判例USA〜米国の判例を日本語で読むサイト〜
判例USAについて 収録済みの判例について 検索例 ヘルプ
判例の対訳表 原文  訳文  対訳表
マネキン裁判
スーペリア・フォームビルダーズ対ダン・チェイス・タクシダーミー・サプライ
Superior Form Builders, Inc. v. Dan Chase Taxidermy Supply Co.
訳文ステータス:日本語訳 (更新日:2011/01/28 19:37)
原文 日本語訳
PUBLISHED
UNITED STATES COURT OF APPEALS
FOR THE FOURTH CIRCUIT
No. 94-2139
SUPERIOR FORM BUILDERS, INC.
Plaintiff- Appellee,
v.
DAN CHASE TAXIDERMY SUPPLY
COMPANY, INCORPORATED; DAN CHASE,
Defendants- Appellants,
and
LILLY CHASE,
Defendant.
PUBLISHED
合衆国控訴裁判所
第四法廷
No. 94-2139
SUPERIOR FORM BUILDERS, INC.
原告, 控訴人
v.
DAN CHASE TAXIDERMY SUPPLY
COMPANY, INCORPORATED; DAN CHASE,
Defendants- Appellants,
and
LILLY CHASE,
被告.
Appeal from the United States District Court
for the Eastern District of Virginia, at Norfolk.
Rebecca B. Smith, District Judge.
(CA- 93- 940- N)
合衆国ヴァージニア州地方裁判所,ノーフォーク(Norfolk)
Rebecca B. Smith, District Judge.
(CA- 93- 940- N)
Argued: July 12, 1995
論述: 1995年7月12日
Decided: January 29, 1996
Before NIEMEYER, MICHAEL, and MOTZ, Circuit Judges.

判決: 1996年1月29日
NIEMEYER, MICHAEL, and MOTZ, Circuit Judges. の3判事による

Affirmed by published opinion. Judge Niemeyer wrote the opinion,
in which Judge Michael and Judge Motz joined.

公知された意見をもとに. Niemeyer判事の, Michael, Motz 両判事同席のもと決定した

COUNSEL
ARGUED: Earle Duncan Getchell, Jr., MCGUIRE, WOODS, BATTLE & BOOTHE, Richmond, Virginia, for Appellants. Gregory
Albert Giordano, SHUTTLEWORTH, RULOFF, GIORDANO &
KAHLE, P.C., Virginia Beach, Virginia, for Appellee. ON BRIEF:
Amy T. Holt, Frank G. LaPrade, III, MCGUIRE, WOODS, BATTLE
& BOOTHE, Richmond, Virginia, for Appellants. Lawrence H.
Woodward, Jr., SHUTTLEWORTH, RULOFF, GIORDANO &
KAHLE, P.C., Virginia Beach, Virginia; F. Prince Butler, GRIFFIN,
BUTLER, WHISENHUNT & KURTOSSY, Arlington, Virginia, for
Appellee.

判事
ARGUED: Earle Duncan Getchell, Jr., MCGUIRE, WOODS, BATTLE & BOOTHE, Richmond, Virginia, for Appellants. Gregory
Albert Giordano, SHUTTLEWORTH, RULOFF, GIORDANO &
KAHLE, P.C., Virginia Beach, Virginia, for Appellee. ON BRIEF:
Amy T. Holt, Frank G. LaPrade, III, MCGUIRE, WOODS, BATTLE
& BOOTHE, Richmond, Virginia, for Appellants. Lawrence H.
Woodward, Jr., SHUTTLEWORTH, RULOFF, GIORDANO &
KAHLE, P.C., Virginia Beach, Virginia; F. Prince Butler, GRIFFIN,
BUTLER, WHISENHUNT & KURTOSSY, Arlington, Virginia, for
Appellee.

OPINION
NIEMEYER, Circuit Judge:

The principal issue presented in this appeal is whether animal mannequins used by taxidermists to mount animal skins are copyrightable.
ニューメイヤ判事 意見

本件においては、動物の剥製を利用して製作されたマネキンが著作権に基づく保護の対象になりうるかが争われた。
The controversy centers around whether these mannequins are "useful articles" or "sculptural works" within the meaning of the Copyright Act, and if useful, whether their sculptural features are conceptually separable and thus copyrightable. 対立がみられた点は、1)当該マネキンが実用品であるか著作権保護法がいうところの彫刻作品であるか、2)実用品であるとして、彫刻の側面を観念上分離したうえで、これ著作権に基づいて保護できるかの点である。
We also must decide evidentiary and damage issues arising from the trial in the district court.

当法廷は、証拠に準拠して第一審で提起された損害を明らかにすることとする。

Because these animal mannequins were designed to portray the appearance of animals through artistic features introduced by the author in their creation, we hold that they are not"useful articles" as defined in the Copyright Act and that therefore copyright protection is available for them. 動物のマネキンは、製作者の創作活動によってその外観を芸術的に表現することを意図して作られるものである。よって、著作権保護法に規定する実用品とはいえず、著作権は保護されるべきである。
Because we also reject the assignments of error attributed to the evidentiary and damage rulings, we affirm.

当法廷は、証拠法および損害賠償訴訟法の適用に誤りがあるという指摘を却下し、原判決を支持する。

I

Superior Form Builders, Inc. ("Superior Form"), through its owner and president, Tommy Knight, creates and markets animal mannequins for mounting animal skins.
I)
Tommy Knight は自己が所有して社長を務め、Superior Form Builders,Inc (以下Superior Form)の商号で、動物のマネキンを製造・販売を行っている。
Employing traditional sculpturing techniques, Knight creates the mannequins, using casts of actual animal carcasses as models. Knights のマネキンの製法は実際の動物の死骸を見本として用いたうえで、正統的に彫刻を施すものである。
He begins by applying clay to an armature made of wood and actual animal bones and shaping the desired animal in a particular pose and with precise anatomical features. 木材と実際の動物の骨でできている仮枠にまず粘土をあて、作製する動物の解剖学からみて正確な外観を、特定の姿勢に形作ることから始まる。
From the clay sculpture, he makes a fiberglass mold and uses it to produce polyurethane forms, i.e. the animal mannequins.

粘土の彫刻の次に、これからガラス繊維の型を作り、ポリウレタン製に仕上げる。これが動物マネキンである。

The mannequins contain special receptacles for artificial eyes,"ear butts" for the proper placement of animal ears, and pre- molded features for the application of artificial teeth.
マネキンには、人工の眼窩がある。また、耳を適切な位置に置くために、耳たぶの端を作ってある。さらに歯牙を入れることができるように、最初に型を入れてある。

Knight considers his mannequins to be a form of artistic expression and has entered several of his unadorned mannequins in art contests. Knight はマネキンを芸術性がある作品と考えて、作品のいくつかをコンクールに出品した。
Some have won awards. 入選を果たした。
Knight registered each of his mannequins with the United States Copyright Office and then assigned the copyrights to his company, Superior Form. 作品をすべて登記し、その著作権をSuperior Form に譲渡した。
Superior Form issued its first catalog with Knight's mannequins in December 1991.

1991年12月、Superior Form はKnight の作品をはじめて用いてカタログ発行した。

In January 1992, Dan Chase Taxidermy Supply Co., Inc. 1992年1月、Dan ChaseTexidermy Supply Co.,Inc. (以下Chase Texidermy)がカタログからカワウソ、異なる姿勢のアライグマ2点、小型のシカの計4点を発注した。
("Chase Taxidermy"), a Superior Form competitor, ordered four mannequins from Superior Form's catalog: an otter, two raccoons in different poses, and a deer. Chase Texidermy はSuperior Form の競業会社である。
Dan Chase, the president and chief executive officer of Chase Taxidermy, used the name of a fictional company in placing the order because he feared that Superior Form would not send the forms otherwise. Chase Texidermy の執行役員であるDan Chase は発注の際に、Superior Form が商品を発送しない可能性を危惧し、実在しない会社名を使用した。
Chase Taxidermy also used pseudonyms in the past to obtain animal mannequins from other companies.

