングも、川の中のマスも、いきものすべてが。
Those inarticulate members of the ecological group cannot speak. これら生態学上のグループのうち、無関節動物は声を発することが出来ない。
But those people who have so frequented the place as to know its values and wonders will be able to speak for the entire ecological community.

だが、その地をよく訪れ、そこの価値や神秘を知る人なら全生態系のために語ることができるだろう。

Ecology reflects the land ethic; and Aldo Leopold wrote in A Sand County Almanac 204 (1949), "The land ethic simply enlarges the boundaries of the community to include soils, waters, plants, and animals, or collectively, the land."

エコロジーは土地倫理を反映している。アルド・レオポルドは著作『野生のうたが聞こえる』(1949)の中で、「土地倫理とは、要するに、この共同体という概念を、土壌、水、植物、動物、つまりはこれらを総称した『土地』にまで拡大した場合の倫理を指す(p.204)」と述べている。

That, as I see it, is the issue of "standing" in the present case and controversy.

私の見解では、それは現在の事件または争訟における「原告適格」の問題なのだ。
APPENDIX TO OPINION OF DOUGLAS, J.

ダグラス判事見解に添えて
Statement of the Solicitor-General:

法務局長声明
"As far as I know, no case has yet been decided which holds that a plaintiff which merely asserts that, to quote from the complaint here, its interest would be widely affected, and that 'it would be aggrieved,' by the acts of the defendant, has standing to raise legal questions in court.

「私の知る限りでは、原告の主張が単に、ここからは申立書より引用しますが、ひろく権利が侵害され、被告の行為により『被害をこうむった』、というだけで裁判所に問題提起した事例はないでしょう。

"But why not? Do not the courts exist to decide legal questions? でもなぜでしょうか? 裁判所は法的問題を解決するために存在するはずではありませんか?
And are they not the most impartial and learned agencies we have in our governmental system? また、政治システムの中で最も公平かつ知見を有する機関ではないでしょうか?
Are there not many questions which must be decided by courts? 裁判所が解決すべき問題はたくさんあるのでは?
Why should not the courts decide any question which any citizen wants to raise? なぜ裁判所では、国民のみなさんが取り上げて欲しい問題を解決してくれないのでしょう?
As the tenor of my argument indicates, this raises, I think, a true question, perhaps a somewhat novel question, in the separation of powers. . . .

私の論点が示すこの議論は、今までにない発言かも知れません。しかし、三権分立に関して的を射た質問だと思います。

"Ours is not a government by the Judiciary. 私たちの国家は司法行政ではありません。
It is a government of three branches, each of which was intended to have broad and effective powers subject to checks and balances. 三権分立に基づく国家であり、三権それぞれがチェック・アンド・バランスを保って広範かつ効果的な権力機能を果たすべく存在しているのです。
In litigable cases, the courts have great authority. 訴訟などの場合は裁判所に大きな権限があります。
But the Founders also intended that the Congress should have wide powers, andthat the executive branch should have wide powers. しかし、そもそもは、議会にも強い権限を、そして行政にも強い権限を与えることを意図して三権分立がつくられたのです。
All these officers have great responsibilities. これら業務に携わる職員には重大な責務が課されており、立法側も行政側も、米国憲法を遵守すべき裁判所職員に劣らない存在で、連帯関係にあります。

They are no less sworn than are the members of this Court to uphold the Constitution of the United States.


"This, I submit, is what really lies behind the standing doctrine, embodied in those cryptic words 'case' and 'controversy' in Article III of the Constitution. これは、憲法第3条の「事件」及び「争訟」という暗号のような言葉で表現された、原告適格の法理の下にあるのだと私は申し上げたい。
Analytically, one could have a system of government in which every legal question arising in the course of government would be decided by the courts. 分析すると、行政の流れで起こったいかなる訴訟問題も、裁判所が解決するのが政府のシステムであるということです。
It would not be, I submit, a good system. 私に言わせていただけるのなら、それは素晴らしいシステムではありません。
More important, it is not the system which was ordained and established in our Constitution, as it has been understood for nearly 200 years.

もっと重要なことは、これが約200年もの間、私たちの共通認識であった憲法に定められ、制定されたシステムではないのだということです。

"Over the past 20 or 25 years there has been a great shift in the decision of legal questions in our governmental operations into the courts. 過去20〜25年にわたり、裁判所に対する行政指導における、訴訟問題解決の際に、大きな転換が見られました。
This has been the result of continuous whittling away of the numerous doctrines which have been established over the years, designed to minimize the number of governmental questions which it was the responsibility of the courts to consider.
これによって、裁判所の責任において検討すべき政治的課題を最小限にするため、何十年もの間に構築されてきた膨大な数の法理を、継続的に削減していくことになったのです。

"I have already mentioned the most ancient of all, case or controversy, which was early relied on to prevent the presentation of feigned issues to the court.
ここまで、早くから拠り所とされ、仮装争点が裁判所に提起されるのを予防した事件訴訟の古い事案に触れて述べた。
But there are many other doctrines, which I cannot go into in detail: reviewability, justiciability, sovereign immunity, mootness in various aspects, statutes of limitations and laches, jursdictional amount, real party in interest and various questions in relation to joinder. しかし、これ以外の法理は多数みられる。ここで踏み込んで述べることはできないが、reviewability, justiciability, 主権者免責、mootness in various aspects, 出訴期限および消滅時効、訴訟価額、適格当事者のそれぞれの法理および訴訟原因の併合に関する諸問題等である。
Under all of these headings, limitations which previously existed to minimize the number of questions decided in courts have broken down in varying degrees. ここにあげた法理を受けて、従前から裁判所が決定すべき事案の件数を抑制することを目的としてきた期限の制限は、その意義を種々の局面において失いつつある。
I might also mention the explosive development of class actions which has thrown more and more issues into the courts. . . .

ここではさらに、件数の飛躍的な増加がみられ、裁判所に多くの争点を提起する集合代表訴訟についても触れるべきであると考える。

"If there is standing in this case, I find it very difficult to think of any legal issue arising in government which will not have to await one or more decisions of the court before the administrator sworn to uphold the law, can take any action. 本事案につき原告適格を認めるとすれば、法の遵守を誓う行政府が訴訟を起こすより以前に、裁判所の決定を待ち得ない行政府内に惹起する法的問題を考慮することは困難である。
I'm not sure that this is good for the government. このことが行政府に利益をもたらすか確信を持ち得ない。
I'm not sure that it is good for the courts. このことが裁判所に利益をもたらすか確信を持ち得ない。
I do find myself more and more sure that it is not the kind of allocation of governmental power in our tripartite constitutional system that was contemplated by the Founders. . . .

しかし、これは我が国の憲法の起草者が意図したところの三権分立による権力の配分にかかる問題とは異なるとの確信は強く持ち得る。

"I do not suggest that administrators can act at their whim and without any check at all. これは為政者が恣意的にいかなる抑制も受けることなく、訴訟が提起できるものと考えるものではない。
On the contrary, in this area they are subject to continuous check by the Congress. それどころか、為政者は常に議会からの抑制を受けている。
Congress can stop this development any time it wants to."

議会はいかなる時点においても、これを制止できる。

MR. JUSTICE BRENNAN, dissenting.

