判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
RKO反トラスト裁判
ビグロー対RKO・ラジオ・ピクチャーズ
Bigelow v. RKO Radio Pictures
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2011/01/28 19:39)
原文 日本語訳
U.S. Supreme Court
BIGELOW v. RKO RADIO PICTURES, 327 U.S. 251 (1946)
327 U.S. 251

合衆国最高裁判所 ビゲロー 対 RKOラジオピクチャーズ, 327 U.S. 251 (1946) 327 U.S.251
BIGELOW et al.
v.
RKO RADIO PICTURES, Inc., et al.
No. 444.

ビゲロー , その他 対 RKOラジオ ピクチャーズ社, その他No. 444
Argued Feb. 7, 1946.
弁論1946年2月7日
Decided Feb. 25, 1946.

判決1946年2月25日
Rehearing Denied March 25, 1946

再審理却下1946年3月25日
See 327 U.S. 817 , 66 S.Ct. 815.

[327 U.S. 251, 253] Mr.Thomas C. McConnell, of Chicago, Ill., for petitioners.

Mr. Edward F. McClennen, of Boston, Mass., for respondents.


327 U.S.817, 66 S.Ct. 815を参照 [327 U.S. 251, 253] 上訴人代理イリノイ州シカゴ市在住トーマス C. マッコーネル 被上訴人代理 マサチューセッツ州ボストン市 在住 エドワードF. マックレネン
Mr. Chief Justice STONE delivered the opinion of the Court.

ストーン最高裁長官は当法廷における判決を下した。
Petitioners brought this suit in the District Court for Northern Illinois under 1, 2 and 7 of the Sherman Act, 26 Stat. 上訴人はシャーマン法1, 2 ならび7(26 Stat.)に基づき、北イリノイ地区連邦地方裁判所に訴訟を起こした。
209, and 4 and 16 of the Clayton Act, 38 Stat. 731, 15 U.S.C. 1, 2, 15, and 26, 15 U.S.C.A. 1, 2, 15, 26, for an injunction and to recover treble damages. クレイトン法4, 16および209(38 Stat. 731、15.U.S.C. 1, 2, 15 ,26, 15 U.S.C.A. 1, 2, 15, 26 )に基づく違法行為の差止命令および三倍額損害賠償の獲得
Petitioners, who are owners of the Jackson Park motion picture theatre in Chicago, alleged by their bill of complaint that respondents, some of whom are distributors of moving picture films, and some of whom own or control moving picture theatres in Chicago, entered into a conspiracy which continued from [327 U.S. 251, 254] some date prior to November 1, 1936 to the date the suit was brought, July 28, 1942, pursuant to which film was distributed among moving picture theatres in the Chicago district in such a manner that theatres owned by some of the conspirators were enabled to secure and show feature pictures in advance of independent exhibitors, not affiliated with respondents, such as petitioners.

上訴人はシカゴ市に在るジャクソン パーク モーション ピクチャーズの所有者らである。申立てられた訴状によると、被上訴人は映画配給会社、およびシカゴ市内の映画館所有者又は経営者らであり、1936年11月1日以前から [327 U.S. 251, 254] 提訴された1942年7月28日までに渡り、共同謀議を行っていた。謀議内容によれば、シカゴ地区映画館に対する映画配給は、被上訴人と提携していない上訴人が所有していような独立系映画館に先立って映画を確保、上映することが出来た。
The gist of the complaint is that by reason of the conspiracy, petitioners were prevented from securing pictures for exhibition in their theatre until after the preferred exhibitors had been able to show them in the earlier and more desirable runs, and that petitioners have thus been discriminated against in the distribution of feature films in favor of competing theatres owned or controlled by some of the respondents. 訴状の要旨は、被上訴人の共同謀議により、優先映画館は主要作品の先行上映や人気作品の続映を可能にし、上訴人は主要作品の確保を妨げられたということである。被上訴人らが所有又は管理し競争関係にある映画館は、主要作品が優先的に配給され、上訴人は差別待遇を受けていた。
Petitioners charged that in consequence they had been subjected to loss of earnings in excess of $120,000 during the five year period from July 27, 1937 to July 27, 1942. この結果、上訴人は1937年7月27日から1942年7月27日の5年間に渡り$120,000を超える利益損失を強いられたと訴えを提起した。
The matter of the injunction was reserved and the case went to trial solely on the question of damages. 違法行為の差止命令の件は保留され、裁判は損害賠償の事実審理のみが行なわれた。
The jury returned a verdict for $120,000 in petitioners' favor. 陪審は上訴人の申立てを認め、$120,000の損害賠償を評決した。
The trial court gave judgment for treble that amount, as prescribed by 4 of the Clayton Act. 北イリノイ地区連邦地方裁判所は、クレイトン法4条で規定される損害の3倍額支払い命令により、$360,000の判決を被上訴人に下した。
The Circuit Court of Appeals for the Seventh Circuit reversed on the sole ground that the evidence of damage was not sufficient for submission to the jury, and directed the entry of a judgment for respondents non obstante veredicto. 150 F.2d 877. 第7巡回控訴裁判所は、陪審に提出された損害賠償を示す証拠物件は不十分だったとみなし、判決を無効にした。そして、被上訴人に対し「評決と異なる判決」150 F 2d 877 を登録するように命じ、被上訴人が勝訴した。
We granted certiorari, 326 U.S. 709 , 66 S.Ct. 144, because of the importance of the problem presented.

当法廷は提起された論点の重大さを考慮し、裁量上訴を認めた。
Respondents do not now assail the jury's verdict, so far as it found an unlawful conspiracy to maintain a discriminatory system of distribution. 被上訴人は、差別的な配給制度を続けた事実は違法な共同謀議という陪審の評決に対し、現在、反論は無い。
The sole question for decision here is whether the evidence of damage is sufficient to support the verdict. 当法廷の判定すべき唯一の論点は、損害賠償を示す証拠物件は評決を確定させるのに十分なものだったかである。
As the jury returned a general verdict, the nature and extent of the unlawful conspiracy must be ascertained in the light of the instruc- [327 U.S. 251, 255] tions given to the jury, taking that view of the evidence most favorable to petitioners. 陪審は一般評決を下したので、当法廷は証拠物件について上訴人に最も有利な見解を取りながら、違法な共同謀議の本質や程度は説示 [327 U.S. 251, 255] を考慮しなくてはならないことを確認した。
Petitioners have been since November 1, 1936 the owners in partnership of the Jackson Park Theatre, located on the south side of Chicago. 上訴人は1936年11月1日からシカゴ市南部に在るジャクソンパークシアターを共同経営している。
Respondents RKO Radio Pictures, Inc., Loew's, Inc., Twentieth Century-Fox Film Corporation, Paramount Pictures, Inc., and Vitagraph, Inc ., are distributors of motion picture films. Respondent RKO also owns two large first-run theatres in the Chicago Loop. 被上訴人、RKOラジオ ピクチャーズ社、ロウズ社、フォックス社、パラマウントピクチャーズ社、ヴァイタグラフ社は映画配給会社である。被上訴人であるRKOは封切り興行する大きな映画館を2軒所有している。