Chase Texidermy は過去にも動物マネキンを入手するために偽名を使用したことがある。

Chase Taxidermy used the four Superior Form mannequins to develop its own forms, making few or no modifications. Chase Texidermy は、先の4体のマネキンにほとんど手を加えずに、これを自己のものとした。
After registering the mannequins as its own with the Copyright Office, Chase Taxidermy offered these mannequins for sale in its 1992- 93 catalog and in each edition thereafter, with its own copyright notice attached. 自己のものとして登記すると、マネキンを1992‐93年版のカタログに使用し、そこに自己に著作権が属する旨を書き添えた。
Chase Taxidermy advertises that it is the largest taxidermy supply company in the world and offers over 3,000 forms for sale through its catalog. さらに、カタログを通してChase Texidermyは、自身がマネキン業者としては世界最大であること、3,000種のマネキンを提供できることを広告した。
Although Chase Taxidermy developed many of its forms from competitors' mannequins, it represented in its initial catalogs that "each manikin in this catalog is legally copyrighted according to the law of the United States of America and any infringement will be vigorously prosecuted." Chase Texidermy は競業他社のマネキンを加工しているにもかかわらず、初期のカタログには「本カタログに掲載のマネキンはすべて、米国著作権法により保護されており、その侵害は訴追されることがあります」と表記した。
In later catalogs, it warned, "Beware of look-a- likes," and explained: Practically everyone recognizes the fact that we are being copied by the desperate "copy cats" working overtime in an attempt to deceive the public and violate the rights of others.
その後、「類似の商品にご注意ください」の表記を加え、さらに次のような説明を行った。「最近当社の商品の ”模造者” があらわれ、世間をだまして当社の権利が侵害されていることが明らかになっています」v

In September 1993, Superior Form filed suit against Chase Taxidermy and Dan Chase alleging that the defendants (hereinafter "Chase") had infringed Superior Form's copyrights on the four animal mannequins that Chase had purchased from Superior Form.
1993年9月、スーペリア・フォームはタクシダーミーおよびダン・チェイスに対して、被告人(以下、「チェイス」という)が、チェイスがスーペリア・フォームから購入した4体の動物のマネキンに関して著作権を侵害したと申し立てる訴訟を起こした。
Lilly Chase, Dan Chase's wife, was also named a defendant, but she was subsequently dismissed because the court lacked personal jurisdiction over her. リリー・チェイス(ダン・チェイスの妻)も被告人として訴えられたが、彼女に対する人的管轄権が欠落していたため、後に棄却された。
Superior Form's complaint sought equitable relief, statutory damages of $400,000, and attorneys fees and costs. スーペリア・フォームの訴えは、衡平法上の救済、400,000ドルの法令に基づく損害賠償金および弁護士費用を求めるものだった。
Chase moved for summary judgment on the ground that Superior Form's mannequins are not copyrightable because they are "useful articles" that do not have separable and independent sculptural features.

チェイスは、スーペリア・フォームのマネキンは彫像としての分離および独立可能な形態を持たない「実用品」であるため、それに著作権を設定することはできないという理由でサマリー・ジャッジメントを要求した。

The district court denied the motion, ruling as a matter of law that the taxidermy mannequins are copyrightable since they have no utilitarian function other than portraying the appearance of an animal and that such a portrayal is "unquestionably a permanent artistic object." 地方裁判所は、(剥製マネキンの)実用的な機能としては動物の姿を描写すること以外になく、このような肖像は「明白に永久的なな芸術品」であるため、その剥製マネキンは著作権の対象となるとの法律上の判決を下し、かかる請求を棄却した。
The case proceeded to trial before a jury on the issues of whether Chase infringed Superior Form's copyrights and whether the infringement was willful. 本件はチェイスがスーペリア・フォームの著作権を侵害したか、またかかる侵害は故意であったかについての争点について陪審審理へと移った。
The jury returned a special verdict, finding in favor of Superior Form on all issues and awarding Superior Form the maximum statutory damages of $100,000 on each of the four works that Chase had copied. 陪審員は、チェイスが模倣したかかる4つの作品について1体につき最高100,000ドルの賠償金をスーペリア・フォームに対し与えるとの判決を下し、すべての争点についてスーペリア・フォームを支持する個別評決を下した。
The district court denied Chase's motion for a new trial and, following a hearing, awarded Superior Form $74,104.50 in attorneys fees and costs. 地方裁判所はチェイスの控訴を棄却し、審理に従いスーペリア・フォームに対し74,104.50ドルを弁護士費用として与えた。
The court found that Chase had been involved in similar infringement suits for years and that only "substantial awards of damages as well as attorney's fees will deter Mr. Chase from continuing this willful and outrageous conduct." From the judgment entered, Chase appeals.

裁判所はチェイスが何年もの間、同様の侵害訴訟に関わってこと、そして「弁護士費用と同様に高額な損害賠償金のみがチェイス氏の故意による理不尽な行為を阻止することができるであろう」との評決を下した。

II

We turn first to the question of whether the Copyright Act affords Superior Form copyright protection for its animal mannequins.
II

我々はまず、著作権法がスーペリア・フォームに対しその動物マネキンに対する著作権保護を与えるかどうかという問題から始めることとする。
The Copyright Act provides copyright protection for"original works of authorship fixed in any tangible medium of expression," including "sculptural works." 著作権法は「彫刻著作物」を含む「有形的表現媒体に固定された独自の原作性」のための著作権保護を規定する。」
17 U.S.C. § 102(a)(5). (17 U.S.C. § 102(a)(5))
Copyright protection, which gives authors the exclusive right to use, publish, and sell their work, is intended "to promote the Progress of Science and useful Arts." 著作権保護は、著作者に対しその著作物を、使用し、出版しおよび販売する独占的権利を与えるが、それは「科学と有用な芸術の発展を促進すること」を意図している。
See U.S. Const. art. I,§ 8, cl. 8.

(U.S. Const. art. I,§ 8, cl. 8参照。)

The copyright is the author's right to prohibit the copying of the author's intellectual invention, i.e. the originality of an author's expression. 著作権は著作者の知的発明、すなわち著作者の表現の独自性の複写を禁じる著作者の権利である。
Since individual expressions of ideas inevitably vary, the originality inherent in each author's expression is the essence of the proprietary interest protected. 発案の個別の表現は必然として多様であり、各著作者の表現に固有の独自性は保護される所有権の本質である。
See Feist Publications, Inc. v. Rural Tel. Serv. Co., 499 U.S. 340, 346 (1991). (Feist Publications, Inc. 対 Rural Tel. Serv. Co., 499 U.S. 340, 346 (1991)参照。)
Originality requires "independent creation plus a modicum of creativity." 独自性には「独立して創出され、かつわずかな創造性をもつ」ことが必要とされる。
Id. Copyright protection is available even if the quantum of originality is minimal. Id. at 348.