BRENNAN 判事 反対意見

I agree that the Sierra Club has standing for the reasons stated by my Brother BLACKMUN in Alternative No. 2 of his dissent. Sierra Club が原告適格を有することを、BLACKMUN 判事が、その反対意見の2項において述べる理由をもって、認める。
I therefore would reach the merits. これにて本件訴訟の実質的事項に論及したこととする。
Since the Court does not do so, however, I simply note agreement with my Brother BLACKMUN that the merits are substantial.

当裁判所は本件訴訟の実質事項の論及に及ばないが、本官は、BLACKMUN判事への同意を示し、本件訴訟の実質的事項が重大であることを記す。

MR. JUSTICE BLACKMUN, dissenting.

BLACKMUN 判事 反対意見

The Court's opinion is a practical one espousing and adhering to traditional notions of standing as somewhat modernized by Association of Data Processing Service Organizations, Inc. v. Camp, 397 U.S. 150 (1970); Barlow v. Collins, 397 U.S. 159 (1970); and Flast v. Cohen, 392 U.S. 83 (1968). 原告適格について、当裁判所は、Association of Data Processing Service Organizations, Inc. v. Camp, 397 U.S. 150 (1970); Barlow v. Collins, 397 U.S. 159 (1970); and Flast v. Cohen, 392 U.S. 83 (1968) の現代に即した判例がみられるにせよ、伝統的な考え方を堅持している。
If this were an ordinary case, I would join the opinion and the Court's judgment and be quite content.

本件訴訟がきわめて普遍的な事件であれば、本官は当裁判所の判断を受容し、納得をみたであろう。

But this is not ordinary, run-of-the-mill litigation. しかし、本件訴訟は、普遍的あるいは一般の訴訟とは言えない。
The case poses -- if only we choose to acknowledge and reach them -- significant aspects of a wide, growing and disturbing problem, that is, the Nation's and the world's deteriorating environment with its resulting ecological disturbances. 視点をかえたとき、本件訴訟は、国あるいは世界で起きている環境破壊が生態系を崩しつつあるという、重大な一面がみてとれる。
Must our law be so rigid and our procedural concepts so inflexible that we render ourselves helpless when the existing methods and the traditional concepts do not quite fit and do not prove to be entirely adequate for new issues?

果たして、それまでなかった争点について現行の法体系および伝統的な観念が該当し得ないとき、またはそれが適切でないとき、裁判所は無力であるほど、法がかくも厳格で、法手続は融通性を有しないであろうか。

The ultimate result of the Court's decision today, I fear, and sadly so, is that the 35.3-million-dollar complex, over 10 times greater than the Forest Service's suggested minimum, will now hastily proceed to completion; that serious opposition to it will recede in discouragement; and that Mineral King, the "area of great natural beauty nestled in the Sierra Nevada Mountains," to use the Court's words, will become defaced, at least in part, and, like so many other areas, will cease to be "uncluttered by the products of civilization."

本官は、今回の当裁判所の判断が、35,300,000ドルというフォレストサービスが当初に予定した最低額の10倍もの予算が直ちに執行されること、これに対する反対意思が失望をもって後退すること、Mineral King という、当裁判所の言を借りて言えば Sierra Nevada Mountain における偉大な自然美 が、少なくとも一部において損なわれること、さらに、他の地域と同じように、「文明が踏み入ってない場所」ではなくなるという結果をもたらすことを懸念している。

I believe this will come about because: (1) The District Court, although it accepted standing for the Sierra Club and granted preliminary injunctive relief, was reversed by the Court of Appeals, and this Court now upholds that reversal. この懸念は実際問題となりうる。理由は、(1)第一審は、Sierra Club に原告適格を認め、仮差止命令を発したが、これを第二審が破棄し、当裁判所も第二審を支持していること、
(2) With the reversal, interim relief by the District Court is now out of the question and a permanent injunction becomes most unlikely. (2)当該破棄を受け、仮差止命令が問題の対象外となり、本命令も可能性がないこと、
(3) The Sierra Club may not choose to amend its complaint or, if it does desire to do so, may not, at this late date, be granted permission. (3)Sierra Club に訴状の是正が能わず、仮にSierra Clubが望んでも、今日の時点では期を逸しているため、それが叶わぬこと、
(4) The ever-present pressure to get the project underway will mount. (4)計画の実行を求める圧力が現状よりもさらに強まること、
(5) Once underway, any prospect of bringing it to a halt will grow dim. (5)いったん実行に移れば、中止を求めるいかなる試行も力を失うこと。計画を中止すべきでない理由がさらに力をえること。
Reasons, most of them economic, for not stopping the project will have a tendency to multiply. 理由の大半は経済的なものである。
And the irreparable harm will be largely inflicted in the earlier stages of construction and development.

建設や開発の初期の段階で修復がかなわない実害がある。

Rather than pursue the course the Court has chosen to take by its affirmance of the judgment of the Court of Appeals, I would adopt one of two alternatives:
当裁判所が原審を支持するに至った過程を追及することよりもむしろ、本官は、次の二者択一の立場をとる。

1. I would reverse that judgment and, instead, approve the judgment of the District Court which recognized standing in the Sierra Club and granted preliminary relief.
1、私は本法廷の判決を破棄し、代わりにシエラクラブの原告適格と仮の救済措置を認めた地方裁判所の判決を支持する。
I would be willing to do this on condition that the Sierra Club forthwith amend its complaint to meet the specifications the Court prescribes for standing. だたしシエラクラブは本法廷が示した原告適格の詳細にあうように、申立てをすみやかに修正することが条件となる。
If Sierra Club fails or refuses to take that step, so be it; the case will then collapse. この手続きをしなかったり、拒否した場合には判決はそのままとなり、本件はそれで決裂する。
But if it does amend, the merits will be before the trial court once again. しかし修正が行われた場合は、再度審理が行われるものとする。
As the Court's footnote 2, ante, p. 3, so clearly reveals, the issues on the merits are substantial and deserve resolution. 脚注2のp3によって明確に示されているように、本件は重要な、解決に値する審理である。
They assay new ground. 新たな段階への第一歩であり、ミネラルキング渓谷の未来に大きくかかわっている。
They are crucial to the future of Mineral King.
They raise important ramifications for the quality of the country's public land management. これは国の公有地をいかに維持していくかについて重要な分岐点となりうる。
They pose the propriety of the "dual permit" device as a means of avoiding the 80-acre "recreation and resort" limitation imposed by Congress in 16 U.S.C. § 497, an issue that apparently has never been litigated, and is clearly substantial in light of the congressional expansion of the limitation in 1956 arguably to put teeth into the old, unrealistic five-acre limitation. また本件では16 U.S.C.§497に基づき議会が定めた80エーカーという「リクリエーションとリゾート施設」の開発制限を避けるために考え出された「二つの許可」の妥当性についても問題提起がなされている。これまで裁判になったことのない問題で、古い5エーカーという非現実的な制限を是正するために、1956年に議会が拡大したことを考える上でも明らかに意味がある。
In fact, they concern the propriety of the 80-acre permit itself and the consistency of the entire, enormous development with the statutory purposes of the Sequoia Game Refuge, of which the Valley is a part. 要するに、80エーカーの開発許可自体の妥当性と、この膨大な開発計画全体と渓谷の一部であるセコイア鳥獣保護区の法定目的との不一致を問題視している。
In the context of this particular development, substantial questions are raised about the use of National Park area for Disney purposes for a new high speed road and a 66,000-volt power line to serve the complex. この開発における実質的な問題は、国立公園一帯に、ディズニー社のリゾート施設とそのための新たな高速道路や66,000ボルトの送電線を建設することである。
Lack of compliance with existing administrative regulations is also charged. また、現在の行政規則では手におえない問題である。
These issues are not shallow or perfunctory.