Respondent Balaban & Katz Corporation is a motion picture exhibitor, which operates a chain of some fifty theatres in Chicago and its suburbs, including the Maryland Theatre and others on the south side of Chicago which compete with the petitioners' Jackson Park Theatre. 被上訴人、バラバン アンド カッツ社は映画館経営者であり、シカゴ市と同市郊外に55軒ほどの映画館をチェーン店運営をしている。この中にはメリーランド シアターやシカゴ市南部に複数の映画館が含まれ、上訴人であるジャクソン パーク シアターとは競争関係にある。
Balaban & Katz is a subsidiary of Paramount. バラバン アンド カッツ社はパラマウント社の子会社である。
Respondent Warner Bros. Circuit Management Corporation is an exhibitor which operates more than twenty theatres in Chicago, including several on Chicago's south side which also compete with petitioners' theatre. 被上訴人であるワーナー ブラザーズ サーキット マネージメント社はシカゴ市内で20軒以上の映画館を経営していている。この中にはシカゴ市南部に数軒の映画館が含まれ、上訴人の映画館と競争関係にある。
Warner Bros. Circuit Management Corporation and Vitagraph are subsidiaries of Warner Bros. Pictures, Inc. Respondent Warner Bros. Theatres, Inc., is also affiliated with Warner Bros. Pictures, Inc. and holds title to certain of the Warner theatres.
ワーナー ブラザーズ サーキット マネージメント社とヴァイタグラフ社はワーター ブラザーズ ピクチャーズ社の子会社である。被上訴人であるワーナー ブラザーズ シアターズ社もまたワーナー ブラザーズ ピクチャーズ社と提携し、複数のワーナー系映画館の所有権を持っている。

There was evidence from which the jury could have found that respondents maintained in the Chicago district, by a conspiracy among themselves, a discriminatory system of distributing motion pictures for showing in successive weeks of release.
被上訴人らが、シカゴ地域において、排他的な共同謀議により、公開後数週間継続的に上映する映画の配給システムを差別的なものとし続けたことを陪審が知ろうとすれば知り得た証拠は存在した。
The release system, as described in the complaint, and shown by the proof, operated substantially as follows: Respondent distributors rent their copyrighted product to motion picture theatres for exhibition to the public. 公開方式は、訴状に記載がありまた証拠で示されている通り、実質的には以下の通りの運営となっていた。被上訴人配給業者らが著作権を有する作品を一般公開のため映画館に有料貸与する。
Rental contracts between distributors and exhibitors undertake to furnish films to the exhibitors for stipulated rentals, and provide for the 'playing position' in which the motion picture theatre is to exhibit the films relative to the 'playing position' of other [327 U.S. 251, 256] theatres in the competitive area. 配給業者と興行主間の配給契約により、映画フィルムが興行主に対し規定賃貸料で供給されることが約され、「上映順位」が規定される。「上映順位」とは、競合地域における他の[327 U.S. 251,256]映画館の「上映順位」に関連して映画を上映するために当該映画館が置かれる地位のことである。
In Chicago, these contracts uniformly provide that the larger theatres in the Chicago Loop, all owned, leased, or operated by one or more of the respondents, shall have the right to the 'first run' of the motion pictures distributed by the respondents, for one week or such longer period as they may desire to exhibit them. シカゴでは、これら配給契約によって、シカゴループ地区にある大きな映画館(これらの全ては、被上訴人の一つまたは複数が所有、リース、経営しているものである)に、1週間または当該映画館が上映したいと希望すればそれよりも長い期間、被上訴人らの配給する映画の「ファースト・ラン」の権利が属すると一律に定められている。
Following the 'first run', the motion picture may not be shown in any Chicago theatre outside the Loop for three weeks, a period known as 'clearance.' 「ファースト・ラン」から3週間(いわゆる”クリアランス”の期間)、当該映画は、ループ地区の外側にあるシカゴの映画館では上映してはならない。
In the fourth week following the end of the Loop run, the film is released for exhibition in theatres outside the Loop for successive runs in various theatres, for periods known as the 'A,' 'B' and 'C' 'pre-release weeks,' followed by weeks of 'general release'.

ループ地区の上映が終了してから4週間目に、その映画フィルムはループ地区外の劇場に公開され、2、3の映画館で継続的に上映されることになるが、これは「一般公開」に先立つ「先行公開」(順に「A期」「B期」「C期」から成る)である。

The earlier a playing position, the more desirable it is, since it is preferable to exhibit pictures before they have been shown to the public in other theatres in the competitive area. 競合地域の他の劇場が一般公開するのに先立って上映することが有利であるため、上映順位はより早いものが望まれることになる。
There was evidence that respondent distributors and exhibitors conspired to give to the distributor-controlled or affiliated theatres preferential playing positions in the release system over the positions allotted to independent competing theatres, including that of petitioners, with the result that petitioners' theatre was unable to obtain feature films until the first week of 'general release,' or ten weeks after the end of the Loop run. 被上訴人配給業者と興行主が共同謀議により、配給業者支配下の劇場や提携する劇場に対し、公開方式において、上訴人をはじめ競合する独立系の劇場に割り当てる上映順位よりも有利な上映順位を付与し、その結果上訴人劇場は「一般公開」の第1週、つまりシカゴループ地区の上映終了後10週間経てからしか劇場用長編映画を入手することができないことを示す証拠は存在した。
By that time most of respondent exhibitors' theatres, with several of which petitioners' theatre competes, and which enjoyed the prior 'A,' 'B' or 'C' pre-release runs, had finished their showings. その時までに被上訴人興行主の劇場では、その劇場用長編映画の上映を終えているのが大半で、被上訴人興行主の劇場のいくつかは上訴人の劇場と競合関係にあり、「A期」「B期」「C期」の「先行公開」上映の利益を享受しているものである。
Rgardless of the price offered for rental of film, the respondent exhibitors, in execution of the conspiracy, refused to release films to petitioners' theatre except for the first week of 'general release.'