(同上。)著作権保護は独自性の程度がわずかでも利用可能である。(同上、 348)

But the public has a corollary interest against any grant of an undeserving monopoly. しかし一般には、価値の無い独占に権利を附与することに反対する当然の利益を有している。
Thus, while the Copyright Act affords protection for originality inherent in authorship, it retains in the public domain the right to discover facts and exchange ideas freely. そのため、著作権法は原作者における固有の独自性に大して保護を与える一方で、社会の共通財産として自由に事実を発見し、発案を交換する権利を保持している。
Thus, copyright protection does not extend to ideas or facts, see 17 U.S.C. § 102(b),
even if such facts were discovered as the product of long and hard work.
そのため、著作権保護は発案や事実にまで拡張しない(17 U.S.C. § 102(b)参照)。それはたとえかかる事実が長期にわたる重労働の産物として発見されたとしてもである。
A copyright "rewards originality, not effort." 著作権は「(それに至る)努力ではなく、独自性に報いるのである。」
Feist, 499 U.S. at 364. Feist, 499 U.S. at 364
It follows, therefore, that while authors are free to adopt ideas, narrate facts, and copy an original, they are not free "to copy the copy." そのため従って、著作者は発案を取り入れ、事実を述べ、原案を模倣するのは自由であるが、「模倣を模倣する」ことは自由にできない。
Bleistein v. Donaldson Lith. Co., 188 U.S. 239, 249 (1903).

(Bleistein 対 Donaldson Lith. Co., 188 U.S. 239, 249 (1903)
)
Accordingly, an animal sculpture, even if realistic, is copyrightable as long as the work represents the author's creative effort. 従って、動物彫像は、たとえそれが本物そっくりでも、その作品が著作者の創造的な努力を表す限り、著作権を有する。
See, e.g., Kamar Int'l, Inc. v. Russ Berrie and Co., 657 F.2d 1059 (9th Cir. 1981). (例として Kamar Int'l, Inc. 対 Russ Berrie and Co., 657 F.2d 1059 (9th Cir. 1981)参照。)
Several sculptors may copy a deer, even the same deer, in creating a sculpture, and each may obtain copyright protection for his or her own expression of the original. 何人かの彫刻家が彫像を作成するにあたり鹿を模倣することは、例えそれが同じ鹿であっても許され、各人は原型に対する自ら固有の表現のために著作権保護を取得することができる。
See Rachel v. Banana Republic, Inc., 831 F.2d 1503 (9th Cir. 1987). (Rachel 対 Banana Republic, Inc., 831 F.2d 1503 (9th Cir. 1987)参照。)
Such individual creative efforts inevitably possess some degree of originality. かかる固有の創造的努力は当然ある程度の独自性を有する。
But when an author copies another author's work, he appropriates that author's propriety interest in the work, the author's individual expression.

しかしある著作者が他の著作者の作品を模倣する場合、その著作者はその(他方)著作者の作品における財産権的利益、すなわち著作者の固有の表現を盗用することとなる。

If, however, a person makes a casting rather than a sculpture of the deer, the effort introduces no originality into the product. しかし、もしある人物が鹿の彫像ではなく鋳物を作った場合は、かかる努力がその作品に対して独自性を与えることはない。
Indeed, in such a case, the idea in the original and its expression in the casting are identical and inseparable because the mechanical process allowed for no possibility of originality, which is inherent in authorship. 確かに、このような場合は、機械的な過程により独自性(著作者の固有性)を産む可能性がないため、原型における発案と鋳物におけるその表現が一致し分離不可能である。
In such cases, copyright protection is not available. かかる場合は、著作権保護は適用できない。
See Herbert Rosenthal Jewelry Corp. v. Kalpakian, 446 F.2d 738, 742 (9th Cir. 1971) (holding that where idea and expression are indistinguishable, copying the expression would not be barred by copyright registration).
(Herbert Rosenthal Jewelry Corp. 対 Kalpakian, 446 F.2d 738, 742 (9th Cir. 1971) (発案と表現が区別不能なところで、表現の模倣は著作権登録により妨げられない、との判決。)参照。)

In this case, no one has seriously disputed the fact that Knight individually created sculptural works and thereby introduced originality into them.
この場合、ナイトが独自で彫刻作品を制作し、独自性を生み出したということについて、誰も深く追求しなかった。
Even though his works realistically depict animals, they are not mere "castings" of animal carcasses. ナイトの作品は動物を写実的に描写してはいるが、単なる死んだ動物の抜け殻というわけではない。
To the contrary, Knight constructs armatures to which he applies clay, forming what becomes
clay sculptures of animals in particular poses.
ナイトは粘土をつける骨組みを作り出し、動物のあるポーズの粘土彫刻作品になるものを形作る。
Chase's counsel conceded at trial that Knight formed his sculptures"from scratch" and that therefore there was some originality in each of his works. チェイスの弁護士は、ナイトが「はじめから」彫刻作品を制作し、その作品には独創性がある、と公判で容認した。
These clay sculptures were Knight's tangible expressions of animals and thus contained originality, which is required as a condition for obtaining copyright protection. この粘土彫刻作品はナイトが具体的に動物を表現したものであるため独創性があり、著作権取得の条件を満たしている。
See Feist, 499 U.S. at 346.

フィースト 449 US at 346 参照
While Chase offers no serious challenge to the originality of Knight's work, he does contend that by using the sculpted forms to mount animal skins, Superior Form's mannequins serve a utilitarian purpose and therefore are not copyrightable.

ナイトの作品の独創性にはあまり触れずに、スーペリア・フォームのマネキンは、動物の皮を取り付ける際彫刻の形をとり、実用性が生じるため著作物性がない、とチェイスは強く主張した。
As Chase argues, the mannequin is "one of the tools of a taxidermist as utilitarian as the glue, clay, glass and other materials used in mounting an animal." マネキンは「動物を剥製にする際に使う、剥製所にある接着剤、粘土、ガラスなどの材料と同様の実用性がある」とチェイスは論争している。
To support his contention, Chase relies on a Second Circuit case holding that human mannequins used to display clothes for commercial sale are not copyrightable. この主張を支持するべく、チェイスは洋服の市販販売用に使用される人間のマネキンには著作物性がないと、第2巡回裁判の事例を挙げている。
See Carol Barnhart Inc. v. Economy Cover Corp., 773 F.2d 411 (2d Cir. 1985).

キャロル・バーンハート・インク対エコノミーカバー・コープ 773F 2d 411 第2巡回裁判 1985参照
Superior Form responds that its mannequins are in fact "sculptural works," not "useful articles," within the meaning of the Copyright Act.

この際のマネキンは、著作権法によると実際「彫刻作品」であり「役に立つもの」ではなく、マネキンの実用性は彫刻の特徴の概念とは別のものだとスーペリア・フォームは論争している。
Alternatively, it argues that any utilitarian aspect of the mannequins is conceptually separable from their sculptural features.
Superior Form analogizes its mannequins to the mannequins the Ninth Circuit has recognized as copyrightable. スーペリア・フォームはまた、第9回巡回裁判において著作権利があると認めたマネキンと今回のマネキンを比較している。
See Rachel, 831 F.2d at 1507 (recognizing that animal mannequins painted, fitted with artificial eyes, and covered with flocking are copyrightable); Kamar Int'l, 657 F.2d at 1061, (holding that stuffed toy animals are copyrightable).

レイチェル 831 F 2d at 1507参照。(塗装、人工眼球、ブロッキング加工した動物のマネキンには著作権性がある)カマール・インターナショナル 657 F 2d at 1061 (動物のぬいぐるみには著作権性がある)
The Copyright Act excludes from copyright protection any "useful article," defining such an article as "having an intrinsic utilitarian function that is not merely to portray the appearance of the article or to convey information."

著作権法は著作権保護で「役に立つもの」について述べておらず、「役に立つもの」は単に物の外見を描写したり、情報を伝えるためにあるのではなく、本質的に実用性があるものだと定義している。
17 U.S.C. § 101. 17 USC §101.
A"sculptural work," however, does not lose its copyrightability even if it has utilitarian aspects so long as the "sculptural features . . . can be identified separately from, and are capable of existing independently of, the utilitarian aspects of the article." ところが彫刻作品は、実用性があったとしても、作品の特徴が他の作品と識別可能で、独自に作品として成り立つ限り、物質の実用性に著作物性を失わない。
17 U.S.C. § 101 (defining "pictorial, graphic, and sculptural work"). 17USC § 101(絵画、図画、彫刻作品の規定)
When the sculptural features and utilitarian aspects are not separable, the work is not copyrightable, although it may be protectable on a more limited basis with a design patent.