本件の争点は一筋縄ではいかない判断のむずかしい問題といえる。

2. Alternatively, I would permit an imaginative expansion of our traditional concepts of standing in order to enable an organization such as the Sierra Club, possessed, as it is, of pertinent, bona fide and well-recognized attributes and purposes in the area of environment, to litigate environmental issues. 2、あるいは、私はシエラクラブのような団体が環境問題に関する訴訟を申立てできるように原告適格の従来の概念を拡大して解釈することを認める。シエラクラブの性質は現在、適切かつ誠意をもったもので、広く世の中に受け入れられており、環境分野での目的もはっきりしている。
This incursion upon tradition need not be very extensive. 拡大解釈をしたとしても、従来の考え方を大きくゆがめるものではないし、心配する理由はないと確信している。
Certainly, it should be no cause for alarm.
It is no more porogressive than was the decision in Data Processing itself. これはDate Processing社に下された判決と同様に進歩的なものはない。
It need only recognize the interest of one who has a provable, sincere, dedicated, and established status. ただ必要なのは、誠実かつ熱心で、証明できる確立した立場にあるものの利益を守ることである。
We need not fear that Pandora's box will be opened or that there will be no limit to the number of those who desire to participate in environmental litigation. 我々はパンドラの箱が開いてしまうのではないか、すなわち、環境問題の訴訟に参加を望む人数に歯止めがきかなくなるのではないかと恐れる必要はない。
The courts will exercise appropriate restraints just as they have exercised them in the past. 法廷は過去に行ってきたとおりに、時に応じて行き過ぎをとどめることができるのである。
Who would have suspected 20 years ago that the concepts of standing enunciated in Data Processing and Barlow would be the measure for today? Date Processing社やBarlow社の件に見られる原告適格の扱い方が、今日のバロメーターになるなど、20年前誰が想像しえたであろうか?
And MR. JUSTICE DOUGLAS, in his eloquent opinion, has imaginatively suggested another means and one, in its own way, with obvious, appropriate and self-imposed limitations as to standing. ダグラス裁判官は、その雄弁な意見の中で、明確かつ適正に制限をもった解釈で原告適格のもう一つの意味を斬新に提案している。
As I read what he has written, he makes only one addition to the customary criteria (the existence of a genuine dispute; the assurance of adversariness; and a conviction that the party whose standing is challenged will adequately represent the interests he asserts), that is, that the litigant be one who speaks knowingly for the environmental values he asserts.

私が読んだところ、ダグラス裁判官はその書面で慣例の尺度(真正の論争の存在、当事者主義の確定、原告適格に異議を申立てられた当事者は自らが主張する利益を十分に代表するという確信)にただ一つ申し添えていることがある。それはすなわち、訴訟当事者は自ら擁護する環境の価値を積極的に弁護する者だということである。

I make two passing references:

参照として二項目追記する。

1. The first relates to the Disney figures presented to us. 1、まずディズニー社に関する数字を列記する。
The complex, the Court notes, will accommodate 14,000 visitors a day (3,100 overnight; some 800 employees; 10 restaurants; 20 ski lifts). 本法廷の記録によると、総合娯楽施設は、一日14,000人(宿泊3,100人、従業員約800人、飲食施設10軒、スキーリフト20台)を収容できると見込んでおり、この施設のために、カリフォルニア州はハモンドからミネラルキングまで新しい道路をつくる計画を提案した。
The State of California has proposed to build a new road from Hammond to Mineral King.
That road, to the extent of 9.2 miles, is to traverse Sierra National Park. 道路の長さは9.2マイル、シエラ国立公園を横断する予定である。
It will have only two lanes, with occasional passing areas, but it will be capable, it is said, of accommodating 700-800 vehicles per hour and a peak of 1,200 per hour. 道路は所々に追い越し車線をもうけた二車線のみだが、一時間7、800台の通行が予想されており、ピーク時には1200台になる見込みである。
We are told that the State has agreed not to seek any further improvement in road access through the park.

カリフォルニア州は公園を通る道路についてこれ以上の開発は認めないと説明している。

If we assume that the 14,000 daily visitors come by automobile (rather than by helicopter or bus or other known or unknown means) and that each visiting automobile carries four passengers (an assumption, I am sure, that is far too optimistic), those 14,000 visitors will move in 3,500 vehicles. 本法廷の推測では、仮に一日14,000人が(ヘリコプター、バス、そのほか思い当たるどんな交通手段よりむしろ)車でやってくると考えると、一台に四人と想定しても(この予想は非常に楽観的である)、14,000人が移動するには3,500台が必要である。
If we confine their movement (as I think we properly may for this mountain area) to 12 hours out of the daily 24, the 3,500 automobiles will pass any given point on the two-lane road at the rate of about 300 per hour. 車の乗り入れを24時間から12時間に制限したとしても(山々にとってはいいことかもしれないが)3,500台の車が二車線上の一定の場所を通過する率は、一時間に約300台である。
This amounts to five vehicles per minute, or an average of one every 12 seconds. これは実に一分間に5台、12秒に一台に相当する。
This frequency is further increased to one every six seconds when the necessary return traffic along that same two-lane road is considered. 帰りにも同じように二車線が必要となると、車の往来率は6秒に一台まではねあがる。
And this does not include service vehicles and employees' cars. 補足だが、この数字には施設サービスの車や従業員の通勤用の車は含まれていない。
Is this the way we perpetuate the wilderness and its beauty, solitude and quiet?
果たしてこれが自然の美しさや人里離れた静けさを永久に守るやり方といえようか?

2. The second relates to the fairly obvious fact that any resident of the Mineral King area -- the real "user" -- is an unlikely adversary for this Disney-governmental project.
2. 第二はかなり明白な事実に関連しているが、ミネラルキング地区のいかなる住人、つまり真の利用者もこのディズニーと政府の計画に対する、反対者となることはないということだ。
He naturally will be inclined to regard the situation as one that should benefit him economically. His fishing or camping or guiding or handyman or general outdoor prowess perhaps will find an early and ready market among the visitors. 住人は状況が自分に経済的利益をもたらすべきものとみなしたいだろう。住人は釣り、キャンプ、ガイド、何でも屋そしてあらゆるアウトドアにおいてかなりの腕前があり、観光客の間で早期に容易な市場があるとみるだろう。
But that glow of anticipation will be short-lived at best. If he is a true lover of the wilderness -- as is likely, or he would not be near Mineral King in the first place -- it will not be long before he yearns for the good old days when masses of people -- that 14,000 influx per day -- and their thus far uncontrollable waste were unknown to Mineral King.