提示する映画賃貸料の金額に関わらず、被上訴人興行主は、共同謀議通り、「一般公開」の第1週になるまでは上訴人の劇場には映画の公開を断っていた。

Although petitioners' ground for recovery, as stated by their bill of complaint, was the discriminatory operation of the system of releasing pictures for showing in allotted playing positions, whereby the petitioners were prevented [327 U.S. 251, 257] from acquiring films for exhibition until they had been shown in respondent distributors' theatres competing with the Jackson Park, evidence was introduced in the course of the trial tending to show that respondents conspired to maintain the release system as part of a conspir cy to maintain minimum admission prices to be charged by exhibitors generally. 訴状に詳述されている通り、上訴人の権利回復を求める根拠は映画を公開し、与えられた上映順位の中で上映するシステムの運営が差別的な点にあった。実際、上訴人の与えられた上映順位では、ジャクソンパーク劇場と競合する被上訴人配給業者の劇場で上映が終了してはじめてフィルムを手にできるのである。しかしながら、事実審理の過程では、興行主が一般的に受け取る入場料の最低額を維持する共同謀議の一部として、公開方式を維持しようと被上訴人らが申し合わせていたという結論に向けた証拠が提出されていたのである。
This proof indicated that the object of this conspiracy was to make it possible to maintain high admission prices in the Loop theatres by restricting the price-competition of the subsequent run theatres. この証拠によれば、この共同謀議の目的は、後続して上映する劇場の価格競争を制限することでループ地区の劇場の高い入場料を維持できるようにすることにあった。
The distributors' contracts with the Loop theatres provided for film rentals based on a percentage of the admission fees collected. 配給業者とループ地区の劇場の契約でフィルムの賃貸料が規定されていたが、これは、集金した入場料の一定の料率に基づいて算出したものだった。
It appeared that the rental contracts entered into between respondent distributors and the Chicago exhibitors, including respondent exhibitors and petitioners, uniformly contained schedules of minimum admission prices fixed on the basis of the playing position assigned. 被上訴人配給業者とシカゴの興行主(被上訴人興行主及び上訴人双方を含む)の間で締結していた配給契約には、割り当てた上映順位に基づいて設定した最低の入場料の一覧表が、一律に出ていたと思われる。
There was thus evidence tending to show that the release system and the price fixing system were each an integral part of an unlawful conspiracy to give to the Loop theatres the advantages of a first-run protected from low-price competition.

従ってそれまでの証拠は、公開方式と価格設定方式いずれもが、ループ地区の劇場を値下げ競争から保護しファースト・ランの便宜を図る不法な共同謀議と一体をなすものであったという結論に向いていた。

Respondents' evidence, on the other hand, tended to show that the release system was a natural growth in the industry, and that the fixed price system had resulted from the individual action of distributors, not acting in concert, to market their copyrighted product in such a manner as to secure the best possible financial return from the film distributed. 一方、被上訴人の証拠は、公開方式はこの業界の中で自然に発展してきたものであり、また価格設定システムも、配給したフィルムが極大利益を上げるような方法で自己の著作物を売り出すために配給業者個々が活動した結果であって、連携して行ったものではないという結論に向いていた。
See Interstate Circuit v. United States, 306 U.S. 208 , 59 S.Ct. 467; consent decree in United States v. Balaban & Katz Corp., C.C.H. Fed. Trade Reg. Serv., 7th Ed., Court Decisions Supplement, p. 5025.
Interstate Circuit v. United States,306 U.S. 208、 59 S.Ct. 467およびUnited States v. Balaban & Katz Corp.における同意判決 C.C.H. Fed. Trade Reg. Serv. 7th Ed.Court Decision p.5025参照。

Two classes of evidence were introduced by petitioners to establish their damage.
その損害を立証するものとして上訴人は2種類の証拠を提出した。
One was a comparison of earnings during the five year period of petitioners' Jackson Park Theatre with the earnings of its competitor, the [327 U.S. 251, 258] Maryland Theatre, the two being comparable in size, the Jackson Park being superior in location, equipment, and attractiveness to patrons. 1つめは上訴人の所有するジャクソン・パーク・シアターとその競争相手メリーランド・シアター[327 U.S. 251, 258]との5年間の収益の比較である。両者はほぼ同規模の映画館で、立地、設備、および集客力においてはジャクソン・パークのほうが優位にあった。
Under the discriminatory release system, the Maryland had been allowed to exhibit pictures in the C pre-release run, one week ahead of petitioners' first week of general release. その差別的な公開方式のもとでメリーランドは一般公開と同時のジャクソン・パークよりも1週間早いC期での先行公開を認められていた。
The evidence showed that during the five year period, the Maryland's net receipts after deducting film rentals paid to distributors exceeded petitioners' like receipts by $115,982.34.

証拠にあるように、配給元に支払うフィルムレンタル料差引後の純収益において、メリーランドはジャクソン・パークをその5年で11万5,982.34ドル上回った。

The second was a comparison of petitioners' receipts from the operation of the Jackson Park Theatre less cost of film for the five year period following July 1937, with the corresponding receipts for the four years immediately preceding, after making an allowance for the elimination of 'Bank Night' receipts. 2番目の証拠はジャクソン・パーク・シアターの運営により上訴人が得た収益について、フィルム代を差し引きバンクナイトの影響を排除して1937年7月以降の5年間とその直前の4年間を比較したものである。
The comparison shows a falling off of petitioners' receipts during the five year period aggregating $125,659.00, which was more than $5,000 in excess of the $120,000 damage demanded by petitioners' complaint. それによると上訴人の収益が5年間で総額12万5,659ドル減少していることがわかるが、これは上訴人が申し立てにより請求している損害12万ドルを5千ドル以上も上回っている。
The significance of the comparison lies in the fact that during most of the four year period, and despite the operation of the release system as described, petitioners' theatre had been able to procure some films which had not already been shown in respondents' theatres, whereas petitioners were not able to procure such films during the five year period which followed, although there is evidence that they made diligent efforts to do so. この比較において重要なのは、前述の公開方式が運用されていたにもかかわらず1937年以前の4年間のほとんどは上訴人の劇場が被上訴人の劇場で未上映の映画を入手することができたが、その後の5年は努力の形跡が見られるにもかかわらずそれが実現できなかったという事実である。
The change is attributable to the introduction of the practice of 'double features' (the showing of two films at a single performance) in theatres in the Chicago district. この変化はシカゴ周辺地域の劇場で「劇場用長編映画を二本立て(一度の入場で2本の映画が見られるシステム)で上映する」という方法が導入されたことに起因していた。
The evidence tended to show that when single features were being shown, exhibitors who had playing positions ahead of petitioners', in selecting films out of those which their rental contracts allowed them to show, did not exhibit all of the films distributed, so that, despite their inferior playing position, petitioners were able to exhibit pictures which had not been shown elsewhere. 劇場用長編映画が一本立てで上映されていた時代には、上訴人の劇場よりも高い上映順位にあった興行主は自分たちのレンタル契約で認められた作品の中から上映するものを選択しており、配給されたすべての映画を上映するわけではなかった。したがって不利な上映順位にあった上訴人でもほかの劇場でとりあげていない作品を上映することができたということがこの証拠からわかる。
With the advent of double [327 U.S. 251, 259] featuring, theatres with playing positions ahead of petitioners' used nearly all of the films distributed, and the pictures which petitioners were able to exhibit in the first week of general release, by reason of the distribution system, had ad prior showing in nearly every case.

二本立て[327 U.S. 251, 259]の導入にともない上訴人より上映順位の高い劇場は配給された映画のほとんどすべてを上映するようになり、上訴人が一般公開の第一週で上映できる映画の大半は、その配給方式のため他で先行上映されているという状況になった。

The trial court left it to the jury to say whether double featuring was introduced as a part of a conspiracy among respondents, or as a spontaneous manifestation in the industry. 事実審裁判所である北イリノイ地区連邦地方裁判所では、二本立てというシステムが被上訴人たちの共同謀議の一部であるのか、あるいは業界のなかで自然発生的に生まれたものなのかという判断を陪審に任せることにした。
Assuming the latter, we agree with the Circuit Court of Appeals, which, in sustaining the jury's finding of an unlawful conspiracy to maintain the described system of distribution, held that when the double featuring was established, all film which had not already been shown 'was taken away by defendants' prior contracts, made pursuant to and a part of the conspiracy, and placed under the restriction of the illegal system, and thereafter was not obtainable by plaintiffs, except by use of the illegal system.' (150 F.2d 885).