彫刻の特徴と実用性が分離できない際、デザインの特許として、限られただけの最低保護はできるが、その作品には著作物性はない。
Thus, the industrial design of a unique, aesthetically pleasing chair cannot be separated from the chair's utilitarian function and, therefore, is not subject to copyright protection. 従って、デザインがユニークで美しく、座り心地の良い椅子は、椅子という実用性から分離する事は出来ず、著作権保護の条件に当てはまらない。
But the design of a statue portraying a dancer, created merely for its expressive form, continues to be copyrightable even when it has been included as the base of a lamp which is utilitarian. しかし、単にダンサーを表現した銅像のデザインは、実用性のあるランプの土台にしたとしても著作物性がある。
See Mazer v. Stein , 347 U.S. 201, 205 (1954). メイザー対 ステイン 347 US 201 205 (1954)参照
The objective in designing a chair is to create a utilitarian object, albeit an aesthetically pleasing one; the objective in creating a statue of a dancer is to express the idea of a dancer. たとえ美しく、座り心地よいものであったとしても、椅子をデザインする目的は、実用的なものを製作するためにある。つまり、ダンサーの銅像を創造する目的は、ダンサーというモチーフを表現するためにある。
As the Act makes the distinction, a useful article has as its function something more than portraying its own appearance. この制定法が区別しているように、実用的なものには外見より、物自体に何かしら機能があるものだ。
See 17 U.S.C. § 101 (defining "useful article").

17 U.S.C.§101(「実用的な物」の定義)参照
In this case, Chase argues that Superior Form's animal mannequins have the utilitarian function of acting as mounts for animal skins for display.

ここで、チェイスはスーペリア・フォームの動物のマネキンが動物の皮を表現する剥製として実用的な機能があると主張している。
But this argument overlooks that which distinguishes mannequins from ordinary plastic foam pellet animal stuffing: A mannequin provides the creative form and expression of the ultimate animal display, whereas pellets do not. しかしこの主張は、マネキンと小さいプラスチック製の詰め物をした普通のぬいぐるみの動物とを区別する方法を見逃している。つまり、マネキンは創造性のある形を取り、実用的な動物の表示である。しかし詰め物の方はそうではない。
Even though covered with a skin, the mannequin is not invisible but conspicuous in the final display. 皮で覆われているにしろ、この動物のマネキン自体は目に見えるものであって、最終的に彼の作品と判断できるのだ。
The angle of the animal's head, the juxtaposition of its body parts, and the shape of the body parts in the final display is little more than the portrayal of the underlying mannequin. 動物の頭の傾き、体の各部の並び、最終的に仕上がった肢体は、彼が作成した基となったマネキンにほとんど変わりがなない。
Indeed, the mannequin can even portray the intensity of flexed body parts, or it can reveal the grace of relaxed ones. 実際、曲がった肢体の色彩や、使用していない筋肉の美しささえ表現している。
None of these expressive aspects of a mannequin is lost by covering the mannequin with a skin. マネキンを皮で覆ったからといって、表現性は失われていない。
Thus, any utilitarian aspect of the mannequin exists "merely to portray the appearance" of the animal. このようにして、マネキンの実用面は「単に外見を描写する」上で有効なのだ。
See 17 U.S.C. § 101.
17 USC §101参照。B

The very same considerations that distinguish useful articles from sculptural works thus qualify mannequins designed to display trophy animals for copyright protection; the author's artistic portrayal of the animal form survives the final assemblage.
彫刻作品と実用品とを区別する全く同様の考慮によれば、トロフィ・アニマルを陳列するためにデザインされたマネキンの、製作者による動物形態への芸術的描写は、著作権による保護の下、仕上がった作品中に存在している、とみなされる。
It is the portrayal of the animal's body expression given by the mannequin that is thus protectable under the Copyright Act. マネキンが表す動物の胴体表現の描写は、従って、著作権法上保護され得る。
See Rachel, 831 F.2d at 1507; cf. Masquerade Novelty, Inc. v. Unique Indus., Inc., 912 F.2d 663 (3rd Cir. 1990) (finding nose mask for humans copyrightable because its sole function is to portray appearance of article); Kamar Int'l, 657 F.2d at 1061. 参照 Rachel, 831 F.2d at 1507; cf. Masquerade Novelty, Inc. v. Unique Indus., Inc., 912 F.2d 663 (3rd Cir. 1990) (その唯一の機能が対象物の外観を描写すること故に、人間の鼻用マスクに著作権があると認定); Kamar Int'l, 657 F.2d at 1061.
We therefore agree with the district court in this case because "the usefulness of the forms is their portrayal of the appearance of animals." 当法廷は、従ってこの件に関し地裁を支持する。「形態の実用性は、動物の外観の描写である。」からである。
The mannequin forms "by definition are not useful articles."

マネキンの形態は、「明らかに実用品ではない。」

To the extent that an argument can be made that the mannequins in this case perform a utilitarian function- - other than portraying themselves- - by supporting the mounted skins, we believe the function to be conceptually separable from the works' sculptural features. 本件におけるマネキンが貼りつけた皮を支えることで、それ自体の描写より、実用的機能を果たしているという議論が可能な限度において、当法廷は、この機能が作品の彫刻的特徴から概念上区別可能と考える。
See Brandir Int'l, Inc. v. Cascade Pac. Lumber Co., 834 F.2d 1142, 1145 (2d Cir. 1987) ("Where design elements can be identified as reflecting the designer's artistic judgment exercised independently of functional influences, conceptual separability exists"); Kieselstein- Cord v. Accessories by Pearl, Inc., 632 F.2d 989, 993 (2d Cir. 1980)
(finding sculptural element of belt buckle conceptually separable from utilitarian function).

参照Brandir Int'l, Inc. v. Cascade Pac. Lumber Co., 834 F.2d 1142, 1145 (2d Cir. 1987) (「デザイン要素が機能的影響とは別個に、デザイナーが芸術的判断をなしたことを反映するとみなされる場合、概念上区別は存在する。」); Kieselstein- Cord v. Accessories by Pearl, Inc., 632 F.2d 989, 993 (2d Cir. 1980)
(ベルトバックルの彫刻的要素が実用的機能とは概念上区別可能と認定).

We are not persuaded that the decision in Carol Barnhart compels a different result. 当法廷は、キャロル・バーンハート事件における判決が異なる結論を導くよう強いるとは考えていない。
In that case, the Second Circuit concluded that human mannequins used to display clothes for commercial sale were aesthetically pleasing articles of industrial design and were not designed for portraying themselves: The aesthetic and artistic features of the Barnhart forms are inseparable from the forms' use as utilitarian articles . . . . While [sculptural techniques in creating the forms] may indicate that the forms are "aesthetically satisfying and valuable," it is insufficient to show that the forms possess aesthetic or artistic features that are physically or conceptually separable from the forms' use as utilitarian objects to display clothes. この件において、第二連邦控訴裁判所は、以下のように結論付けた。即ち、販売目的で服を陳列するために使用される人型マネキンは、インダストリアルデザインとしての美的満足感を与えるものであり、マネキン自体を描写するためにデザインされたものではない。バーンハート形態の美的芸術的特徴は、実用品としての形態利用から分離不可能である。形態を創造する際の彫刻的技術は、当該形態が「美的に満足の行くものであり価値あるものである」ということを示すであろうが、形態が服を陳列するための実用目的としての形態用途から、物理的又は概念上区別可能な、美的又は芸術的特徴を保有することを示すには不十分である。
773 F.2d at 418. The court did not find that the author fixed a mode of expression in a tangible form for the purpose of displaying or portraying the article.