しかしその光り輝くような予想もせいぜい寿命の短いものだろう。もしも住人が本当に自然が好きで、またそうであるのだが、第一に彼がミネラルキングの近くに住んでいなかったとしても、すぐに14,000人もの大量の人々が殺到したり、そのために生ずる手に負えないゴミがミネラルキングにまだなかった古き良き時代を懐かしく思うことだろう。

Do we need any further indication and proof that all this means that the area will no longer be one "of great natural beauty" and one "uncluttered by the products of civilization?" 我々はこの地域が、もはや「自然がとても美しく」、「文明の産物によって乱されていない」ということを意味するさらなる提示物や証拠が必要なのか。
Are we to be rendered helpless to consider and evaluate allegations and challenges of this kind because of procedural limitations rooted in traditional concepts of standing? 我々は手続き上の限界が原告適格の伝統的な概念に由来しているため、この種の主張や挑戦を考慮したり、評価したりするのに無力であるとされるのか。
I suspect that this may be the result of today's holding. 私はこれは今日の土地所有に原因があるかもしれないと推測する。
As the Court points out, ante, pp. 11-12, other federal tribunals have not felt themselves so confined.1 I would join those progressive holdings.

裁判所が示すように(ante p11〜12)他の連邦裁判所もそれほど制限されていると感じていない。1 私もそれらの進歩的な土地所有に参加するかもしれない。

The Court chooses to conclude its opinion with a footnote reference to De Tocqueville. 裁判所はデ・トクイビルについての脚注参照で意見を結論づける選択をしている。
In this environmental context I personally prefer the older and particularly pertinent observation and warning of John Donne.2

この環境という面では、私は個人的に古くて、特に適切な観察とJohn Donneの警告を好んでいる。2.

1. See generally Data Processing Service v. Camp, 397 U.S. 150 (1970); Barlow v. Collins, 397 U.S. 159 (1970); Flast v. Cohen, 392 U.S. 83 (1968). See also MR. JUSTICE BRENNAN'S concurring opinion in Barlow v. Collins, supra, at 167. 1.一般的にData Processing Service 対 Camp 397 U.S. 159(1970); Flast 対Cohen, 392 U.S. 83(1968).をみよ。またブレナン裁判官のBarlow 対Collinsにおいて一致する意見を見よ。
The issue of statutory standing aside, no doubt exists that "injury in fact" to "aesthetic" and "conservational" interests in here sufficiently threatened to satisfy the case or controversy clause. Data Processing Service v. Camp, supra, at 154.

法廷の原告適格は別にして、「美」やここでの「保存的」利益に対する「事実における侵害」が事例や論争になっている箇条を満足させるために、十分おびやかされていることは疑う余地はない。
Data Processing Service 対 Camp、 Supra 154

2. In rem actions brought to adjudicate libellants' interest in vessels are well known in admiralty. 2. 船での民事原告の利益を判決するためにもたらされた対物訴訟は、海軍本部ではよく知られている。
Gilmore & Black, The Law of Admiralty 31 (1957). Gilmore & Black 海軍本部の法律 31(1957)
But admiralty also permits a salvage action to be brought in the name of the rescuing vessel. 海軍本部はまた救助船の名のもと海難救助活動も許可している。
The Comanche, 75 U.S. (8 Wall.) 449, 476 (1869). The Comanche , 75 U.S. 449,476
And, in collision litigation, the first-libelled ship may counterclaim in its own name. 訴訟とあいまって第一原告の船は自分名義で反訴するだろう。
The Gylfe v. The Trujillo, 209 F.2d 386 (CA2 1954). Our case law has personified vessels:

The Gylfe 対 The Trujillo、 209 F。2d 386(CA2 1954)。 我々の判例法は船を擬人化した。

"A ship is born when she is launched, and lives so long as her identity is preserved. 「船は進水する時点で誕生し、その個性が維持される限り生き続ける。
Prior to her launching she is a mere congeries of wood and iron. . . . 進水する前は、それは単なる木や鉄の塊である。
In the baptism of launching she receives her name, and from the moment her keel touches the water she is transformed. . . . 進水の洗礼で名前を受け、竜骨が水面に触れたその瞬間から…に変化し、
She acquires a personality of her own." Tucker v. Alexandroff, 183 U.S. 424, 438.

自分自身の人格のようなものを獲得する。」 Tucker 対 Alexandroff、 183U.S. 424、483

3. At common law, an office holder, such as a priest or the King, and his successors constituted a corporation sole, a legal entity distinct from the personality which managed it. 3. 一般的な法律では企業所有者、つまり聖職者、国王その後継者のようなものはそのk業の代表を任命し、法人はそれを経営する個人とは全く別である。
Rights and duties were deemed to adhere to this device rather than to the office holder in order to provide continuity after the latter retired. 権利や義務は企業所有者が引退した後も継続するために、所有者よりもむしろ法人に付随する。
The notion is occasionally revived by American courts. その概念は時折アメリカの裁判所で再編されている。
E.g., Reid v. Barry, 93 Fla. 849, 112 So. 846 (1927), discussed in Note, 12 Minn. L. Rev. 295 (1928), and in Note, 26 Mich. L. Rev. 545 (1928); see generally 1 Fletcher Cyclopedia Corporation, §§ 50-53; P. Potter, Law of Corporation 27 (1881).

E.g.,Reid 対 Barry, 93 Fla. 849, 112 So.846 (1927),注解で論議されている。12 Minn. L. Rev. 295(1928), 注解にて。26Mich. L. Rev. 545 (1928); 一般的にFlercher Cyclopedia Corpolation, §§ 50-53; P.Potter, Law of Corpolation 27 (1881)を見よ。

4. Early jurists considered the conventional corporation to be a highly artificial entity. 4.初期の法律専門家は従来の企業を高度に人工的な物体とみなしていた。
Lord Coke opined that a corporation's creation "rests only in intendment and consideration of the law." Lord Cokeは企業の創造は「法律の真意解釈と熟慮に唯一基づいている」と考えた。
The Case of Suttons Hospital, 77 Eng. Rep. 937, 973 (K.B. 1613). Suttons Hospitalの判例、77Eng. Rep. 937,973 (K.B.1613)
Mr. Chief Justice Marshall added that the device is "an artificial being, invisible, intangible, and existing only in contemplation of law." マーシャル裁判長は、法人は人工的で目に見えず、触れることも出来ず、法律の熟考にのみ存在すると付け加えた。
Trustees of Dartmouth College v. Woodward, 17 U.S. (4 Wheat.) 518, 636 (1819). Dartmaoth College 対 Woodward、 17 U.S. (4 Wheat,) 518、 636(1819)
Today suits in the names of corporations are taken for granted.
今日企業名における訴訟が当然と思われている。