当法廷は後者が真実であると判断するが、また、控訴裁が陪審の見解を認め、被上訴人がここに示された配給方式を不正に謀議し、未上映のすべての映画を『したがってその共同謀議の一環として、二本立てが始まった際に過去の契約を根拠に引き上げ、以後その違法な方式による以外には上訴人が入手することを不可能にした』(150F.2d885)、とした判断を支持する。

In submitting the two classes of evidence of damage which we have detailed, the trial court stated to the jury: 'Plaintiff seeks to recover damages for the alleged acts of defendants on one of two theories.' 当法廷でこれまで説明してきた2種類の損害の証拠を提出する際、事実審は陪審に対し「ここに申し立てた被上訴人の行為に関し、上訴人は2つのうちどちらかの理論により損害賠償金を勝ち取ることを求めている」と伝えた。
It further charged that 'If plaintiffs have been injured by the alleged acts of the defendants they must choose one or the other of the said two theories of determining damages or the amount of damages.' さらには、「ここに申し立てた被上訴人の行為によって被害を受けたとするのであれば、上訴人は先に述べた損害賠償額を決定づける2種類の理論のうちどちらか1つを選択しなければならない」と説示した。
The Circuit Court of Appeals concluded that the jury accepted the comparison of plaintiffs' earnings before and after the adoption of double billing as establishing the measure of petitioners' damage. 上訴人の損害の程度を立証するものとして、上訴人の収益を二本立てが始まった前と後とで比較したものを採用することを陪審が承認した、という結論を控訴裁は述べた。
But it held that this proof did not furnish a proper measure of damage for the reason that, while petitioners' earnings were known and proved for both the four and five year periods in question, it could not be proved what their earnings would have been during the five year period in the absence of the illegal distribution of films. しかし、問題の4年と5年の上訴人の収益は明らかであるものの、この違法な映画配給方式が存在しなかった場合には上訴人がその5年間でどの程度の収益を得ていたかという点について証明するものではないために、損害を測る根拠として適性を欠いているとしている。
It thought that the mere fact that earnings of the Jackson Park The- [327 U.S. 251, 260] atre was greater before the adoption of double billing did not serve to show what petitioners' earnings would have been afterwards, in the absence of the release system.
控訴裁は、二本立てが導入される前のほうがジャクソン・パーク・シアター[327 U.S. 251, 260]の収益は大きかったという事実だけでは、その後もしその公開方式が存在しなかったら上訴人の収益がどれくらいであったのか、という点について証明するものではない、と判断した。

Similarly, the Court of Appeals rejected the comparison between petitioners' receipts and those of the Maryland Theatre during the five years in question, since as it thought, the comparison would not tend to prove what the earnings of either theatre would have been during the critical period under any system other than that which was the product of the unlawful conspiracy.

同様に、控訴裁判所は、その比較によって、問題となっている当該期間の間何らかの公開方式の下で得たどちらか一方の劇場の収益が違法な謀議の産物ではないと証明することは難しいとして、対象となる5年間の上訴人の収益とマリーランドシアターの収益の比較を証拠として採用しなかった。

Upon the record in this case it is indisputable that the jury could have found that during the period in question a first or prior run theatre possessed competitive advantages over later run theatres, because of its greater capacity to attract patronage to pictures which had not been shown elsewhere, and its ability to charge higher admission prices than subsequent run theatres, and that, other things being equal, the establishment of the discriminatory release system was damaging to the petitioners who were relegated by it to a playing position inferior to that of their competitors.

この場合の記録に基づき、陪審が、ファーストランまたは先行上映した劇場の方が後から上映した劇場より競争上優位だと認識できたことは疑う余地がない。先行上映した劇場の方が、他でまだ見ていない映画に映画好きの客を惹きつけるといった集客力は高く、後から上映する劇場より高い入場料を請求することができるからだ。さらに、他の条件が同じならば、差別的な公開方式が確立されたことで、その方式によって競合する他の劇場より上映に関する順位が下位に位置づけられた上訴人は損害を受けていたことも明白である。

Each of the two classes of evidence introduced by petitioner tended to show damage. 上訴人から提示された2種類の証拠はどちらも損害を明らかにすることを意図したものだった。
They were not mutually exclusive, as the courts below seem to have thought, since each, independently of the other tended to show that petitioners' inability to obtain films for exhibition before they had been shown elsewhere adversely affected their receipts, in the one case by showing that those receipts decreased when petitioner could no longer purchase such films following the introduction of double, features, and in the other, that petitioners' receipts from its theatre were less by substantially the same amount than receipts of its competitor, the prior- run Maryland Theatre, operated under conditions in other respects less favorable than those affecting petitioners.

それらは互いに排他的ではなく、下級裁判所は、それぞれ他方とは無関係に、上訴人が他の場所で公開される前に上映用にフィルムを入手できなかったことで彼らの収益に悪影響が及んだことを明らかにするのに役立つと考えたようである。一方は、上訴人が、2本立ての導入直後にこのようなフィルムを購入できなくなった時点で彼らの収益が減少したことを示し、もう一方は、自身の劇場からの上訴人の収益が、その他の点では上訴人に影響する条件より悪条件で営業した、競争相手であり、先行上映したマリーランドシアターの収益の同額に比べ大幅に少なかったことを示している。

Respondents' argument is, that notwithstanding the force of this evidence, it is impossible to establish any [327 U.S. 251, 261] measure of damage, because the unlawful system which respondents have created has precluded petitioners from showing that other conditions affecting profits would have continued without change unfavorable to them during the critic l period if that system had not been established, and petitioners had conducted their business in a free competitive market. 被上訴人は、この証拠の効力には関係なく、[327 U.S. 251, 261]損害の程度を明らかにするのは不可能だと主張している。それは、被上訴人が作った違法な方式に基づき、上訴人が、その方式が確立されなかった場合に問題の当該期間の収益に関するその他の条件が上訴人に不利に変わることなく維持されていたことを明らかにするのは困難であり、上訴人は自由な競争市場で営業活動を行っていたということを理由にしている。
Respondents also contend that the jury's verdict establishes that the release system was part of a price-fixing conspiracy, and on the assumption that price-fixing and the discriminatory system of release were inseparable parts of a single scheme, argue that as the conspiracy as a whole probably enabled petitioners artificially to raise their prices to an undetermined extent, the overall effect of the conspiracy may well have been to benefit petitioners, even though the plan of distribution, one of its features, may have injured them. また、被上訴人は、陪審の評決によって、公開方式が価格操作の謀議の一部だったことが明らかになったと強く主張している。さらに、価格操作と差別的な公開方式が単一の企てにおいて切り離せない部分だと仮定すると、謀議全体として見ればおそらく上訴人は価格を上限なく引き上げることが可能であり、謀議の特徴の1つである配給計画が上訴人に損害を与えたとしても、謀議の総合的な効果としては上訴人に十分な利益をもたらす可能性があると主張している。
But we think these arguments are based on a misapprehension of the precise conditions in which the jury was permitted to and did apply the tendered measure of damages, and that it also ignores controlling principles of the law of damages.