773 F.2d at 418. 第二連邦控訴裁判所は、製作者が作品を陳列又は描写目的で有形物として表現のし方をとったとは考えていない。

The human mannequins considered in Carol Barnhart are quite unlike Standard Form's animal mannequins, which are intended to give body expression to the final displays and to constitute a permanent portrayal of the animal. キャロル・バーンハート事件における人型マネキンは、スタンダード・フォームズ社の動物型マネキンとはかなり異なる。後者は、最終的な陳列に胴体表現を与える意図であり、且つ耐久的な動物描写を主眼とする。
While we believe that Carol Barnhart is thus distinguishable in significant respects, to the extent that it might be construed as leaving unprotected an author's mode of expression fixed in a tangible medium for the purpose of portraying that expression, we would disagree with its holding. 当法廷は、キャロル・バーンハート事件が当該表現を描写する目的のため、有形媒体を使用した製作者の表現様式を保護せず放置するものとして解釈されているであろう限度において、重大な点でこのように本件とは異なると考えるが、当該判示に同意しかねる。
The court in Mazer articulates the relevant distinction: The dichotomy of protection . . . is . . . art for the copyright and the invention of original and ornamental design for design patents. マゼール事件において法廷は、妥当な相違を明確に述べた。即ち、保護の両分は、著作権に値する芸術、及び意匠特許のための創作的装飾的デザインの創案であるということである。
We find nothing in the copyright statute to support the argument that the intended use or use in industry of an article eligible for copyright bars or invalidates its registration. 347 U.S. at 218.

当法廷は、意図的使用又は著作権法上適格である産業用使用が登録の取消原因又は無効原因となるという議論の典拠を著作権保護法中に見出していない。347 U.S. at 218.

Accordingly, we hold that the originality of expression fixed in Superior Form's plastic mannequins, used for mounting animal skins for permanent display, is protectable as a sculptural work under the Copyright Act.

従って、当法廷は、スーペリア・フォーム社の、長期陳列用に動物の皮を貼り付けたプラスチックマネキンに内包する表現の創作性が著作権保護法の下、彫刻作品として保護すべきものと考える。

III

Chase also contends that a new trial is required because the district court erred in its evidentiary rulings and jury instructions.
III

チェイス社は、又、地裁の証拠判断、及び陪審命令が誤っているとして新たな審理を要求している。
We review the district court's evidentiary rulings for abuse of discretion and its jury instructions de novo. 当法廷は、裁量権の濫用及び陪審命令についてあらためて地裁の証拠判断を審査する。
Chase first argues that the district court abused its discretion by refusing to allow testimony that Knight's work was not original because he had copied significant portions of his mannequins from preexisting works. チェイス社は、始めに、ナイトのマネキンがかなりの部分を既存の作品から模倣しており創作ではないという証言の許可を地裁が拒否したことは裁量権の濫用だと主張する。
But Chase's counsel admitted at trial that Knight had constructed his mannequins "from scratch," using as models plaster masks of actual animals. しかしチェイス社弁護人は、審理において、ナイトが実物の動物の石膏型をとり、マネキンを「始めから自力で」作製した旨認めている。
By observing nature in the form of the masks, Knight created clay models with his own hands, and from these models he made the mannequins. 型の形状に見られる状態を観察してみると、ナイトは、粘土の見本を自身の手で創造し、これらの見本から、マネキンを作製しているといえよう。
Even though Knight had sculpted the animal forms himself, the district court permitted Chase to introduce evidence that Superior Form's mannequins were not entirely original and allowed Chase to argue that he had copied only unoriginal aspects of Superior Form's mannequins. しかし、ナイトが自身で動物の型を彫像しているとしても、地裁は、チェイス社がスーペリア・フォーム社のマネキンは全くの創作ではないとする証拠を提出することを認め、スーペリア・フォーム社のマネキンの非創作的側面のみ模倣したと主張することをチェイス社に許可した。
In these circumstances, we conclude that the district court did not abuse its discretion in refusing to permit Chase to present evidence that Superior Form's works were copied in their entirety from preexisting work.
この状況下、当法廷は、地裁がチェイス社に対し、スーペリア・フォーム社の既存作品が完全にそのまま模倣されたという証拠提出許可を拒否したという裁量権の濫用はしていないと結論付ける。B

For similar factual reasons, we also reject Chase's challenge to the district court's instructions on originality.
同様の事実に基づく理由から、本法廷もまたチェイスの独創性に関する地裁指示に対する異議申し立てを却下する。
The court correctly stated that because it had found as a matter of law that Superior Form's mannequins were Knight's original works, subject to copyright protection, the jury "need not concern themselves with that matter." 地裁が、Superior Formの模型はKnightの創作物だから著作権保護の対象であるということは法律問題だと分かったのだから、陪審団は「その問題に関心を持つ必要はない」と述べたことは適正である。
And the court further explained that "there is no liability unless it is the original aspects of the plaintiff's work that are copied or taken." さらにまた地裁は「原告作品の独創的外観が複製されるか写されるのでなければ法的責任はない」と説明した。
The court thus accommodated Chase's claim that he copied only unoriginal aspects of Superior Form's mannequins. 地裁はこのようにチェイスの、自分はSuperior Form模型の非独創的外観だけを写し取ったのだという主張を調整して受け入れた。
We find no reversible error in the court's giving these instructions.

本法廷は、地裁が与えたこれらの指示に修正すべき間違いはないと考える。
Chase also contends that the district court improperly hampered his defense to Standard Form's claim of intentional infringement by excluding evidence that Chase had relied on the advice of counsel in determining that taxidermy mannequins are not copyrightable. チェイスはまた、剥製模型には著作権がないのだと判断する際に相談した顧問弁護士の助言に依拠したことの証拠を地裁が排除することによって、Superior Formの作為的侵害主張に対するチェイスの弁明を不当に妨害したと言う。
While such a contention is remarkably inconsistent with Chase's own efforts to obtain copyright protection for its mannequins and its public statements that its own mannequins were copyrighted, evidence of reliance on the advice of counsel is generally probative of a party's lack of willfulness in infringing a copyright. そのような主張は、チェイスが自分自身の模型の著作権取得と著作権法によ保護の公式声明をしようとした努力と著しく矛盾するが、顧問弁護士の助言への依拠の形跡は一般的に当事者が故意に著作権をしたのではないという証拠にはなる。
See RCA/Ariola, Int'l, Inc. v. Thomas & Grayston Co., 845 F.2d 773, 779 (8th Cir. 1988).

RCA/Ariola, Int'l, Inc. v. Thomas & Grayston Co., 845 F.2d 773, 779 (8th Cir. 1988) を参照。
In this case, however, Chase was not denied the opportunity to present such evidence. しかしながら、この訴訟でチェイスにそのような証拠提示の機会が与えられなかったわけではない。
At most, the court deferred one effort by Chase to explain what counsel told him. 地裁は、法律顧問が彼に話したことをチェイスが明らかにでるようにまで仕向けたのである。
On that occasion, the court directed Chase's counsel to proceed to another area of inquiry, but stated, "If you want to reask it later when we get the jury out for lunch break, you can tell me why [the witness] can say that he never [honored Superior Form's copyrights] because he was of the opinion that it was okay to copy [the mannequins]." 地裁は、チェイスの法律顧問に別の審理室へ行くように指示しておいてから、「後刻陪審団が昼休みに出た時に、ぶちまけたいと思ったら私に話してもいいのだ。[証人]は[模型]を複製しても大丈夫という意見を持っているのだが、なぜ [Superior Form's の著作権に敬意を払わ]ないのかなと尋ねた。
Chase never followed up on the court's offer, perhaps for strategic reasons. チェイスは地裁の法廷の求めに応じなかった、多分戦略上の理由で。
We find no error in the district court's handling of this matter.