5. Although in the past Mineral King Valley has annually supplied about 70,000 visitor-days of simpler and more rustic forms of recreation -- hiking, camping and skiing (without lifts) -- the Forest Service in 1949 and again in 1965 invited developers to submit proposals to "improve" the Valley for resort use.
ミネラル・キング渓谷は、ハイキング、キャンプ、スキー(リフトは無い)などができる単純で古いタイプのリクリエーションが楽しめるリゾートとして、年間約7万人の旅行者を誇っていた。しかし、1949年および1965年の二度に亘りフォーレスト・サービスの要請でリゾート地としての同渓谷改善のために開発業者からの提案が募られた。
Walt Disney Productions won the competition and transformed the Service's idea into a mammoth project 10 times its originally proposed dimensions. ウォルト・ディズニー・プロダクションの入札によって、このフォーレスト・サービスの発案は、当初提案の10倍規模の巨大プロジェクトへと具体化された。
For example, while the Forest Service prospectus called for an investment of at least $3 million and a sleeping capacity of at least 100, Disney will spend $35.3 million and will bed down 3300 persons by 1978. 具体的にみると、フォーレスト・サービスの目論見書では収容人員100人程度の最低300万ドルの投資が募集されていたが、ディズニーは1978年までに3300人収容可能な353万ドル相当の投資をすることになる。
Disney also plans a nine-level parking structure with two supplemental lots for automobiles, 10 restaurants and 20 ski lifts. 同社はまた、9階建ての駐車場、予備の駐車場2箇所、レストラン10店舗、スキーリフト20機を計画している。
The Service's annual license revenue is hitched to Disney's profits. Under Disneys' projections, the Valley will be forced to accommodate a tourist population twice as dense as that in Yosemite Valley on a busy day. フォーレスト・サービスが得られる年間ライセンス料はディズニーの収益に連動するようになる。ディズニーの予測によると、同渓谷の場合、繁忙期ではヨセミテ渓谷の二倍の旅行者を収容しなければならないという。
And, although Disney has bought up much of the private land near the project, another commercial firm plans to transform an adjoining 160-acre parcel into a "piggyback" resort complex, further adding to the volume of human activity the Valley must endure. そして、ディズニーが同プロジェクト近隣の私有地をほとんど買い占めているが、別の企業が約160エーカーにおよぶ近接地を同プロジェクトに便乗したリゾート施設として開発する計画がある。つまり、人間の活動によって同渓谷にさらに負荷がかかるわけである。
See generally; Note, Mineral King Valley: Who Shall Watch the Watchman?, 25 Rutgers L. Rev. 103, 107 (1970); Thar's Gold in Those Hills, 206 The Nation 260 (1968). 参照― Note, Mineral King Valley: Who Shall Watch the Watchman?, (ミネラル・キング渓谷:だれが監視人を監視するか?注)25 Rutgers L. Rev. 103, 107 (1970); Thar's Gold in Those Hills(丘にある金), 206 The Nation 260 (1968).
For a general critique of mass recreation enclaves in national forests see Christian Science Monitor Nov. 22, 1965, at 5, col. 1. 国立森林公園における巨大なリクリエーション用地に対する一般的な批判としては、参照―Christian Science Monitor Nov. 22, 1965, at 5, col. 1.
Michael Frome cautions that the national forests are "fragile" and "deteriorate rapidly with excessive recreation use" because "(t)he trampling effect alone eliminates vegatative growth, creating, erosion and water runoff problems. マイケル・フロムは、国立森林公園は傷つきやすく、過度なリクリエーション活動によってすぐに悪影響を受けると警告している。つまり、人間が入っていくということだけとってみても植物の成長を妨げ、侵食、地下水流出といった問題につながるからだという。
The concentration of people, particularly in horse parties, on excessively steep slopes that follow old Indian or cattle routes, has torn up the landscape of the High Sierras in California and sent tons of wilderness soil washing downstream each year." 多数の人間、とくにグループでの乗馬などが元来インディアンや家畜用の通路であった急勾配の土地に過度に集中したことで、カリフォルニア州ハイ・シェラの風景が台無しになったし、毎年、何トンもの荒野の土壌を河川下流に流出させている。
M. Frome, The Forest Service 69 (1971).

M. Frome, The Forest Service 69 (1971).

6. The federal budget annually includes about $75 million for underwriting about 1,500 advisory committees attached to various regulatory agencies. 6.連邦年間予算には各規制当局に所属する諮問委員会約1500機関の費用を負担するために約750万ドルが計上されている。
These groups are almost exclusively composed of industry representatives appointed by the President or by Cabinet members. Although public members may be on these committees, they are rarely asked to serve. ほとんどの場合、これらの委員会は大統領または閣僚によって任命された産業界代表によって構成されている。公共部門の代表者も含まれるかもしれないが、めったに委員会の執行に加わることはない。
Senator Lee Metcalf warns: "Industry advisory committees exist inside most important federal agencies, and even have offices in some. リー・メカルフ上院議員によると、「産業諮問委員会はたいていの重要な連邦当局内に設けられ、事務局もそこに設置されている。
Legally, their function is purely as kibitzer, but in practice many have become internal lobbies -- printing industry handouts in the Government Printing Office with taxpayers' money, and even influencing policies. 法的には、それらの委員会の機能は単なる客観的観測だが、実際には内部的なロビーストとなることもある。つまり、納税者から徴収した費用を使って政府の印刷局で産業用配布物を印刷し、政策へ影響力をもつ。
Industry committees perform the dual function of stopping government from finding out about corporations while at the same time helping corporations get inside information about what government is doing.
Sometimes, the same company that sits on an advisory council that obstructs or turns down a government questionnaire is precisely the company which is withholding information the government needs in order to enforce a law. 時には、政府の調査を拒否または妨害する諮問委員会に参加している企業が、同時に法律の執行のために政府が必要とする情報を差し押さえていることもある。
" Metcalf, The Vested Oracles: How Industry Regulates Government, 3 The Washington Monthly 45 (1971). Metcalf, The Vested Oracles: How Industry Regulates Government既存の神託:どのように産業が政府を規制するか?」, 3 The Washington Monthly 45 (1971).
For proceedings conducted by Senator Metcalf exposing these relationships, see Hearings on S. 3067 before the Subcommittee on Intergovernmental Relations of the Senate Committee on Government Operations, 91st Cong., 2d Sess. (1970); メカルフ上院議員が行った弁論でこれらの関係が明らかにされている。参照― Hearings on S. 3067 before the Subcommittee on Intergovernmental Relations of the Senate Committee on Government Operations, 91st Cong., 2d Sess. (1970);

Hearings on S. 1737, S. 1964, and S. 2064 before the Subcommittee on Intergovernmental Relations of the Senate Committee on Government Operations, 92d Cong., 1st Sess. (1971).

The web spun about administrative agencies by industry representatives does not depend, of course, solely upon advisory committees for effectiveness. 産業界代表による管理当局に対するネットワークの効果は必ずしも諮問委員会だけに依存しているわけではない。
See Elman, Administrative Reform of the Federal Trade Commission, 59 Geo. L.J. 777, 788 (1971); Johnson, A New Fidelity to the Regulatory Ideal, 59 Geo. L.J. 869, 874, 906 (1971); R. Berkman & K. Viscusi, Damming The West, The Ralph Nadar Study Group Report On The Bureau of Reclamation 155 (1971); 参照― See Elman, Administrative Reform of the Federal Trade Commission(連邦貿易委員会の内部改革), 59 Geo. L.J. 777, 788 (1971); Johnson, A New Fidelity to the Regulatory Idea(理想的な規制への新しい忠誠l, 59 Geo. L.J. 869, 874, 906 (1971); R. Berkman & K. Viscusi, Damming The West, The Ralph Nadar Study Group Report On The Bureauof Reclamation 155 (1971);
R. Fellmeth, The Interstate Commerce Omission, Ralph Nader Study Group on the Interstate Commerce Commission and Transportation 15-39 and passim (1970); R. Fellmeth, The Interstate Commerce Omission, alph Nader Study Group on the Interstate Commerce Commission and Transportation 15-39 and passim (1970);
J. Turner, The Chemical Feast, The Ralph Nader Study Group on Food Protection and the Food and Drug Administration passism (1970); J. Turner, The Chemical Feast, The Nader Study Group on Food Protection and the Food and Drug Administration passism (1970);
Massel, The Regulatory Process, 26 Law and Contemporary Problems 181, 189 (1961); J. Landis, Report on Regulatory Agencies to the President-Elect 13, 69 (1960).
Massel, The Regulatory Process, 26 Law and Contemporary Problems 181, 189 (1961); J. Landis, Report on Regulatory Agencies to the President-Elect 13, 69 (1960).