ただし、本法廷では、これらの主張は、陪審が提示された損害の程度を容認しそれを適用したという正確な状況に対する思い違いに基づいており、さらに、損害に関する法律の支配原則を無視したものであると考える。
We have already adverted to the facts that petitioners' cause of action, as stated in their complaint, was founded on the unlawful system of distributing films; that the contentions pro and con as to the existence of a conspiracy to fix prices of theatre admissions first emerged in the course of the trial; and that the jury was allowed to fix the measure of the damage with reference to the reduction of petitioners' receipts after July 1937 when petitioners were no longer able to show some films which had not been previously exhibited. 本法廷は、既に、上訴人の最初の申し立てで述べられたとおり、その請求原因が違法なフィルム配給方式に基づいており、劇場入場料の価格操作の謀議の存在に関する賛否の論議は公判の場で最初に浮上し、さらに、陪審は上訴人が未公開のいくつかのフィルムを上映できなくなった1937年7月の前と後の収益の減少に関連付けて損害の程度を明らかにすることを容認した、という事実に言及してきた。
Under the complaint and the instructions, the jury could, and we can assume that it did, find that the fixing of minimum prices was effectuated by the individual action of distributors, as respondents contended at the trial, and not as a part or result of the conspiracy to control distribution. その申し立てと通達に基づき、陪審は、被上訴人が本公判で主張したとおり、最低価格の操作は配給業者の個人的な行為で成されたものであり、配給を管理するための謀議の一部でも結果でもないと理解したはずだし、本法廷でもそのとおりだったと想定できる。
The jury could have found that the only unlawful action taken by respondents was in [327 U.S. 251, 262] conspiring to prevent petitioners' theatre from bidding in open competition against other exhibitors for a preferred place in an otherwise lawful system of release. 陪審は、被上訴人のとった唯一の違法な行為は、[327 U.S. 251, 262]上訴人が合法な公開方式で優先的な順位を確保する目的で他の興行主との自由競争に参画するのを邪魔するよう企てた点だと認識したはずだ。
This is apparent from the following portion of the charge: 'Only in the event that you find that there exists no conspiracy or combination to fix minimum admission prices or no unreasonable restraint of trade by the defendants, by virtue of the Chicago system of release. これは、説示の次の部分から明らかである。「シカゴの公開方式を利用し、被上訴人による、最低入場価格を操作するための謀議または談合、もしくは理不尽な取引の制限がないことが明らかな場合にだけ、
will you have occasion to consider whether or not the plaintiffs demanded and sought to obtain a playing position in C week.'
上訴人がCウィークでの上映に関する順位を要求し取得しようとしていたかどうかを考慮する機会が与えられる。」

The jury's verdict was, as the court below held, based on the damage suffered by petitioners in consequence of the deprivation, by the discriminatory operation of the release system, of their demonstrated freedom to rent and exhibit some films which had not had prior showing.
陪審の評決は、原審裁判所が以下で判断したように、先行上映されなかった映画を借りて上映するという立証された特権を差別的な公開方式の実施により剥奪された結果上訴人が被った損害に基づくものであった。
Hence we take it that the verdict did not establish that the fixed minimum admission prices were the result of the unlawful conspiracy, or that the petitioners' purchases of such films, and the operation of their theatre, before the double feature practice was inaugurated, were, for purposes material here, affected by the conspiracy.

従って本法廷は、その評決は、協定された最低入場価格が不法な共同謀議の結果であったこと、あるいは上訴人によるかかる映画の購入および彼らの劇場の営業は、本件資料が示す目的のために2本立て興行が開始される前に、その共同謀議により影響されたことを立証しなかったと判断する。
The record thus establishes that when petitioners acquired their theatre, it was possible for them under the conditions then prevailing to secure films which had not had prior showing and to exhibit them in competition with theatres having preferred playing positions. 本訴訟記録はこのように、上訴人が劇場を購入した時は、彼らはその当時最も一般的な条件に基づき先行上映されなかった映画を確保し、優先的な上映順位を持っている劇場と競争してそれらを上映することが可能であったことを立証している。
Whatever restraints respondents' distribution system may then have imposed, and whether the later adopted practice of showing double features was or was not itself a product of an unlawful conspiracy, petitioners were entitled, as of right, to continue to purchase and show films which had not had prior showing free of the restraints of the unlawful distribution system. 被上訴人の配給方式がその当時どんな制約を課していても、および後に導入された2本立て上映の実施それ自身が不法な共同謀議の産物であろうとも、上訴人は、法によって、不法な配給方式の制約を受けずに引き続き先行上映されなかった映画を購入し、上映する権利を与えられていた。
The fair value of petitioners' right thus to continue their business depended on its capacity to make profits. 従って、事業を継続する上訴人の権利の公正な市場価格は、利益を上げる彼らの能力に左右されていた。
And a fair measure of the damage to that [327 U.S. 251, 263] right by respondents' unlawful distributing system was the loss of petitioners' admission receipts resulting from the application of that system to petitioners.

また、被上訴人の不法な配給方式によりその[327 U.S. 251, 263] 権利が被った損害の公正な尺度は、その方式の適用により生じた上訴人の入場料収入の損失であった。
Respondents only answer is that, without the conspiracy the conditions of purchase of films might not have been the same after as they were before July, 1937; that in any case it is not possible to say what those conditions would have been if the restraints had not been imposed, and that those conditions cannot be ascertained, because respondents have not removed the restraint. 被上訴人の唯一の答弁は、以下の通りである。すなわち、共同謀議がなければ、映画の購入条件は1937年7月以前と以後とでは同一ではなかった可能性があること、いずれにせよその制約が課されなかった場合、これらの購入条件がどうであったかを言うことは出来ないこと、および被上訴人がその制約を解除していないので、これらの購入条件は確認できないことである。
Hence, it is said, petitioners' evidence does not establish the fact of damage, and that further, the standard of comparison which the evidence sets up is too speculative and uncertain to afford an accurate measure of the amount of the damage.