本法廷はこの事柄に関する地裁の対処に間違いはないと考える。

In a similar vein, Chase argues that the district court improperly excluded evidence of Chase's reliance on a finding by an Alabama district court that fish mannequins are not copyrightable. 同じ態度で、地裁は魚の模型には著作権がないというアラバマ地裁の認定にチェイスが依拠した証拠を不適切に除外したと、チェイスは言い張る。
The record reveals, however, that the district court only prohibited Chase from interpreting the Alabama court's ruling. しかしながら正式の裁判記録によれば、地裁はチェイスのアラバマ地裁判例の解釈の妨害をしただけである。
The court permitted Chase to testify that after the Alabama case, it was his"understanding that [he] could continue to work off of others' forms." 地裁は、アラバマ判例に倣って、彼に「魚の他の生物も模型を販売してよいと[自分が]解釈したのだと証言させている。
The court also permitted Chase to introduce as an exhibit a copy of the Alabama court's decision. 地裁はまた、チェイスに別添としてアラバマ判決の写しを持ち込ませている。
With respect to this matter, we agree with the district court's observation in its memorandum opinion denying Chase's motion for a new trial: "Mr. Chase was given substantial opportunity to explain what the [Alabama] case led him to believe; he simply was not allowed to tell the jury what the case meant objectively as a matter of law."

この事柄に関して、本法廷はチェイスの新規審理要求の申し立てを却下する地裁のメモランダム意見による所見に同意する。:「チェイス氏には、アラバマ判例を信じるに至った理由を述べる実質的機会が与えられていたのだ;彼はその判例が客観的に法律問題として表すところのことを陪審員に告げるだけでは済まされない」

As his final ground for a new trial, Chase contends that the district court's instruction on willful infringement was misleading and prejudicial. 新規審理要求の決定的な理由としてチェイスは、故意の違反に対する地裁の指示は誤解を招き易いし権利侵害となる誤謬であると言う。
The court instructed the jury:
In general, evidence that notice has been accorded to the defendants before the specific facts found to have constituted infringement occurred is perhaps the most persuasive evidence of willfulness.
地裁は陪審団に指示した:
一般論として、法令に背いたと分かった具体的事実が惹起するより以前に違反予告が被告人に与えられていたら、その証拠は多分最も説得力ある故意の証拠であろう。
It's not the only way that willful-ness can be established. 故意が確認されるかどうかが唯一の方向ではない。
Chase acknowledges that the instruction is an accurate statement of the law, as quoted from Video View, Inc. v. Studio 21 Ltd., 925 F.2d 1010, 1021 (7th Cir.), cert. denied, 502 U.S. 861 (1991).

チェイスは地裁の指示は正確な著作権法陳述書であると認める。Video View, Inc. v. Studio 21 Ltd., 925 F.2d 1010, 1021 (7th Cir.),検証. 否認, 502 U.S. 861 (1991)からの引用参照。

But he argues nevertheless that "the instruction left the jury with the impression that all [Superior Form] had to prove on the issue of willful infringement was that Chase disregarded [Superior Form] copyright notices." それでもなお、「チェイスが[Superior Form]著作権掲示を無視したという指示は、陪審団に [Superior Form]の作品全てが故意の違反検証の対象になるという印象を与えた」と主張する。
Because Chase offered no modification, alternative, or additional instruction at trial to ameliorate his concern, however, we conclude that the district court did not err in giving the instruction.

けれどもチェイスは審理で当該関心事項の修正、変更、或は補足を改良できるのに一切申し入れがないから、本法廷は地裁は指示を誤っていないかったと結論する。

IV

Finally, Chase contends that the award of statutory damages was improper and excessive and that the award of attorneys fees was unjustified.
IV

最後に、チェイスは、法定損害賠償金の裁定は不適切で高すぎるし、弁護士料の裁定は不当であると主張する。
The jury awarded Superior Form $400,000 in statutory damages, the maximum allowable, and the district court awarded Superior Form $74,104.50 in attorneys fees and costs. 陪審団は Superior Formに法定損害賠償金として最高限度額で400,000ドルを与えることを決め、地裁はSuperior Formに弁護士料及び経費して74,104.50ドルを裁定した。
Chase does not challenge the reasonableness of the amount of the attorneys fees. チェイスは弁護士料の総額の妥当性には異議を申し立てない。
Chase argues that the statutory damages must bear some reasonable relationship to the amount of actual damages and"should not amount to a windfall" or punishment. チェイスは、法定損害賠償金は実質的損害額に妥当的関連がなければならないし、「棚からぼたもち」的額かあるいは懲罰的額にはならないはずだと言い張る。
He points out that his gross revenue from the sale of the contested mannequins was roughly $10,200 and that Superior Form was not able to identify any damages caused by his misappropriation. チェイスは、目下係争中の模型の販売によって得た益金はおおよそ10,200ドルであることとSuperior Formは彼の誤用によって生じた損害を明らかにできなかったと指摘する。
Chase further notes that the $400,000 awarded by the jury is more than double the combined net income of Dan Chase Taxidermy for fiscal years 1991 and 1992, which totaled roughly $170,000.
チェイスはさらに、陪審団によって裁定された400,000ドルは、Dan Chase Taxidermyの1991年度と1992年度の純収益の総計約170,000ドルの2倍以上であると述べる。

The Copyright Act provides that "an infringer of copyright is liable for either . . . actual damages . . . or . . . statutory damages as provided by subsection (c). " 17 U.S.C. § 504(a).
著作権法では「著作権を侵害する者は、以下のいずれか・・・現実的損害の額・・・あるいは・・・第(c)節に定める法定損害賠償額を支払う責任を負う。」と定められている。17U.S.C.第504条(a)
And subsection (c) provides: In a case where the copyright owner sustains the burden of proving, and the court finds, that infringement was committed willfully, the court in its discretion may increase the award of statutory damages to a sum of not more that $100,000. 15 U.S.C. § 504(c)(2). そして第(c)節では以下のように定めている。侵害が故意に行われたことについて著作権者が立証責任を果たしかつ裁判所がこれを認めた場合、裁判所はその裁量により法定損害賠償の総額を100,000ドルを限度として増額することができる。17U.S.C.第504条(c)(2)
Thus, if the jury was presented with evidence justifying a finding of willful infringement, it is given broad discretion to award up to $100,000 for each work copied. 従って、陪審が開示された証拠により故意の侵害があったと認定すれば、複製された各対象につき100,000ドルまでの賠償と裁定できる大幅な自由裁量が与えられる。
Our review of such an award is even more deferential than abuse of discretion. 当法廷の審査では、この裁定はむしろ程度をわきまえており、裁量権の乱用とはいえないとする。
See Douglas v. Cunningham, 294 U.S. 207, 210 (1935); Broadcast Music, Inc. v. Star Amusement, Inc., 44 F.3d 485, 487 (7th Cir. 1995).