7. The Forest Reserve Act of 1897, 30 Stat. 34, 16 U.S.C. § 551, imposed upon the Secretary of the Interior the duty to "preserve the [national] forests . . . from destruction" by regulating their "occupancy and use."
1897年のThe Forest Reserve Act 30 Stat.34,16 U.S.C.§551では、「占有と利用」を規制することによって、「(国の)森林を保護すること…破壊から」という義務付けを、内務長官が乱用していた。
In 1905 these duties and powers were transferred to the Forest Service created within the Department of Agriculture by the Act of Feb. 1, 1905, 33 Stat. 628, 16 U.S.C. § 472. 1905年2月1日、 33 Stat.628,16 U.S.C.§472によって、農務省の中でフォレストサービスが創設され、これらの義務と権力はそちらへ名義を変更した。
The phrase "occupancy and use" has been the cornerstone for the concept of "multiple use" of national forests, that is, the policy that uses other than logging were also to be taken into consideration in managing our 154 national forests. 「占有と利用」という言葉は、国有林の「複合利用」のコンセプトの土台だった。つまり、その方針には154の国有林を管理する上で、伐木以外の利用目的も考慮されている。
This policy was made more explicit by the 1960 Multiple Use and Sustained Yield Act, 74 Stat. 215, 43 U.S.C. § 315, which provides that competing considerations should include outdoor recreation, range, timber, watershed, wildlife and fish purposes. この方針は1960年のMultiple Use and Sustained Yield Act, 74 Stat.215,43 U.S.C.§315によってより明白にされた。それは優先検討材料として、アウトドアーレクリエーション、広さ、材木、河川流域、釣りといった事項を規定している。
The Forest Service, influenced by powerful logging interests, has, however, paid only lip service to its multiple use mandate and has auctioned away millions of timberland acres without considering environmental or conservational interests.The importance of national forests to the construction and logging industries results from the type of lumber grown therein which is well suited to builders' needs. 材木で得る利益に強く影響を受けたフォレストサービスは、Multiple Use(多目的)という指図に対して口先だけで対応し、環境や保護といった利害関係を考えずに、数百万エーカーにものぼる材木用の土地を競売で売ってしまった。建設・材木業界にとっての国有林の重要性は、結果としてそこに建設業者のニーズに即した材木を育てることになった。
For example, Western acreage produces douglas fir (structural support) and ponderosa pine (plywood lamination). たとえば、西部地区ではベイマツ(構造用の支持材)とポンデローサマツ(ベニヤ合板用)を生産している。
In order to preserve the total acreage and so-called "maturity" of timber, the annual size of a Forest Service harvest is supposedly equated with expected yearly reforestation. 総エーカー数と、材木のいわゆる「十分な成長」を保護するため、フォレストサービスの年間収穫高は、年間の森林再生と同等になるように決められている。
Nonetheless, yearly cuts have increased from 5.6 billion board feet in 1950 to 13.74 billion in 1971. それにもかかわらず、1年あたりの伐採量は1950年の560万ボードフィートから、1971年には1374万ボードフィートに増えている。
Forestry professionals challenge the Service's explanation that this 240% harvest increase is not really overcutting but instead has resulted from its improved managementof timberlands. 240%の収穫増は材木の切り出し過ぎではなく、材木用地の管理が改善されているためだとフォレストサービス側は説明しているが、これを林学の専門家が厳密に調査している。
"Improved management" answer the critics is only a euphemism for exaggerated regrowth forecasts by the Service. N.Y. Times, Nov. 15, 1971, at 48, col. 1. ニューヨークタイムズ1971年11月15日号、48ページコラム1では、「管理の改善」はフォレストサービス側が森林の再生量を過大に予測したもので、ただの婉曲表現だと批評家が回答している。
Recent rises in lumber prices have caused a new round of industry pressure to auction more federally owned timber. 近頃の木材価格の上昇は、工業圧力という新しい時期に、より多くの国有林を競売にかける原因となっている。
See Wagner, Resources Report/Lumbermen, conservationists head for new battle over government timber, 3 Nat. J. 657 (1971).

Wagner, Resources Report/Lumbermen, conservationists head for new battle over government timber, 3 Nat. J. 657(1971) 参照。

Aside from the issue of how much timber should be cut annually, another crucial question is how lumber should be harvested. 年間にどれくらいの量の木材が切り出されているかという事とは別に、カギを握っているそのほかの問題に、どんな木材が伐採されているかということがある。
Despite much criticism the Forest Service had adhered to a policy of permitting logging companies to "clearcut" tracts of auctioned acreage. 多くの批判にもかかわらず、フォレストサービスは、材木会社が入札した地所の大部分を「全て切り出す」方法で、伐木搬出の許可を得ることに執着していた。
"Clearcutting," somewhat analogous to strip mining, is the indiscriminate and complete shaving from the earth of all trees -- regardless of size or age -- often across hundreds of contiguous acres.

「全て切り出す」ことはやや露天掘りに似ているのだが、無差別かつ完全に土地の木々の切り出すこと――木材の大きさや樹齢を気にせずに――はしばしば隣接する数百エーカーを超えて行われている。

Of clearcutting Senator Gale McGee, a leading antagonist of Forest Service policy, complains: 「全て切り出す」という点において、フォレストサービスの方針に対立する上院議員のGale McGeeはこう告訴している。
"The Forest Service's management policies are wreaking havoc with the environment. 「フォレストサービスの管理方針は、環境に大損害をもたらしている。
Soil is eroding, reforestation is neglected, if not ignored, streams are silting, and clearcutting remains a basic practice." 土壌は徐々に破壊されている。森林再生には無頓着である。もし放っておいたなら、渓流は沈泥で塞がれても、まだ全て切り出す方針は基本的慣習として残るだろう」
N.Y. Times, Nov. 14, 1971, at 60, col. 2. He adds "In Wyoming . . . the Forest Service is very much nursemaid . . . to the lumber industry . . . ." ニューヨークタイムズ紙1971年11月14日60ページのコラム2で、彼はさらに「ワイオミング州で…フォレストサービスは保護者役になっている…材木工業の…」と述べている。
Hearings on Management Practice on the Public Lands before the Subcommittee on Public Lands of the Senate Committee on Interior and Insular Affairs, pt. 1, at 7 (1971).