従って、上訴人の証拠は損害の事実を立証していないこと、およびさらにその証拠が提示する比較の基準はあまりにも推測的過ぎまた不確実なので損害金額の正確な尺度を提供することはできない、と言うこととなる。
The case in these respects is comparable to Eastman Kodak Co. v. Southern Photo Material Co., 273 U.S. 359 , 47 S.Ct. 400, and Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co., 282 U.S. 555 , 51 S.Ct. 248, in which precisely the same arguments now addressed to us were rejected. 上記の点に関して本訴訟は、Eastman Kodak Co.v. Southern Photo Material Co., 273 U.S. 359 , 47 S.Ct. 400、およびStory Parchment Co.v. Paterson Parchment Paper Co., 282 U.S. 555 , 51 S.Ct. 248と比較できる。これらの判例では、現在本法廷に提起されているのと全く同じ主張が却下された。
There, as here, the suits were for damages caused by restraints imposed by defendants, in violation of the Sherman Anti-Trust Act, on the operation of the business of the complainant in each case. 本件と同様に、そこでは、それらの訴訟は、いずれの場合も原告の事業活動に対しシャーマン反トラスト法に違反して被告により課された制約により生じた損害に関するもであった。
In the one case, the defendant, in an effort to extend its monopoly, refused to sell to the plaintiff goods which had regularly been a part of his stock in trade. 前者の判例において、被告は、その独占を拡大するために、原告に対し原告の商売において常に在庫の一部を占めていた商品を販売することを拒絶した。
In the other, the defendants, competing sellers, engaged in destructive price competition with the plaintiff in execution of an unlawful conspiracy. 後者の判例においては、競合する売り手である被告は、不法な共同謀議を行って原告と破壊的な価格競争を展開した。
In the first case, the plaintiff sought to establish his damage by comparing his profits before and after the unlawful interference with his business. 前者の判例においては、原告は、彼の事業に対し不法な妨害がなされる以前の利益と以後の利益とを比較することにより、彼の損害を立証しようと努めた。
In the other, the plaintiff sought to show his damage by proof of the difference between the amounts actually realized from his business after the conspiracy became effective, and what, but for the conspiracy, would have been realized by it from sales at reasonable prices, the evidence of which was the [327 U.S. 251, 264] amount by which his current prices were higher before the conspiracy than after, and by the extent to which the value of petitioner's business property had declined after the conspiracy had begun to operate.

後者の判例においては、原告は、共同謀議の実施後彼の事業から実際に得られた金額と共同謀議がなければ妥当な販売価格による売上げから得られたであろう金額との間の差額の証明により彼の損害を示そうと努めた。その損害の証拠は、原告の現在の販売価格が共同謀議後より共同謀議前の方が高いことにより、および上訴人の事業財産の価値が共同謀議の実施後下落した程度により算出された金額であった [327 U.S. 251, 264]。
In each case we held that the evidence sustained verdicts for the plaintiffs, and that in the absence of more precise proof, the jury could conclude as a matter of just and reasonable inference from the proof of defendants' wrongful acts and their tendency to injure plaintiffs' business, and from the evidence of the decline in prices, profits and values, not shown to be attributable to other causes, that defendants' wrongful acts had caused damage to the plaintiffs. それぞれの判例において、本法廷は、その証拠は原告勝訴の評決を支持したこと、またいっそう正確な証拠がない場合、陪審は被告の不法な行為の証拠および原告の事業に被害を与える被告の体質から公正および道理に適った推論の問題として結論を下すことができたこと、およびその他の原因に帰せられない価格、利益および価値の下落の証拠から被告の不法行為が原告に対して損害を与えたことを判断できた。
In this we but followed a well settled principle. この点に関しては、本法廷は十分に定着した原則に従った。
See Hetzel v. Baltimore & Ohio R. Co., 169 U.S. 26, 38 , 39 S., 18 S.Ct. 255, 259, 260. Hetzel v. Baltimore & Ohio R. Co., 169 U.S. 26, 38 , 39 S., 18 S.Ct. 255, 259, 260参照。
The tortious acts had in each case precluded ascertainment of the amount of damages more precisely, by comparison of profits, prices and values as affected by the conspiracy, with what they would have been in its absence under freely competitive conditions. 不法行為は、それぞれの判例において、共同謀議により影響を及ぼされた利益、価格および価値と、共同謀議がなく自由に競争できる条件下であれば得られたであろうものとの比較により損害金額をより正確に確認することを妨げていた。
Nevertheless, we held that the jury could return a verdict for the plaintiffs, even though damages could not be measured with the exactness which would otherwise have been possible.
それにもかかわらず、本法廷は、陪審は原告勝訴の評決を出すことが出来たと判断した。もっとも、損害賠償額をこれ以上正確に算定することは不可能であっただろうが。

In such a case, even where the defendant by his own wrong has prevented a more precise computation, the jury may not render a verdict based on speculation or guesswork.
かかる事案においては、被告自身の不正がより正確な算出を妨げた場合といえども、陪審は思惑や当て推量を根拠に評決を下してはならない。
But the jury may make a just and reasonable estimate of the damage based on relevant data, and render its verdict accordingly. しかし、陪審が関連データに基づき正当且つ妥当な損害額を推算し、それにより評決を下すことは可能である。
In such circumstances 'juries are allowed to act on probable and inferential as well as (upon) direct and positive proof.' かかる状況では、‘陪審は、直接且つ明確な証拠に基いて判断を下すのはもちろん、可能性が高く推測可能な証拠に基づいても判断を下すことは許される’。
Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co., supra, 282 U.S. 561 - 564, 51 S.Ct. 250, 251; Eastman Kodak Co. v. Southern Photo Material Co., supra, 273 U.S. 377 -379, 47 S.Ct. 404, 405. Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co., supra, 282 U.S. 561 -
564, 51 S.Ct. 250, 251; Eastman Kodak Co. v. Southern Photo Material Co.,
supra, 273 U.S. 377 -379, 47 S.Ct. 404, 405.
Any other rule would enable the wrongdoer to profit by his wrongdoing at the expense of his victim. この原則を適用しなとしたら、被害者が損をして、不正行為を行った者にその不正行為による利得を得させることになる。
It would be an inducement to make wrongdoing so effective and complete in every case as to preclude any recovery, by rendering the measure of damages un- [327 U.S. 251, 265] certain.

損害の算定が確定できないことになれば、損害の回復を排除することになり、あらゆる事件において不正行為を、やり得、お咎めなし、としてしまい、損害回復を出来なくすることにつながろう。
Fai ure to apply it would mean that the more grievous the wrong done, the less likelihood there would be of a recovery.