Douglas v. Cunningham, 294 U.S. 207, 210 (1935); Broadcast Music, Inc. v. Star Amusement, Inc., 44 F.3d 485, 487 (7th Cir. 1995)参照。
In this case the jury was properly instructed on its discretionary authority under the Copyright Act. 本件では、陪審は著作権法のもと自由裁量の権限について適切な説示を受けていた。
The court told the jury that if it found willfulness, it should determine the appropriate damages by focusing not only on the actual damages suffered by the plaintiffs, but also on: any evidence that the defendants have a history of copyright infringement; any evidence that the defendants are apparently impervious to either deterrence or rehabilitation; the extent of the defendant's knowledge of the copyright laws; any misleading or false statements made by the defendants; . . . and any factor which the jury believes evidences the defendants knew, had reason to know, or recklessly disregarded the fact that its conduct constituted copyright infringement. 地方裁判所は陪審に対して、故意の侵害であった場合、原告が受けた現実的損害のみならず以下の点に留意して相応の賠償額を定めるよう述べている。すなわち被告がこれまでにも著作権を侵害した前歴があることを示す証拠、再犯が抑止される、あるいは被告が更正する余地が明らかに見られない証拠、著作権法に関する被告の知識の度合い、誤解を招いたり偽りであった被告の証拠、著作権の侵害と見なされることを被告自身が認識していた、あるいは当然認識していたと思われる、もしくは大胆にも無視していたと陪審に判断させる要素、という点である。
See, e.g., F. W. Woolworth Co. v. Contemporary Arts, Inc., 344 U.S. 228, 234 (1952) (holding that recovery is not limited to gross profit from infringement; court may consider all facts); Chi- Boy Music v. Charlie Club, Inc., 930 F.2d 1224, 1229 (7th Cir. 1991) (holding that court may consider several factors in awarding damages under copyright Act, including deterrence and circumstances of infringement).

以下参照。F. W. Woolworth Co. v. Contemporary Arts, Inc., 344 U.S. 228, 234 (1952)の例(損害賠償額は著作権侵害によって得た被告の総利益を上限としない。つまり法廷はすべての要素を考慮する。)Chi- Boy Music v. Charlie Club, Inc., 930 F.2d 1224, 1229 (7th Cir. 1991)の例(法廷は著作権法にもとづき、再犯の抑止や侵害行為のおきた状況を含めた様々な要素を考慮して損害を裁定する。)
Moreover, the jury was presented with evidence substantially implicating each of those factors. さらに、陪審に開示された証拠には、上記の要素が十分に関連し合っていた。
The record supports the conclusion that Dan Chase Taxidermy became the largest taxidermy supplier in the country by consistently and deliberately copying competitors' forms in disregard of the copyright laws. Dan Chase acknowledged, that of the 3,000 molds in his catalog, 150 to 200 were made from competitors' molds. その記録により、著作権法を無視して継続的かつ故意に競合会社のマネキンを複製した結果、ダン・チェース剥製社が州最大の剥製メーカーとなったという事実が立証される。ダン・チェースはカタログにある3000体の型番のうち、150から200体を競合会社の型番から製作したことを認めた。
He explained: This generally is done in the industry in order to seek out mannequins from different companies. チェースは、競合会社のマネキンを研究するために業界では一般的に行われている行為である、と説明している。
I'm sure our company because of the fact we've worked so hard to produce so many is probably ordered from more than anybody and worked off of them more than anybody.

おそらく、我が社が大量に生産するために一生懸命働いた結果、競合会社よりも多くのマネキンを取り寄せ、売り上げを伸ばしているだけである。
But in 1989, Chase was sued by Sportsmen On Film, Inc. for copy- right infringement. しかし1989年にチェースはスポーツマン・オン・フィルム社から著作権侵害で訴えられていた。
The complaint there alleged that Chase purchased copyrighted tapes from Sportsmen On Film, erased that company's name, substituted the name of Chase Taxidermy, and falsely packaged and labeled the tape with his own copyright notice. 訴状では、チェースはスポーツマン・オン・フィルム社から著作権のあるテープを購入し、社名を消して代わりにチェース剥製社の名前を入れ、不当にもテープを梱包しチェース剥製社に著作権が帰属されると記載されたラベルを貼った。
At the trial in this case, Dan Chase testified that he had "admitted everything" in the previous case and confessed, "I made a sad error. この訴訟の審理においてダン・チェースは、過去に訴えられていた件についてすべてを認めると証言し、「私は残念な間違いを犯していた。
We paid for it, and that was the end of it."

それに対する賠償もしており、以後同じ過ちは犯していない」と語っている。
In 1987, Chase was sued by Jonas Brothers, a taxidermy supply company, for copyright infringement. 1987年にチェースは剥製会社のジョナス・ブラザースから著作権侵害で訴えられていた。
While Chase settled that case, he was again charged by Jonas Brothers with copyright infringement several years later. チェースは裁判を和解に持ち込んだが、数年後ジョナス・ブラザースから著作権侵害で再度訴えられている。
Chase has also been accused by at least three other people in the industry of illegally copying their taxidermy mannequins. チェースは少なくとも業界の3社から剥製のマネキンを不当に複製したとして告訴されている。
And Chase is currently being sued in the Northern District of New York by 11 plaintiffs who allege that Chase illegally infringed copyrights on taxidermy mannequins.

そして現在ニューヨーク北地区において、11人の原告団がチェースを相手どり剥製のマネキンを複製したとして訴訟を起こしている。
Moreover, evidence was presented at trial that Chase has acted in a manner that is inconsistent with his position maintained at trial that taxidermy mannequins are not copyrightable. さらに、本審理での剥製のマネキンに著作権はないというチェースの見解には幾分矛盾があるとした証拠が開示された。
In earlier versions of his catalogs, Chase represented that "each manikin in this catalog is legally copyrighted according to the law of the United States of America and any infringement will be vigorously prosecuted." チェースは、カタログの初版に「このカタログにあるそれぞれのマネキンは、アメリカ合衆国著作権法の下、合法的に著作権を有しており、いかなる侵害も積極的に取り締まる。」と記している。
When a judge determined in another litigation that one of Chase's fish forms was not copyrightable, Chase replaced the broad copyright statement from his catalog with the warning, "Beware of look- a- likes," and the explanation that "desperate copycats" are"working overtime in an attempt to deceive the public and violate the rights of others."
別の訴訟で、判事がチェースの魚型のうちの一つには著作権がないと判断した際にも、チェースは著作権についての記述を、「類似品に注意」という警告と、「模倣者は必死になって、公衆を欺き他人の権利を侵そうと時間外まで働いている」という説明に書き換えている。


Even then, however, Chase continued to affix copyright notices to his taxidermy mannequins.
しかし、それでもチェースは引き続き彼の剥製マネキンに著作権告知を添付した。
When asked why, Chase testified at trial that he did it to "bluff" others so that they would not copy his mannequins. なぜかと聞かれたとき、チェースは裁判で以下のように証言した。すなわち、他社が彼のマネキンを模造しないよう「脅す」ためにそうしたのだと。
After Chase acknowledged that he was a member of the National Taxidermy Association, he was asked whether he follows the Association's ethical rule: "I will not cast or reproduce any form or part thereof except my own, sculpted by me or my employee unless I have the specific permission to do so from the originator of the form." チェースが米国剥製協会の会員であることを認めたのを受けて、彼は協会の倫理規定を順守するのかどうかと尋ねられた。「私は、マネキンの原作者より模造することにつき特別許可をもらわない限りは、私または私の従業員により彫刻された私自身の作品を除き、マネキンまたはその一部を鋳造または複製するつもりはない」。
Chase testified that he did not consider the rule meaningful and described the Code of Ethics as "whitewash" that was never intended to be followed. チェースは、その規定に意味があるとは思わないと証言し、またその倫理規定を決して順守されることを目的としない「ごまかし」であると述べた。
The Code was, according to Chase, "passed for show."

チェースによれば、その規定は「表向きの」ものであった。

Finally, the most telling evidence of willful infringement in this case is Chase's underhanded purchase of the four Superior Form mannequins using pseudonyms, his removal of Superior Form's copyright notice from those forms, and his attachment of his own copyright notice. 最後に、本件訴訟において故意の権利侵害の最も有効な証拠は、チェースが偽名を用いることにより4個のスペーリアフォームのマネキンを公明でないやり方で購入したこと、スペーリアフォームの著作権告知をこれらのマネキンから剥がしたこと、またチェース自身の著作権告知を添付したことである。
Such conduct is inconsistent with any claim of innocence or justification. かかる行為は、無罪の主張または正当とする理由のすべてと矛盾する。
The jury had ample evidence from which to conclude that illegal copying of competitors mannequins was a course of business for Dan Chase Taxidermy and that the maximum statutory damages was suitable.