Hearings on Management Practice on the Public Lands before the Subcommittee on Public Lands of the Senate Committee on Interior and Insular Affairs, pt. 1,at 7 (1971)参照。

Senator Jennings Randolph offers a similar criticism of the leveling by lumber companies of large portions of the Monongahela National Forest in West Virginia. Id., 9. 上院のJennings Randolphは、ウエストバージニアのモノンガヒラ国際森林 Id., 9.の大部分の木材業者による水準測定について、同様の批評を提示した。
See also 116 Cong. Rec. 36971 (1970) (reprinted speech of Sen. Jennings Randolph concerning Forest Service policy in Monongahela National Forest). 1970年116 Cong. Rec. 36971(上院Jennings Randolphが、モノンガヒラ国有林に対するフォレストサービスの方針について行ったスピーチを転載したもの)参照。
To investigate similar controversy surrounding the Service's management of the Bitterroot National Forest in Montana, Senator Lee Metcalf recently asked forestry professionals at the University of Montana to study local harvesting practices. 似たような論争で、モンタナ州ビタールート国有林でのフォレストサービスの管理体制を巡る論争がある。上院Lee Metcalfは最近、モンタナ大学の林学教授に、地元での実際の収穫量を調査するよう依頼した。
The faculty group concluded that public dissatisfaction had arisen from the Forest Service's "overriding concern for sawtimber production" and its "insensitivity to the related forest uses . . . and the public interest in environmental values." 民衆の不満はフォレストサービスの「用材生産最優先の考え」と「サービスが関連している森林の利用法には無関心…民衆は環境の価値に関心があるにもかかわらず」という態度によって起きたと、教授陣は結論を出した。
S. Doc. 91-115, 91st Cong., 2d Sess., 14 (1970). S. Doc. 91-115, 91st Cong., 2d Sess., 14 (1970).
See also Behan, Timber Mining: Accusation or Prospect? 77 American Forests 4 (1971) (additional comments of faculty participant); Reich, The Public and the Nation's Forests, 50 Cal. L. Rev. 381-400 (1962).

Beham, Timber Mining: Accusation or Prospect? 77 American Forests 4 (1971) (関連教授のコメントを追加); Reich, The Public and the Nation's Forests, 50 Cal. L. Rev. 381-400 (1962)も参照のこと。

Former Secretary of the Interior Walter Hickel similarly faulted clearcutting as excusable only as a money-saving harvesting practice for large lumber corporations. 元内務長官Walter Hickelも同様に、多数の木材会社があくまで伐木の際の費用を倹約するために、「全て切り出す」ことを正当化しようとしたが、失敗した。
W. Hickel, Who Owns America? 130 (1971). W.Hickel, Who Owns America? 130 (1971) 参照。
See also Risser, the U.S. Forest Service; Smokey's Strip Miners, 3 The Washington Monthly 16 (1971). Risser, the U.S. Forest Service; Smokey's Strip Miners, 3 The Washington Monthly 16 (1971). も参照。
And at least one Forest Service study team shares some of these criticisms of clearcutting. そしてついに、フォレストサービスの調査チームが、全て切り出すことについての批判を、受け入れることにした。
U.S. Dept. of Agriculture, Forest Management in Wyoming 12 (1971). U.S. Dept. of Agriculture, Forest Management in Wyoming 12 (1971). 参照。
See also Public Land Law Review Comm'n, Report to the President and to the Congress 44 (1970); Chapman, Effects of Logging upon Fish Resources of the West Coast, 60 J. of For. 533 (1962).

Public Land Law Review Comm'n, Report to the President and to the Congress 44 (1970); Chapman, Effects of Logging upon Fish Resources of the West Coast, 60 J. of For. 533 (1962)も参照。

A third category of criticism results from the Service's huge backlog of delayed reforestation projects. 3番目に批判された項目は、フォレストサービスの森林再生プロジェクトが大幅に遅れていることにあった。
It is true that Congress has underfunded replanting programs of the Service but it is also true that the Service and lumber companies have regularly ensured that Congress fully fund budgets requested for the Forest Service's "timber sales and management." アメリカ議会の基金不足のためフォレストサービスの植えなおしプログラムも基金不足なのは事実だが、フォレストサービスが「木材販売と管理」のために要求している基金予算の全額を議会が常に割り当て、フォレストサービスと木材業者に保証されているのも事実である。
Frome, The Environment and Timber Resources, What's Ahead for Our Public Lands? 24 (A. Pyles ed. 1970).
Frome, The Environment and Timber Resources, What's Ahead for Our Public Lands? 24 (A. Pyles ed. 1970).

8. Permitting a court to appoint a representative of an inanimate object would not be significantly different from customary judicial appointments of guardians ad litem, executors, conservators, receivers, or counsel for indigents.

無生物の代表を指名することと、慣例により裁判官が訴訟後見人、執行者、管理委員、管財人、もしくは無資力者の弁護人を任命することは、有意に相違があるわけではない。

The values that ride on decisions such as the present one are often not appreciated even by the so-called experts.

前述のような判決に左右される評価は、いわゆるエキスパートでさえその真価を認めないことがしばしばある。

"A teaspoon of living earth contains 5 million bacteria, 20 million fungi, one million protozoa, and 200,000 algae. ”スプーン一杯の生きた土には、5百万のバクテリア、2千万の真菌、百万の原生動物、20万の藻類が含まれる。
No living human can predict what vital miracles may be locked in this dab of life, this stupendous reservoir of genetic materials that have evolved continuously since the dawn of the earth. この小さなかたまりの中に、生命の奇跡すなわち、地球誕生以来常に進化してきた膨大な量の遺伝子素材が貯蔵されていると、人類の誰が予測しえたであろうか。
For example, molds have existed on earth for about 2 billion years. たとえば菌類は2億年もの間地球上に存在してきたわけだが、今世紀になってようやく我々は、この原始的な菌類の中からペニシリン、テトラサイクリンその他の抗生物質の謎を解き明かし、これまでに人類が発見したなかで最も強力で有効な薬を作り出したのである。
But only in this century did we unlock the secret of the penicillins, tetracyclines, and other antibiotics from the lowly molds, and thus fashion the most powerful and effective medicines ever discovered by man.
Medical scientists still wince at the thought that we might have inadvertently wiped out the rhesus monkey, medically, the most important research animal on earth. 医学者たちは、医学的に言って地球上で最も重要なリサーチ動物であるアカゲザルを、うかつにも抹殺してしまったのではないかという思いに悩まされている。
And who knows what revelations might lie in the cells of the blackback gorilla nesting in his eyrie this moment in the Virunga Mountains of Rwanda? そして、ルワンダのヴィルンガ山地の崖っぷちに今この瞬間生息しているクロセゴリの細胞内にどんな新事実がひそんでいるかを知る由もないし、また初めての絶滅種としてローマ人によって公式に記録された(紀元80年)ヨーロッパライオンから知りえた事実も今となってはわからない。

And what might we have learned from the European lion, the first species formally noted (in 80 A.D.) as extinct by the Romans?

"When a species is gone, it is gone forever. Nature's genetic chain, billions of years in the making, is broken for all time." 13 Conserv. 4 (Nov. 1971).

“ いったん種が途絶えると、それは二度と戻らない。何十億年という月日をかけて作り上げられた自然界の遺伝連鎖は、常に破壊されている。”13 コンサーブ 4(1971年11月)

Aldo Leopold wrote in Round River (1953) p. 147:

アルド・レオポルドは「ラウンド・リバー」(1953)の147ページで次のように著している:

"In Germany there is a mountain called the Spessart. “ドイツには、シュベルサルトと呼ばれる山地がある。
Its south slope bears the most magnificent oaks in the world. その南斜面は世界でも無類のオークを擁しており、アメリカのキャビネットメーカーは最高の品質を求めるときシュベルサルトオークを使う。
American cabinetmakers, when they want the last word in quality, use Spessart oak.
The north slope, which should be better, bears an indifferent stand of Scotch pine. 一方、北斜面はもっとすばらしいのではという想像とはうらはらに、平凡なスコッチパインの群生である。
Why? Both slopes are part of the same state forest; both have been managed with equally scrupulous care for two centuries. なぜ? どちらの斜面も同じ国有林の一部であり、2世紀にわたって等しく、周到に管理されてきたのである。
Why the difference?