この原則を適用しないことはまた、不正の程度が大きければ大きいほど、損害の回復の可能性が減ることを意味しよう。
The most elementary conceptions of justice and public policy require that the wrongdoer shall bear the risk of the uncertainty which his own wrong has created. 正義と公益の最も基本的な理念は、不正行為者が、自身の不正行為により何事が起こるか分らないことの危険を負担することを求める。
See Package Closure Corp. v. Seal-right Co., 2 Cir., 141 F.2d 972, 979. See Package Closure Corp. v. Seal-right Co., 2 Cir.,
141 F.2d 972, 979.
That principle is an ancient one, Amory v. Delamirie, 1 Strange 505, and is not restricted to proof of damage in antitrust suits, although their character is such as frequently to call for its application. この原則は旧いものであり(Amory v. Delamierie, 1 Strange 505)、トラスト法違反裁判における損害の証明に限定されているものではない。とはいえ、その性格からこの種の裁判でしばしば適用されることになる。
In cases of collision where the offending vessel has violated regulations prescribed by statute, see The Pennsylvania, 19 Wall.125, 136, and in cases of confusion of goods, Great Southern Gas & Oil Co. v. Logan Natural Gas & Fuel Co., 6 Cir., 155 F. 114, 115; cf. F. W. Woolworth Co. v. N.L.R.B., 2 Cir., 121 F.2d 658, 663, the wrongdoer may not object to the plaintiff's reasonable estimate of the cause of injury and of its amount, supported by the evidence, because not based on more accurate data which the wrongdoer's misconduct has rendered unavailable. 衝突を起こした船舶が法律に定められた規則に違反した衝突事件については、Pensylvania, 19 Wall.125,136参照。 Great Souther Gas & Oil Co.v.Logan Natural Gas & Fuel Co.,6 Cir., 155 F.114, 115; cf.F.W.Woolworth Co. v. N.L.R.B.,2 Cir.,121 F.2d 658, 663のような荷物の錯綜の事件においては、不正行為者は、証拠に基づき原告が行った損害の原因と金額にについての合理的な推定には、正確を求められても不正行為者の不正行為により入手出来なくされて居るデータに基づいていないという理由では反対を唱えことは許されていない。
And in cases where a wrongdoer has incorporated the subject of a plaintiff's patent or trade-mark in a single product to which the defendant has contributed other elements of value or utility, and has derived profits from the sale of the product, this Court has sustained recovery of the full amount of defendant's profits where his own wrongful action has made it impossible for the plaintiff to show in what proportions he and the defendant have contributed to the profits. 不正行為者が原告の特許ないし商標を単一の製品に組み込み、それに被告が他の価値ないし利便性を付加し、その製品を販売することにより利益を得た事件では、当法廷は、原告と被告がそれぞれのその利益にどれほど貢献したかが被告の不正行為により原告が明示することが出来ない部分については、被告の利益全額を請求出来るものとした。
Westinghouse Electric & Mfg. Co. v. Wagner Electric & Mfg. Co., 225 U.S. 604 , 32 S.Ct. 691, 41 L.R.A., N.S. 653; Hamilton-Brown Shoe Co. v. Wolf Brothers & Co., 240 U.S. 251 , 36 S.Ct. 269; see also Sheldon v. Metro-Goldwyn Pictures Corp., 309 U.S. 390, 406 , 60 S.Ct. 681, 687.

Westinghouse Electric & Mfg. Co. v. Wagner Electric & Mfg. Co., 225 U.S.
604 , 32 S.Ct. 691, 41 L.R.A., N.S. 653; Hamilton-Brown Shoe Co. v. Wolf
Brothers & Co., 240 U.S. 251 , 36 S.Ct. 269; see also Sheldon v.
Metro-Goldwyn Pictures Corp., 309 U.S. 390, 406 , 60 S.Ct. 681, 687.
'The constant tendency of the courts is to find some way in which damages can be awarded where a wrong has been done. 裁判所が常に志向するのは、不正行為があった場合に損害を補償する何らかの方法を追求することである。
Difficulty of ascertainment is no longer confused with right of recovery' for a proven invasion of the [327 U.S. 251, 266] plaintiff's rights. 原告の権利侵害が立証された場合、原告損害求償の権利を損害査定の困難さにより曖昧にさせてはならない。
Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co., supra, 282 U.S. 565 , 51 S.Ct. 251; and see also Palmer v. Connecticut Railway Co., 311 U.S. 544, 559 , 61 S.Ct. 379, 384, and cases cited.
Story Parchment
Co. v. Paterson Parchment Paper Co., supra, 282 U.S. 565 , 51 S.Ct. 251;
and see also Palmer v. Connecticut Railway Co., 311 U.S. 544, 559 , 61
S.Ct. 379, 384, and cases cited.
The evidence here was ample to support a just and reasonable inference that petitioners were damaged by respondents' action, whose unlawfulness the jury has found, and respondents do not challenge. ここに提示された証拠は、上訴人が被上訴人の不法行為により損害を受けたことを正当且つ妥当に推測させるに足るものであり、陪審も不法行為を認定しており、被上訴人も争っていない。
The comparison of petitioners' receipts before and after respondents' unlawful action impinged on petitioners' business afforded a sufficient basis for the jury's computation of the damage, where the respondents' wrongful action had prevented petitioners from making any more precise proof of the amount of the damage.

被上訴人の不正行為は上訴人のより正確な算定を妨げて居るものであるが、上訴人の事業に対し被上訴人の不法行為が行われた前と行われた後の上訴人の売上金の比較は、陪審による損害額算定に十分な根拠を与えるものである。
We do not mean to indicate by what we have said that the jury could not, on this record, have found a conspiracy for fixing minimum prices or that the Chicago system of release was not an unreasonable restraint of trade in other respects. とはいえ、本件の記録として、当法廷が本件に述べたことにより、陪審が最低価格を取り決める謀議を確認することは困難だったとか、シカゴの公開システムが他の面においては不当な業務制限を加えるものでなかった、とかを言おうとしているものでもない。
We conclude that there was evidence to support a verdict for damages on at least one theory on which the case was submitted to the jury. 当法廷は、本件には、陪審に指示された理論の少なくとも一つに基き下された、損害を認める評決を支持する証拠があったと、結論する。
We do not imply that the verdict could not be supported on some other theory.

しかし、他の理論ではこの評決は支持できないということを当法廷が示唆するものでもない。
The judgment of the district court below will be affirmed and the judgment of the Court of Appeals is reversed.

下記の地方裁判所の判決を支持し、控訴裁判所の判決を破棄する。
REVERSED.

破棄。
Mr. Justice JACKSON took no part in the consideration or decision of this case.
Jackson判事は本件の審理および判決には参加しなかった。

Mr. Justice FRANKFURTER dissenting.

フランクフールタ判事は意見を異にしている。

The dominant purpose of the Anti-Trust Acts is protection of the public interest by prohibiting unjustifiable restrictions upon competitive enterprise. 独占禁止法の主たる目的は、企業間における競争を不当に制限することを禁止し、公共の利益を守ることである。
From the very nature of the public interest thus to be safeguarded and by reason of the complex and costly character of the litigation to which it normally gives rise, Congress made available to the Attorney General of the United States appropriate [327 U.S. 251, 267] reventive and punitive remedies: the injunction, to put a prompt stop to illegal restraints, and the stern sanctions of the criminal law, to deter such restraints. このように保護されるべき公共利益のまさしくその性質からして、また通常もたらされる起訴手続が複雑で費用のかさむことから、米国議会は司法長官に適切な[327 U.S. 251, 267]予防的ならびに懲罰的な救済方法を発する権限を与えている。つまり、差止命令である。これにより不法な制限を即時中止させ、刑事法の厳しい制裁を与えて、そのような制限を阻止するのである。
A right of action is also given to any individual who has been 'injured in his business' by such illegality. また、そのような不法行為により「業務上の権利侵害」を受けているいかなる個人にも訴権が与えられている。
But while action by the Government to enforce the Anti-Trust Acts merely requires proof of illegality, an individual's right of recovery is dependent on proof of legal injury to him, and legal injury is not automatically established by proof of a restraint of trade in violation of the Sherman Law. しかし、政府による独占禁止法に基づく起訴が単に不法性のみの証明が求められるのに対し、個人の侵害された権利回復のための起訴ではその個人に対する法的侵害の立証いかんに依存しており、また法的侵害はシャーマン(反トラスト)法に違反した商取引の制限を証明するだけで自動的に立証されるものではない。
Seek Keogh v. Chicago & N.W.R. Co., 260 U.S. 156, 162 , 163 S., 43 S.Ct. 47, 49, 50.