陪審員は、競合他社マネキンの違法な模造はダンチェースタキシダーミーにとってはビジネスの1つの手法であり、また制定法上最高額の損害賠償金は適切であるとの判断を下すのに十分な証拠を持った。

With respect to attorneys fees, Chase argues that attorneys fees are not to be awarded as matter of course under 17 U.S.C. § 505. 弁護士料に関してチェースは、弁護士料は17 U.S.C. § 505に基づき当然のこととして裁定されるべきではないと主張する。
He notes, moreover, that because of the enormous statutory damages, Superior Form has been "more than adequately compensated for any injury or expense incurred." さらに彼は、巨額な制定法上の損害賠償金のおかげでスペーリアフォームは「すべての損害または蒙った費用に関し十分以上に補償」されていると指摘する。
Chase concludes,"the magnitude of [Superior Form's] award is already grossly excessive without further punishing Chase by awarding [attorneys] fees and costs." チェースは、(弁護士)料と費用を裁定することによりチェースをさらに罰しなくても、「(スペーリアフォーム)の裁定額の大きさはすでに極めて過剰であると判断する。
We conclude, however, that the district court did not abuse its discretion in the circumstances of this case. しかし本法廷は、地裁は本件訴訟の情況においてその裁量権を乱用しなかったとの結論をくだす。
A court may award costs and "may also award a reasonable attorney's fee to the prevailing party as part of the costs." 裁判所は費用を裁定できる、また「同様に費用の一部として勝訴当事者に対し妥当な弁護士料を裁定できる」。
17 U.S.C. § 505. Chase is correct in noting that such awards are not to be made as a matter of course but, rather, as a matter of the court's discretion. 17 U.S.C. § 505.チェースが、かかる裁定は当然のこととしてではなく、むしろ裁判所の裁量の問題としてなされるべきであると指摘するのは間違っていない。
See ogerty v. Fantasy, Inc., 114 S. Ct. 1023, 1033 (1994). ogerty v. Fantasy, Inc., 114 S. Ct. 1023, 1033 (1994)参照。
In exercising such discretion, we have instructed district courts to consider: (1) the motivation of the parties; (2) the objective reasonableness of the legal and factual positions advanced; (3) the need in particular circumstances to advance considerations of compensation and deterrence; and (4) any other relevant factor presented. かかる裁量権を行使するに際し、本法廷は地裁に以下の事項を考慮するよう指示している。
(1) 当該両当事者の動機;
(2) 提出された法律上および事実上の論拠の客観的な合理性;
(3) 特別な情況において金銭賠償を前払いする配慮および抑止の必要性;および
(4) 提示されたその他の関連性のある要因
See Rosciszewski v. Arete Assoc., Inc., 1 F.3d 225, 234 (4th Cir. 1993).

Rosciszewski v. Arete Assoc., Inc., 1 F.3d 225, 234 (4th Cir. 1993)参照。

Chase maintains that he had a reasonable basis to test the legal question of whether animal mannequins are copyrightable and thus he should not be assessed legal fees for doing so. チェースは、彼には動物マネキンが著作権取得能力があるかどうかの法律上の問題を検証する妥当な理由があり、また従ってそれに必要な弁護士料を課されるべきではないと主張する。
He points to the district court's assessment that the case "presented legal questions that were novel and complex." 彼は、本訴訟が「提示した新しくまた複雑な法律上の問題」である地裁の査定額に注意を向ける。
We agree that if Chase had pursued these legal issues in good faith, an award of attorneys fees would constitute an abuse of discretion. 本法廷は、もしチェースがこれらの法律問題に誠実に取り組んだ場合は、弁護士料の裁定は裁量権の乱用を構成するだろうことに同意する。
But the record in this case belies the suggestion that Chase maintained his legal position in good faith. しかし、本件訴訟の記録は、チェースが彼の法律上の立場を誠実に維持したとの示唆が偽りであることを示している。
The record shows that Chase adopted a business practice of copying animal mannequins created by competitors, justifying the practice with the claim that animal mannequins are not copyrightable. その記録は、チェースは競合他社が製作した動物マネキンを模造するというビジネス手法を採用したが、その手法を動物マネキンには著作権取得能力がないと主張することにより正当化したことを示している。
As a result of this practice he has been sued repeatedly for copyright infringement. その手法の結果、彼は著作権の権利侵害のかどで繰り返し告訴されていた。
At the same time that he was making the contention that animal mannequins are not copyrightable, however, he was applying for copyrights for his own mannequins, affixing copyright notices to them, and warning others that his mannequins are"legally copyrighted" and "any infringement will be vigorously prosecuted." しかし、動物マネキンには著作権取得能力がないとの主張を行っていたにもかかわらず、チェースは彼自身のマネキンに関しては著作権を申請し、著作権告知をそれらに添付し、また彼のマネキンは「合法的に著作権を取得」しており、また「すべての権利の侵害は厳しく訴追されるだろう」ことを他社に警告していた。
When one of his fish mannequins was found by a court to be not copyrightable - - a decision that he now argues vindicates his contention that animal mannequins are not copyrightable - - he nevertheless continued to warn the public, "Beware of look- a- likes," and "Desperate `copy cats' [are] working overtime in an attempt to deceive the public and violate the rights of others." 彼の魚のマネキンの1つがある裁判所で著作権取得能力なしと判断された時(彼が現在主張する動物マネキンには著作権取得能力がないとの彼の主張を正当化する1つの判決)、彼はそれでもなお引き続き公衆に以下のように警告した。「類似品にご注意」、および「命知らずの(模造犯)が、公衆を欺き、他人の権利を侵害するチャンスを窺っています」。
(Emphasis added).

(一部強調)。

Moreover, he continued to attach copyright notices to his mannequins to "bluff" others into believing his forms were copyrighted. さらに彼は、他社を「脅し」て彼のマネキンは著作権を取得していると信じ込ませるために、引き続き著作権告知を彼のマネキンに添付した。
He admits that he is a member of a trade association that has adopted an ethical code that prohibits copying, but characterizes the code as "whitewash," which was "passed for show." 彼は模造を禁ずる倫理規定を採用した同業者団体の会員であることを認めているが、その規定を「表向きの」ものであり、「ごまかし」であるとみなしている。
The district court recognized that it was not required to award attorneys fees to the prevailing party and did so only after carefully considering each of the relevant factors. 地裁は、勝訴当事者に対する弁護士料を裁定することは求められていないこと、また関連性のある要因のそれぞれを注意深く検討して初めて裁定したことを認めた。
In this case, it found Chase's conduct "outrageous," and we conclude that the court's finding is amply supported. 本件訴訟において、地裁はチェースの行為は「言語道断」であると考え、また本法廷は地裁の判断は十分立証されるとの結論をくだすものである。
Under such circumstances, we do not find the district court's award in this case to constitute an abuse of discretion. かかる情況に基づき、本法廷は、本件訴訟における地裁の認定が裁量権の乱用を構成するとは判断しないものである。
For the foregoing reasons, the judgment of the district court is AFFIRMED.
前述の理由に基づき、地裁の判決は維持される。
翻訳:アメリア翻訳プロジェクト (メンバー:mao 招き猫本舗 gingeraki y.s semi yo2hr Toshi 充田 ひろゆき 北 Esperanto)訳

Amelia Network Co.,Ltd.