それなのに、このような違いがあるとは?

"Kick up the litter under the oaks and you will see that the leaves rot almost as fast as they fall. オークの根元にある腐葉土を掘り起こすと、そこには葉が落ちたと同時に腐り始めているのを見ることができる。
Under the pines, though, the needles pile up as a thick duff; decay is much slower. ところがパインの根元には、無用な落下物が降り積もり、腐敗のスピードはもっと緩やかである。
Why? Because in the Middle Ages the south slope was preserved as a deer forest by a hunting bishop; the north slope was pastured, plowed, and cut by settlers, just as we do with our woodlots in Wisconsin and Iowa today. なぜ? その理由はこうである。中世の時代、南斜面は鹿狩りの森として僧侶たちによって保護された。一方北斜面は、放牧地として開拓され、今日我々がウィスコンシンやアイオワの植林地で行っているように定住者たちによって伐採されたのである。
Only after this period of abuse something happened to the microscopic flora and fauna of the soil. この乱開発の期間が過ぎて初めて、土中の目に見えない動植物に変化が起きた。
The number of species was greatly reduced, i.e., the digestive apparatus of the soil lost some of its parts. それは種の数が激減したこと、すなわち土の消化器官の一部が失われたのである。
Two centuries of conservation have not sufficed to restore these losses. 2世紀の間管理・保護されてきたが、この失われた機能は回復していない。
It required the modern microscope, and a century of research in soil science, to discover the existence of these 'small cogs and wheels' which determine harmony or disharmony between men and land in the Spessart."

シュベルサルトで人と土地が調和していけるかどうかの鍵をにぎる「小さな歯車」の存在を発見するためには、最新の顕微鏡と一世紀にわたる土壌学のリサーチが必要であった。

9. Senator Cranston has introduced a bill to establish a 35,000 acre Pupfish National Monument to honor the pupfish which are one inch long and are useless to man. S. 2141, 92d Cong., 1st Sess. 9. クランストン議員は、長さが1インチで人間の役に立たないメダカを讃えるために、35,000エーカーにおよぶメダカ記念館を設立する案を議会に提出した。S2141,92d 議会、第一セッション
They are too small to eat and unfit for a home aquarium. But as Michael Frome has said:

メダカは小さすぎて食用にならないし家庭用の水槽で飼うこともできない。しかし、ミッシェル・フロームは次のように述べている :

"Still, I agree with Senator Cranston that saving the pupfish would symbolize our appreciation of diversity in God's tired old biosphere, the qualities which hold it together and the interaction of life forms. ”やはり、私はクランストン議員の提案に賛成する。なぜなら、メダカを救うということはすなわち、神の使い古しの生物圏が多様さに満ちていること、メダカを我々生物の一員としてみる特性、そして生命体の相互作用を認めることに他ならないからである。
When fishermen rise up united to save the pupfish they can save the world as well." Field & Stream, December 1971, p. 74.

釣り人が団結してメダカを救おうと立ち上がるとき、彼らは世界をも救えるのである。”フィールド&ストリーム、1971年12月号、74ページ

1. Environmental Defense Fund, Inc. v. Hardin, 428 F. 1093, 1096-1097 (CADC 1970); Citizens for the Hudson Valley v. Volpe, 425 F.2d 97, 101-105 (CA2 1970), cert. denied, 400 U.S. 949; 1.環境保護基金 対 Hardin,428F.1093,1096-1097(CADC 1970); ハドソンバレーを求める市民 対 Volpe, 425 F.2d 97,101-105(CA2 1970), 却下された証明、400 U.S.949;
Scenic Hudson Preservation Conference v. FPC, 354 F.2d 608, 615-617 (CA2 1965); ハドソン景観保全会議 対FPC, 354 F.2d 608, 615-617(CA2 1965);
Izaak Walton League v. St. Clair, 313 F. Supp. 1312, 1316-1317 (Minn. 1970); イザーク・ウォルトン連盟 対 聖クレア、313 F. Supp. 1312, 1316-1317(Minn. 1970);
Environmenal Defense Fund, Inc. v. Corps of Engineers, 324 F. Supp. 878, 879-880 (DC 1971); 環境保護基金 対 技術者団体、324 F. Supp. 878, 879-880(DC 1971);
Environmental Defense Fund, Inc. v. Corps of Engineers, 325 F. Supp. 728, 734-736 (ED Ark. 1971); 環境保護基金 対 技術者団体、325 F. supp. 728, 734-736(ED Ark. 1971);
Sierra Club v. Hardin, 325 F. Supp. 99, 107-112 (Alas. 1971); シエラクラブ 対 Hardin、325 F. Supp. 99, 107-112(Alas. 1971);
Upper Pecos Association v. Stans, 328 F. Supp. 332, 333-334 (N. Mex. 1971); アッパー・ペコス協会 対 Stans、328 F. Supp. 332, 333-334(N.Mex. 1971);
Cape May County Chapter, Inc., Izaak Walton League v. Macchia, 329 F. Supp. 504, 510-514 (N.J. 1971).

ケープメイカウンティー・チャプター、イザーク・ウォルトン連盟 対 Macchia, 329 F. Supp. 504, 510-514(N.J. 1971).

See National Automatic Laundry & Cleaning Council v. Schultz, 443 F.2d 689, 693-694 (CADC 1971); 全国自動洗濯・クリーニングカウンシル 対 Schultz, 443 F.2d 689, 693-694(CADC 1971);
West Virginia Highlands Conservancy v. Island Creek Coal Co., 441 F.2d 232, 234-235 (CA4 1971); 西バージニア・高原環境保護団体 対 アイランド・クリーク・コール会社、441 F.2d 232, 234-235(CA4 1971);
Environmental Defense Fund, Inc. v. HEW, 428 F.2d 1083, 1085 n. 2 (CADC 1970); Honchok v. Hardin, 326 F. Supp. 988, 991 (Md. 1971).

環境保護基金 対 HEW、428 F.2d 1083, 1085n.2(CADC 1970);Honchok 対 Hardin, 326 F. Supp. 988, 991(Md. 1971).を参照。

2. "No man is an Iland, intire of itselfe; every man is a peece of the Continent, a part of the maine; if a Clod bee washed away by the Sea, Europe is the lesse, as well as if a Promontorie were, as well as if a Mannor of thy friends or of thine owne were; any man's death diminishes me, because I am involved in Mankinde; ”人影はなく、ただ島があるのみ。誰もが大陸の一片、メインの一部。土が海に削られるなら、ヨーロッパはより小さくなる。プロモントリエあるいは汝の友か汝自身の領地があるとすれば。人の死は私には堪える、なぜなら私は人類の一員だから。
And therefore never send to know for whom the bell tolls; it tolls for thee." Devotions XVII. だから誰のために鐘を鳴らすのかを決して知らせまい。それは汝の死を知らしめる。”献納 XVII.
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:mochi アルペンブルー naka wanko ちー坊 semi iz naoko mao チャイナ ユッコ AY Peko Sammy)訳

Amelia Network Co.,Ltd.