Keogh v. Chicago & N.W.R. Co., 260 U.S. 156, 162 , 163 S., 43 S.Ct. 47, 49, 50を参照されたし。

Therefore our real question is whether the respondents' violation of the Sherman Law illegally injured the petitioners. したがって、我々が本当に知りたいのは、被上訴人のシャーマン法違反が上訴人の権利を不法に侵害したかどうかということである。
This necessarily involves substantial proof that the petitioners' business would have been more profitable if the distribution of movie films in Chicago had been a free-for-all and if no factor of the scheme that constituted an illegal conspiracy had been in operation, than it was under the conditions that actually prevailed. このことは必然的に、もしシカゴにおける映画配給が自由で制限されていなかったならば、また、もし不法共同謀議を構成する計画のいかなる要素も実施されていなかったならば、上訴人の業務利益が、現実におきた状態での利益よりも多かったであろうということを実質的に証明することを要する。
Specifically, one feature of the conspiracy was stipulated rentals by distributors in furnishing films to exhibitors. とりわけ、共同謀議の一つの要点として、上映館主へフィルムを供給する際の配給業者による賃貸について記されているが、
The record appears devoid of proof that, if competitive conditions had prevailed, distributors would not have made rental contracts with their respective exhibiting affiliates to the serious disadvantage of independents like the petitioners. 訴訟記録では、もし競争状態であったならば、配給業者はその各提携上映館との賃貸契約を、上訴人のような個人にとって重大な不利益となるものにはしなかったであろうということについての証明が欠けているように思える。
They might individually have done so and not have offended the Sherman Law.

彼らは個々にそうしたかもしれないし、シャーマン法に違反しなかったかもしれないのである。

I agree that Eastman Kodak Co. v. Southern Photo Material Co., 273 U.S. 359 , 47 S.Ct. 400, and Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co., 282 U.S. 555 , 51 S.Ct. 248, should guide the disposition of this case. 私も、Eastman Kodak Co. v. Southern Photo Material Co., 273 U.S. 359 , 47 S.Ct. 400 と Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co., 282 U.S. 555 , 51 S.Ct. 248 が本件の処分決定に指針を与えると考える。
But I do not find that the decisive distinction made in those cases has been observed in deciding this case. しかし、これらの判例でなされたような明白な識別が、本件の判決過程では見られない。
The distinction is between proving that some damages were 'the certain result of the wrong' and uncertainty as to the dollars and cents value of such injuring wrong. その識別とは、損害のある部分が「権利侵害による確かな結果」であることを証明することと、その権利侵害による金銭的な値が不確かであることとの区別である。
Such [327 U.S. 251, 268] difficulty in ascertaining the exact amount of damage is a risk properly cast upon the wrong-doing defendant. この[327 U.S. 251, 268]ような損害額の正確な値を確定することの困難さは、権利侵害を犯している被告人に課せられてしかるべきリスクである。
But proof of the legal injury, which is the basis of his suit, is plaintiff's burden. しかし、法的な権利侵害の証明、つまり訴訟の根拠についての証明は、原告の責任である。
He does not establish it merely by proving that there was a wrong to the public nor by showing that if he had been injured ascertainment of the exact amount of damages would have had an inevitable speculative element to be left for a jury's conscientious guess. 原告は、ただ単に、公共への不法行為があったことを証明したり、または権利侵害された場合に損害額を厳密に確定するのに陪審員の良心的な推量に委ねるような避けがたい不確かな要因があることを示したりするだけでは、それを立証したことにはならない。
This basic distinction was thus formulated in Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co.: 'The rule which precludes the recovery of uncertain damages applies to such as are not the certain result of the wrong, not to those damages which are definitely attributable to the wrong and only uncertain in respect of their amount.' 282 U.S. at page 562, 51 S.Ct. at page 250.
この基本的な識別について、Story Parchment Co. v. Paterson Parchment Paper Co.の判例では、このように公式的な形で示されている。つまり、「不確かな損害の回復をあらかじめ排除する準則は、損害が権利侵害による結果かどうかが確かでない場合には適用されるが、損害が権利侵害によることが明白だがその金額についてのみが不確かな場合には適用されない」。282 U.S. の562ページ、51 S.Ct. の250ページ参照。
In the Eastman and Story cases the plaintiffs established what their profit was when competitive conditions prevailed and that the subsequent loss properly became exclusively attributable to restraint of such conditions. EastmanとStoryの二つの判例では、原告が、競争状態において自らの利益がどれほどあったのか、そしてその後の損失がまさしく競争の制限にのみに起因するようになったことを立証している。
Such a comparison is not revealed by this record. そのような比較が本件の訴訟記録では明らかにされていない。
It was wholly speculative, as the Circuit Court of Appeals properly held in applying the rule in the Story Parchment Co. case, whether the intake of petitioners would have been more profitable if the distribution of films in Chicago had been left wholly to the haggling of a free market. 本件は、巡回控訴裁判所がStory Parchment Co.の判例での準則を適用しながら適切に判示しているように、もしシカゴにおける映画配給が自由市場の値切り合いに完全に任せられていたならば、上訴人の集客による利益はもっと多かったかどうかについて、まったく推量的である。
150 F.2d 877. 150 F.2d 877参照。
As to the subtleties involved in such speculation, compare International Harvester Co. v. Kentucky, 234 U.S. 216, 223 , 224 S., 34 S.Ct. 853, 855, 856.

このような推量に伴う微妙さについては、International Harvester Co. v. Kentucky, 234 U.S. 216, 223 , 224 S., 34 S.Ct. 853, 855, 856 の判例と比較されたい。

Where there is conceded legal injury, as for instance where one man's chattel is taken by another, as in the old case of Armory v. Delamirie, 1 Strange 505, we start with the legal injury and the problem is merely one of ascertaining damages 'uncertain in respect to their amount.' 明らかに法的な権利侵害が認められる場合、例えばある人の所持品が他の人に取られたような昔の事件のArmory v. Delamirie, 1 Strange 505 のような場合には、我々は法的な権利侵害から取り掛かり、審議する問題はただ単に「金額について不確かな」損害額を確定する方法についてとなる。
Such cases are not helpful where the crucial issue, as here, is whether there is solid proof of the existence of a legal injury.
しかし、それらの事件は、法的な権利侵害の存在について確固とした証拠があるかどうかが重大な争点である本件のような場合には、役に立たない。
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:mikala、Andy Mike、mochi、mate、Toshi、tama3、Nobsuz、北、Esperanto)訳

Amelia Network Co.,Ltd.